実感!専門家もおすすめ!納豆菌で腸活 オシャレでおいしいサプリ 便秘・肌荒れに

 

「腸活の素 トリプルフローラ・タブレット」は専門家も推奨する腸活サプリ

 

メディアにも大きく取り扱われ始めている「腸活(腸内環境を整えるための活動)」

 

食品メーカーは「腸活」をコンセプトにした商品を次々と発売しています。

 

石原さとみさんや、永作博美さん、小倉優子さんなど、「腸活」を実践している女優さんも多いです。

 

腸内環境(腸内フローラ)を整えるためには善玉菌・悪玉菌・日和見菌の黄金バランス(2:1:7)が大切です。

 

 

この黄金バランスに有効なのが「腸活の素 トリプルフローラ・タブレットに配合されている納豆菌、有胞子性乳酸菌、ビフィズス菌です。

 

 

「腸活の素 トリプルフローラ・タブレット」はこのような方におすすめです!

 

 

・便秘に悩みを抱えている方

 

・肌荒れが気になる方

 

・ハリが気になる方

 

・日々の食生活や運動不足、ストレス等で便秘になりがちな方

 

・薬やサプリメントを服用して一時的に回復しても、継続できずにまた便秘になってしまっている方

 

 

正しく腸活するために大事なことは

 

①腸まで菌を届かせること

②理想的な腸内フローラ(黄金バランス)にすること

③継続すること

 

 

そもそも腸内フローラとは?

 

ヒトの腸には400〜500種類以上、約100兆個にもおよぶ多種多様な腸内細菌がいますが、種類ごとにまとまって生息しています。

 

その様子が、まるでお花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

 

その腸内環境をバランスよく保てるかどうかが、健康や美容に大きく関わっています。

 

 

肌への影響も

 

乳児の腸内は善玉菌でいっぱいですが、成人から老年期になるにつれて減少し、一気に老化や生活習慣病をもたらす要因になってしまいます。

 

食生活の欧米化が進み、脂肪分の多い肉食が増えたことで、腸の老化は若年化しているともいわれています。

 

便が腸内に長時間とどまると、悪玉菌によって腐敗してしまい、腐敗が進むと発がん物質をつくりだすこともあります。

 

またストレスも自律神経のはたらきを乱し、悪玉菌を撃退できなくなり、免疫機能の低下につながります。

 

とくに女性が気がかりな肌の調子、美肌の秘訣にも腸が大きく関わっています。

 

悪玉菌が増加するとアンモニア硫化水素をつくり、それらの処理に肝臓が疲弊し肌あれ引き起こす原因にもなるのです。

 

 

腸が元気になると体も元気に

 

食べ物が消化され、体内に吸収するかを最終判断する場所が腸です。

 

その機能が正常かどうか、それがヒトの健康を守るうえで大事となってきます。

 

ヒトの腸には、全身の約60%の免疫細胞が集中しています。

 

プロバイオティクスは、整腸や腸の善玉菌を増やすはたらきがあり、便秘や下痢、食中毒の予防効果があります。

 

 

プロバイオティクスとは?

 

プロバイオティクスとは、腸内フローラのバランスを改善し、カラダによい作用をもたらす生きた微生物のことです。

 

その代表的なものに納豆菌や乳酸菌があります。

 

プロバイオティクスは、人間に利益をもたらす善玉菌を指しています。

 

生きたまま腸までたどりつき、そこで産生する乳酸などの代謝産物が、ヒトにとって有益な健康効果をもたらしてくれます。

 

乳酸によって、腸内が酸性になることで悪玉菌の増殖は抑えられ、有害物質が減少します。

 

腸の機能が活性化され、消化吸収が促進されれば、便秘や下痢の解消・予防にもつながります。

 

 

それでは、「腸活の素 トリプルフローラ・タブレットに配合されている成分がどのような効果があるのかご紹介していきたいと思います。

 

 

BiProGE納豆菌配合

 

 

一番のポイントは独自成分「BiProGE納豆菌」が高配合(25億個)されているということです。

 

独自技術によって、胃酸に負けず腸まで届きます。

 

納豆菌を高効率に芽胞化させることに成功。

 

納豆菌は芽胞化することで、胃酸で消化されることなく、腸まで届くことが可能になっています。

 

納豆菌は腸の中で、納豆自身も善玉菌になりますが乳酸菌などのほかの善玉菌も増やす作用があります。

 

 

有胞子性乳酸菌配合

 

有胞子性乳酸菌を5億個配合

 

一般的な乳酸菌と異なり、胞子の硬い殻で菌体を守っているのが、有胞子性乳酸菌です。

 

熱や胃酸、乾燥に強い乳酸菌のため、腸にとどまる時間が長いのも特徴です。

 

※一般的な乳酸菌は数時間から数日で排出されてしまいます。

 

乳酸を作りだし、腸内を弱酸性にすることで、悪玉菌の繁殖を抑え、善玉菌が増えやすい環境を作ります。

 

「腸活の素 トリプルフローラ・タブレット」にはこの有胞子性乳酸菌が配合されています。

 

善玉菌が元気になりやすい環境を作ります。

 

 

ビフィズス菌(ロンガム種)配合

 

ビフィズス菌を60億個配合。

 

ビフィズス菌は発酵により乳酸を作る菌で、腸内環境のバランスを取ります。

 

ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸を生み出し、腸内環境を酸性にすることで、悪玉菌の増殖を抑えます。

 

また、葉酸などのビタミンB群を作り出すことができます。

 

「腸活の素 トリプルフローラ・タブレット」には、このビフィズス菌(ロンガム種)が配合されています。

 

腸内を悪玉菌が住みにくい環境にして善玉菌をサポートします。

 

ヨーグルトなどを食べているのに調子が良くならないのは、ビフィズス菌が胃酸などで死んでしまい、肝心な腸まで届かないことが原因です。

 

ビフィズス菌にも種類がありこれまでに約30種類が見つかっており、様々な製品に使用されています。

 

その中でも酸や酸素に強いため生きて腸に届きやすいとされているのが「ビフィズス菌ロンガム種」です。

 

 

以上が配合されている成分のご紹介でした。

 

3種の菌がバランスよく配合され、腸内環境(腸内フローラ)を整えるための善玉菌・悪玉菌・日和見菌の黄金バランス(2:1:7)に近づけています。

 

その結果、善玉菌を育みながら善玉菌の増殖を抑制し、腸内環境を健やかに整えることが可能です。

 

 

こだわった味とパッケージ

 

毎日飲めるように、サプリメントでは気にされにくい味にもこだわっています。

 

飽きのこないヨーグルト風味にすることで、お子様から大人まで幅広い方にご使用できるものとなっています。

 

オフィスや学校で出してもオシャレに見えるように、まるでお菓子のようなパッケージデザインとなっています。

 

 

詳細をご覧になりたい方は

 

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

 

 

(公式ページ)

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 さらに、今だけ特典プレゼント!

Tie2PLUS お試し用(3日分)

 

Tie2PLUSについては、こちらの記事をよかったらご参考にしてください。

 

maychanham32.hatenablog.com

 

 

 

 

コメント