【ダイエット】サプリ!「緑茶カテキン・桑の葉抽出物・白インゲン豆抽出物配合」の効果!「大学医学専門家監修」

2017年韓国ブランド満足指数1位を獲得したダイエットサプリ「カロバイをご存知でしょうか?

 

美容大国韓国が認めた確かな品質です。

 

韓国の人気グループも愛用しています。

 

今回は、その中の「カロバイ+の魅力をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

人気の反響(楽天ランキング第1位)

 

 

・楽天市場ランキング キトサン部門 第1

・楽天市場ランキング 美容部門 第1

・楽天市場ランキング サプリメント部門 第1

・楽天市場ランキング ダイエット・健康部門 第1

・楽天市場ランキング 女性総合部門 第1

・楽天市場ランキング 総合部門 第1

 

 

「+」プラスって何のこと?

 

韓国の著名な家庭医学専門医が、成分・配合にこだわって作った「カロバイ」という大人気ダイエットサポートサプリをベースに、日本の商品開発チームが、日本人の体質を考え成分を再配合した商品です。

 

京都大学の生理学、医学の専門家が監修し、日本国内GMP基準をクリアした工場で生産した「安心。安全」な商品となっております。

 

GMP認定工場で製造

 

 

GMPとは「各製造工程における人為的な誤りの防止」「製品そのものの汚染及び品質低下の防止」そして「全製造工程を通じた一定の品質の確保」といった、製造所における製造管理、品質管理基準のことです。

 

こうした基準をクリアした工場での製造によって「製品の安全性」や「一定の品質」が保たれているだけでなく、品質についての徹底した管理・検査の実施によって安全安心が確保されているといえます。

 

健康や美容のために習慣として取り入れるものだからこそ、配合されている成分や配合量だけでなく安全安心にこだわり抜かれているのは魅力的です。

 

 

 

含まれる成分配合

いったいどんな成分で出来ているのでしょうか。

 

調べたところ、カロバイ+の成分は緑茶カテキンや桑の葉、白いんげん豆抽出物というダイエットサポートに頼もしい成分が高配合されています。

どれもダイエットにおススメの成分ですが、それ以外にも嬉しい効果がたくさんあります。

 

 

・緑茶カテキン

 

・桑の葉抽出物

 

・白インゲン豆抽出物

 

 

ここでそれぞれの成分が本当にダイエットに効果的なのか調べてみました。

 

緑茶カテキン

 

緑茶カテキンダイエットとは、緑茶に含まれるカテキンの持つ効能・効果を利用して行うダイエット方法です。

 

中でも、カテキンの血糖値の上昇を緩やかにする働きがダイエットと深く関係しているのですが、そもそもどうして血糖値が急激に上がると肥満に繋がるのでしょうか?

 

血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の値です。

 

通常、食事をすると人の血糖値は上昇し、それを正常値に保つために膵臓からインスリンという物質が分泌されるのですが、インスリンは血液中のブドウ糖をエネルギーに変える一方で余った分を脂肪として蓄積してしまう性質があります。

 

そのため、血糖値が上がりやすい食べ物を摂取するとこのインスリンが大量に分泌されてしまい、太ってしまうのです。

 

ですので、食事時には血糖値を急激に上げないようにすることがとても大切になってきます。

 

少し前に「食べる順番ダイエット」というのが流行りましたが、これも血糖値の上昇を抑えるために血糖値の上がりやすい炭水化物やたんぱく質を後回しにして、血糖値を急激に上げない野菜から食べ始めるとよい、という考えで行われていました。

 

すなわち、緑茶に含まれるカテキンには血糖値を緩やかにする働きがあるため、食前・食中・食後に飲むことでダイエットに繋がるのです。

 

 

桑の葉抽出物

 

 

1-デオキシノジリマイシン(DNJ)

 

血糖値の上昇を抑えて、糖尿病の予防やダイエットに役立つ桑の葉の特有成分です。

 

クエルセチンマロニルグルコシド

桑の葉に含まれるフラボノイドです。優れた抗酸化作用を持ち、血流の改善や代謝の健全化などの効果があります。

 

ビタミンA    

 

βカロチンとも呼ばれています。皮膚や粘膜を正常に保ち、目の明暗をよく見えるようにします。また、遺伝子の調節、それに伴う免疫を手助けするたらきがあります。ほかにもエイジングケア成分として知られています。桑の葉のビタミンAはほうれん草の約10倍であると言われています。

 

ビタミンB1   

 

・糖質の代謝を助ける

・神経の機能を保つ

 

ビタミンB2

 

・脂肪の代謝を助ける

・酵素の働きを助ける

 

ビタミンC

 

・抗酸化作用

・コラーゲン生成補助

・メラニン生成抑制

 

ダイエットにもおススメ

ビタミンCには細胞の代謝を上げて、無駄なエネルギーが蓄積されるのを防ぐという作用があります。

 

一方で、脂肪細胞に対しては、エネルギーとなるブドウ糖(グルコース)を取り入れるのを防ぐという作用をします。

 

つまり、ビタミンCは、基本的に細胞を活性化する働きをするけれど、【脂肪細胞にだけはエネルギーをやらない】という選択的作用をしてくれるのです。

これにより、脂肪細胞が大きくなるのを防いでくれるというわけです。

 

栄養がカットされれば、脂肪細胞も成長できなくなるということです。

 

 

ビタミンE

酸化ケア力が強く、体内の活性酸素をケアし、悪玉コレステロール対策に役立ちます。体の中から若々しさを保つ大切な成分です。

 

亜鉛

味覚を正常に保つ成分です。亜鉛が不足すると味覚障害になると言われています。体内の細胞分裂に必要であり、代謝の促進に必要不可欠です。抗酸化・アルコール分解・たんぱく質合成などのはたらきがあります。

 

体に取り入れた酸素を血液に乗って全身に運ぶ役割があります。鉄が不足すると酸素が全身に行きわたらず貧血になってしまいます。

 

 

マグネシウム

体内で働く300種類以上もの酵素の働きをサポートします。マグネシウムの60%は骨や歯に存在しています。マグネシウムが不足すると骨から溶け出してしまい、骨量の減少へとつながってしまいます。

 

カルシウム

骨や歯に必要不可欠な成分です。ほかにも神経刺激の伝達や、筋肉の収縮などのはたらきがあります。

 

 

 

ルチン

ルチンとは抗酸化作用を持つポリフェノールの一種です。ビタミンCの吸収を助けることにより、皮膚や血管の老化を防止します。高血圧や血糖値対策だけでなく、糖尿病対策にも期待されています。

 

 

白インゲン豆抽出物

近年ダイエット効果があるとして注目されているのが、白いんげん豆の中にある「ファセオリン」という成分です。

 

お米やパンや麺などの炭水化物は、体内に入るとすい臓から分泌されたα-アミラーゼという消化酵素によりブドウ糖に分解されます。

 

そしてブドウ糖はすい臓から続けて分泌されたインスリンによって内臓や筋肉の細胞に運ばれてエネルギーとなります。

 

ただし、ブドウ糖の量が多くてエネルギーにできない分は脂肪となって体内に蓄積されます。これが体脂肪であり、肥満のもとです。

 

そして白いんげん豆の成分であるファセオリンは、このα-アミラーゼの働きを抑制するのです。

 

つまり体内に入ってきた炭水化物をブドウ糖に変える働きを阻害するので、余計なブドウ糖が作られない、つまり余計な脂肪分にもならない、というわけなのです。

  

 

 

詳細をご覧になりたい方は

下のページ(画像)からご覧になれます。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント