血糖値対策 美味しいコーヒー 50%OFF 1億杯突破 15年以上ロングセラー

 

美味しいコーヒーで食後の血糖値対策【フィットライフコーヒー】

 

食後の血糖値が気になりはじめた方へ 

 

食後は誰でも一時的に血糖値が高くなりますが、

食後血糖値の目安は「140mg/dl」未満です。

 

食後の血糖値が高い状態は様々な健康リスクがあり、厚生労働省のホームページでも生活習慣の改善等に取り組むことが推奨されています。

 

食事や運動等の生活習慣の見直しはもちろん大切です。

 

血糖値対策はTVでも頻繁に放送されています。

 

でも急に生活習慣を変えてケアし続けることは難しいです。

 

そこで、日々の生活習慣の中で、食後の血糖値対策を手軽にサポートしてくるものをご紹介します。

 

【フィットライフコーヒー】というトクホのコーヒーです。

 

累計1億杯突破、15年以上のロングセラーの人気商品です。

 

(公式ページ)

 

そんな【フィットライフコーヒー】が、今とてもお得に試すことができます。

 

WEB限定 初めての方限定の特別価格で購入できます。

 

お得な定期コースです。

 

60杯分が50%OFFで3132円(税込)で購入できます。(通常価格6264円)

 

1ヶ月あたり1566円です。

 

1杯あたりの価格で計算すると初回は1杯あたり約52円で試すことができます。

 

定期コースといっても、気になる購入回数の約束はありません。

 

購入する方のペースに合わせて、お電話1本で、いつでもお休みや変更できます。

 

その他、定期コースでは、「京の彩り マグカップ」のプレゼントがあります。

 

他では手に入らない、京都老舗「たち吉」のマグカップです。

 

こういうマグカップがあると、積極的に飲みたくなる方もいると思います。

 

 

それでは、フィットライフコーヒーについてご紹介していきたいと思います。

 

販売元はミル総本社という会社です。

 

健康・自然科学から生まれた「特定保健用食品」など確かな品質の商品を日夜絶え間ない研究開発で世に送り出している会社です。

 

 

フィットライフコーヒーとは?

 

消費者庁許可の特定保健用食品【トクホ】です。

 

食事の血糖値が気になる方のために開発されたものです。

 

コーヒーのおいしさそのままに6.7gの豊富な食物繊維を摂取することができます。

 

フィットライフコーヒーは食物繊維として、難消化性デキストリンを含んでいます。

 

これは、食事に含まれる糖の吸収をおだやかにするので、食後の血糖値が気になりはじめた方に適しています。

 

粉末タイプとなっていますのでカップ1杯(100ml)のお湯で溶いてお飲みください。

 

 

表示許可についてもちゃんと記載されています

 

本製品は食物繊維として、難消化性デキストリンを含んでおります。これは食事に含まれる糖の吸収を穏やかにするので、食後の血糖値が気になりはじめた方に適しています。

 

 

もちろんヒト試験でも糖の吸収をおだやかにする健康効果が確認されています。

 

「フィットライフコーヒー」を飲みながらあんパンを食べる臨床試験では、食後の血糖値が穏やかになることが確認され、消費者庁から特定保健用食品としての表示許可を受けています。

 

20181008165309

 

また、2015年「フィットライフコーヒー」は特定非営利活動法人日本人間ドック健診協会」より推薦商品として認定されています。

 

 

「フィットライフコーヒー」のポイント

 

ポイント1 食事に含まれる糖の吸収をおだやかにします

 

その秘密は【食物繊維】難消化性デキストリンです。

 

20181008165453

 

難消化性デキストリンとは?

 

とうもろこしを原料とした水溶性の食物繊維です。

 

とうもろこしを原料とする、水に溶けやすく、体内で消化されにくい食物繊維です。

 

無味無臭なのでコーヒーのおいしさや香りを損ないません。

 

消費者庁や米国食品医薬品局(FDA)に安全であると認められた成分です。

 

「フィットライフコーヒー」たった1杯に6.7gの豊富な食物繊維が含まれています。

 

 

ポイント2 信頼される高品質

 

創業以来、品質の向上・改善に取り組み、品質管理国際規格ISO9001の認証を取得しています。

 

自社工場・国内生産です。

 

高品質な商品です。

 

 

ポイント3 美味しさ・続けやすさ

 

血糖値対策の機能性と美味しさの両立を追究した製品となっています。

 

香りや味を損なわない難消化性デキストリンの特徴を活かし、「毎日美味しく飲めるコーヒー」を追究しています。

 

買った方からは、その味にも好評の声があります。

 

 

トクホとは?

 そのキーワードは「難消化性デキストリン」にあります。

 

まず、トクホマークを簡単に説明すると、研究実績のある食品で、なおかつ健康増進作用があると考えられる成分を含んだ食品につけられる印です。

 

2009年からは消費者庁の所管になっています。

 

難消化性デキストリンについて

 

近年展開されている炭酸系ドリンクのラベルをよく見てみると、「難消化性デキストリン」という言葉が並んでいます。

 

難消化性デキストリン」は消化されにくいことからカロリーは非常に低く、腸内で食べものと混ざり合い、血糖値の急激な上昇を抑えたり、便通を改善する働きがあると言われています。

 

難消化性デキストリン」の老舗製造元、松谷化学工業の実験レポートによると、健康な成人男性6人に1週間、毎日30gの「難消化性デキストリン」を投与したところ、便通の改善、腸内細菌群や腸内バランスの改善が見られたそうです。

 

また、毎日10gの「難消化性デキストリン」を摂取することにより、血糖値が長時間安定し、減量にも成功したといった実験結果が書かれています。

 

詳細をご覧になりたい方は

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

 

(公式ページ)

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント