むくみサプリ パンパン対策の新しい考え方 糖質とめぐりの両方のケアが大事!

 

このようなパンパンやむくみの悩みはありませんか?

 

・座りっぱなしのオフィスワークで夕方はいつもパンパン

 

・靴下のあとがいつもばっちり残る

 

・下半身が太って見えるから嫌

 

・パンパンを通り越しもはや痛い

 

 

この原因は?

 

・不摂生な食生活でめぐりが悪い

 

・運動不足でめぐりが悪い

 

・不規則な生活でめぐりが悪い

 

 

でも全てをめぐりが原因と考えていませんか?

 

実は糖質の影響が大きいのです。

 

 

パンパンになるメカニズムは?

 

原因1 水分をしみ出させる糖質

 

 

糖分によって水分がしみ出すのを加速させる。

 

糖質は水分をしみ出させる圧力を強める原因物質です。

 

普段の食事の中にはたくさんの糖質が含まれています。

 

パンパンの根本原因である糖質をまずはケアすることが大切です。

 

 

 

 

原因2 水分の回収能力めぐり

 

めぐりが弱い人は、しみ出した水分を回収しきれずにさらにパンパンになる。

 

 

めぐりは、しみ出してしまった水分を回収してくれる能力。

 

年齢とともに、また食生活や運動不足、不規則な生活によって水分の回収能力「めぐり」が停滞し、パンパンになります。

 

 

パンパン対策には糖質とめぐりのWケアすることが大事です。

 

「すらり姫」は全14種類のパンパン対策にうれしい成分で糖質ケアとめぐりケア

 

その配合成分を説明したいと思います。

 

成分1 ターミナリアベリリカ(糖質ケア)

糖質をサポートする特許成分

 

ターミナリアベリリカは、広葉樹の果実から抽出した機能性素材で、果実にはポリフェノールが豊富に含まれています。

 

 

糖質ケアについて

 

少し前から「口カボ」という言葉が流行しており、糖質制限をされる方が多くなってきています。

 

しかし、糖質制限や、糖質自体に関して、正しい知識がないまま始めてしまうのは危険です。

 

便秘や肌荒れなど、かえって不調になったりすることもあります。

 

その点、特許成分であるターミナリアベリリカは、糖質サポートの面で非常に有用です。

 

しかし、ターミナリアベリリカは、独特の苦みがあるため、味への影響が少なくなりようにカプセル剤や錠剤などの形態で、栄養補助食品として補うことがおすすめです。

 

 

成分2 シトルリン(めぐりケア)

ターミナリアベリリカとの相乗効果でめぐり効果が大幅アップ

 

シトルリンは、スイカをはじめキュウリなどのウリ科の野菜に多く含まれる成分です。

 

シトルリンとターミナリアベリリカを併用する独自製法で、めぐりを大幅にサポートされることが確認されています。

 

めぐりが悪いと

 

不摂生な食生活や運動不足、不規則な生活などが原因で、めぐりが悪く滞ると、様々な不調を引き起こします。

 

しかし、日常の生活習慣一つ一つを見直し、改善するのはなかなか大変です。

 

まずは食生活や、日常摂取する栄養分を簡単に見直してみるのが第一歩だと思います。

 

イカをはじめとしたウリ科の野菜に多く含まれているシトルリンは、ターミナリアベリリカとの併用による相乗効果で、めぐりを大幅にサポートすることが分かっています。

 

それに加えてさらに、様々なめぐりケア成分をバランス良く摂ることが、体全体のめぐりサポートにとって重要になります。

  

成分3 コーンシルク末(めぐりケア)

いらないものをスッキリ!

 

トウモロコシの雌花の花柱(ひげ)を用いており、英名で「コーンシルク」と呼ばれています。

 

余計な水分の排出を促す効果が期待できます。

 

 

 

成分4 白インゲン豆抽出成分(糖質ケア)

炭水化物に含まれるでんぷんの分解酵素を阻害し、糖質サポート!

 

 

近年ダイエット効果があるとして注目されているのが、白いんげん豆の中にある「ファセオリン」という成分です。

 

お米やパンや麺などの炭水化物は、体内に入るとすい臓から分泌されたα-アミラーゼという消化酵素によりブドウ糖に分解されます。

 

そしてブドウ糖はすい臓から続けて分泌されたインスリンによって内臓や筋肉の細胞に運ばれてエネルギーとなります。

 

ただし、ブドウ糖の量が多くてエネルギーにできない分は脂肪となって体内に蓄積されます。これが体脂肪であり、肥満のもとです。

 

そして白いんげん豆の成分であるファセオリンは、このα-アミラーゼの働きを抑制するのです。

 

つまり体内に入ってきた炭水化物をブドウ糖に変える働きを阻害するので、余計なブドウ糖が作られない、つまり余計な脂肪分にもならない、というわけなのです。

 

成分5 ギムネマシルベスタ(糖質ケア)

 

ギムネマの葉に含まれているギムネマ酸には、糖分の吸収をブロックする働きがあると同時に、食前に食べると、ギムネマ酸が腸で働き、腸管から糖が吸収されるのを抑えるという効果があります。

 

 

 

成分6 グァバ(糖質ケア)

 

グァバの葉の有効成分として有名なのが「グァバ葉ポリフェノール」という

グァバ葉特有の高分子ポリフェノールです。

 

でんぷんや砂糖等の糖質を分解する消化酵素の働きを弱めるので、ブドウ糖の量を少なくすることができます。

 

グァバ葉ポリフェノールは、糖質の吸収を抑え、血糖値をコントロールする

働きがあるため、血糖値の急激な上昇や下降を防いでくれます。

  

 

成分7 赤ぶどう葉(めぐりケア)

赤ワインの100倍から300倍ともいわれる豊富なポリフェノールが含まれているので、血管をしなやかにしてくれます。

ポリフェノールの中でも、特に最近注目されている成分がアントシアニンです。

赤ブドウ葉にはこのアントシアニンが多く含まれています。

アントシアニンは末梢血管を拡張して血流を改善する効能があります。

また、抗酸化作用が強いため、活性酸素の抑制を行い細胞の損傷を避けることができますので、美肌にも効果があります。

活性酸素は老化を促進し、お肌のハリやツヤを奪っていきます。

ポリフェノールはそんな活性酸素を除去することで、老化を防止してくれるのです。

 

 

成分8 カリウム(めぐりケア)

余分な水分を排出し、バランスを保ちます。

 

成分9 GABA

アミノ酸の一種です。

ストレス社会で頑張る女性の健康に役立つ注目成分です。

精神安定作用、不眠、イライラなどの改善に効果があるといわれ、リラックス作用が得られます。

 

成分10 メリロート

メリロートに含まれる主な成分は

クマリン

・フラボノイド

サポニン

・タンニン

などです。

 

そんなメリロートに含まれる成分の効果をご紹介したいと思います。

 

メリロートのむくみに対する効果

メリロートがむくみに効果的だといわれるのは、メリロートに含まれる成分のほぼ全てに血流をサラサラにする効果があるからです。

むくみは血流が滞ることで体内にある余分な水分や老廃物を回収しきれないことから発生します。

血流をサラサラにすることで水分と老廃物の回収量を増やし、むくみを発生させないようにする効果が期待できます。

そんなメリロートの血液をサラサラにする効果をする成分を紹介したいと思います。

 

クマリンの効果

セリ科の植物に含まれる栄養素です。

抗酸化作用とむくみ改善に加え、抗血液凝固作用を持っている事から、血栓防止薬にも活用されています。

クマリンには血液をサラサラにする効果があります。

これは、クマリンのもつ血液の凝固を防ぐ働きによるものです。

血液が固まりにくくなると、血液はサラサラになり、血流が良くなります。

その結果、血液の老廃物や余分な水分の回収機能がしっかり働くようになるので、むくみ改善に役立つというわけです。

その他にも、クマリンには抗酸化作用や抗菌作用といった効果があり、体を健康に保つために役立つ効果があります。

 

フラボノイドの効果

フラボノイドの効果は、主に血管や血液に作用します。

血管を丈夫にしたり、抗酸化作用で活性酸素を防ぎ、血管を守ったりするのがフラボノイドに期待される効果です。

コレステロールを減少させ、血液をサラサラにする効果があるので、フラボノイドもむくみ改善に効果があります。

 

サポニンの効果

サポニンは血液の循環を良くする効果を持っている成分です。

血中のコレステロールを減少させ、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

また、抗酸化作用による動脈硬化の予防や、血流を良くする効果も期待できるので、サポニンめぐりやむくみ改善をサポートします。

 

タンニンの効果

タンニンは抗酸化作用と、コレステロール値を減少させる効果があります。

血液をサラサラにし、動脈硬化の改善や予防効果が期待できるので、むくみ発生の原因である血流の悪さの改善が期待できます。 

 

成分11 発酵紅参

サポニンの効果

サポニンは血液の循環を良くする効果を持っている成分です。

血中のコレステロールを減少させ、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

また、抗酸化作用による動脈硬化の予防や、血流を良くする効果も期待できるので、サポニンめぐりやむくみ改善をサポートします。

 

カリウムの効果

余分な水分を排出し、バランスを保ちます。

ナトリウム(塩分)の排泄を促す効能があり、高血圧の予防やむくみの解消に効果的です。

 

成分12 黒ショウガ(めぐりケア)

アルギニンや亜鉛がめぐりを良くするだけでなく、グッタリにも良いと言われています。

 

成分13 ヘスペリジン

ヘスペリジンはポリフェノールの一種で、毛細血管の強化や血流改善効果が認められている成分です。

むくみの原因は、リンパ管の機能が低下し、老廃物や不要な水分の回収が上手くいかないことが原因です。これらの原因は、毛細血管の強化や血流改善により改善でき、むくみ改善にもつながります。

 

成分14 明日葉(めぐりケア)

 

栄養価の高い植物です。

 

ポリフェノールの一種「カルコン」を多く含み、抗酸化作用、デトックス、脂肪燃焼などダイエットや美容に最適と言われています。

 

明日葉の「カルコン」には、余分な水分を追い出してくれる働きがあります。

明日葉にしか含まれない「カルコン」、せり科共通の「クマリン」があり、他にもビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

 

カルコンの効果

明日葉だけに含まれるポリフェノールの一種です。

抗酸化作用とセルライト解消に優れており、血栓予防や美容・健康維持に役立ちます。

カルコンは、強力な抗酸化作用を持っていて、体の酸化防止やアンチエイジング効果があります。

また、体内の老廃物を排出する働きを持っています。

さらに、末梢血管を広げる作用と、血行促進の作用もありますので、これらの働きにより、体内の水分代謝が良くなります。

水分代謝が改善すると、むくみ改善や太りやすい体質の改善が期待されます。

カルコンは、脂肪細胞に直接作用して、脂肪の燃焼を助ける働きがありダイエットにも効果が期待されています。

 

クマリンの効果    

セリ科の植物に含まれる栄養素です。

抗酸化作用とむくみ改善に加え、抗血液凝固作用を持っている事から、血栓防止薬にも活用されています。

クマリンには血液をサラサラにする効果があります。

これは、クマリンのもつ血液の凝固を防ぐ働きによるものです。

血液が固まりにくくなると、血液はサラサラになり、血流が良くなります。

その結果、血液の老廃物や余分な水分の回収機能がしっかり働くようになるので、むくみ改善に役立つというわけです。

その他にも、クマリンには抗酸化作用や抗菌作用といった効果があり、体を健康に保つために役立つ効果があります。

 

食物繊維

新陳代謝とお通じに作用する為、便秘やダイエットにも効果的です。

 

マンガン

マンガンは、肝臓の中にあるミトコンドリアに多く含まれ、特に酵素の活性化を助けながら、体内の代謝に深く関わっている栄養素です。

マンガンが不足すると、骨・糖脂質・皮膚の代謝異常、血液の凝固障害、生殖機能の低下などの原因となります。

 

パントテン酸

パントテン酸は食べ物から摂った炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質、いわゆる三大栄養素代謝に関わっています。

パントテン酸ビタミンB1と一緒に糖質を分解する働きをするほか、ビタミンB2とともに脂質の代謝を助けます。

 

ナイアシン

ナイアシンは、糖質、脂質、たんぱく質から、細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助する不可欠な働きをします。

皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。

 

カリウム

余分な水分を排出し、バランスを保ちます。

ナトリウム(塩分)の排泄を促す効能があり、高血圧の予防やむくみの解消に効果的です。

 

鉄分からヘモグロビンを作るサポートをします。

鉄分をいくら摂取しても、銅が不足しているとヘモグロビンを作り出すことが出来ません。

 

β-カロテン

目の健康だけでなく、粘膜や皮膚を正常に保つ働きもあり、β-カロテンが不足すると皮膚や爪がボロボロになってしまいます。

 

ビタミンB2

・脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)

酵素の働きを助ける

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける

ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き

 

ビタミンE

酸化ケア力が強く、体内の活性酸素をケアし、悪玉コレステロール対策に役立ちます。

体の中から若々しさを保つ大切な成分です。

抗酸化作用は美肌をキープするためには必須なもので活性酸素を減らしてくれる作用があります。

 

ビタミンK

ビタミンKの主要な作用は、血液凝固に関与するものです。

血液が凝固するのには、プロトロンビンなどの血液凝固因子が必要ですが、プロトロンビンが肝臓で生成されるときに、補酵素として働くのがビタミンKです。

そのためビタミンKが欠乏すると血液中のプロトロンビンが減少し、血液凝固に時間がかかり、出血が止まりにくくなります。

また、ビタミンKは丈夫な骨づくりにも不可欠で、骨に存在するオステオカルシンというたんぱく質を活性化し、カルシウムを骨に沈着させて骨の形成を促す作用があります。

 

パンパン対策には継続が重要です。

 

日頃から靴下の跡が気になったり、朝と夕方の足の太さの違いに驚かれる女性の方も多いと思います。

 

このような状態はあまり健康的な状態ではありません。

 

美容面だけではなく、健康面から見てもあまり良い状態とは言えないのです。

 

そのような状態の方には、食べ物や運動などでの改善がおすすめです。

 

ですが、忙しい日常生活の中でそのような対策を取るのはなかなか難しいかと思います。

 

そこで、「サプリメントを飲むだけ」など、まずは敷居の低いことから始めることをおすすめします。

 

 

詳細をご覧になりたい方は

 

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

 

 

 (公式ページ)

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント