DHA・EPA・ケルセチン 煮魚や焼き魚では大きく減少!サプリが効率的 

 

 「DHA&EPA+ケルセチン」サプリで健康生活をはじめませんか?

 

(公式ページ)

 

このサプリメントには、DHAEPA・ケルセチンといったサラサラ成分が豊富に含まれています。

 

ケルセチンをタマネギ約2個相当の100mg配合

ポリフェノールの一種であるケルセチンをタマネギ2個相当配合しています。

ケルセチンは、タマネギに多く含まれています。

しかし、そのほとんどは皮にしか含まれていないため食事では十分な量を摂りにくいと言われています。

血流改善・コレステロール値抑制・動脈硬化予防といった効果が期待できると言われています。

 

DHA&EPAを約青魚3匹分相当の500mg配合

厚生労働省が推奨するオメガ3系脂肪酸DHAEPAという健康成分です。

この青魚に多く含まれるサラサラ成分を毎日簡単に補うことができます。

DHAEPAは魚を煮たり焼いたりすることで大きく減少します。

また、体内では作ることができない成分です。

きちんと毎日補うにはサプリメントが効率的です。

 

ダイエット効果

オメガ3脂肪酸EPADHAには、脂質代謝改善効果があります。

これは、血液中や肝臓の中にある中性脂肪の量を減らす効果です。

中性脂肪自体は体を動かすエネルギー源ですが、過剰になると、肝臓から血液を経由して内臓・皮下などの全身に体脂肪としてたくわえられることになります。

これがいわゆる内臓脂肪や皮下脂肪です。

EPADHAは、太る原因となっている中性脂肪代謝することによって、太ることを防いでくれます。

また、血中の中性脂肪が減れば、体脂肪をエネルギー源として使用することになり、つまり痩せることにもつながります。

特にEPAには、中性脂肪の減少効果が大きく期待できます。

EPAは、血液をサラサラにする効能を持っていることから、中性脂肪を減少する効果が大きいと言われています。

また、体内にはGLP-1と呼ばれる「痩せるホルモン」があります。

EPAを摂取すると、小腸を刺激してGLP-1の分泌を促進しますので、ダイエットに役立つ事が報告されています。

 

美肌効果

EPADHAには全身の血流を改善させる働きがあることから、肌のターンオーバーを整える働きがあります。

血流が改善すると、全身の新陳代謝が活発になり、不要な老廃物が早く排出されるようになります。

これは肌でも同様で、EPADHAを摂取することによって血流が改善されると、古くなった角質が排出されるようになって、肌のターンオーバーが整うようになります。

 

他の成分の効果をアップさせる効能

EPADHAは全身の血流を改善します。

血流が改善することで、全身のすみずみまで栄養素が行き渡るようになります。他のダイエット成分や美容成分、健康成分と一緒にEPADHAを摂取すると、ダイエット成分や美容成分、健康成分が体やお肌の細部まで届くようになり、成分の効果がいっそう高まることが期待されます。

 

妊娠時(DHA)

DHAは、脳内にある神経伝達細胞であるシナプスの材料となるだけでなく、これらの細胞を活発化させる働きがあります。

DHAは血液の粘りの原因となる中性脂肪や血中コレステロールを低下させます。また、血液をサラサラにする効果があります。

DHAは、妊婦さんに不可欠な成分です。

妊娠中にDHAをしっかりと摂取する事で、健全な脳の発育や、胎児の出生体重の増加(低体重のリスク軽減)・早産の回避などの効果が報告されています。

DHAは、健全な脳の発育の為に必要不可欠なことから、妊娠時には胎児のためにとても重要な成分です。

胎児の脳細胞は、母体の中でどんどん増えていきますが、このときにDHAが大量に必要となります。

DHAは妊娠時にだけでなく、授乳中にも非常に重要です。

母乳からDHAを摂取する事で、赤ちゃんの脳細胞を成長させます。

 

妊娠時(EPA)

おなかの中の赤ちゃんはママの血液を介して栄養をもらっているので、血液の流れをスムーズにすることで良質な栄養を赤ちゃんに届けられるようになります。

EPAは体の中でプロスタグランジンという物質に変化し、これが血液を固まらせにくく、血液をさらさらにする効果があります。

 

記憶力

青魚に含まれるEPADHAには、中高年の方の加齢に伴い低下する認知機能の一部である記憶力、注意力、判断力、空間認識力を維持することが報告されています。

 

脳内抗酸化作用による神経細胞保護作用

脳内の神経は、膨大な数の細い管でつながっていて、情報伝達の大きな役割を果たしています。

EPADHAには、脳神経の酸化障害から保護する働きがあると言われています。

 

神経細胞のシグナル伝達亢進作用

脳神経と脳神経の接合部では、大量の情報伝達が行われていて、認知機能維持のカギを握ると言われています。

EPADHAは、潤滑油のような働きで、脳神経間の情報伝達を滑らかにします。

 

脳細胞活性化作用

脳内に酸素を運ぶ重要な役割を担う赤血球中のヘモグロビン。

EPADHA濃度が上昇することで、ヘモグロビンの量が上昇し、脳細胞が活性化することが報告されています。

 

神経保護作用

アルツハイマー認知症の発症の仕組みは十分に解明されていませんが、患者の脳にアミロイド蛋白質βとタウタンパク質が蓄積していることが知られています。

EPADHAには、アミロイド蛋白質βの大脳皮質への沈着を減少させる神経保護作用があることが報告されています。

 

詳細をご覧になりたい方は

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

 

(公式ページ)

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメント