【必読】美容にいいオイル(サプリメント)の紹介!美容のためにオイル(油)を味方にする方法とは?

ダイエット中だから揚げ物は食べないと決めている人は多いと思います。

 

ですが、揚げ物を好きな方も多いと思います。

 

 そんな時は揚げ物をダイエットの味方につけて、おいしく食べるコツを知っておきましょう。

  

そもそも、なぜ綺麗にやせるために揚げ物をひかえなければならないのでしょう?

 

 実は、揚げ物に使う油が高カロリーだから太ってしまう、という理由だけではありません。

 

 揚げ物の油には、美しくなることを阻む強力な敵が潜んでいるからなのです。

 

 

 

 

 敵の正体は活性酸素。

 

 活性酸素は身体をサビつかせ、老けさせてしまう原因です。

 

 つまり、揚げ物の油によって太りやすくなるだけでなく、シミやソバカスといったエイジングのサインを、身体や肌に深々と刻みつけていくことになってしまうのです。

 

 ただし、すべての油が美容の敵、というわけではありません。

 

 揚げ物を食べる場合は、揚げたてをすぐにフレッシュな状態で食べるのが賢い食べ方です。

 

 揚げてから時間がたつと、油は酸化します。

 

 その酸化した油が、シミやソバカスをつくることにつながるのです。

 

 そのため、とくにスーパーなどのお惣菜の揚げ物をたくさん食べるのはおススメできません。

 

いつ揚げたのかわからない揚げ物は酸化しているだけでなく、油自体が何度も使い回されている可能性もあります。

 

食べても大丈夫なコツ

 

 周りのひとに合わせて食べることを避けられない場合は、次のことに気を付けるようにしましょう。

 

それは、「揚げ物を食べる前に、キャベツの千切りや大根おろしなど野菜をたっぷり食べる」ということです。

 

 こうすることによって、これから食べる油の吸収をおさえてくれます。

 

 酸化した食べ物には、「抗酸化力」のある食べ物で応戦するのです。

 

 キャベツや大根は消化酵素や食物繊維、ビタミンCといった栄養素を含み、抗酸化力もあります。

 

 料理の手間をかける必要はありません。

 

 そのままの状態でポリポリと食べてもOKです。

 

 「よく噛む」ことさえ心がければ、身体の中を上手に洗ってくれます。

 

美容に良い良い油で女子力アップ

 酸化しにくい油の代表はオリーブオイル。

 

 おうちごはんで油を使う際にはオリーブオイルを活用することがおススメです。

 

 また、サラダのドレッシングなどに使う油は、良質な生の油を。

 

 オメガ3脂肪酸を含む亜麻仁油、えごま油、しそ油がいいと思います。

 

 油は細胞膜をつくるので、潤いのあるお肌づくりの強い味方です。

 

そしてホルモンの原材料となり、安定した身体づくりや、女子力を上げるためにも必要です。

 

 油を加えるとコクがでて、食事の満足感も高まります。

 

 綺麗になるには、油とおいしく賢く付き合っていきましょう。

 

 

 【13種類の飲むオイル】

 

 

手軽に効率よく油を摂りたいという方は【13種類の飲むオイル】がおススメです。

 

13種類の飲むオイルが気になる!そんなあなたのために、この記事では【13種類の飲むオイル】を調べてみました。

 

『実年齢より上に見られる』

『運動しているのに結果がでない』

『毎日スッキリしない』

 

 

そんな悩みを抱える方は、【13種類の飲むオイル】がオススメです!

 

  13種類の飲むオイルは下の公式サイトをクリックして確認↓↓

 

同じ悩みを抱える多くの女性が13種類の飲むオイルで悩みを解決できているみたいです。

 

13種類の飲むオイルをまだ一度も試したことのない人は是非一度試してみてください。まだ悩んでいる人は、このサイトを参考にしてみてください。

 

 

 

 

こんな人は13種類の飲むオイルがオススメ!

 

 

肌の乾燥が気になる方

美しい髪を手に入れたい方

太りにくい体を手にしたい方

エイジングケアをしたい方

便秘気味の方

このような方は13種類の飲むオイルを試すと良いでしょう。悩みが解決できる可能性が非常に高いです。

 

 

では、次は13種類の飲むオイルの価格を見ていきたいと思います。

 

13種類の飲むオイルの価格

 

 

13種類の飲むオイルを最安値で試してみたい、という方のために、13種類の飲むオイルの最安値について調べてみました。

 

まず、13種類の飲むオイルは通販の限定販売となっています。

 

 

さらに、楽天でも買えますが、通常価格3,240円の販売となっております。

 

 

13種類の飲むオイルを購入するためには、公式サイトから直接申し込む必要があります。現在、公式サイトでは期間限定キャンペーンを行っております。

 

通常価格3,240円のところを、初回限定で980円で申し込むことができるんです。

20180625125434

 

13種類の飲むオイルは下の公式サイトをクリックして確認↓↓

 

 

 

 

ありがちな定期縛りは一切なくて、いつでも解約や休止が可能です。送料も発生せず、2回目以降も10%オフで購入できるのでお得です。

 

このキャンペーンは予告なく終了、変更の可能性がありますので、少しでも興味のある方は是非今のうちに公式サイトをチェックしてくださいね。

 

 

13種類の飲むオイルは下の公式サイトをクリックして確認↓↓

 

 

 

オイルって健康にいいの?

 

オイルとは油のことですが、油は太るというイメージがあるかもしれません。油にはカロリーがあり、とりすぎると太る原因になるのですが、油にはデトックス効果があることをご存知でしょうか?

 

質のいい油を摂ることで、体内にたまった老廃物や不要なモノを排出することができるのです。油を不足すると、逆にこのように健康に悪影響を与えます。

 

実年齢よりも老けてみられる

運動しても痩せられない

便秘で苦しむ

油には、いい油と悪い油があり、いい油は積極的に取ると美容によい影響があります。

 

 

美容にいい油 不飽和脂肪酸

美容や健康にいい油は不飽和脂肪酸と呼ばれる油です。

 

オリーブオイル、あまに油、えごま油などがそれに当たります。植物や魚介類に含まれる油でサラサラしているのが特徴です。

 

美容に悪い油 動物性飽和脂肪酸

美容や健康に悪い油は動物性飽和脂肪酸と呼ばれる油です。

 

バター、ラード、マーガリン等がそれにあたり、コレステロールを増加させてしまいます。

  

 

αリノレン酸

αリノレン酸は、お肌の健康維持にも役立つといわれています。 

具体的に、どのような働きが期待できるのでしょうか。

 

細胞膜って?

 

お肌の健康を維持したい方は、細胞膜に注目するとよいかもしれません。

 

細胞膜とは、タンパク質と脂質から構成される細胞質を覆っている膜です。

 

特定の物質だけを通すことで細胞の中の環境を一定に保っています。

 

細胞膜の役割

 

細胞膜は、お肌だけに関わらず私たちの健康を維持する重要な役割を果たしています。

 

細胞膜の材料が不足すると、細胞の入れ替わりが行えなくなるので様々なトラブルが起こります。

 

例えば、肌が乾燥するなどのトラブルが起こる可能性があります。

 

細胞膜を構成してるのがリノレン酸

 

細胞膜を構成している材料のひとつが必須脂肪酸です。

 

必須脂肪酸は、体内で合成できないため食事などから摂る必要がある脂肪酸です。

 

n-6系脂肪酸は、植物油や動物の脂に含まれているため摂りすぎていることが多いといわれています。

 

n-3系脂肪酸は現代人に不足しがちといわれています。

 

 n-6系脂肪酸が十分でも、n-3系脂肪酸が不足すると肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

 

不足しやすいαリノレン酸は、お肌の健康が気になる方にとって重要な脂肪酸といえるでしょう。

 

 

20180625130338

 

しかし、食品だけで一日に必要なオメガ3を摂取することは非常に難しいです。

 

 

20180625130507

 

 

 

13種類の飲むオイルの誕生

 

そこで開発されたのが、13種類の飲むオイルです。

 

オイルを厚生労働省の推奨する最も美容と健康にいい比率で配合し、女性の美しさを一層際立たせる成分が配合されています。

20180625130650

 

サプリでオイルの成分を閉じ込めることで、いつでも気軽に良質なオイルを摂ることができるのです。

 

 

13種類の飲むオイルの効果の秘密

 

13種類の飲むオイルはなぜ他の商品よりも効果が優れているか、13種類の飲むオイルの効果の秘密は下のとおりです。

 

13種類の飲むオイルの効果の秘密 健康植物オイル

 

13種類の飲むオイルにはその名の通り、13種類の健康植物のオイルが含まれています。

 

 

亜麻仁オイル(オメガ3)

えごまオイル(オメガ3)

オリーブオイル(オメガ9)

ココナッツオイル(飽和脂肪酸)

マカダミアナッツオイル(オメガ9)

アシードオイル(オメガ3)

グレープシードオイル(オメガ6)

ヘンプシードオイル(オメガ3・6)

菜種油(オメガ9)

こめ油(オメガ9)

サフラワー油(オメガ9)

ひまわり種子油(オメガ6)

ビタミンE含有植物油(オメガ6・9)

 

20180625130953

 

これらのオイルは美容や健康に非常に効果が高く、体を若返らせ、肌に艶や潤いを取り戻します

 

 

 

 

13種類の飲むオイルの効果の秘密 理想的なオイルバランス

 

13種類の飲むオイルは厚生労働省推奨のバランスでオイルを配合しています。厚生労働省水晶の理想のオイルバランスはコチラになります。

20180625131321

20180625131202

 

オイルは摂取するバランスが偏ってしまうと逆に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

 

すべてオイルをバランスよく取ることで、それぞれの成分が助け合い高い効果を発揮します。

 

13種類の飲むオイルの効果の秘密 コレステロール&トランシス脂肪酸が0

 

 

現代人が摂り過ぎの傾向にあるコレステロールは動物がもつ脂質で植物オイルには含まれません。

 

また、マーガリンやショートニング、加工品に含まれるトランス脂肪酸は、植物オイルに水素を添加して作られますが、健康に悪影響を及ぼすとして海外では使用を規制する国が増えています。

 

トランス脂肪酸は、細胞の中に入り込み細胞を傷つけることで、アレルギーやアトピーの誘発、免疫機能の低下、心臓疾患の原因になるといわれています。

 

アメリカやオランダ、ヨーロッパでは、トランス脂肪酸の入っているマーガリン、食用油は販売禁止になっています。

 

13種類の飲むオイルの効果の秘密 抗酸化作用のあるビタミンE配合

 

13種類の飲むオイルには抗酸化作用の高いビタミンEが含まれています。

 

若々しさのビタミンとも呼ばれるビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。

 

同時に、オイルといっしょにカプセルに配合することで酸化しやすいオイルの品質を保つ役目もします。

 

13種類の飲むオイルの原材料

 

13種類の飲むオイルの原材料一覧です。

 

原材料

 

ココナッツオイル、オリーブ油、エゴマ油、亜麻仁油、サフラワー油、菜種油、エンドウタンパク、マカデミアナッツ油、米胚芽油、グレープシードオイル、ひまわり油、ビタミンE含有植物油、ヘンプシードオイル、チアシードオイル/ゼラチン、グリセリン

 

13種類の飲むオイルの栄養成分

 

13種類の飲むオイルの栄養成分です。

 

栄養成分表示(2粒)

 

エネルギー 5.23kcal、たんぱく質 0.21g、脂質 0.46g、飽和脂肪酸 0.15g、トランス脂肪酸 0g、コレステロール 0g、炭水化物 0.06g、食塩相当量 0.0006g、ビタミンE 6mg(95%)

 

13種類の飲むオイルのよくある質問

 

13種類の飲むオイルによせられるよくある質問をまとめてみました。

 

いつ飲むのがおススメですか?

 

13種類の飲むオイルはサプリメントなので飲む時間は自由ですが、朝と夜に飲むことをおすすめしています。

 

13種類の飲むオイルを1日2粒以上飲んでも大丈夫?

 

1日2粒以上飲んでも大丈夫です。植物由来のオイルを使用しているので、少々多めに飲んでも特に問題はございません。

 

ただし、サプリメントですので、過度な摂取はお勧めするもではありません。

 

13種類の飲むオイルの解約方法

 

13種類の飲むオイルの解約方法です。

次回お届け予定日の10日前までに、以下の番号にご連絡下さい。

 

電話番号 0120−22−9299

20180625131955

 13種類の飲むオイルは下の公式サイトをクリックして確認↓↓

 

 

 13種類の飲むオイルは下の公式サイトをクリックして確認↑↑

1番の魅力(13種類のオイルが含まれている)

 

13種類の飲むオイルにはその名の通り、13種類の健康植物のオイルが含まれています。その一つずつだけでも美容効果があります。

 

 

亜麻仁オイル(オメガ3)

えごまオイル(オメガ3)

オリーブオイル(オメガ9)

ココナッツオイル(飽和脂肪酸)

マカダミアナッツオイル(オメガ9)

アシードオイル(オメガ3)

グレープシードオイル(オメガ6)

ヘンプシードオイル(オメガ3・6)

菜種油(オメガ9)

こめ油(オメガ9)

サフラワー油(オメガ9)

ヒマワリ種子油(オメガ6)

ビタミンE含有植物油(オメガ6・9)

 

 

 

亜麻仁オイル(オメガ3)

亜麻仁オイルを摂取した女性が、肌質が改善されたという例が多いです。

亜麻仁オイルは皮膚からの水分蒸発を防ぐため、保湿効果もあり、肌荒れなどの改善にも効果があるみたいです。

また、新陳代謝もよくなるので老廃物も排泄し美肌効果が期待できます。

 

えごまオイル(オメガ3)

 エゴマオイルの効能

 

美肌

腸活

糖尿病の予防

肝機能アップ

ガンの予防

高血圧の予防

認知症アルツハイマー病の予防

動脈硬化の予防

アンチエイジング

コレステロールの減少

脳卒中の予防

心疾患の予防

うつ病の予防

ダイエット

など、いろいろ言われています。そもそも、なぜエゴマ油がこんなにもイイ効果をもたらしてくれるのかっていいますと、エゴマ油の中に、

 

αーリノレン酸

 

というモノが入っているからです。 このαーリノレン酸(アルファリノレンサン)は、オメガ3脂肪酸と呼ばれるもので、今話題のEPADPA,DHAと同じ脂肪酸の仲間です。人にとっては大事なものなんです。

 

 オリーブオイル(オメガ9)

 

オリーブオイルの美容健康効果

 

美肌効果

 

オリーブオイルに含まれる色素成分クロロフィルは体内の毒素を排泄するデトックス作用があります。ニキビや吹き出物にも効果が期待されます。

 

 便秘予防!おなかすっきり!

 

オリーブオイルに含まれるオレイン酸には腸を刺激し排便を促すサポートをしてくれる働きがあります。

 

 

 

ダイエット効果

 

オリーブオイル中の7割をしめる不飽和脂肪酸であるオレイン酸が満腹中枢に働きかけ、食べ過ぎを予防してくれます。

 

 

 

アンチエイジング効果

 

オリーブオイルにはアンチエイジング効果のあるポリフェノールとビタミンEが多く含まれます。

 

特にビタミンEが抗酸化に働き、老化の原因とされる過酸化脂質の生成を抑え、体内から細胞を若々しく保つ効果が期待されます。

 

 

 

コレステロール低下

 

オレイン酸やビタミンEには余分なコレステロールを運び出す善玉コレステロールは減らさずに、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らすといわれています。中性脂肪を減らす手助けをしてくれます。

 

 

ココナッツオイル(飽和脂肪酸)

ココナッツオイルに含まれるトコトリエノールという物質が体に良い働きをしてくれます。

 

トコトリエノールはビタミンEの一種であるため強い抗酸化力を持ち、コレステロールを下げ動脈硬化を予防してくれます。

 

ビタミンEはトコトリエノールとトコフェロールの2つに分類されますが、トコトリエノールの抗酸化力は非常に強く、トコフェロールの約50倍もあります。スゴイ抗酸化パワーが期待できますね。

 

ビタミンEはもちろん、肌の状態を改善し、美肌に導く若返りのビタミンともいわれていますからなおのことアンチエイジング効果を期待してしまいます。

 

 

マカダミアナッツオイル(オメガ9)

植物性にしてはめずらしい「パルミトオレイン酸」が豊富です。

 

この成分は、血管内に入り込める脂肪酸で、脳や全身の血液の栄養となり、脳や心臓の病気を予防。

また、皮膚の再生を促進し、肌老化を回復される作用に優れているため、定期的に摂取することで、若々しい美肌をつくります。

 

肌に塗っても効果があるので、ヨーロッパでは食用としてだけなく、エステサロンやスパでのオイルマッサージとしても古くから使われています。

 

20代までの皮膚には、このパルミトオレイン酸が多く含まれていますが、30歳過ぎた頃から減少していくので、アンチエイジングとしても取り入れたいオイルです。

 

 

チアシードオイル(オメガ3)

ハリウッドのセレブが食生活に取り入れているとテレビや雑誌で紹介されて日本でも特に若い女性を中心に認知度が高いスーパーフードがチアシードです。

 

まずはなんといってもオメガ3脂肪酸の一種である「αリノレン酸」です。

 

アシードに含まれる非必須アミノ酸による美容効果

 

グリシン:肌荒れ・美肌効果(コラーゲンの原料)

セリン:肌の保湿成分として効果がある

アルギニン:老化予防・美肌・育毛、肥満改善にも効果あり

プロリン:コラーゲンの主要材料で肌の健康を保つ

 

 

グレープシードオイル(オメガ6)

オレイン酸

美肌効果

 

ビタミンE

グレープシードオイルは、ビタミンEを多く含みます。

 

「若返りのビタミン」とも呼ばれて、「アンチエイジング」の効果もあります。

 

 

ヘンプシードオイル(オメガ3・6)

ヘンプシードオイルは脂肪の燃焼を助けてくれるため、ダイエット中こそ積極的に摂りたいオイルなのです。

 

ヘンプシードオイルには不飽和脂肪酸がたっぷりと含まれているのですが、それが血中のコレステロール値を正常に改善してくれて、脂肪の燃焼を促進してくれます。

 

ヘンプシードオイルは主に食用ですが肌に塗って使っても美肌効果が期待できます。食用として取り入れることで美肌作りに効果的な栄養をバランスよく摂取することができます。

 

肌に塗ることで以下のような効果が期待できます。

 

保湿効果

高い保湿作用がありますので、スキンケア時に使用することで肌にたっぷりと潤いを与えてくれます。しかも全身に使用できます。乾燥肌改善にもおすすめです。

 

アンチエイジング

ビタミンA、C、Eといった抗酸化作用の高い成分が含まれていますから、アンチエイジング対策にも効果的です。

 

バリア機能を高める

γリノレン酸には角質のバリア機能を高める働きがありますので、弱ったバリア機能を回復に導いてくれます。

 

コラーゲンの生成をサポート

肌に弾力やはりをもたらしてくれる成分であるコラーゲンの生成を活性化してくれます。

 

 

菜種油(オメガ9)

なたね油の約60%を占めるのがオレイン酸で、オメガ9脂肪酸にあたるものです。抗酸化作用を持ち、美容に良いとされるのは勿論、動脈硬化、高血圧の予防に効果的です。

 

美肌効果

 

オレイン酸の抗酸化作用により活性酸素の攻撃を抑制し、老化防止や若返り効果が期待されます。

 

オレイン酸による皮膚を柔らかくする働きによって小ジワに効果があったり、保湿成分もたっぷり含まれていますのでしっとり素肌にしてくれます。

 

 

こめ油(オメガ9)

コメ油には若返りのビタミンと言われているビタミンE が含まれています。

 

その他の油にもビタミンEが含まれていますが、ビタミンEはいくつか種類があり、コメ油に含まれているビタミンEはスーパービタミンEと言われるもので、一般的な油に含まれているビタミンEの約40~60倍の抗酸化作用が高い「トコトリエノール」というビタミンEの一種です。

 

 

サフラワー油(オメガ9)

サフラワー油には次のものが含まれています。

 

オレイン酸

リノール酸

・ビタミンE

 

オレイン酸

オレイン酸は人間に馴染みのある成分で、皮脂の40%はオレイン酸で出来ているとも言われています。

 

リノール酸

 

うるおいのある健康な肌を作る効果があります。

 

また、血中コレステロールを低下させる働きがあり、悪玉コレステロールの減少や血圧の低下に役立ちます。

 

ビタミンE

「若返りのビタミン」と呼ばれています。

 

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、体の老化の原因とされている酸化から細胞や血中脂質を守る働きをしてくれます。

 

 

ヒマワリ種子油(オメガ6)

オレイン酸リノール酸により、肌をやわらかくし、うるおいを保ちます。

・乾燥による肌のかさつき、ごわつき、かゆみを予防、改善します。

 

 

ビタミンE含有植物油(オメガ6・9)

ビタミンEは脂溶性成分で、「トコフェロール」とも呼ばれています。

 

ビタミンCとともに 高い抗酸化力を持つ ビタミンです。

 

新陳代謝を促して潤いのある美肌を作る

 

ビタミンEの働きによって血流がスムーズになると、全身の細胞の新陳代謝が活発になり、潤いのある美しい肌を作ることにつながります。

紫外線から肌を守る働きもあるビタミンEは、まさに美肌の必須成分と言えます。

 

 

 

 

詳細をご覧になりたい方は

 

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

 

 (公式ページ)

 

 

読んでいただきありがとうございました。

コメント