ビタミンB12の効能

ビタミンB12の効能

健康効果

ビタミンB12は葉酸と一緒になって赤血球のヘモグロビンの合成を助けています。

不足すると造血がうまくいかず、赤血球の数が減ったり、異常に大きい赤血球ができたりと、生成がうまくいかなくなります。

そうすると全身に酸素が行きわたらなくなり、だるさや動悸・息切れなどが起こってしまいます。

これを「悪性貧血」と呼んでいます。

また、ビタミンB12はタンパク質や脂質のエネルギー化にも関わっているほか、脳の中枢神経や末梢神経の機能を正常に働かせる重要な役割もあります。

肩こり腰痛には末梢神経が関係しているため、ビタミンB12には、痛みを軽くする働きもあります。

 

【妊娠に関する効果】

ビタミンB12は、生殖器の細胞の成長に働きかける妊娠に重要なビタミンです。

次のような働きがあります。

・葉酸を活性化させる

・貧血を防ぐ

ビタミンB12には葉酸を活性化する働きがあります。

葉酸はビタミンB12と協調して造血作用があります。

 

読んでいただきありがとうございます。

コメント