糖質制限ダイエットを効果的に ケトジェニックダイエット ケトン体サプリ

 

「ケト・サポーター」 ケトン体サプリ ケトジェニックダイエットのためのサプリ 

 

(公式ページ)

 

ダイエットの悩み

糖質制限ダイエットには深刻な悩みがとなり合わせです。

 

なかなか続かないし、リバウンドする場合もあります。

 

・好きな食べ物が食べられない・・

・始めは頑張って急激な運動していたが続かなくなった・・

 

ダイエット中の食事を気にしてしまうのはとてもつらいですよね・・

 

そんな方に是非おススメしたいものがあります。

 

アメリカを中心に世界中で話題のケトジェニックダイエット(ケトン体ダイエット)のためのサプリ、ケトン体サプリの「ケト・サポーター」という今大人気のサプリです。

 

医師とベンチプレス記録保持者がW監修したものです。

 

3つの成分が糖質制限の悩みを解消!

 

「エネルギー不足」「とにかく甘いものが食べたくて仕方ない」「結果が出ない」

これらはすべて、糖の代わりのエネルギー「ケトン体」を使うことに体が慣れていないことが原因です。

ケトン体は主に脂肪が代謝される際に生まれますが、普段糖分をエネルギーにしている人はなかなかそのループから抜け出せません。

「ケト・サポーター」は、3成分(MCTオイル・L-カルニチン・BCAA)を絶妙なバランスで配合することによって、脂肪の代謝を促進し、ケトン体の生成・活用を促します。

さらに、ケト・サポーターはスッキリ美味しいオレンジシトラス味。結果も出て、美味しく飲めるから、楽しく続けられます。

 

成分1 MCTオイル

MCTオイルは別名「中鎖脂肪酸油」といいます。

中鎖脂肪酸は、脂肪を構成する脂肪酸の一種で、ココナッツやパームヤシ、牛乳、母乳などに含まれています。

 

例えば、ココナッツオイルには、約60%の中鎖脂肪酸が含まれています。

 

これに対し、天然の中鎖脂肪酸100%でできている油が、MCTオイルなのです。

 

脂肪酸は種類によって長鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸などに分類されます。

 

サラダ油やオリーブオイルなどの一般的な植物油は、主に長鎖脂肪酸でできています。

 

長鎖脂肪酸は体内で肝臓や脂肪組織などに蓄えられて必要に応じて分解され、エネルギーとして消費されます。

 

MCTオイルの構成成分である中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸に比べて、非常に消化・吸収されやすいのが特徴です。

 

長鎖脂肪酸の約4倍もの速さで分解されます。

 

つまり、MCTオイルは、摂取するとすぐにエネルギーとして使われるので、体脂肪として蓄積されにくい油なのです。

 

ケトン体質

MCTオイルを取る大きなメリットは、やせやすく太りにくい「ケトン体質」になれることです。

 

ケトン体質とは、「ケトン体」をメインのエネルギー源として利用できる体の状態をいいます。

 

私たちの体には、生きるために必要なエネルギーを生産する2種類の回路があります。

 

・「糖質回路」→糖質やタンパク質を分解してできるブドウ糖を燃料にする。

 

・「ケトン体回路」→脂肪を分解してできるケトン体を燃料にする。

 

体のエネルギーとして優先的に使われるのは、通常はブドウ糖です。

 

そのため食事から糖質を取っていると、糖質回路がメインで働き、ケトン体回路は休んでいます。

 

そして、ブドウ糖が枯渇すると、体内脂肪を燃料とするケトン体回路が働き始めるのです。

 

ところが、MCTオイルを取ると、体内にブドウ糖が十分ある状態でも、ケトン体回路が活発に働くようになります。

 

すると、体内に蓄積した脂肪が効率よく燃焼されるようになるのです。

 

しかも、ケトン体は脳の満腹中枢を刺激するので、空腹感や食欲を抑える働きもあります。

 

つまり、MCTオイルを取って、ケトン体質に転換することが、ダイエット成功のキーポイントといえます。

 

溜め込まないオイル、それがMCTオイルです。

 

良質のオイルは健康維持には欠かせないものです。

 

ダイエット時にはカロリーを気にして特に不足がちな栄養素ですので、積極的に摂取した方がいいオイルなのです。

 

MCTアメリカにおいても食事管理の側面から注目されており、健康的なからだづくりを支援する効果が多くの研究により報告されています。その働きと有用性の高さから、ときにMCTは「ケトジェニック・ファット」(ケトン体サポート脂質)と呼ばれます。

 

「ケト・サポーター」では、とりわけ希少な脂肪酸「カプリル酸」を配合しています。

 

「カプリル酸」を摂取すると、必要な栄養素が補給できるため、からだに負担をかけることなく食事管理を行うことができます。

 

成分2 L-カルニチン

脂肪燃焼効果

カルニチンは、脂肪燃焼を促進させる成分の一つです。

 

脂肪を筋肉に運び、その燃焼を促進すると同時に、コレステロールの増加を防止したり、増えすぎたコレステロールを減少させるため、肥満に悩まれている方、ダイエット中の方に大変役立つ成分です。

 

基礎代謝量がアップし、太りにくいスリムな体型を維持しやすくなります。

 

疲労回復効果

カルニチンが脂肪から産生するエネルギーは、体の疲れを回復させることにも繋がっています。

 

エネルギーが産生されることにより、消費されたエネルギーの補給ができます。

 

同時にスタミナの増強や筋肉疲労をすみやかに和らげる効果にも期待がもてます。

 

また、運動前にカルニチンを摂取すると筋肉の痛みや筋肉のダメージが大幅に軽減されるともいわれています。

 

成分3 BCAA

BCAAとはアミノ酸のことで、筋肉を作る上で重要な成分です。

筋肉が増えることで基礎代謝が上がり痩せやすい体質になります。

 

BCAAバリン、ロイシン、イソロイシン)

バリン、ロイシン、イソロイシンという3種類の必須アミノ酸は、総称してBCAAと呼ばれています。

 

運動前後、または運動中にBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)といった筋肉作りに深い関係のあるアミノ酸を摂取することで、運動中に壊れた筋組織の修復をサポートして、筋肉をつけやすくする効果があります。

 

BCAAのような必須アミノ酸は体内で作られない成分のため、特に外からの補給が必要不可欠です。

 

あらかじめ摂取しておくことで、運動中に壊れた筋組織の再生や筋肉の増進が期待できます。

 

また、運動をしながら消費した分のアミノ酸を補給できるため疲れにくくなり、結果として持久力の増進につながります。

 

BCAAプロテインに比べて非常に吸収されやすく、ボディメイクをバックアップすることができます。

 

詳細をご覧になりたい方は

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

 

(公式ページ)

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメント