青汁の弱点とは?効果的な青汁!飲めばわかる驚きの実感力!便秘や肌荒れ解消に!

とても効果の高い理想的な青汁「大豆と青汁」をご紹介したいと思います。

 

 (公式ページ)

 

 

 

 

次のような方には是非おススメです。

 

・野菜嫌いのお子様や、野菜不足の妊婦さん

・野菜不足からくる、便秘や肌荒れ解消をしたい方

・体の衰えと健康を考える方

 

 

こんなお悩みはありませんか?

 

・毎日スッキリしない

 

・最近疲れやすくなった

 

・カラダが思うように動かない

 

・年齢の衰えを感じる

 

・体調を崩しやすくなった

 

・偏った食生活をしている

 

 

これは野菜不足が原因かもしれません!

 

 

あてはまる方は青汁を飲めば改善が期待できます。

 

でも、万能に見える青汁にも弱点があるのです。

 

 

 

青汁の弱点?

 

答えはたんぱく質不足です!

 

青汁は、野菜をふんだんに使われることが多く、ビタミンやミネラルなどは豊富なのですが、年齢を重ねるごとに不足しがちなたんぱく質がほとんど入っていません。

 

でも大丈夫です。

 

「大豆と青汁」は大豆由来のたんぱく質がたっぷりと含まれています。

 

 

 

たんぱく質が不足するとどうなるの?

 

 

フレイル

 

「疲れやすい」「歩きにくい」など

 

サルコペニア

 

「筋肉量減少」「筋肉低下」など

 

 

ロコモティブシンドローム

 

骨粗しょう症」「関節症」など

 

 

たんぱく質が不足すると、筋肉や体を守るチカラが弱くなっていきます。

 

また、その状態が続くと、フレイル、サルコペニアロコモティブシンドロームのような身体機能の低下を引き起こす原因になることがあります。

 

たんぱく質は強いカラダを作るのにとても重要な栄養成分なのです。

                             

 

そこで、いろいろある青汁の中でも効果的なのが、「大豆と青汁」なのです。

 

「青汁の栄養」と「大豆のたんぱく質」を同時に摂ることができるのです。

 

 

大豆のチカラ

 

大豆たんぱく質は、必須アミノ酸がバランスよく含まれた良質なもので、その他にも炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1葉酸など様々な栄養素が含まれています。

 

 

大豆特有の成分で元気をサポート!

 

大豆サポニン

 

サポニンは血液の循環を良くする効果を持っている成分です。

 

血中のコレステロールを減少させ、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

 

また、抗酸化作用による動脈硬化の予防や、血流を良くする効果も期待できるので、サポニンはむくみの改善が期待できる効果を持っています。

 

 

大豆レシチン

 

美肌効果

 

レシチンによってコレステロールが血液中から排泄されるため、血流が良くなり、酸素や栄養素が全身に行き渡るため、肌に必要な栄養素がいきわたり、美しい肌が維持できます。

 

 

大豆イソフラボン

 

イソフラボンには女性ホルモンと同じ働きをする性質があります。

 

女性にとっての不快な症状を抑え、美しく健康な生活をサポートしてくれるので、心と体を健康に保つための機能を上手にサポートするための燃料のような役割と言えます。

 

また、強い抗酸化作用が老化を防止し、若々しさを保ちます。

 

 

大豆オリゴ糖

 

大豆オリゴ糖は、腸内をキレイに保ちお腹をスッキリさせてくれるので吸収力をあげてくれます。

 

 

 

「大豆と青汁」は約3倍のたんぱく質!

 

白麹発酵大豆を使用

 

白麹発酵大豆とは大豆を白麹で発酵したもので普通の大豆より栄養素が豊富です。

 

「大豆と青汁」はこの白麹発酵大豆を100%使用しています。

 

 

 

ビタミンB2は納豆3パック分

 

ビタミンB2の効果

 

・脂肪の代謝を助ける

酵素の働きを助ける

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける

ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き

 

大豆と青汁はビタミンB2の栄養機能食品です。

 

 

青汁にも徹底的にこだわっています!

 

国産野菜たっぷりです。

 

 

★明日葉配合

 

明日葉を摂ることで体にプラスになることは?効果は?

 

 

ポリフェノールの一種「カルコン」を多く含み、抗酸化作用、デトックス、脂肪燃焼などダイエットや美容に最適と言われています。

 

 

明日葉の根や茎から出る黄色い汁「カルコン」には、余分な水分を追い出してくれる働きがあります。

 

明日葉にしか含まれない「カルコン」、せり科共通の「クマリン」があり、ほか、ビタミン群、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

 

「カルコン」は美容と健康維持に役立つ成分が入っており、肥満や糖尿病といった、多くの生活習慣病対策にも効果が見込めます。

 

美肌効果では、「クマリン」やビタミン類が活躍し、ダイエット面では、食物繊維とカルコンが有効成分となります。

 

 

カルコンの効果

明日葉だけに含まれる栄養素。抗酸化作用とセルライト解消に優れており、血栓予防や美容・健康維持に役立ちます。

 

クマリンの効果    

 

セリ科の植物に含まれる栄養素。

 

抗酸化とむくみ改善に加え、抗血液凝固作用を持っている事から、血栓防止薬にも活用されています。

 

クマリンには血液をサラサラにする効果があります。

 

これは、クマリンのもつ血液の凝固を防ぐ働きによるものです。

 

血液が固まりにくくなると、血液はサラサラになり、血流が良くなります。

 

その結果、血液の老廃物や余分な水分の回収機能がしっかり働くようになるので、むくみの改善に役立つというわけです。

 

その他にも、クマリンには抗酸化作用や抗菌作用といった効果があり、体を健康に保つために役立つ効果があります。

 

 

ビタミン群の効果

20種類以上のビタミンが、美容と健康をサポートします。

 

ビタミンB12が不足すると「悪性貧血」を起こしますが、植物中に含まれるのは明日葉のみです。

 

 

β-カロテンの効果

体内でビタミンAに変換され、主に夜盲症、発ガン性、黄斑変性症の予防に役立ちます。

 

 

ミネラル類

カリウム、カルシウム、鉄、リンなど、ごく少量でも生理機能に重要な作用をするミネラル類が豊富です。

 

 

食物繊維

新陳代謝とお通じに作用する為、便秘やダイエットにも効果的です。

 

 

 

★ケール配合

 

ケールを摂ることで体にプラスになることは?効果は?

 

 

β-カロテン

 

ケールに多く含まれているβ-カロテンは目に必要な成分です。

 

目の健康だけでなく、粘膜や皮膚を正常に保つ働きもあり、β-カロテンが不足すると皮膚や爪がボロボロになってしまいます。

 

ルテイン

 

ケールに含まれているルテインもβ-カロテンと同じく目の健康を維持するために必要な成分です。

 

ビタミンC

 

・抗酸化作用

・コラーゲン生成補助

メラニン生成抑制

 

 

 

ビタミンE

 

酸化ケア力が強く、体内の活性酸素をケアし、悪玉コレステロール対策に役立ちます。体の中から若々しさを保つ大切な成分です。

 

 

食物繊維

 

ケールに多く含まれている食物繊維は、腸内環境を整えるはたらきがあります。

 

便秘に悩まされている人の腸の運動を促進し、便秘をサポートすると言われています。

 

また食物繊維にはコレステロールの排出を促すはたらきがあるので、コレステロール増加を防ぎます。

 

 

カルシウム

 

ケールにはカルシウムも豊富に含まれています。カルシウムといえば牛乳ですが、その牛乳の2倍ものカルシウムが含まれています。

 

メラトニン

 

メラトニンは睡眠にとって必要な成分です。

 

そのメラトニンがケールに豊富に含まれています。

 

ケールに含まれるメラトニンは夜間に多く分泌され、眠気を誘い睡眠を促すはたらきがあります。

 

このはらたきにより体のリズムが整い、不眠対策に役立つといわれています。

 

 

 

 

★モリンガ配合

 

モリンガを摂ることで体にプラスになることは?効果は?

 

 

スーパーフード【モリンガ】

 

モリンガには、次のような効果があるといわれています。

実に300種以上の薬効があるとされており、次の効果はほんの一部にすぎません。

 

アンチエイジング

・ダイエット

・免疫アップ

・美肌

・便秘解消

・不眠を改善する

・元気をつける

・精神面への作用

・抗菌作用

・抗がん作用

・母乳の分泌をよくする作用

・貧血を改善

・関節痛、リウマチなど

 

栄養素が90種類以上も含まれている!

 

モリンガにはなんと90種類以上の栄養素が含まれており、

46種類以上のポリフェノールを始めとする抗酸化物質を持つとされています。

 

・ビタミンAやC、β-カロテン、亜鉛葉酸などの各種ミネラル・ビタミン

・BCAAなどアミノ酸類が発芽玄米の10倍も含まれている

・水溶性食物繊維が豊富で、100g中に約30gも含まれている

・植物性たんぱく質が豊富

・抗がん作用をもつフィトケミカルが含まれる

ポリフェノールが赤ワインの8倍であり、抗酸化力が強い

 

ほうれん草の3倍の鉄分、ビタミンCはオレンジの7倍、ビタミンAはにんじんの4倍含まれていて、たんぱく質は牛乳のおよそ2倍ともいわれています。

 

300種もの薬効効果がある

 

モリンガには、次のような効果があるといわれています。

実に300種以上の薬効があるとされており、次の効果はほんの一部にすぎません。

 

アンチエイジング

・ダイエット

・免疫アップ

・美肌

・便秘解消

・不眠を改善する

・元気をつける

・精神面への作用

・抗菌作用

・抗がん作用

・母乳の分泌をよくする作用

・貧血を改善

・関節痛、リウマチなど

 

ここではすべてを紹介しきれないほど多くの薬効、効果があると言われているのです。

 

 

便秘がちの女性の悩みや毒素をため込んでしまいがちな方の悩みを解消

 

高いデトックス作用で内側から生まれ変わる!

 

クロロフィル」「食物繊維」「ミネラル」のバランスが良いのがモリンガの特徴です。

 

これらの栄養素は全てデトックス作用のある成分です。

 

同時に一緒に働くことでより高いデトックス作用が期待できます。

 

私たちは日頃、どんなに気をつけていても、

大気中、水、食品、洗剤などの化学物質などから様々な不要な物質を体に取り込んでしまいます。

 

デトックス作用が落ちて入ればそれだけ体に溜め込んでしまいます。

 

モリンガは非常にデトックス作用が高い植物ですから、続けることにより溜め込みにくい体に変わっていくのです。

 

特に女性は便秘と隣り合わせ・・

 

便秘はご存知の通り、体内の毒素をため込む原因となるため、中長期的に便秘が続くと、当然のことながら腸から体内をめぐる血液の汚れにもつながります。

 

大腸がんやそのほかの現代病の根源となるので、いつも快便を保っておきたいところです。

 

 

モリンガは老若男女問わず全ての人におすすめしたい食品

 

モリンガは薬ではなく、食品であり特に副作用はありません。

 

老若男女問わずおすすめの食品です。

 

特に次のような方は、モリンガの力を借りて、根っこから体を建て直していくと良いと思います。

 

・食事が不規則でバランスが悪い方

・ストレスが多く、寝つきが悪い方

・もっと元気になりたい方

・なるべく薬は使わずに、健康を維持したい方

・子供を授かりたいご夫婦

・母乳で赤ちゃんを育てたいママさん

・血圧が高い、血糖値が高めの方

・便秘に悩んでいる方

・花粉症、アトピーなどアレルギーに悩まされている方

・肌のくすみがきになる方

・適正体重を目指したい方

・運動により燃焼効果を高めたい方

デトックスしたい方

アンチエイジングしたい方

 

などなど、薬の力を借りるほどではないような悩み、も

しくは薬には頼りたく無いと思っている方にもおすすめの食品です。

 

モリンガには生命力を引き出してくれる力があります。

 

 

★クマザサ配合

 

クマザサを摂ることで体にプラスになることは?効果は?

 

滞りがちな体のリズムを高める効果が高いだけではなく、モヤモヤ卒業や美容の効果があります。

 

 

★大麦若葉配合

 

大麦若葉を摂ることで体にプラスになることは?効果は?

 

身体を活性化させる「SOD酵素」が豊富に含まれていることで、近年大注目されており、多くの青汁製品で使われている野菜です。

 

野菜不足に陥りがちな現代人の食生活を全面的にバックアップしてくれます。

 

 

また、大麦若葉は次のものを含んでいます。

 

・カルシウム

・鉄

カリウム

亜鉛

・ミネラル

マグネシウム

・β-カロテン

ビタミンB1

・ビタミンC

・食物繊維

 

生活習慣病の予防や冷え性の改善、貧血予防、アンチエイジングなどの効果もあるとされています。

 

 

カルシウム

 

カルシウムの摂取量が不足すると、骨や歯がもろくなってしまうし、イライラも。

 

新陳代謝の促進(カルシウム)

 

新しい皮膚細胞が成熟し、表皮の角質に成長するときにカルシウムが必要とされます。

 

カルシウムが充実していると、新しいお肌への生まれ変わりが活発になり、若々しく滑らかな表皮を保つことが出来ます。

 

 

鉄は赤血球を作るのに必要な栄養素です。

 

体内の鉄分が不足すると全身への酸素供給が不足し、体がだるい、疲れやすいと感じやすくなります。

 

カリウム

余分な水分を排出し、バランスを保ちます。

 

 

亜鉛

様々な酵素を作り出すサポートしたり、成長に欠かせないタンパク質の合成、疲労回復や免疫力強化にも関わる万能ミネラルです。

 

体に貯蔵しておく事が出来ないため、1日の中でバランス良く摂取することが大切です。

 

 

マグネシウム

マグネシウムは体内にある300種類以上の酵素の働きやエネルギーの産生を助けています。

 

また、血液循環を維持するために働くほか、神経の興奮を抑える、血圧を調整する、筋肉の収縮などの非常に重要な働きにも関わっています。

 

さらにはカルシウムと密接に関わり、骨や歯の形成に大切な役割をしています。

 

 

 

 

β-カロテン

目の健康だけでなく、粘膜や皮膚を正常に保つ働きもあり、β-カロテンが不足すると皮膚や爪がボロボロになってしまいます。

 

 

ビタミンB1

 

酵素のチカラを発揮させる補酵素ビタミンB1

 

酵素が働くためには、その動きを助ける補酵素が必要です。

 

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きがあるといわれています。

 

さらに小腸で吸収されたあと、リン酸と結合し補酵素であるチアミンピロリン酸(TPP)となります。

 

 

ビタミンC

 

効果

・抗酸化作用

・コラーゲン生成補助

メラニン生成抑制

 

 

 

★抹茶配合

 

抹茶を摂ることで体にプラスになることは?効果は?

 

カテキン

美と健康成分ポリフェノールの一種

 

ポリフェノールの一種で健康維持成分のカテキンはグズグズとした毎日が気になる方におすすめです。

 

ビタミンC

 

・抗酸化作用

・コラーゲン生成補助

メラニン生成抑制

 

ビタミンCはダイエットにもおススメ

ビタミンCには細胞の代謝を上げて、無駄なエネルギーが蓄積されるのを防ぐという作用があります。

 

一方で、脂肪細胞に対しては、エネルギーとなるブドウ糖グルコース)を取り入れるのを防ぐという作用をします。

 

つまり、ビタミンCは、基本的に細胞を活性化する働きをするけれど、【脂肪細胞にだけはエネルギーをやらない】という選択的作用をしてくれるのです。

これにより、脂肪細胞が大きくなるのを防いでくれるというわけです。

 

栄養がカットされれば、脂肪細胞も成長できなくなるということです。

 

 

★その他にも「大豆と青汁」は、次のものを配合!

 

キャベツ、ブロッコリー、ほうれん草、オクラ、小松菜、アスパラガス、さつまいも、かぼちゃ、にんじん、玉ねぎ

 

ビタミン類、ミネラル等が含まれています。

 

 

 

★骨や関節をサポートする骨砕補エキス配合

 

「骨が砕けるのを補う」という文字通り、骨や関節の痛みを和らげ強くします。

 

 

★ホタテの貝殻を微粒子化 貝カルシウム配合+ビタミンD配合

 

青森産ホタテの貝殻を超微粒子化した天然のミネラル源です。

 

カルシウムを始めマグネシウムなどが多く含まれています。

 

 

カルシウム

 

カルシウムの摂取量が不足すると、骨や歯がもろくなってしまうし、イライラも。

 

新陳代謝の促進効果

 

新しい皮膚細胞が成熟し、表皮の角質に成長するときにカルシウムが必要とされます。

 

カルシウムが充実していると、新しいお肌への生まれ変わりが活発になり、若々しく滑らかな表皮を保つことが出来ます。

 

 

マグネシウム

 

マグネシウムは体内にある300種類以上の酵素の働きやエネルギーの産生を助けています。

 

また、血液循環を維持するために働くほか、神経の興奮を抑える、血圧を調整する、筋肉の収縮などの非常に重要な働きにも関わっています。

 

さらにはカルシウムと密接に関わり、骨や歯の形成に大切な役割をしています。

 

 

ビタミンD

 

カルシウムの吸収を助けるのに必要な栄養素です。

 

 

★玄米プロテイン配合

 

大豆たんぱく質をサポートします。

 

プロテインは体内でアミノ酸に分解されるエネルギーの源です。

 

しかも玄米由来なのでカラダに優しく大豆たんぱく質をしっかりサポートします。

 

 

 

★コンドロイチン配合

 

潤いを与えるサメ軟骨成分

 

コンドロイチンは骨と骨の間にある軟骨をみずみずしくしてくれます。

 

年齢を重ねるにつれて減ってしまうため体外からとる必要があります。

 

 

 

詳細をご覧になりたい方は

 

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

 

(公式ページ)

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

コメント