ケトン体質になってダイエット!フィットネスクラブでも販売実績多数!クロロゲン酸・オメガ3脂肪酸配合

 

 

 

ダイエットには深刻な悩みがとなり合わせです。

 

糖質制限ダイエット

・炭水化物抜きダイエット

 

なかなか続かないし、リバウンドする場合もあります。

 

・好きな食べ物が食べられない・・

・始めは頑張って急激な運動していたが続かなくなった・・

 

 

ダイエット中の食事を気にしてしまうのはとてもつらいですよね・・

 

 

そんな方に是非おススメしたいのが。。

 

今、国内だけでなく世界で大注目の「MCTオイル」です。

 

別名「中鎖脂肪酸」といいます。

 

 

 

MCTオイルを摂ることで体にプラスになることは?効果は?

 

 

「MCT」とは、中鎖脂肪酸のことです。

 

 

中鎖脂肪酸は、脂肪を構成する脂肪酸の一種で、ココナッツやパームヤシ、牛乳、母乳などに含まれています。

 

例えば、ココナッツオイルには、約60%の中鎖脂肪酸が含まれています。

 

これに対し、天然の中鎖脂肪酸100%でできている油が、MCTオイルなのです。

 

脂肪酸は種類によって長鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸などに分類されます。

 

サラダ油やオリーブオイルなどの一般的な植物油は、主に長鎖脂肪酸でできています。

 

長鎖脂肪酸は体内で肝臓や脂肪組織などに蓄えられて必要に応じて分解され、エネルギーとして消費されます。

 

MCTオイルの構成成分である中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸に比べて、非常に消化・吸収されやすいのが特徴です。

 

長鎖脂肪酸の約4倍もの速さで分解されます。

 

つまり、MCTオイルは、摂取するとすぐにエネルギーとして使われるので、体脂肪として蓄積されにくい油なのです。

 

ケトン体質

 

MCTオイルを取る大きなメリットは、やせやすく太りにくい「ケトン体質」になれることです。

 

ケトン体質とは、「ケトン体」をメインのエネルギー源として利用できる体の状態をいいます。

 

私たちの体には、生きるために必要なエネルギーを生産する2種類の回路があります。

 

・「糖質回路」→糖質やタンパク質を分解してできるブドウ糖を燃料にする。

 

・「ケトン体回路」→脂肪を分解してできるケトン体を燃料にする。

 

 

体のエネルギーとして優先的に使われるのは、通常はブドウ糖です。

 

そのため食事から糖質を取っていると、糖質回路がメインで働き、ケトン体回路は休んでいます。

 

そして、ブドウ糖が枯渇すると、体内脂肪を燃料とするケトン体回路が働き始めるのです。

 

ところが、MCTオイルを取ると、体内にブドウ糖が十分ある状態でも、ケトン体回路が活発に働くようになります。

 

すると、体内に蓄積した脂肪が効率よく燃焼されるようになるのです。

 

しかも、ケトン体は脳の満腹中枢を刺激するので、空腹感や食欲を抑える働きもあります。

 

つまり、MCTオイルを取って、ケトン体質に転換することが、ダイエット成功のキーポイントといえます。

 

 

溜め込まないオイル、それがMCT

 

良質のオイルは健康維持には欠かせないものです。

 

ダイエット時にはカロリーを気にして特に不足がちな栄養素です。

 

 

こんなMCTオイルを気軽に摂れるサプリメントがあります。

 

「MCTコーヒーダイエット」というサプリメントです。

 

​【テレビで放送されたMCTオイル】お気軽にサプリで980円お試し!!​

 

 

20180902163804

 

 

「MCTコーヒーダイエット」は3つのうれしい成分を含んでいます。

 

 

・MCTオイル

 

・オメガ3脂肪酸

 

・コーヒー豆エキス

 

それではどのような効果があるかご紹介したいと思います。

(MCTオイルは先ほど説明しましたので割愛させていただきます)

 

 

 

★オメガ3脂肪酸配合

 

オメガ3脂肪酸を摂ることで体にプラスになることは?効果は?

 

オメガ3脂肪酸は青魚をはじめ、えごま油、亜麻仁油、シソ脂、くるみなどに多く含まれています。

 

良質なオイルは積極的に摂るべきですが、毎日の食事でバランス良く摂ることはなかなか難しいものです。

 

オメガ3脂肪酸は体内で生産するのが難しいのですが、カラダに必要不可欠な成分です。

 

足りなくなると、めぐりが滞り、余分なものが溜まってしまいます。

 

 

ダイエット効果

 

オメガ3脂肪酸DHAEPAには、脂質代謝改善効果があります。

 

これは、血液中や肝臓の中にある中性脂肪の量を減らす効果です。

 

中性脂肪自体は体を動かすエネルギー源ですが、過剰になると、肝臓から血液を経由して内臓・皮下などの全身に体脂肪としてたくわえられることになります。

 

これがいわゆる内臓脂肪や皮下脂肪です。

 

DHAEPAは、太る原因となっている中性脂肪代謝することによって、太ることを防いでくれます。

 

また、血中の中性脂肪が減れば、体脂肪をエネルギー源として使用することになり、つまり痩せることにもつながります。

 

 

 

美容効果

 

油は細胞膜をつくるので、潤いのあるお肌づくりに効果的です。

 

そしてホルモンの原材料となり、安定した身体づくりや、女子力を上げるためにも必要です。

 

 

オメガ3脂肪酸は腸の悪玉菌を減らし、腸内環境を整える効果があるため、便秘解消に役立ち便秘による肌荒れの改善にもつながると言われています。

 

 

また、オメガ3脂肪酸は腎臓の働きをサポートし、全身の代謝をアップさせ、肌のターンオーバーを整えることにもつながるため、高い美肌効果が期待できます。

 

その他にも、強い抗酸化作用を持つため、活性酸素による肌ダメージを防ぎエイジングケアにも役立つと言われています。

 

 

 

★コーヒー豆エキス配合

 

コーヒー豆エキスを摂ることで体にプラスになることは?効果は?

 

コーヒーのポリフェノールは同じくポリフェノールが多いとされるお茶よりも174%も多く含まれ、さらに約2倍も吸収率が良いのです。

 

 

クロロゲン酸

 

ポリフェノールの1種であるクロロゲン酸が、余分なものを分解・燃焼しやすくする助けをしてくれます。

 

クロロゲン酸のメカニズムは?

コーヒークロロゲン酸は、体内にある「ミトコンドリア」にはたらきかけ、脂肪の取り込みを促進します。

 

「脂質」は効率よく燃焼されるとエネルギーへと変換される為、体脂肪が低減すると言われています。

 

 

MCTコーヒーダイエットにはクロロゲン酸が高配合!

 

クロロゲン酸は焙煎前の生コーヒー豆にもっとも多く含まれています。

 

MCTコーヒーダイエットに含まれる「生コーヒー豆エキス」は、クロロゲン酸及びクロロゲン酸類をコーヒー飲料の480倍も含有しているので、余分なものを分解・燃焼しやすくする効果があります。

 

 

MCTコーヒーダイエットだけの特長

 

他の製品にはない、クロロゲン酸(脂肪燃焼)生コーヒー豆エキスとオメガ3脂肪酸を配合しており、通常のMCTオイルサプリメントと比べてさらなる脂肪燃焼効果を高める商品です。

 

 

 

安心・安全・販売実績

 

GMP認定取得工場で製造

 

 

GMPとは

 

GMPとは「各製造工程における人為的な誤りの防止」「製品そのものの汚染及び品質低下の防止」そして「全製造工程を通じた一定の品質の確保」といった、製造所における製造管理、品質管理基準のことです。

 

こうした基準をクリアした工場での製造によって「製品の安全性」や「一定の品質」が保たれているだけでなく、品質についての徹底した管理・検査の実施によって安全安心が確保されているといえます。

 

ダイエットや美容・健康のために習慣として取り入れるものだからこそ、配合されている成分や配合量だけでなく安全安心にこだわり抜かれているのは魅力的です。

 

 

 

販売実績多数!!

 

いち早く商品化に成功した「MCTダイエットコーヒー」は大手フィットネスクラブでもすでに販売実績多数です。

20180902164234

 

価格・続けやすさ

 

20180902164527

 

 

 

 

詳細をご覧になりたい方は

 

下の公式ページからご覧になれます。

 

​【テレビで放送されたMCTオイル】お気軽にサプリで980円お試し!!​

 

(公式ページ)

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメント