ダイエットサプリ!食べながらダイエット!琉球大学教授が科学的に証明!長命草に抗肥満成分

 

ダイエットサプリ『サクナサク』のご紹介です。

 

サクナ(長命草)と乳酸菌のチカラで脂肪を溶解します。

 

 

 

どのくらいカロリーカットができるの?

約70%摂取カロリーをカット

 

例えば1日の摂取カロリーが約1700Kcalの場合

サクナサクを飲むと摂取カロリーの70%をカットされるので、

-1190Kcalとなり。

最終的な摂取カロリーは510Kcalのみ。

 

 

1日に飲む量

 1日8粒飲

 

公式ページは下の画像をクリックして見られます↓

 

 1日100名様限定 お得なキャンペーンとなっております。

規定人数に達した場合は予告なしで通常価格に戻ります。

在庫残りわずか!

人気商品のため、完売する可能性があります。

お早目にご注文してみてください。

 

GLITTERでも特集されました。

f:id:maychanham32:20180627174042j:plain

 

 きれいに痩せられる理由

 

 理由1 スーパーフード「サクナ(長命草)」のチカラで脂肪燃焼を促進

 

 

プテリキシン

サクナが含むプテリキシンは、筋肉細胞で脂肪の燃焼を促進することで体脂肪の蓄積を抑制する働きがあります。

 

イソサミジン

高い血管拡張作用により、血流の改善がうながされ、身体のリズムアップが期待できストレス軽減効果も。

 

この2つの効果で、脂肪が体につくのを防いでくれます。

 

血流が良くなると、代謝も良くなりますし、脂肪が燃えれば太りませんからね。

 

同じ食事量でも、サクナを一緒に摂っておけば太らないというわけです。

 

理由2 特許技術のナノ型乳酸菌

 特許技術により【特許番号第4621218号取得】乳酸菌粒子の大きさをナノ化に実現

 ナノは10億分のことです。

 

その技術により、ヨーグルト1個あたり(100g)で約10億個分の乳酸菌に対し、サクナサクの一日の摂取乳酸菌はなんと50倍500億個です。

 

 素早く体内に吸収しダイエットに欠かせない便秘改善を実現。

 

 

理由3 ビタミンCの女王アセロラ配合

 

レモンの10倍といわれる豊富なビタミンで美肌効果も!

 

葉酸もたっぷり含まれているためぷるぷるお肌に。

 

 

こんな方におススメです

 

 

無理なダイエットにより、

 

・肌荒れ

・お金がかかる

・ストレス

・活力ダウン

・効果が実感できない

 

 よくある質問

 

 

Q.1日どのくらい飲めばいいですか?

A.1日8粒を目安にお召し上がりください。

 

Q.いつ飲むのが効果的ですか?

A.サクナサクは健康食品ですので、飲むタイミングに決まりはありません。ただ、サプリメントは継続することが大事と考えておりますので、毎日忘れずにのめるよう、食前等の決まった時間に飲用することをおすすめ致します。

 

Q.他のサプリメントや薬と併用してもいいですか?

A.サクナサクは健康食品ですので、他の食品やお薬と併用しても問題ございません。健康被害等ももちろんございません。ですが、処方されている薬と一緒に飲む場合はかかりつけの医師にご相談ください。

 

Q.成分の品質は安全なものですか?

A.全成分、検査をクリアした安全な成分です。製造工場も海外ではなく、安全に管理された国内の工場ですので安心してお飲みください。

 

Q.妊娠中に飲んでも大丈夫ですか?

A.妊娠中の場合、サクナサクを飲むことはおススメしておりません。

妊娠中の体に害を及ぼす成分は入っておりませんが、デリケートな時期のためお控えください。どうしても飲用されたい場合はかかりつけの医師にご相談ください。

 

 

 

 

長命草(サクナ)の効能をもっと詳しく!

 

 

長命草は本来ボタンボウフウ(牡丹防風)と呼ばれる沖縄の伝統野菜です。

 

長命草の栄養には何が含まれている?

 

 長命草は古くから風邪の予防や喘息、神経痛の治療薬として民間療法で用いられていました。栄養価の高さから「1株食べれば1日長生きする」と言われています。

 

長命草の栄養には、ビタミンAやビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、食物繊維、β-カロテン、カリウム、カルシウムやマグネシウム、鉄などのミネラル、イソサミジン、ルチンやクロロゲン酸といったポリフェノールが豊富に含まれています。

 

食物繊維はキャベツの5倍、鉄分はプルーンの6倍、カルシウムは牛乳の4倍とも言われています。

 

特に、ルチンやクロロゲン酸、ビタミンC、E、カロテンなどの強い抗酸化作用を持つ栄養を多く含みます。

 

 長命草の抗酸化作用は、同じく沖縄県の食材であるゴーヤの8倍とも言われていて、老化や病気の原因となる活性酸素の働き抑える働きがあります。

 

 生活習慣病、老化を予防する効能 ・・・抗酸化作用で活性酸素を除去

 

これは、長命草が強い抗酸化作用をもつポリフェノールやβ-カロテン、ビタミンなどを含むためです。

 

 

ストレスや紫外線などによって体内で過剰に発生した活性酸素は、細胞にダメージを与え生活習慣病心筋梗塞、癌といったあらゆる病気や老化の原因となります。

 

 長命草には、この活性酸素の働きを抑え、生活習慣病や癌などの病気を予防し、アンチエイジングなどにも効果を発揮します。

 

血流を促進する効果 ・・・血管拡張、代謝促進、むくみの改善にも

 

 長命草は血流を促す効果もあります。長命草の栄養成分には、イソサミジンやルチン、ビスナジンなどの成分も含まれています。

 

これらには、抗酸化作用の他にも、毛細血管の強化や血管拡張作用、血流促進作用があります。血液をサラサラにし全身の血液の流れを良くする効果や効能があり、動脈硬化の予防や冷え性、むくみの改善に有効です。

 

 また、全身の血流が促がされることで代謝もアップするため、脂肪の燃焼を促すとして、ダイエットにも有効です。

 

 美肌、エイジング効果 ・・・ ビタミンエースやポリフェノールの働き

 

 多くの種類の栄養を含むサクナには、美肌効果もあります。

 

皮膚や粘膜を丈夫に保ったり、肌のハリを保つなど、美肌を維持するために必要なビタミンACE(エース)、ミネラル、ポリフェノールなどが、長命草には豊富に含まれています。

 

抗酸化作用がシミやソバカス、肌のたるみなど、肌の衰えを防ぐとともに、ルチンがビタミンCの吸収を促進、多くの栄養素の相乗効果で美肌や美白を保つ効果に優れています。

 

 

長命草に抗肥満成分 琉大の屋教授発見 科学的に証明

 琉球大学熱帯生物圏研究センターの屋宏典(おくひろすけ)教授らはこのほど、沖縄で伝統的に野菜や薬草として食べられる長命草に抗肥満物質が含まれていることを発見しました。

 

長命草に抗肥満効果があることは知られているが、その効果を科学的に証明しました。

 

研究結果は、オランダの国際学術誌「ニュートリション」電子版に掲載されました。

 

 屋教授らは2006年度に研究を開始。

 

マウス(実験用ネズミ)に長命草を与えると体重が減ることを確認しました。

 

さらに長命草の抽出液を培養細胞に混ぜて反応を調べる実験を続けました。

 

 プテリキシン 

 

研究を始めて8年が過ぎた13年末、抗肥満効果が化合物「プテリキシン」にあることを突き止めました。

 

プテリキシンは脂肪細胞や肝臓細胞で中性脂肪が合成されるのを抑える一方で、筋肉細胞では脂肪を燃やし、体脂肪を蓄えにくくします。

 

長命草には抗肥満成分といわれるクロロゲン酸も含まれているが、プテリキシンの抗肥満作用はクロロゲン酸よりも強いことも明らかにしました。

 

屋教授は「抗肥満成分の作用をうまく利用することで、県民の健康増進に結び付けることができる。同時に、地産地消で地元の健康食品製造の活性化にもつながる」と期待感を示しています。

 

 

詳細をご覧になりたい方は

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

 (公式ページ)

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメント