トリプトファン配合!睡眠薬ではない!睡眠薬を飲む前に飲むべき飲料・サプリメント!快適な休息をサポート! 

休息サポート飲料マインドガードDXを今回ご紹介したいと思います。

 

まず最初に結論から言わせていただくと。

 

診療内科に通うのは、ちょっと。。と思われる方に。

 

マインドガードDXを試してみてはいかがでしょうか?

 

マインドガードDXは毎日飲んでも問題ないことから、診療内科に通う前に試す一つの手段です。

 

是非検討してみてください。

 

飲料とタブレットの2種類が選べます。

 

 

飲料はこちらから購入できます。

 

タブレットはこちらから購入できます。

 

 公式サイトは上の画像リンクを押してください。

 

 

 

 

 

 

マインドガードDXとは、どのような商品なのでしょうか。

 

 

 

マインドガードDXは、忙しく働く現代人な不足しがちな休息成分がたっぷりの飲料です。

 

それぞれの成分と成分のもたらす効果はどのようなものなのでしょうか。

 

 

成分その1【ノニ(モリンダシトリフォリア)】

 

モリンダシトリフォリアとは、本来人間に備わっている『自然治癒力』を正常に戻す働きを持つ果物です。お薬ではなく、安心して召し上がれる食品です。

 

ノニは質の良い休息に欠かせない栄養を補給できる現代人に合致した成分です。

 

ノニ(モリンダシトリフォリア)はポリネシア諸島をはじめ、タヒチ、ハワイ、東南アジアなどの熱帯に生育する植物です。ノニの木はだいたい1mから2m程度の潅木で、葉は厚く濃い緑色でツヤがあります。良質の土壌で生育されるノニの木は5mにまで伸びるものもあるほどです。

 

年に何度も実をつけ、その生命力と繁殖力には目を見張るものがあります。ノニの生育に不可欠なのは降り注ぐ太陽と適度な湿り気、安定した暖かい気温、汚染されていない空気、そして大地からの豊かなミネラルです。

 

 

成分その2【トリプトファン】

 

トリプトファンは体内で合成できない必須アミノ酸の1つで、精神の安定、うつ病の予防などに効果を発揮するといわれています。

 

ストレスに悩まされがちな現代人には特に積極的に摂取してほしいアミノ酸です。

 

毎日とらなければいけないものなので不足させないように気をつけましょう。

 

 

トリプトファンの効果・効能

 

まずトリプトファンは肝臓に運ばれ、身体のエネルギー源として使われます。

 

また脳に運ばれると、セロトニンメラトニンという脳内ホルモンの材料になります。

 

 

 

セロトニンは精神を安定させる作用を持っており、幸福ホルモンともいわれています。

 

私たちが日常生活のストレスに打ち勝ち、精神状態を穏やかに保つためには欠かせない脳内ホルモンです。

 

 

 

 

またセロトニンは体内時計に関わるホルモンでもあります。セロトニンは朝から昼間にかけて多く分泌され、夕方以降は徐々に分泌量が減っていきます。

 

代わりに分泌量が増えてくるのがメラトニンです。日中分泌されたセロトニンは夜になるとメラトニンという脳内ホルモンに変化します。

 

メラトニンには入眠を促す作用があり、自然な眠気と快眠をもたらしてくれます。

 

 

 

さらにトリプトファン代謝アップに不可欠なナイアシンの合成にも関係しています。

 

ストレスフルな人、快眠を得たい人だけでなく、ダイエットしたい人も不足させてはいけないアミノ酸といえるでしょう。

 

 

トリプトファンは不足するとどんな症状が起きるのか?

 

トリプトファンは精神安定に効能があるアミノ酸のため、不足すると心の健康が脅かされる可能性が出てきます。

 

トリプトファンが不足すると幸福ホルモンであるセロトニンの生産量が減ってしまい、イライラなど精神面の不調に悩まされやすくなるのです

 

実際、うつ病の人では血中のトリプトファン濃度が低下しているという研究もあります。

 

ストレスから身を守るためにも不足は避けたいアミノ酸といえるでしょう。

 

 

 

またセロトニンが減ってしまうということは、睡眠ホルモンであるメラトニンが減ってしまうことも意味します。

 

したがってトリプトファン不足が続くとメラトニンが不足し、不眠になりやすくなります。

 

 

 

さらにトリプトファン不足はダイエットにも悪影響を与える可能性があります。

 

トリプトファン代謝アップのビタミン・ナイアシンの材料になるため、不足すると代謝が低下してしまうおそれがあるのです。

 

 

成分その3クワンソウ

 

不眠症睡眠障害の改善に、沖縄の伝統野菜「クワンソウ」が効果があることをご存知でしょうか。

 

寝つきが悪い、眠りが浅い、夜中に何度も目が覚めるなど、夜しっかり眠れないと疲れがとれず、そのせいで昼間もダルくなって眠くなり、そしてまた夜眠れなくなって、そのうちに悪循環から抜け出せなくなってしまいます。

 

その悪循環を断ち切るには夜しっかり眠ることが肝心です。

 

クワンソウは安眠の手助けをしてくれる体に優しい植物です。

 

 

沖縄では庭先や畑などで栽培されていることも多く、クワンソウを食べるとよく眠れるという言い伝えから、沖縄の方言で「ニーブイグサ(眠り草)」とも呼ばれています。

 

クワンソウの睡眠効果が広く知られることになったのは最近ですが、沖縄では昔から「子どもの夜泣き」や「眠れないとき」などに民間療法として好んで食べられていたようです。

 

 

 

クワンソウは、昔から眠れないときに食べる「眠り草」として親しまれていましたが、その睡眠効果が科学的に実証されたのはごく最近のことです。

 

同志社女子大学と大阪バイオサイエンス研究所によって、クワンソウには睡眠に関係がある「オキシピナタニン」という特殊なアミノ酸が極めて多量に含まれていることが発見されたのです。

 

「オキシピナタニン」の睡眠効果とは?

 

オキシピナタニンの睡眠効果を検証するため、琉球大学のグループがクワンソウの粉末を餌に混ぜてマウスに食べさせたところ、食べさせていないマウスに比べて熟睡している時間が1.5倍も伸びたと報告されています。

 

睡眠中に異常な脳波を示すこともありませんでした。

 

また、マウスにオキシピナタニンを与えてから6時間ほど間は、いつもチョコチョコと動き回っているマウスが6割ほどの動きしかしなかったとも記録されています。

 

マウスのような小動物の意識レベルが下がるのは大変めずらしいことで、この結果に検証を行ったグループ自身も驚いたそうです。

 

つまりこのオキシピナタニンには、心身をリラックスさせる鎮静効果があり、自然な睡眠を誘発する効果があることが明らかになったのです。

 

 

マインドガードDXの購入

 

 

マインドガードDXは下のリンクから購入できます。

 

価格:6810円

 

容量:500mL(約15日~30日分)

 

1日に飲む量:15mL~30mL

 

マインドガードDX粒タイプは下のリンクから購入できます。

価格:7340円(初めての方限定価格)【通常価格:18,150円】

 

容量:90粒入りを2本(約30日分~60日分)

 

1日に飲む量:3粒~6粒

 

 公式サイトは上の画像リンクを押してください。

 

 

価格が高いと思われる方に

 

高いとは言えないのではないでしょうか?

 

約15日~30日分で6810円というのは、市販の睡眠薬を飲む場合と比較しても決して高くはないと思います。

 

ドリエルの価格:約1500円(12錠:1回2錠)

1日に250円かかる計算になります。

30日分だと7500円のかかる計算となります。

 

 

 

睡眠薬を検討している方に

 

市販薬の長期服用はおススメされていません。

あくまで、一時的な症状のときだけです。

 

それでも睡眠が浅い場合は、診療内科にかかることになります。

 

 病院の前にマインドガードDXを試してみてはいかがでしょうか?

 

診療内科に通うのは、ちょっと。。と思われる方に。

 

マインドガードDXを試してみてはいかがでしょうか?

 

マインドガードDXは毎日飲んでも問題ないことから、診療内科に通う前に試す一つの手段です。

 

是非検討してみてください。

 

コメント