ダイエット!運動?食事?それとも?今がチャンス!お得な商品が!機能性表示食品と褐色脂肪細胞

お腹の脂肪を減らすのを助ける機能性表示食品に【シボヘール】というものがあります。

 

これは絶対おススメです。

 

なぜかというと価格が安い割に評判がいいからです。

 

 

価格 1日わずか約93円

 

定価価格:2808円(税込み)を30日分として計算

 

 

さらに、なんとWEB限定ですが、初回限定価格

980円(税込)しかも送料無料です。

 

これがどれほど安いかこの記事を最後まで読んでいただければわかると思います。

 

 

 

トクホとの比較

 

 

トクホがスーパーやドラッグストアで手に入るから自分はトクホでいいかなと思っていませんか?

 

キリンの「メッツコーラ」やサントリーの「ペプシスペシャル」、アサヒ飲料の「三ツ矢サイダープラス」と、現在では様々な「トクホマーク(特定保健用食品)」の炭酸飲料が展開されています。

 

しかし、一体どの辺がトクホなのでしょうか?

 

 そのキーワードは「難消化性デキストリン」にあります。

 

 まず、トクホマークを簡単に説明すると、研究実績のある食品で、なおかつ健康増進作用があると考えられる成分を含んだ食品につけられる印です。

 

厚生労働省」という文字が入っていることが多いのですが、2009年からは消費者庁の所管になって、責任の所在がうやむやになっています。

 

 

難消化性デキストリン

 

近年展開されている炭酸系ドリンクのラベルをよく見てみると、「難消化性デキストリン」という言葉が並んでいます。

 

 「難消化性デキストリン」というのは、デンプンを特殊な環境で加水分解することで得られる食物繊維です。

 

 また、「難消化性デキストリン」は消化されにくいことからカロリーは非常に低く、腸内で食べものと混ざり合い、血糖値の急激な上昇を抑えたり、便通を改善する働きがあると言われています。

 

効果が出るのは20本以上から!

 

 「難消化性デキストリン」の老舗製造元、松谷化学工業の実験レポートによると、健康な成人男性6人に1週間、毎日30gの「難消化性デキストリン」を投与したところ、便通の改善、腸内細菌群や腸内バランスの改善が見られたそうです。

 

 また、毎日10gの「難消化性デキストリン」を摂取することにより、血糖値が長時間安定し、減量にも成功したといった実験結果が書かれています。

 

 

どのくらい飲めば効果がでるのか?

 

難消化性デキストリン」でダイエット効果や、便通の改善等々の有益な効果を得ようとすると、計20本が必要です。

 

毎日1本飲むと20日目でようやく効果が現れ始めるのです。

 

最短で7日間で飲む場合は、毎日3本ものトクホドリンクを飲まないといけない計算になります。

 

お茶などであれば1日2~3本いけるかもしれませんが、糖分入りの清涼飲料水タイプは、トクホの効果以前に糖分の摂り過ぎになり、健康どころか不健康になってしまいます。

 

とはいえ、難消化性デキストリン自体は悪いものではないので、気になる方はショッピングサイトで検索してみましょう。

 

ただし、トクホをうたう商品は普通のペットボトル商品よりも30~40円高く設定されています。

 

 シボヘールとの価格比較

 

 

【トクホ飲料】

 

 

効果が出るまで20本が必要

 

最短で7日間で効果がでる可能性がある。

 

 

1本の価格は安くいもので150円程度

 

効果が出始めるまでにかかる金額は3000円(20本)

 

計算式【20本×150円=3000

 

 

◎ただし、リバウンドしないために、その1週間後も毎日飲み続けるとなると、

 

残り23日にかかる金額は、3450円

 

計算式【1本×150円×23日=3450円】

 

1か月目の合計=6450(3000円+3450円)

 

2ヶ月目・3ヶ月目では、1ヶ月にかかる金額は毎月4500円となります。

計算式【1本×30日×150円=4500円】

 

仮に3ヶ月間継続してダイエット効果を継続したい場合には、15450も金額がかかってしまいます。

 

計算式【6450円(1ヶ月目)+4500円(2ヶ月目)+4500円(3ヶ月目)=15450円】

 

 

 

【シボヘール】

 

 

効果がでるまで3ヶ月継続して使うことがおススメされています。

 

これは、シボヘールに配合されている葛の花由来のイソフラボン臨床試験は、3ヶ月でその効果を検証しているためです。

 

20180625105605

 

20180625110427

 

 

 

ただし、そのための限定価格があります。

 

初回特別価格:980円(1ヶ月分)

2ヶ月目以降:2808円(1ヶ月分)

 

3ヶ月で効果を実感するための金額は、6596円です。

計算式【980円(1ヶ月目)+2808円(2ヶ月目)+2808円(3ヶ月目)

 

 

送料はメール便の場合無料です。

 

トクホ飲料と比較すると8854円もお得です。

 

20180625105828

  

 

20180625110032

人はなぜ、太ってしまうのか?

 

 

 

年齢とともに、「脂肪を分解する力」や「脂肪を燃焼する力」は衰えてしまうからです。

 

また、褐色脂肪細胞というものが年齢とともに減少してしまうためでもあります。

 

 

シボヘールの秘密

 

葛の花由来イソフラボンの脂肪と戦う秘められた3つのパワー

 

 

パワーその1 脂肪合成の抑制をサポート!

 

燃焼しきれずに余ったエネルギーは肝臓で中性脂肪へと合成され身体の各部で体脂肪として蓄積されます。

 

葛の花由来イソフラボンは、この中性脂肪の合成を抑制する働きをサポートします。

 

 

パワーその2 脂肪の分解をサポート!

 

身体に蓄積された体脂肪は、そのままではエネルギーとして燃焼させることができないため、一度脂肪酸というものに分解する必要があります。

 

葛の花由来イソフラボンは、この分解する働きをサポートします。

 

 

パワーその3 脂肪の燃焼をサポート!

 

分解され、脂肪酸となった体脂肪は、褐色脂肪細胞によって燃焼されます。

 

葛の花由来イソフラボンは、この褐色脂肪細胞の働きをサポートします。

 

 

 

褐色脂肪細胞について

 

20180625111827

 年齢を重ねて、太りやすくなった・・・・。

 

 30~40代に身体が変わってしまった、と感じることはありませんか?

 

 それには、ある脂肪の減少が関係していると言われています。

 

 脂肪が減って太りやすくなるとは、ちょっと考えにくいですが、エネルギーをため込むあの脂肪とは違い、エネルギーを燃やす脂肪があるのです。

 

 皮下脂肪、内臓脂肪とは正反対の働きが!

 

 

お尻や太ももにつきやすい皮下脂肪や、お腹周りを大きくする内臓脂肪。

 

 なかなか落ちてくれない身体のお肉を見るたび、ため息をつく人もいると思います。

 

 脂肪は「なければいいのに」と感じてしまうほど、嫌なもの。

 

 でも「なくなっていく」ことで、肥満につながる細胞があるのです。

 

 「それは、褐色脂肪細胞と言われるものです。加齢とともになくなっていくことで、いわゆる中年太りになると考えられています」

 

 皮下脂肪や内臓脂肪にあたるのが白色脂肪細胞。

 

 褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞は働きが全く違います。

 

 白色脂肪細胞はエネルギーを蓄えるのが主な仕事です。

 

 使い切れず余った糖質や脂質を取り込み、エネルギーとして蓄えます。

 

 その量が増えることで肥満になるのです。

 

 

 

一方の褐色脂肪細胞は、熱を作り出すのが主な仕事です。

 

 糖質や脂質を取り込んで熱を作ります。

 

 加齢とともに増加していくBMI

 

それとは逆に減少していく褐色脂肪。

 

 「脂肪を燃やす脂肪」とも言える褐色脂肪細胞がなくなると、太りやすくなるというのも納得です。

 

 褐色細胞は年齢とともになくなっていく

 

 

肥満予防のためにずっと味方であってほしい脂肪ですが、なぜなくなっていくのでしょうか?

 

 褐色脂肪細胞は、赤ちゃんに最も多くあります。

 

 その理由は、体温を維持するためです。

 

 命を守るためなのです。

 

 私たちは、厳しい寒さの中に置かれると、ぶるぶる震えます。

 

 そうして筋肉を動かして熱を作っているのですが、赤ちゃんは筋肉が少なく、自分で体温を調節できません。

 

 赤ちゃんは生命維持のため褐色脂肪細胞が多くありますが、その後必要がなくなり、次第に減っていくのです。

 

 筋肉を鍛えるように褐色脂肪細胞を活性化!

 

 

食事制限でのダイエットが失敗しやすいのは、よく知られています。

 

 私たちの身体は飢餓に備えて動くようにできているので、わずかな食事であっても、そこからエネルギーを蓄えようとするからです。

 

 ダイエットはカロリー制限よりエネルギー消費。

 

 筋肉を鍛えて代謝を上げれば、健康的に体重を減らせます。

 

 同じように褐色脂肪細胞を活性化されればエネルギー消費が高まり、肥満治療につながるはずだと、研究が進められているのです。

 

 褐色脂肪細胞が減っていくのは事実ですが、活性化させるのは可能!

 

 中高年でも褐色脂肪細胞の活性が高い人は、スリムな体型を維持しているというデータもあります。

 

 年齢を理由に、あきらめなくてもいいのです!

 

 褐色細胞が活性化するのはどんなとき?

 

寒さによる刺激が一番効果的です。

 

 

 

 褐色脂肪細胞は体温低下を防ぐという生理的役割があるため、寒さによって熱を生み出す力が高まります。

 

 

 寒さによる刺激というのは、なかなか日常的には取り入れにくいものです。

 

 それに代わる方法が最近になって研究が続けられています。

 

 

 

 

褐色脂肪細胞は、熱を生み出すのが仕事

 

 パワーアップさせるには寒いと感じることがベストだそうです。

 

 室温19度の部屋で、氷のブロックに2時間足を乗せると、褐色脂肪細胞のエネルギー消費が増加するという実験データもあります。

 

 ですが、それを日常的に行うのはあまりにも難しい!

 

 

シボヘールの活用

 

葛の花由来イソフラボンは、この褐色脂肪細胞の働きをサポートします。

 

シボヘールを活用するのは、こういったしっかりとした理由があるのです。

 

 

 

 購入されたい方は

 

痩せたい方にはシボヘールはおススメです。

公式サイトは上の画像リンクを押してください。

 

20180625112017

 

20180625112106 20180625112144

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

いい記事ですので、ここで紹介したいと思います。

 

www.xn--eckim1fra4a0uxe.biz

 

ameblo.jp

 

 

コメント