女子力アップダイエット ヒハツ・ブラジル酵素配合「ラ・キュット」

  1. 「ラ・キュット」くびれに変化・女子力アップ
    1. ラ・キュット
      1. 【ラ・キュット】の配合成分
    2. ヒハツエキス配合
      1. Tie2活性化成分
        1. ※Tie2・リンパ・血管研究会とは?
      2. Tie2
      3. 毛細血管ケア
      4. ゴースト血管
      5. 毛細血管を元気にするためにTie2が有効
      6. ヒハツエキスのその他の効果
        1. 体温を上昇させ毛細血管の血行を促進する効果
        2. エネルギーの代謝を活性化する効果
        3. 美肌効果
        4. ダイエット効果
    3. ブラックジンジャー配合
      1. 豊富なアミノ酸
        1. アミノ酸の効果
          1. 体をつくるアミノ酸
          2. 必須アミノ酸
          3. アミノ酸スコア
          4. リジンは特に不足!
          5. アミノ酸のダイエット効果
          6. アミノ酸の美容効果
        2. アルギニン
          1. 免疫機能の向上
          2. 美肌効果
          3. 成長ホルモンの合成を促進する効果
          4. 体脂肪の代謝を促進する効果
          5. 疲労回復効果
          6. アルギニンの効果(詳細)
        3. 鉄分
          1. コラーゲンの再合成
          2. 赤血球の成分となって全身に酸素を運ぶ
    4. ブラジル酵素配合
      1. ブラジル酵素
      2. 酵素としての効果
      3. ブラジル酵素の特徴
        1. 善玉菌を活発にする効果
        2. コレステロールや中性脂肪対策
      4. 酵素について
        1. 酵素は加齢とともに減少
    5. セレン含有酵母配合
    6. 亜鉛含有酵母配合
    7. 海藻カルシウム配合
      1. 美肌効果
      2. 骨や歯の材料
        1. 骨の老化の原因
          1. 過度のダイエット
          2. 運動不足
          3. 過度の運動トレーニング
          4. 栄養バランスの悪い食事
      3. その他の作用
      4. カルシウムとマグネシウムの関係
    8. 生ビフィズス菌配合
      1. 美肌効果・免疫力向上・便秘改善
      2. ダイエット効果
    9. フラクトオリゴ糖配合
    10. 水溶性食物繊維配合
    11. ビタミンB1配合
    12. ビタミンB2配合
      1. 皮膚や粘膜の健康維持を助ける
      2. ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き
      3. 脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)
      4. 血液サラサラ効果
      5. ビタミンB2が不足した場合
    13. ビタミンB6配合
    14. ビタミンB12配合
    15. ビタミンC配合
    16. ビタミンD配合
    17. ビタミンE配合
      1. 冷え性改善・肩こり改善・美肌効果
      2. 貧血予防
      3. 血行を良くする効果
      4. 抗酸化作用によって、過酸化脂質の生成を抑え、生体膜を活性酸素から守り老化を防ぐ
      5. 黄体ホルモンや性ホルモンのバランスを整える
    18. 葉酸配合
    19. ナイアシン配合
    20. パントテン酸カルシウム配合
  2. 定期コースがおすすめです
    1. 【定期コース】
    2. 【通常購入】
    3. ご購入を検討される方は

「ラ・キュット」くびれに変化・女子力アップ

ラ・キュット

 

忙しい女性を応援するダイエットサポートがいろいろ販売されています。

その中でもおすすめなのが、【ラ・キュット】というダイエットサプリです。

【女子力アップ+ダイエット】に効果的なサプリメントです。

 

 

【ラ・キュット】の配合成分

 

・ヒハツエキス

・ブラックジンジャー

・ブラジル酵素

・セレン含有酵母

・亜鉛含有酵母

・海藻カルシウム

・生ビフィズス菌

・フラクトオリゴ糖

・水溶性食物繊維

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ビタミンB6

・ビタミンB12

・ビタミンC

・ビタミンD

・ビタミンE

・葉酸

・ナイアシン

・パントテン酸カルシウム

 

 

 

配合されている成分の効果についてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

ヒハツエキス配合

Tie2活性化成分

 

ヒハツエキスに含まれるピペリンという物質がTie2を活性化させることが最近の研究で発表されています。

ヒハツは、Tie2を活性化させることによって、『栄養が届かない』『むくみ』『冷え』などに非常に効果的であることが研究発表されています。

むくみ・冷え対策には、毛細血管から体の隅々まで栄養がしっかりと届けられることが不可欠です。

予防医療や科学の分野でさまざまな研究が進められ、最新の研究で毛細血管の大切さとその若さを保つ働きをしている【Tie2(タイツー)】の存在が明らかになってきました。

毛細血管のケア(Tie2活性)は、身体と肌が本来持っている生命力を蘇らせる根本的なアンチエイジングとして、新たな可能性をもたらしてくれるものとして最新研究結果として発表されています。(Tie2・リンパ・血管研究会)

 

 

※Tie2・リンパ・血管研究会とは?

各分野で活躍する臨床医、基礎研究者、企業の開発担当者が「Tie2の活性化、リンパ管・血管の安定化」というコンセプトのもとに、Tie2の活性化や血管とむくみのメカニズムなどを日々研究しています。

 

Tie2

 

Tie2とは、血管・リンパ管の機能を制御する重要な役割を持つ受容体です。

このTie2が減少すると、血管から不要な水分や老廃物が漏れ出てしまい、血管やリンパ管に悪影響を与えてしまいます。

Tie2をしっかり活性化させることで、細胞が安定し血管のめぐりを良くしたり、リンパ管の老化を予防できると言われています。

ヒハツエキスがTie2の活性化作用を持つ素材であることが発表されています。

ヒハツを補うことで、毛細血管が正常化し、むくみ改善だけではなく、肌のうるおいと透明感を整えることができます。

さらに、他の配合成分もしっかりと体の細部まで届いてくれるようになります。

 

 

毛細血管ケア

 

毛細血管の働きは次の通りです。

・栄養素を全身に届けて老廃物を回収

・熱の放出をコントロールし体温を一定に保つ

 

毛細血管は全身の血管の99%を占め、酸素と栄養を体や肌のすみずみまで送り届ける大切な働きをもっています。

毛細血管の働きが悪くなると、酸素や栄養が皮膚や細胞に十分に行き渡らなくなってしまいます。

皮膚や細胞に酸素や栄養がいかなければ、むくみや冷えなどの体の不調やシミ・しわなどのお肌のトラブルの原因になります。

また、毛細血管の働きが悪くなると、リンパ管の機能が低下し、老廃物や不要な水分の回収が上手くいかなくなり、めぐりが悪くなり、むくみや冷え、シミやくすみ、クマなどの原因になります。

めぐりを良くしなければ、どんなに優れたサプリメントを使っても体やお肌の細部まで必要な成分は届かなくなってしまいます。

 

 

ゴースト血管

 

「ゴースト血管」とは、血液が流れなくなった血管で、その状態が続くといずれ消えてしまいます。

毛細血管から細胞に酸素や栄養を届けています。

そのため、毛細血管がゴースト化してしまうと、酸素や栄養を絶たれた細胞が死に、健康や美容に重大な問題を引き起こすことが分かってきました。

以前から、ゴースト化の指標である毛細血管の長さは年齢とともに短くなることが知られていましたが、個人差が非常に大きく、20代や30代の若い世代でも毛細血管がゴースト化している人がいることが分かりました。

毛細血管は年を重ねるとともに衰え、毛細血管そのものの数が減少していくことがわかっています。

使われなくなった毛細血管は20代をピークに、60代ではさらにその数を減らし、およそ40%も減少してしまいます、

特に40代以降は、徐々に毛細血管の外側の壁細胞と内皮細胞の結びつきがもろくなり、酸素や栄養素が漏れやすく、運搬が滞るようになります。

この状態になると、血管から不要な水分や老廃物が漏れ出てしまい、血管やリンパ管に悪影響を与えてしまいます。

 

 

この状態では、2つの大きな悪いことが起きます。

 

 

 

1つ目は、むくみ改善や冷え改善・ダイエットのためにサプリメントなどでせっかく効果的な栄養(成分)を摂っても細胞に届くまでに漏れてしまうこと。

 

 

 

2つ目は、リンパ管の機能が低下し、老廃物や不要な水分の回収が上手くいかないことです。

 

 

 

この2つのことから、「栄養が届かない」「むくみ」「冷え」などダイエットや健康・美容に大敵な体内サイクルが作られてしまいます。

 

 

 

毛細血管を元気にするためにTie2が有効

 

最近の研究によって、毛細血管を元気にするためには、Tie2と呼ばれる受容体を活性化させる必要があり、Tie2を活性化するにはある特定の植物エキスが有効であるということが発表されています。

そうした植物エキスの有用成分を摂取しTie2を元気に導くことで、毛細血管のゆるみを引き締め、ダメージを予防する働きが認められ、むくみの改善・めぐり改善・冷え性改善に非常に有効な成分として注目されています。

その植物エキスがヒハツエキスで、「ラ・キュット」に配合されています。

 

ヒハツエキスのその他の効果

 

・毛細血管の血行を促進

・エネルギーの代謝を活性化

・美肌効果

・ダイエット効果

 

 

体温を上昇させ毛細血管の血行を促進する効果

ヒハツの毛細血管を拡張して血行を促進する健康効果が注目されています。

 

エネルギーの代謝を活性化する効果

 

ヒハツにはエネルギーの代謝を活性化させる働きがあります。

ヒハツには脳内神経伝達物質のアドレナリンの放出をうながして、エネルギーの代謝を活性化する作用があることも報告されています。

 

美肌効果

 

ヒハツには「美肌効果」が期待できます。

肌への水分や栄養の補給の役目の大部分をになっているのは血液です。

皮膚も血行がとどこおることで、顔色が悪くなるのはもちろん、栄養や水分の補給が不足して、乾燥肌などのトラブルを起こしやすくなります。

ヒハツの血行促進効果が肌の健康増進と美しさの維持に役立つことが期待できます。

 

ダイエット効果

 

ヒハツにはダイエット効果が期待できます。

ヒハツの体温上昇効果とエネルギー代謝の促進効果でカロリーの消費が増えるので、ダイエットにも効果が期待できます。

 

 

ブラックジンジャー配合

 

ブラックジンジャーの特徴成分であるポリメトキシフラボノイドにはめぐりをよくする作用があります。

豊富なアミノ酸(必須アミノ酸アルギニンなど)、鉄分を豊富に含んでいます。

 

 

豊富なアミノ酸

 

ブラックジンジャーは、18種類ものアミノ酸を含有しています。

外部からしか摂取できない必須アミノ酸9種類全てが含まれている他、アルギニンも豊富に含まれています。

 

 

アミノ酸の効果

 

アミノ酸は体づくりの上で非常に重要な働きをしていて、ダイエットや筋トレ、美容に効果的です。

 

 

 

体をつくるアミノ酸

 

アミノ酸には、そのひとつひとつに多様な機能があり、体の健康、美容に働きかけてくれます。

人の体のたんぱく質を構成するアミノ酸は約20種類あります。

体内で合成できない必須アミノ酸(9種類)と体内で合成できるが生体維持に極めて重要な働きをする非必須アミノ酸(11種類)に分けられます。

さらに、その他にも体に様々な効果のあるアミノ酸があります。

 

 

必須アミノ酸

 

人の体のたんぱく質を構成するアミノ酸のうち、体内で合成できない9種類を必須アミノ酸といいます。

バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン

 

 

アミノ酸スコア

 

必須アミノ酸は、FAO(国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)によって推奨摂取量が定められています。

各食品に含まれる必須アミノ酸の量が、その基準値に対してどの程度満たされているかを数値で表したのが「アミノ酸スコア」で、効率よくアミノ酸を摂るための目安となります。

アミノ酸スコアは100が最高値となっています。

最高得点100(フルスコア)は、タンパク質をつくるために必要な9種類全ての必須アミノ酸がバランスよく十分に含まれているということです。

必須アミノ酸は、どれかひとつでも不足していると、不足しているアミノ酸のレベルまでしか利用できないため、他のアミノ酸はすべて無駄になってしまいます。

食品に含まれる必須アミノ酸の含有量が、基準値より低いアミノ酸のことを「制限アミノ酸」といいます。

例えば、米や小麦、トウモロコシはリジン、ジャガイモはロイシンというアミノ酸が少なく、リジンやロイシンが制限アミノにあたります。

米のアミノ酸スコアは58、小麦のアミノ酸スコアは36(制限アミノ酸はリジン)です。

米に不足しているリジンというアミノ酸が補えることから、ブラックジンジャーを摂取することでアミノ酸スコアが改善し、美容やダイエット、健康に非常に良い効果があります。

ブラックジンジャーで、リジンを補うことでアミノ酸スコアが改善し、アミン酸バランスが整い、効率よく体のたんぱく質を合成することができます。

 

 

リジンは特に不足!

 

リジンは米や小麦、トウモロコシなどの穀物に含まれる量が少ないため、米やパンなど穀物を食べる日本人には不足しがちなアミノ酸です。

リジンを摂取し、アミノ酸バランスを改善することによって、効率的に筋肉合成が促進できます。

その結果、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効果も期待できます。

また、アミノ酸が体内で体づくりに使われやすくなり、美容効果も向上します。

 

 

アミノ酸のダイエット効果

 

基礎代謝量が高い人ほど、エネルギーを消費しやすく、太りにくく痩せやすい体です。

ダイエットには、基礎代謝を上げることが大切です。

そのポイントは筋肉です。

筋肉が多いほど、基礎代謝アップにつながります。

そんな脂肪が燃えやすい体づくりで注目を浴びているのがアミノ酸です。

筋肉の原料であるアミノ酸を補給することで、脂肪の燃焼工場である筋肉が増え、基礎代謝が上がり、それによって消費エネルギーが増え、太りにくい体がつくられます。

 

アミノ酸の美容効果

 

美肌とは、水分が保持されたうるおいのある肌のことです。

肌の表面をおおう角質層にはNMF(天然保湿因子)という天然の保湿因子があり、それが肌の水分を保っています。

このNMFが不足すると、角質層の水分が減り、乾燥した状態になってしまいます。

また、肌にハリをもたせるのは、コラーゲンです。

コラーゲンは加齢、紫外線、不規則な生活や過度のダイエットで不足してしまいます。

このNMFもコラーゲンも主要成分はアミノ酸です。

 

NMF(天然保湿因子)の組成

NMF(天然保湿因子)を構成するアミノ酸

 

つまり、肌の乾燥やたるみの原因はアミノ酸不足と関係しています。

コラーゲンは体内にもともと存在し、体にとって大切な栄養素ですが、年齢を重ねるにつれ減り続け、40代で約半分まで減少してしまいます。

キレイを保つためには、コラーゲンを補うことが大切ですが、コラーゲンは体内での分解や吸収がされにくく、分解されたアミノ酸がコラーゲンに再合成されにくいといわれています。

 

 

だからといって、コラーゲンの摂取が無駄というわけではありません。

栄養素として十分に役立っています。

コラーゲンは、グリシン、プロリン、アラニンなど17種類のアミノ酸から構成されています。

 

人肌コラーゲンのアミノ酸組成

しかし、コラーゲンを摂取するより、直接アミノ酸を摂取した方が、美肌には効果的といわれています。

 

アルギニン

ブラックジンジャーのアルギニンの含有量は、アルギニンが豊富で有名なマカの2.6倍ともいわれています。

 

 

アルギニンには次のような効果があります。

・免疫細胞の増殖を促進

・血管拡張、血流促進

・白血球の活性化

・皮膚の再生促進

・コラーゲンの合成促進

・成長ホルモンの分泌促進

・疲労回復

・たんぱく糖化抑制作用

・子宮内膜を厚くする効果

・妊娠促進効果

 

 

免疫機能の向上

 

アルギニンは免疫機能の向上にとても効果があります。

いつもより激しい運動を行ったあと、風邪をひいたような状態になったり、お腹をこわしたり、体調が悪くなった経験はありませんか?

これはよく知られていることで、普段から体を鍛えているアスリートにも起こることです。

なぜこのようになるかというと、激しい運動により、免疫力が低下するためです。

疲労と免疫力の低下が関係しているともいわれています。

アルギニンは免疫細胞を活性化させて免疫力低下を抑えることで、激しい運動にもコンディションを崩すことがなくなるので、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)とセットで摂取するといいといわれています。

※ブラックジンジャーには、必須アミノ酸として、バリン・ロイシン・イソロイシンが含有されています。

 

 

美肌効果

 

アルギニンには角質層を保湿する効果があります。

肌は表面から角質層、表皮層、真皮層に分かれており、肌が荒れているという時は、ほとんどの場合は角質層のアミノ酸と水分不足が原因だといわれています。

そうなると、肌のバリア機能が低下してうるおいを失い、やがてひび割れなど皮膚のトラブルが生じる可能性があります。

 

 

成長ホルモンの合成を促進する効果

 

アルギニンは成長ホルモンを分泌する脳下垂体を刺激し、成長ホルモンの合成を促します。

成長ホルモンには、筋肉量を増やす、骨を強化する働きや食欲を抑える作用があります。

 

 

体脂肪の代謝を促進する効果

アルギニンには、脂肪燃焼酵素であるリパーゼの働きを活性化し、体脂肪の代謝を促す効能があります。

 

疲労回復効果

アルギニンは体の修復作用のある、成長ホルモンの分泌を促進することが知られています。

 

アルギニンの効果(詳細)

 

アルギニンの重要な役割の1つは、体内で多様な機能を発揮する一酸化窒素(NO)の主原料となることです。

NOは血管の内側で作られると血管を広げたり柔軟にする機能を発揮します。

この働きによって全身の血流が改善され、同時に血圧低下が期待できます。

その他、免疫細胞の一種であるマクロファージで作られたNOは、体内に侵入してきたウィルスや病原菌を攻撃する際に使われるので免疫力も強化されます。

アルギニンは成長ホルモンの分泌も刺激します。

成長ホルモンには筋肉のタンパク質合成を高め、筋肉量を増やしたり、傷ついた筋肉を修復したりする働きがあります。

また、アルギニンは肝臓で解毒する働きを持つ尿素回路の重要な構成要素でもあります。

体内に過剰なアンモニアは疲労物質の1つとも言われていて、アルギニンによって尿素回路が活性化することでアンモニアが減少し、疲労回復効果が期待できます。

さらにアルギニンは、細胞の増殖に不可欠なポリアミンという成分の原料になります。

加齢によってポリアミンの合成能力は低下します。

腸内細菌もポリアミンを合成し、重要な供給源となることがわかっています。

アルギニンは乳酸菌と一緒に摂ることで腸内、血中のポリアミンを増やすという報告があります。

 

 

ポリアミンの効果

 

・免疫細胞の若返り

・血流促進作用

・脂肪燃焼作用

免疫細胞が若返ると、血管も老化しにくくなり血流も良くなります。

血流が保てれば、全身の代謝も活発になります。

また、ポリアミンが細胞内で増えることによって、脂肪を燃焼する時に必要なカルニチンを利用しやすくなります。

 

 

鉄分
コラーゲンの再合成

 

鉄はたんぱく質の一種であるコラーゲンの合成にかかわっています。

肌や髪、爪の質の低下はたんぱく質だけでなく、鉄不足が原因の場合が多いといわれています。

コラーゲンは体内に入るときに分解されてしまうのですが、それを再合成するときに鉄が必要です。

また、ニキビや湿疹ができやすいのも、鉄欠乏が原因している場合があります。

 

 

赤血球の成分となって全身に酸素を運ぶ

 

鉄分の働きは血液に乗って全身に酸素を運ぶことです。

鉄は赤血球の血色素「ヘモグロビン」や、筋肉の「ミオグロビン」などの構成性成分となり、体内で酸素を運搬する役割を担っています。

体力の回復を早めたい方、特に鉄分が気になる女性の方に必要な栄養素です。

鉄は赤血球を作るのに必要な栄養素です。

体内の鉄分が不足すると全身への酸素供給が不足し、体がだるい、疲れやすいと感じやすくなります。

活性酸素を除去して老化を抑制する効果、体内の免疫機能の維持などの効果があり、妊娠する体をつくる重要な栄養素でもあります。

体内の鉄は、ヘモグロビンやミオグロビンのように、酸素の運搬役としての役割を果たしている「機能鉄」の他に、肝臓や脾臓、骨髄などに貯蔵されている「貯蔵鉄」があります。

機能鉄が不足すると、それを補うために貯蔵鉄が利用されます。

これが少なくなると、鉄欠乏による貧血を起こします。

血液検査で貧血と診断されなくても、この貯蔵鉄が減少している状態の人も多いと言われています。

男性や閉経後の女性には、貧血はほとんど見られないのですが、月経のある年代の女性や妊娠中の方は、欠乏しやすいので注意が必要です。

 

 

ブラジル酵素配合

ブラジル酵素

基本は普通の酵素と同じく植物発酵エキスなので、一般的な酵素に期待される効果についてはブラジル酵素でも同様に得られます。

 

酵素としての効果

 

普段の食事では摂取しづらい栄養もバランス良く摂取することができます。

体に必要な栄養を補いながら、不要なものをスッキリさせて、善玉菌が働きやすい体内環境づくりをサポートします。

ただ痩せればいいという従来のダイエットではなく、健康や美容にも効果的な配合となっています。

 

 

ブラジル酵素の特徴

通常の酵素にはないブラジル酵素のみの効果や特徴などもいくつかあります。

 

善玉菌を活発にする効果

 

ブラジル酵素特有の効果として腸内にもともと存在している善玉菌の働きそのものを活発にしていくという働きがあります。

プレバイオティックスという腸内細菌バランスを整える効果を持つ微生物が含まれているので、善玉菌がこれまで以上にしっかりと働くようになり、悪玉菌などを減らしながら腸内バランスを整えることができるようになります。

外部からの刺激や影響などを受けると腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が優勢になることがありますが、ブラジル酵素を摂取することでバランスを整えて善玉菌が優位な状況を維持することができるようになります。

 

 

コレステロールや中性脂肪対策

普通の酵素にはコレステロールや中性脂肪の対策といった効果までは期待できませんが、ブラジル酵素にはそうした効果も期待できるという点も特徴的です。

 

酵素について

 

酵素には消化酵素と代謝酵素があり、この二つの機能が正常に働いていなければ、ダイエットはなかなか成功しません。

かえってリバウンドしてしまうおそれもあります。健康や美容にも悪影響を及ぼす場合も多くなります。

酵素は先に消化に使われ、残りが代謝として働きます。

代謝は、体を動かす、頭で考えるなど消化以外のすべての活動に必要です。

ですが、食べ過ぎたり飲み過ぎたりすると酵素が消化に大量に使われてしまうため、代謝分の酵素が不足することになります。

その状態が続くと代謝がスムーズに行われなくなり、ため込みやすい体になってしまいます。

 

 

酵素は加齢とともに減少

 

体内で作られる酵素には限りがあるうえ、その生産能力は加齢とともに低下してしまいます。

特に40代以降は激減してしまい、若いころと比べて太りやすく痩せにくくなってしまいます。

食事によって消化酵素が多く使われた場合には、代謝酵素が不足することになります。

代謝酵素が正常に働かなければ老廃物の排泄機能も低下し、細胞の生まれ変わりも上手に機能しないので、便秘や肌トラブルをはじめとした数々の体調不良の原因となります。

また、代謝が低下するので、ダイエット効果も期待できない状態になります。

ダイエットを成功させるためには、「酵素」を外部から摂ることがとても大事なことです。

 

 

セレン含有酵母配合

 

発酵培養させた酵母にセレンを含有させることで、通常よりも効率よく摂取できます。

セレンは抗酸化酵素のひとつ「グルタチオンペルオキシダーゼ」の材料となります。

グルタチオンペルオキシダーゼは、細胞膜が酸化されてできる過酸化脂質を分解することで老化を防いだり、動脈硬化を防ぎます。

肌の若さを保つために大切な栄養素です。

セレンは、ビタミンEと一緒にとると、抗酸化作用が強くなります。

また、抗酸化や免疫力増強作用をもつコエンザイムQ10は、体内でも生成されますが、そのときセレンの助けを必要とします。

このほかにも次のような効果があります。

・免疫機能を高める効果

・大気汚染から呼吸粘膜を守る効果

大気汚染物質とアレルゲンを同時に吸入すると、アレルギー症状がひどくなることがわかっていますが、セレンや亜鉛は大気汚染物質から呼吸器粘膜を守る働きがあります。

・更年期障害の症状を改善する効果

・水銀やカドミウムといった有害物質から体を守る効果

 

 

亜鉛含有酵母配合

 

発酵培養させた酵母に亜鉛を含有させることで、通常よりも効率よく摂取できます。

亜鉛は新陳代謝に関わっていて、肌のターンオーバーを促進します。

体内で新たな細胞をつくるために必要な酵素の成分であり、200種類以上の酵素に含まれる成分です。

細胞の生まれ変わりや糖質のエネルギー化、インスリンの合成、免疫力を高めるなど、役割は多岐にわたっています。

細胞の新生を活発にさせ、骨や皮膚の発育を促す働きがあります。

体に貯蔵しておく事が出来ないため、1日の中でバランス良く摂取することが大切です。

様々な酵素を作り出すサポートしたり、タンパク質の合成、疲労回復免疫力強化にも関わる万能ミネラルです。

 

 

 

亜鉛が不足した場合

 

 

 

不足してしまうと、新陳代謝のサイクルが遅れるため、肌がカサつく他、脱毛、フケなどが起こります。

また、脳の機能が低下し、記憶力が悪くなることもあります。

特に味覚細胞は寿命が短く、10~12日で新たな細胞に変わるため、不足すると代謝ができず、食べ物の味がわからなくなります。

また、性ホルモンの分泌にも関係しています。

不足すると、女性の場合は生理不順などの原因になります。

 

 

海藻カルシウム配合

美肌効果

 

カルシウムはNMF(天然保湿因子)の構成成分です。

また、カルシウムで新陳代謝が促進されます。

新しい皮膚細胞が成熟し、表皮の角質に成長するときにカルシウムが必要とされます。

カルシウムが充実していると、新しいお肌への生まれ変わりが活発になり、若々しく滑らかな表皮を保つことが出来ます。

 

 

骨や歯の材料

 

カルシウムは骨や歯の材料となります。

体内にあるカルシウムのうち99%は骨や歯にある「貯蔵カルシウム」で、1%は血液や筋肉、神経系に含まれる「機能カルシウム」です。

貯蔵カルシウムと機能カルシウムは相互関係があります。

機能カルシウムは血液中に溶け込んで血液凝固や精神安定の働きをしたり、筋肉の働きをサポートします。

機能カルシウムが不足すると、骨にある貯蔵カルシウムが放出されて、血中カルシウム濃度が一定に保たれます。

カルシウムの不足が続くと、骨にあるカルシウムが減少し、骨密度が低下し、骨折や骨軟化症、骨粗しょう症を起こしやすくなります。

成長期であれば、歯の質が悪くなったり、あごの発達が遅れます。

また、閉経前後の女性は骨代謝をうながすエストロゲンが減少するため、骨が弱くなります。

血中のカルシウム調節がうまくいかず、胃から多く溶け出してしまうようになり、骨に含まれるカルシウム量が減ってしまいます。

 

 

骨の老化の原因

骨の老化は若くても引き起こります。

 

過度のダイエット

ダイエットの頻度が多いほど骨密度は減少するというデータがあります。

 

運動不足