定期購入がおすすめ(回数縛りなし) HMBとアミノ酸の相乗効果 女性用プロテインダイエット

  1. 話題のプロテインダイエット「ファスタナ」 回数縛りなしの定期購入がお得
    1. 話題のプロテインダイエット「ファスタナ」
      1. ファスタナ
      2. 「ファスタナ」の効果一覧
      3. ファスタナの概要
      4. ファスタナの配合成分
    2. HMB配合
    3. ソイプロテイン配合
      1. HMBがあればアミノ酸は必要ない?
      2. 体をつくるアミノ酸
      3. アミノ酸スコア
      4. リジンは特に不足!
      5. プロテインを摂取することのメリット
        1. アミノ酸のダイエット効果
        2. アミノ酸の美容効果
      6. ソイプロテインに含まれているたんぱく質以外の栄養素や効果
      7. イソフラボン
        1. 美容効果
        2. 更年期障害の症状の抑制・改善
        3. 骨粗しょう症の予防
        4. コレステロールの減少効果
      8. サポニン
        1. サポニンの効果
        2. ダイエット効果
        3. 便秘解消・美肌効果
      9. レシチン
      10. ソイプロテインとホエイプロテインの違い
    4. イミダゾールペプチド配合
    5. ヒアルロン酸とビタミンB2とフラバンジェノール配合
      1. ヒアルロン酸
      2. ビタミンB2
        1. 皮膚や粘膜の健康維持を助ける
        2. ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き
        3. 脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)
        4. 血液サラサラ効果
      3. フラバンジェノール配合
        1. 強力な抗酸化力
        2. チロシナーゼ阻害作用
        3. 潤い効果
    6. コラーゲンペプチドとビタミンCと鉄分配合
      1. コラーゲンペプチド配合
      2. ビタミンC配合
      3. 鉄分配合
        1. コラーゲンの再合成
        2. 赤血球の成分となって全身に酸素を運ぶ
    7. コエンザイムQ10配合
      1. コエンザイムQ10の効果
      2. アンチエイジング効果
      3. 20才をピークに減少
    8. 乳酸菌配合
      1. 善玉菌を増やす効果
      2. 腸内フローラの改善
      3. 美肌作用
      4. 乳酸菌は毎日摂り続けることが大切です
    9. 難消化性デキストリン配合
    10. キヌア配合
      1. 美容・美肌作りをサポート
      2. ダイエットをサポート
      3. 女性ホルモンのバランスを整える
      4. 必須アミノ酸9種すべてを含有
    11. チアシード配合
      1. 便秘解消
      2. 美肌・美容
      3. 免疫力強化
      4. 満腹感が得られる
      5. α–リノレン酸含有
        1. EPA・DHAの美肌効果
    12. アマランサス配合
    13. マカ配合
      1. アルギニン
        1. 免疫機能の向上
        2. 美肌効果
        3. 成長ホルモンの合成を促進する効果
        4. 体脂肪の代謝を促進する効果
      2. 亜鉛
    14. ゴジベリー配合
    15. モリンガ配合
      1. モリンガの効果
      2. 植物の中で一番栄養価が高い!
      3. 強力な浄化作用で内側からきれいに!
      4. 国連の世界食糧計画(WFP)にも採択!
      5. 約90種類以上の栄養素を高バランスで含有!
        1. γ-アミノ酪酸 ギャバ(GABA)
    16. ヘンプ配合
    17. カカオ配合
    18. アサイー配合
      1. アントシアニン(ポリフェノール)
      2. 腸内環境を整える効果、便秘改善
      3. 高血圧の予防やむくみを解消する効果
      4. ビタミンCや鉄分が豊富
    19. ケール配合
      1. ケール次のものを含んでいます。
      2. β-カロテン
      3. ルテイン
        1. ルテインの効能で注目されているのが目の保護です。
        2. ぼやけやかすみの解消・コントラスト感度の改善
        3. 光がつらい人は積極的に摂りたい「ルテイン」
        4. ルテインは年齢とともに減少
        5. ルテインは体内で生成できない
      4. メラトニン
      5. ビタミンK
        1. 止血作用
        2. カルシウム沈着作用
    20. バオバブ配合
    21. 赤ワインポリフェノール配合
    22. クエン酸配合
      1. クエン酸回路
      2. キレート作用
      3. 血流改善効果
      4. その他の効果
    23. ビール酵母配合
    24. ビタミンA配合
    25. ビタミンB1配合
    26. ビタミンB6配合
    27. ビタミンB12配合
    28. ビタミンD配合
    29. ビタミンE配合
      1. 冷え性改善・美肌効果
      2. 貧血予防
      3. 血行を良くする効果
      4. 抗酸化作用によって、過酸化脂質の生成を抑え、生体膜を活性酸素から守り老化を防ぐ
      5. 黄体ホルモンや性ホルモンのバランスを整える
    30. ナイアシン配合
    31. パントテン酸配合
    32. 葉酸配合
    33. カルシウム配合
    34. マグネシウム配合
    35. 定期コース(自動お届けコース)がおすすめです
      1. 【定期コース】
      2. 【通常購入】
    36. ご購入を検討される方は
      1. 下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

話題のプロテインダイエット「ファスタナ」 回数縛りなしの定期購入がお得

話題のプロテインダイエット「ファスタナ」

ファスタナ

女性用の筋トレサプリなどが続々と登場しています。

その中でもおすすめなのが、ファスタナというプロテインダイエットです。

女性が安心して筋トレやダイエットを効果的に行えるダイエットサポートです。

効果的に筋肉を生成し、美容の調子も良くする、女性用のダイエットや筋トレのための美容プロテインです。

この記事では、最初に効果一覧表を作成しましたので、あまり読む時間がない方は、そちらをご覧ください。

話題のプロテインダイエット「ファスタナ」回数縛りなしの定期購入がお得

話題のプロテインダイエット「ファスタナ」回数縛りなしの定期購入がお得

「ファスタナ」の効果一覧

「ファスタナ」の効果を一覧表にまとめてみました。

プロテインダイエット「ファスタナ」の効果一覧 回数縛りなしの定期購入がお得

話題のプロテインダイエット「ファスタナ」の効果一覧 回数縛りなしの定期購入がお得

話題のプロテインダイエット「ファスタナ」回数縛りなしの定期購入がお得

ご購入はこちらがお得です!

ファスタナの概要

・美容やダイエットに効果的なソイプロテインを配合

・話題のHMBを配合

・プロテイン以外にもダイエットサポート成分や美容成分も多種配合

・ビタミンやミネラルなど女性の美容・健康に必要な成分をたっぷり配合

・3分野の専門家(ダイエット認定講師・管理栄養士・準ミスモデル)が監修していて、美容と健康のプロが効果的な美容ダイエットに最適な配合となるようにしています。

話題のプロテインダイエット「ファスタナ」回数縛りなしの定期購入がお得

ご購入はこちらがお得です!

ファスタナの配合成分

・ソイプロテイン

・HMB

・イミダゾールペプチド

・ヒアルロン酸とビタミンB2とフラバンジェノール

・コラーゲンペプチドとビタミンC

・コエンザイムQ10

・乳酸菌

・難消化性デキストリン

・キヌア

・チアシード

・アマランサス

・マカ

・ゴジベリー

・モリンガ

・ヘンプ

・カカオ

・アサイー

・ケール

・バオバブ

・赤ワインポリフェノール

・クエン酸

・ビール酵母

・ビタミンA

・ビタミンB1

・ビタミンB6

・ビタミンB12

・ビタミンD

・ビタミンE

・ナイアシン

・パントテン酸

・葉酸

・カルシウム

・マグネシウム

・鉄

HMB配合

プロテイン(タンパク質)は体に吸収されるまでには分解・代謝を経てようやく吸収できる代謝物へと変化していきます。

その吸収できる最終代謝物がHMBです。

※プロテイン(タンパク質)→ペプチド→アミノ酸(ロイシン)

ロイシン→HMB→体に吸収されて筋肉に

プロテイン等のタンパク質に含まれる必須アミノ酸の一種であるロイシン。

このロイシンが代謝されてできるのが、HMBです。

このHMBが筋肉を効果的につくるサポートをします。

しかしながらHMBを体内で1g生合成するには、約20gものロイシンが必要となりますので、HMBそのものを摂取する方が効率的だといわれています。

よく言われる例えで、プロテイン10杯分などと言われています。

HMBを直接的に摂取できる【ファスタナ】はとても効率的です。

HMBを毎日摂取することで基礎代謝を高める働きが期待されるのでより効率よくダイエットをサポートします。

ソイプロテイン配合

大豆由来のソイプロテインは消化がゆっくりで、腹持ちが良いことが特徴です。

またイソフラボンなど女性にとって美容に役立つ成分が豊富で、ダイエット・美容に効果があります。

HMBがあればアミノ酸は必要ない?

実はアミノ酸は体づくりの上で非常に重要な働きをしていて、HMBだけを摂取するだけよりも、ダイエットや筋トレ、美容に効果的です。

 

体をつくるアミノ酸

アミノ酸には、そのひとつひとつに多様な機能があり、体の健康、美容に働きかけてくれます。

人の体のたんぱく質を構成するアミノ酸は約20種類あります。

体内で合成できない必須アミノ酸(9種類)と体内で合成できるが生体維持に極めて重要な働きをする非必須アミノ酸(11種類)に分けられます。

さらに、その他にも体に様々な効果のあるアミノ酸があります。

 

必須アミノ酸

人の体のたんぱく質を構成するアミノ酸のうち、体内で合成できない9種類を必須アミノ酸といいます。

バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン

アミノ酸スコア

必須アミノ酸は、FAO(国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)によって推奨摂取量が定められています。

各食品に含まれる必須アミノ酸の量が、その基準値に対してどの程度満たされているかを数値で表したのが「アミノ酸スコア」で、効率よくアミノ酸を摂るための目安となります。

アミノ酸スコアは100が最高値となっています。

最高得点100(フルスコア)は、タンパク質をつくるために必要な9種類全ての必須アミノ酸がバランス十分含まれているということです。

必須アミノ酸は、どれかひとつでも不足していると、不足しているアミノ酸のレベルまでしか利用できないため、他のアミノ酸はすべて無駄になってしまいます。

食品に含まれる必須アミノ酸の含有量が、基準値より低いアミノ酸のことを「制限アミノ酸」といいます。

例えば、米や小麦、トウモロコシはリジン、ジャガイモはロイシンというアミノ酸が少なく、リジンやロイシンが制限アミノにあたります。

サプリメントやプロテインなどで、リジンやロイシンを補強することでアミノ酸スコアが改善し、アミン酸バランスが整い、効率よく体のたんぱく質を合成することができます。

※ファスタナはアミノ酸スコア100です。

リジンは特に不足!

リジンは米や小麦、トウモロコシなどの穀物に含まれる量が少ないため、米やパンなど穀物を食べる日本人には不足しがちなアミノ酸です。

リジンを摂取し、アミノ酸バランスを改善することによって、効率的に筋肉合成が促進できます。

その結果、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効果も期待できます。

また、アミノ酸が体内で体づくりに使われやすくなり、美容効果も向上します。

プロテインを摂取することのメリット

たんぱく質は、筋肉はもちろん、体の様々な部分の材料となる非常に大切な栄養素です。

全身は新陳代謝により日々入れ替わっていますので、日々のたんぱく質が不足すると、身体のコンディションに良くないことが出やすくなります。

アミノ酸のダイエット効果

基礎代謝量が高い人ほど、エネルギーを消費しやすく、太りにくく痩せやすい体です。

ダイエットには、基礎代謝を上げることが大切です。

そのポイントは筋肉です。

筋肉が多いほど、基礎代謝アップにつながります。

そんな脂肪が燃えやすい体づくりで注目を浴びているのがアミノ酸です。

筋肉の原料であるアミノ酸を補給することで、脂肪の燃焼工場である筋肉が増え、基礎代謝が上がり、それによって消費エネルギーが増え、太りにくい体がつくられます。

アミノ酸の美容効果

美肌とは、水分が保持されたうるおいのある肌のことです。

肌の表面をおおう角質層にはNMF(天然保湿因子)という天然の保湿因子があり、それが肌の水分を保っています。

このNMFが不足すると、角質層の水分が減り、乾燥した状態になってしまいます。

また、肌にハリをもたせるのは、コラーゲンです。

コラーゲンは加齢、紫外線、不規則な生活や過度のダイエットで不足してしまいます。

このNMFもコラーゲンも主要成分はアミノ酸です。

つまり、肌の乾燥やたるみの原因はアミノ酸不足と関係しています。

NMF(天然保湿因子)の組成 詳細版

NMF(天然保湿因子)を構成するアミノ酸

人肌コラーゲンのアミノ酸組成

コラーゲンは体内にもともと存在し、体にとって大切な栄養素ですが、年齢を重ねるにつれ減り続け、40代で約半分まで減少してしまいます。

キレイを保つためには、コラーゲンを補うことが大切ですが、コラーゲンは体内での分解や吸収がされにくく、分解されたアミノ酸がコラーゲンに再合成されにくいといわれています。

だからといって、コラーゲンの摂取が無駄というわけではありません。

栄養素として十分に役立っています。

コラーゲンは、グリシン、プロリン、アラニンなど17種類のアミノ酸から構成されています。

しかし、コラーゲンを摂取するより、直接アミノ酸を摂取した方が、美肌には効果的といわれています。

プラセンタやすっぽんなどが美容に良いとされている理由も「アミノ酸が豊富」だからです。

ソイプロテインに含まれているたんぱく質以外の栄養素や効果

イソフラボン、サポニン、レシチンといった美容や健康に効果的な栄養素が含まれています。

イソフラボン

すぐれた抗酸化をもつほか、体内で女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをすることが知られています。

美容効果

強い抗酸化作用が老化を防止し、若々しさを保ちます。

また、美白作用、保湿性の向上、抗炎症作用があります。

更年期障害の症状の抑制・改善

女性は更年期になると、急激にエストロゲンの分泌が低下するため、ホルモンのアンバランスによる体調不良に陥りがちです。

冷えやのぼせ、肩こり、イライラなど様々な不調が現れます。

これが更年期障害ですが、イソフラボンをたっぷり摂取しておくと、その抑制や改善に役立ちます。

骨粗しょう症の予防

エストロゲンは、女性の骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ役割もしています。

更年期になると、その働きがなくなるため、骨量(骨中のミネラル量)が減って骨がもろくなる「骨粗しょう症」の危険性が高まります。

イソフラボンを十分に摂取しておくと、その予防や、改善効果が期待できます。

コレステロールの減少効果

血管を丈夫にして血液中のコレステロールを減少させる作用があります。

 

サポニン

サポニンの効果

強い抗酸化作用があり、体内で過酸化脂質がつくられるのを抑制する働きがあります。

過酸化脂質が体内に増えると、血液中に血栓ができやすくなり、動脈硬化を進行させてしまいます。

サポニンは動脈硬化を抑制するので、高血圧、高脂血症の予防につながります。

肥満の防止や肝機能障害の改善にも役立ちます。

サポニンは血液の循環を良くする効果を持っている成分です。

血中のコレステロールを減少させ、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

また、抗酸化作用による動脈硬化の予防や、血流を良くする効果も期待できるので、サポニンはめぐりむくみ改善をサポートします。

血流が改善することで、全身のすみずみまで栄養素が行き渡るようになります。ダイエット成分や美容成分が体やお肌の細部まで届くようになり、効果がいっそう高まることが期待されます。

 

ダイエット効果

血管に付着した脂質を除去する働きや中性脂肪を低下させる効果があり、肥満防止に効果を発揮します。

便秘解消・美肌効果

便通をよくして腸内環境を改善する働きがあるので、便秘解消美肌効果がとても期待できます。

 

レシチン

血管へのコレステロールの沈着を防ぎ、動脈硬化の抑制に役立ちます。

肝臓に中性脂肪がたまらないようにする働きもあるので、脂肪肝の予防にもよいとされています。

また、老化を防止し、肌をみずみずしく保つ働きがあります。

 

美肌効果

レシチンによってコレステロールが血液中から排泄されるため、血流が良くなり、酸素や栄養素が全身に行き渡るため、肌に必要な栄養素がいきわたり、美しい肌が維持できます。

ビタミンの吸収率を高める効果

ビタミンAやビタミンEなどの脂溶性物質の吸収を助ける働きがあります。

 

ソイプロテインとホエイプロテインの違い

ソイプロテインは満腹感や腹持ちが良い

ソイプロテインは、消化が早いホエイプロテインと違い、消化に時間がかかります。

満腹感を得やすく腹持ちが良いのでダイエットにも適しています。

ご購入はこちらがお得です!

イミダゾールペプチド配合

イミダゾールジペプチドには優れた抗酸化作用があり、疲労回復アンチエイジングに効果があります。

ヒアルロン酸とビタミンB2とフラバンジェノール配合

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は水分をたっぷり蓄える働きがあります。

人の体の60%は水分と言われ、ヒアルロン酸はとても大切な成分です。

ヒアルロン酸は細胞と細胞との間に多く存在していて、水分の保水力を保ち、クッションのような役割で細胞を守っていると言われています。

ヒアルロン酸はコラーゲンやエラスチンとの関係が深く、お互いに影響しているためバランス良く一緒に補うことが美容にとって大切です。

「ファスタナ」にはビタミンB2が一緒に配合されています。

ビタミンB2には、ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働きがあるので、さらに美肌効果がアップします。

ヒアルロン酸は30代から急に減り始め、40代では赤ちゃんの頃と比べると約半分の50%まで減少してしまいます。

また60代になるとさらに減少し、赤ちゃんの頃の4分の1(25%)まで減ってしまいます。

ビタミンB2

次のような効能があります。

皮膚や粘膜の健康維持を助ける

美容のビタミンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の発育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助ける働きをします。

ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き

みずみずしい肌をキープするのにも必須のビタミンです。

脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)

脂肪を燃やしてエネルギーに変えるときに、補酵素として働きます。

脂肪が多い食べ物を多くとった時には、ビタミンB2も多めに摂ると、脂肪が次々と燃焼されるので、脂肪太りのダイエットには大きな効果があります。

血液サラサラ効果

体内の活性酸素と結びつくことで生まれる有害物質である過酸化脂質の分解に作用して、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

ビタミンEは過酸化脂質ができるのを防ぐ働きを持っていますが、ビタミンB2はつくられた有害な過酸化脂質を分解・消去するのに役立ちます。

フラバンジェノール配合

フラバンジェノールは、フランス南西部ランド地方に広がる海岸松の樹皮から抽出された天然由来のポリフェノールです。

強い紫外線や潮風から身を守るために蓄えられたと考えられているポリフェノールを豊富に含むフラバンジェノールは、女性の肌を若々しく保つ力を秘めています。

 

強力な抗酸化力

抗酸化力はビタミンCの600倍、コエンザイムQ10の250倍もあります。

チロシナーゼ阻害作用

メラニンを作る酵素チロシナーゼの働きを抑制する作用があります。

 

潤い効果

フラバンジェノールととても相性が良い素材は、水分をたくさん抱え込むことが出来る「ヒアルロン酸」です。

フラバンジェノールとヒアルロン酸を組み合わせると、その潤いパワーはコラーゲンの約5倍、セラミドと比較するとなんと約15倍にもなります。

ファスタナにはヒアルロン酸が配合されていますので、しっかりと潤いを実感できます。

コラーゲンペプチドとビタミンCと鉄分配合

コラーゲンペプチド配合

からだの中の軟骨細胞がコラーゲンを活発につくり出すために環境を整えたり、肌に潤いを与えるヒアルロン酸の働きを促したり、細胞の分裂を促したりするための命令を発信する役割をになっているとされるのがコラーゲンペプチドです。

コラーゲンペプチドには細胞を活性化させる働きがあると言われています。

通常、コラーゲンの分子量は30万で、体に吸収しにくい特徴があります。

一方で、コラーゲンを分解して低分子化した平均分子量が数千のコラーゲンペプチドはとくに良質で、腸管吸収に優れ、体内へ速やかに運ばれる特徴があります。

つまり、通常の分子量の大きなコラーゲンよりも吸収率が高く、その分美肌効果も高まります。

コラーゲンは、肌を内側から支えるため、肌のハリや弾力、潤い、しなやかさを保つ効果があります。

年齢とともに減少していくため、補給しておきたい成分です。

ビタミンC配合

コラーゲンを摂るときに重要な成分がビタミンCです。

ビタミンCはコラーゲンの再合成を促進する働きがあります(コラーゲン生成補助)ので、さらに肌のハリや弾力、潤い、しなやかさを保つ効果が期待できます。

また、ビタミンCには、強い抗酸化作用があるので、メラニン色素の生成を抑えて、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ働きがあります。

さらに、鉄分の吸収を良くする働きもあります。(鉄分に作用して、吸収されやすい形へと変化させます)

さらに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きもあります。

鉄分配合

コラーゲンの再合成

鉄はたんぱく質の一種であるコラーゲンの合成にかかわっています。

肌や髪、爪の質の低下はたんぱく質だけでなく、鉄不足が原因の場合が多いといわれています。

コラーゲンは体内に入るときに分解されてしまうのですが、それを再合成するときに鉄が必要です。

また、ニキビや湿疹ができやすいのも、鉄欠乏が原因している場合があります。

 

赤血球の成分となって全身に酸素を運ぶ

鉄分の働きは血液に乗って全身に酸素を運ぶことです。

鉄は赤血球の血色素「ヘモグロビン」や、筋肉の「ミオグロビン」などの構成性成分となり、体内で酸素を運搬する役割を担っています。

体力の回復を早めたい方、特に鉄分が気になる女性の方に必要な栄養素です。

鉄は赤血球を作るのに必要な栄養素です。

体内の鉄分が不足すると全身への酸素供給が不足し、体がだるい、疲れやすいと感じやすくなります。

活性酸素を除去して老化を抑制する効果、体内の免疫機能の維持などの効果があります。

コエンザイムQ10配合

コエンザイムQ10の効果

次のような効果があります。

・強い抗酸化作用があり、細胞膜が酸化するのを防ぎ、ビタミンCやビタミンEを再生させる

・老化を防ぐ

・活性酸素を除去する

・エネルギーをつくる(エネルギー代謝を促す)

・心臓や脳などの臓器を若く保つ

・基礎代謝の低下による肥満を改善する

・全身の代謝が正常に行われるように働く

・免疫力をアップさせる

 

アンチエイジング効果

コエンザイムQ10を摂取することによって細胞の再生を促進させる効果新陳代謝の機能向上、皮膚組織活性化効果が期待できます。

新陳代謝の機能が向上することは、老化の防止(アンチエイジング)に繋がり、肌や身体を若々しく保つことができます。

 

20才をピークに減少

コエンザイムQ10は美肌や健康のために体に欠かせないものです。

しかし、体内のコエンザイムQ10の濃度は、20才をピークに減少していきます。

その後も年を重ねる度にどんどん減少していきます。

そのため、外部から積極的に摂取する必要があります。

乳酸菌配合

ファスタナのおススメのポイントは、筋肉サポート成分に加え、腸内環境を改善して内側からスッキリさせてくれる乳酸菌が配合されているところです。

 

善玉菌を増やす効果

乳酸菌を摂取すると、腸にしっかりと定着して善玉菌を増やしてくれます。

善玉菌の数が減っていておなかの調子が良くないという人でも、便通改善や整腸作用などを実感しやすくなります。

腸内フローラの改善

乳酸菌は腸内フローラを良い状態に保ってくれる働きをします。

腸内フローラが整っていないと、便秘や下痢、風邪といった症状が次々と起こります。

乳酸菌を摂取すると悪玉菌が減少して、善玉菌が優位のバランスになるので、「腸内フローラが整っている状態」になります。

その結果として、腸内が刺激されて便が出やすくなります。

美肌作用

腸内で悪玉菌が増えると、悪玉菌が作り出す毒素が腸から肌に運ばれてしまうことで肌荒れが起きやすくなります。

腸内フローラが改善すると肌の調子を整える効果まで期待できます。

美容液など外側からのスキンケアを頑張っていてもなかなか肌がきれいにならないという方は、乳酸菌で体の内側から美肌ケアをするのもとても効果的な方法です。

 

乳酸菌は毎日摂り続けることが大切です

乳酸菌は腸内に留まるのがとても苦手です。

しかも腸内にある善玉菌はもともと数が少ない上に、食生活や不規則な生活習慣によって悪玉菌に負けてしまいます。

一度にたくさん乳酸菌を摂ったとしても、どんどん減少してしまうため、毎日摂り続けることが重要です。

ファスタナなら、簡単に毎日摂ることができます。

難消化性デキストリン配合

難消化性デキストリン(食物繊維)には、食事に含まれる脂肪と糖に働き、食後に上がる中性脂肪と血糖値を抑える機能があります。

脂肪や糖の多い食事を摂りがちな方、食後に上がる中性脂肪や血糖値が気になる方に適した成分です。

また、お腹の調子を整えてくれます。

難消化性デキストリンとは、とうもろこしを原料とした水溶性の食物繊維です。

とうもろこしを原料とする、水に溶けやすく、体内で消化されにくい食物繊維です。

消費者庁や米国食品医薬品局(FDA)に安全であると認められた成分です。

難消化性デキストリンには、食事に含まれる脂肪と糖に働き、食後に上がる中性脂肪と血糖値を抑える機能が報告されています。

「お腹の調子を整える食品」として特定保健用食品の許可を受けている食品に活用されている食物繊維です。

水溶性食物繊維の特徴 

水溶性食物繊維は、水に溶ける食物繊維で水分を含んでゲル状になり、腸管での余分な栄養素や有害物質を排泄する作用があります。

・ブドウ糖の吸収を穏やかにする。

・コレステロールの吸収を抑制する。

・胆汁酸を吸着して体外に排泄する(胆汁酸はコレステロールからつくられるので、コレステロールの排泄につながります)

ブドウ糖の吸収が穏やかになると、血糖値の急激な上昇が避けられ、糖尿病の予防につながります。

また、食塩のナトリウムと結びついて便と一緒に排泄されるため、血圧をさげる効果もあります。

この他にも、便の水分量を増してやわらかさを保ち、腸を刺激することによって排便をスムーズにします。

また、満腹感を得やすくして食べ過ぎを防ぐといった効果もあります。

キヌア配合

TBS「王様のブランチ」やNHK「朝イチ」など数多くのメディアで取り上げられるキヌアは、類まれな栄養バランスを誇るスーパーフードです。

美と健康を求める方々の間でいま大注目の食材です。

「キヌア」は、NASAがその栄養価を認め宇宙にも持って行ったという、「NASAも認めたスーパーフード」です。

海外セレブでは、ミランダ・カーやジェニファー・ロペス、ケイト・モス、日本では人気モデルのローラさん、長谷川潤さん、道端アンジェリカさんなどが、美容・健康のためにキヌアを愛用していると話題になっています。

ビヨンセがキヌアを食べて短期間で美ボディになったことは有名です。

美容・美肌作りをサポート

キヌアに豊富なビタミンB群は皮膚・粘膜の健康を保ち、美肌をサポートします。

さらに食物繊維が腸内環境を整え、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを改善します。

ダイエットをサポート

キヌアはグリセリンインデックス(GI値)が低い穀物です。

血糖値の急激な上昇が抑えられ、糖質が体脂肪に変わりにくくなるため、ダイエット中の方にもおすすめです。

またビタミンB群が、炭水化物・脂質・タンパク質のエネルギー代謝をサポートします。

女性ホルモンのバランスを整える

女性ホルモンに似た働きを持つフェイトエストロゲンという成分が含まれるため、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。

ホルモンバランスを整えることで、肌や髪を健康に保ち、婦人科系の体調不良の改善や骨粗鬆症の予防につながります。

 

必須アミノ酸9種すべてを含有

人の体をつくる20種類のアミノ酸のうち、体内で合成できない9種のアミノ酸を「必須アミノ酸」といいます。

キヌアは9種すべてを含みます。

ご購入はこちらがお得です!

チアシード配合

便秘解消

チアシードにはグルコマンナンという食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維には2種類あり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があるのですが、女性の便秘の主な原因の一つに水溶性食物繊維の不足が挙げられていることから、水溶性食物繊維であるグルコマンナンを摂取することによって便秘の解消につながります。

美肌・美容

チアシードには必須アミノ酸が8種類も含まれています。

アミノ酸は内蔵や筋肉を作ることで有名ですが、実は肌の潤いを保持するコラーゲンもアミノ酸からできています。

そのため、アミノ酸を多く含むチアシードを摂取することで、肌のキメやハリを整え、髪を美しく保つ働きをしてくれます。

免疫力強化

チアシードには数多くのミネラルが含まれていますが、中でも免疫力強化に効果がある亜鉛が含まれています。

満腹感が得られる

グルコマンナンは水を含むと約10倍に膨らむことから、少量を食べるだけで満腹感を得ることができます。

α–リノレン酸含有

ストレスなどの影響によって体内で増えた老化の原因となる活性酸素の働きを、抗酸化力にすぐれたα-リノレン酸が抑えてくれます。

身体の内側からアンチエイジングすることで、より高い効能が期待できます。

また、α-リノレン酸は、ホルモンバランスを整える効果があり、PMS(月経前症候群)改善にもパワーを発揮してくれます。

α-リノレン酸は肝臓で吸収された後、EPAに変換され、その後DHAに変換されます。

EPA・DHAの美肌効果

EPA・DHAには全身の血流を改善させる働きがあることから、肌のターンオーバーを整える働きがあります。

血流が改善すると、全身の新陳代謝が活発になり、不要な老廃物が早く排出されるようになります。

これは肌でも同様で、EPA・DHAを摂取することによって血流が改善されると、古くなった角質が排出されるようになって、肌のターンオーバーが整うようになります。

アマランサス配合

美容効果に優れていて、還元力の高いビタミンEが豊富です。

アマランサスは白米と比較した時に、鉄分マグネシウムが約10倍、カルシウムが32倍、亜鉛が4倍と「スーパーグレイン(驚異の穀物)」と呼ばれるほど栄養バランスの良い食材です。

マカ配合

豊富な栄養素が含まれています。

ビタミン

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン

 

ミネラル

鉄分、カリウム、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、マンガン、セレン、銅

アミノ酸

(必須アミノ酸)

バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン

(非必須アミノ酸)

アルギニン、アラニン、グリシン、セリン、チロシン、グルタミン酸、プロリン、

アスパラギン酸、システイン

 

その他の有用成分

・食物繊維

・ベンジルグルコシノレート

・植物ステロール

・アルカロイド

・ポリフェノール(アントシアニン)

・サポニン

アルギニン

アルギニンには次のような効果があります。

・免疫細胞の増殖を促進

・血管拡張、血流促進

・白血球の活性化

・皮膚の再生促進

・コラーゲンの合成促進

・成長ホルモンの分泌促進

・疲労回復

・たんぱく糖化抑制作用

 

アルギニンには、免疫機能の向上・美肌効果・成長ホルモンの合成を促進する効果・体脂肪の代謝を促進する効果があります。

免疫機能の向上

アルギニンは免疫機能の向上にもとても効果があります。

いつもより激しい運動を行ったあと、風邪をひいたような状態になったり、お腹をこわしたり、体調が悪くなった経験はありませんか?

これはよく知られていることで、普段から体を鍛えているアスリートにも起こることです。

なぜこのようになるかというと、激しい運動により、免疫力が低下するためです。

疲労と免疫力の低下が関係しているともいわれています。

アルギニンは免疫細胞を活性化させて免疫力低下を抑えることで、激しい運動にもコンディションを崩すことがなくなるので、筋トレ成分とセットで摂取するといいといわれています。

美肌効果

アルギニンには角質層を保湿する効果があります。

肌は表面から角質層、表皮層、真皮層に分かれており、肌が荒れているという時は、ほとんどの場合は角質層のアミノ酸と水分不足が原因だといわれています。

そうなると、肌のバリア機能が低下してうるおいを失い、やがてひび割れなど皮膚のトラブルが生じる可能性があります。

成長ホルモンの合成を促進する効果

アルギニンは成長ホルモンを分泌する脳下垂体を刺激し、成長ホルモンの合成を促します。

成長ホルモンには、筋肉量を増やす、骨を強化する働きや食欲を抑える作用があります。

体脂肪の代謝を促進する効果

アルギニンには、脂肪燃焼酵素であるリパーゼの働きを活性化し、体脂肪の代謝を促す効能があります。

亜鉛

亜鉛は新陳代謝に関わっていて、肌のターンオーバーを促進します。

体内で新たな細胞をつくるために必要な酵素の成分であり、200種類以上の酵素に含まれる成分です。

細胞の生まれ変わりや糖質のエネルギー化、インスリンの合成、免疫力を高めるなど、役割は多岐にわたっています。

細胞の新生を活発にさせ、骨や皮膚の発育を促す働きがあります。

体に貯蔵しておく事が出来ないため、1日の中でバランス良く摂取することが大切です。

様々な酵素を作り出すサポートしたり、タンパク質の合成、疲労回復免疫力強化にも関わる万能ミネラルです。

 

亜鉛が不足した場合

不足してしまうと、新陳代謝のサイクルが遅れるため、肌がカサつく他、脱毛、フケなどが起こります。

また、脳の機能が低下し、記憶力が悪くなることもあります。

特に味覚細胞は寿命が短く、10~12日で新たな細胞に変わるため、不足すると代謝ができず、食べ物の味がわからなくなります。

また、性ホルモンの分泌にも関係しています。

ゴジベリー配合

ゴジベリーに含まれる「ベタイン」には脂肪の蓄積を防ぐ働きがあります。

また、糖質の代謝を促進する「ビタミンB1」、脂肪の燃焼を促進する「ビタミンB2」も多く含まれています。

さらに、ゴジベリーに含まれる「食物繊維」には、腸内環境を整え便秘を改善してくれる働きや満腹感を高める効果があるため、ダイエットに効果的です。

また、ゴジベリーはビタミン類が豊富です。

肌の細胞の活性化に欠かすことのできない「ビタミンC」は、オレンジの約500倍も含まれていると言われ、細胞の修復や再生する効果がある「ビタミンB群」も豊富です。

また「ルチン」「タンニン」といったポリフェノール類、「β-カロテン」「リコピン」「ルテイン」「ゼアキサンチン」などのカロテノイド類など、強い抗酸化作用を持つ成分が豊富に含まれているため、アンチエイジングにも有効です。

さらに、ゴジベリーは美白効果も期待できます。

ゴジベリーに含まれる「ビタミンC」や「タンニン」は、シミの原因となるメラニン色素の増殖を抑え、コラーゲンの生成をサポートしてくれる効果があり、美白効果が期待できます。

モリンガ配合

モリンガの効果

モリンガには、次のような効果があるといわれています。

実に300種以上の薬効があるとされており、次の効果はほんの一部にすぎません。

・美肌効果

・アンチエイジング効果

・ダイエット効果

・貧血を改善

・免疫アップ

・便秘解消

・不眠を改善する

・元気をつける

・精神面への作用

・抗菌作用

・抗がん作用

・関節痛、リウマチ

植物の中で一番栄養価が高い!

モリンガは植物の中で一番栄養価が高く、栄養素が90種類以上含まれていることで、「奇跡の木」と呼ばれています。

多くの栄養素を一度に摂取できるので、食生活の乱れがちな毎日を忙しく頑張る全ての女性におすすめのスーパーフードです。

強力な浄化作用で内側からきれいに!

モリンガには不純物を吸収して除去、また90~99%のバクテリアを除去するという実験結果が報告されています。

コレラ、大腸菌、悪玉菌へも強い抗菌作用が働くことが分かっています。

モリンガのこの抗菌作用が体の中からきれいにするのを助けてくれます。

国連の世界食糧計画(WFP)にも採択!

世界保健機関(WHO)は、モリンガを「緑のミルク」として、慢性的な栄養不足に悩む発展途上国でのモリンガの植樹を推奨しています。

欧米諸国ではいち早くモリンガに着目した科学者や専門家の研究結果から、サプリメント、化粧品類などの主力原料として定番化していて、多くの特許が出願されています。

約90種類以上の栄養素を高バランスで含有!

葉は栄養価が高く、栄養素が90種類以上と非常に豊富で含有量も多いのが特徴です。

モリンガには美容効果や健康維持を期待できる栄養素が偏りなく豊富に含まれています。

ビタミンA

ビタミンB1

ビタミンB2

ビタミンC

β-カロテン

カルシウム

カリウム

マグネシウム

鉄分

亜鉛

葉酸

食物繊維

GABA

ポリフェノール

18種類のアミノ酸

γ-アミノ酪酸 ギャバ(GABA)

アミノ酸の一種です。

ストレス社会で頑張る女性の健康に役立つ注目成分です。

GABAは、脳内に多く存在する抑制性神経伝達物質で、脳の酸素供給量を増やして脳細胞を活性化する働きがあり、精神安定作用、不眠、イライラなどの改善に効果があるといわれ、リラックス作用が得られます。

血圧を正常にし、中性脂肪を抑制する働きもあります。

その他、脳の血流量や酸素供給量を増やし、脳の代謝・機能を活性化する働きがあります。

ヘンプ配合

必須アミノ酸9種類を全て含み、良質なタンパク質が豊富に含まれています。

また、ミネラルは食物の中でもトップクラスの含有量で、不足がちな栄養素をバランスよく補います。

美肌を作る上で必要不可欠なのがコラーゲンです。

ヘンプにはコラーゲンを作るのに欠かせないタンパク質が含まれています。

この他にも美肌効果のあるビタミンAビタミンCが豊富に含まれています。

また、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が理想的なバランスで含まれているのではアンチエイジングにも効果的です。

さらに、活性酸素や過酸化脂質といった老化促進物質の生成を防ぐビタミンEも含まれています。

 

カカオ配合

カカオのポリフェノールが脂肪燃焼をサポートします。

さらに、めぐりアップ成分のテオブロミン冷え性改善むくみ改善に効果があります。

よりスリムな体型を目指しやすくしてくれます。

 

アサイー配合

・アントシアニンはブルーベリーの約5倍

・食物繊維はごぼうの約3倍

・カリウムはバナナの約2.8倍

・カルシウムは牛乳の約2倍

・ビタミンCはレモンの約3倍

・リンはバナナの約4倍

・鉄分はレバーの約5倍

・ポリフェノールは赤ワインの約30倍

アントシアニン(ポリフェノール)

ポリフェノールの中でも、特に最近注目されている成分がアントシアニンです。

アントシアニンは末梢血管を拡張して血流を改善、めぐりを改善する効能があります。

また、抗酸化作用が強いため、活性酸素の抑制を行い細胞の損傷を避けることができますので、美肌にも効果があります。

活性酸素は老化を促進し、お肌のハリやツヤを奪っていきます。

ポリフェノールはそんな活性酸素を除去することで、老化を防止してくれます。

目に良い成分アントシアニンが豊富なので次のような方にもおススメです。

・スマホやパソコンなどをよく使われる方

・新聞などの文字が読みづらい方

・夕方の運転や長時間運転がキツイとお悩みの方

・細かい作業をすることが多い方

・目の老化を少しでも緩やかにしたい方

・輝く美しい瞳をキープしたい方

腸内環境を整える効果、便秘改善

アサイーには食物繊維も多く含まれています。

食物繊維は、腸の働きを刺激して、腸内環境を整える効果があります。

そのため、便秘の予防や改善にも効果的です。

また、コレステロール値を抑える効能、血糖値の急激な上昇を抑える効果、満腹感が得られるなどの働きがあります。

高血圧の予防やむくみを解消する効果

アサイーにはバナナの約2.8倍ものカリウムが含まれています。

カリウムは余分な水分を排出し、バランスを保ちます。

ナトリウム(塩分)の排泄を促す効能があり、高血圧の予防やむくみの解消に効果的です。

ビタミンCや鉄分が豊富

コラーゲンの再合成を促進する働きがあります。

 

ケール配合

ケールは野菜の王様と呼ばれるほど栄養価が高いのが特徴です。

特にカルシウムやβ-カロテン、抗酸化作用のあるルテイン、さらにビタミン・ミネラルも一般的な緑黄色野菜と比べてトップクラスの配合量で、様々な栄養をしっかり摂取できるのが特徴です。

また、抗酸化作用により体内の酸化を抑えることにより、アンチエイジング効果があります。

ケール次のものを含んでいます。

・β-カロテン

・ルテイン

・食物繊維

・カルシウム

・メラトニン

・ビタミンE

・ビタミンK

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ナイアシン

・ビタミンB6

・葉酸

・パントテン酸

・ビタミンC

・カリウム

・カルシウム

・マグネシウム

・鉄分

β-カロテン

β-カロテンは目に必要な成分です。

目の健康だけでなく、皮膚や粘膜を正常に保つ働きもあり、β-カロテンが不足すると皮膚や爪がボロボロになってしまいます。

β-カロテンは体内でビタミンAとして働き、皮膚や粘膜を丈夫にして免疫力を高めます。

また、体内で発生する活性酸素を抑制し、お肌や若々しい体作りをサポートしてくれます。

ルテイン

日々消費される成分なので、積極的な補給が必要です。

 

ルテインの効能で注目されているのが目の保護です。

目は、人間が持っている臓器の中で唯一露出をしている部分であるため、まぶたが閉じているとき以外は常に光にさらされることになります。

ルテインは目の水晶体や黄斑部に多く見られるので「天然のサングラス」といわれていて、パソコンや携帯電話、テレビなどが放出しているブルーライト、日光から出されている紫外線から目を守っています。

また、白内障や黄斑変性症などの加齢で発症するとされる目の病気についても、進行を抑制するといった効果を持った成分です。

ルテインが多く存在しているのは目であり、紫外線やブルーライトの害から目を保護しています。

その役割をするルテインが不足した状態になれば、目に悪影響を及ぼす可能性が高くなり、目の異常を引き起こしやすくなります。

特に、年齢を重ねるとルテインが減少することが分かっており、白内障などの目の病気を発症する危険性が高まる可能性があります。

ぼやけやかすみの解消・コントラスト感度の改善

ルテインのはたらきによって、色がぼやけずみえるよう、コントラスト感度を改善し、目のぼやけやかすみを解消します。

良く見えるには、「視力」以外にも大切な要素があり、その一つがコントラスト感度=色の濃淡を認識する力です。

乱反射したブルーライトをルテインが吸収することによって、ぼやけて見えるのを改善します。

光がつらい人は積極的に摂りたい「ルテイン」

ものを見ることに関して重要な目の黄斑部の色素量を維持したり、光の刺激から保護するための大切な役割があります。

ルテインは年齢とともに減少

大事な役目を担っているルテインは、年齢や喫煙など、様々な要因で減少すると言われているため、積極的に補う必要があります。

ルテインは体内で生成できない

ルテインは体内で生成できないため、外部から摂取する必要があります。

メラトニン

ケールにはメラトニンといわれる成分が豊富に含まれています。

メラトニンは睡眠にとって必要な成分です。

メラトニンは、体内時計を正常に保ち、寝つきをよくすると共に睡眠の質を改善する働きがあるといわれています。

ケールに含まれるメラトニンは夜間に多く分泌され、眠気を誘い睡眠を促す働きがあります。

この働きにより体のリズムが整い、不眠対策に役立つといわれています。

 

ビタミンK

止血作用

ビタミンKの主要な作用は、血液凝固に関与するものです。

出血が起こると、血液中に含まれるフィブリノーゲンという物質が変化し、血液をゼラチン状にして固めます。

このとき、フィブリノーゲンが変化するのに必要な酵素をつくるために、ビタミンKが使われています。

そのため「止血のビタミン」とも言われています。

 

カルシウム沈着作用

また、ビタミンKは丈夫な骨づくりに不可欠で、骨に存在するオステオカルシンというたんぱく質を活性化し、カルシウムを骨に沈着させて骨の形成を促す作用があります。

ビタミンKは骨からカルシウムが排出されるのを防ぎ、骨を丈夫に保つ働きがあります。

骨の再石灰化にも関与していて、不足すると骨にカルシウムが沈着せず、もろくなります。

このことから、ビタミンKは骨粗しょう症予防に有効な栄養素の一つとして、治療薬としても使用されています。

バオバブ配合

ポリフェノールとビタミンCが豊富で、美肌効果が期待できます。

また、消化酵素が多く、食物繊維も豊富なため、溜め込みがちな女性のカラダをサポートしてくれます。

 

赤ワインポリフェノール配合

赤ワインに豊富に含まれるポリフェノールには血管の柔軟性を高め血液の循環を良くしてくれます。

ミネラルも含み、体内の水分を調節してくれます。

クエン酸配合

クエン酸回路

人間の体内では、常にエネルギーがつくり出されています。

糖質や脂質、たんぱく質をエネルギーに変える過程を「TCA回路」と呼びますが、これは「クエン酸回路」とも呼ばれています。

この回路では、これらの三大栄養素(糖質や脂質、たんぱく質)が酵素の働きで「アセチルCoA」という物質になります。

さらに酵素の力を借りて、「クエン酸」になり、やがて燃焼されてエネルギーとなります。

クエン酸回路が回れば回るほど、エネルギーがつくり出されます。

三大栄養素(糖質や脂質、たんぱく質)は酸素が供給される肝臓などで、クエン酸回路によってエネルギーと水と二酸化炭素に分解されます。

酸素が十分に供給されない筋肉では、「乳酸」という疲労物質が溜まることがあります。

このとき、クエン酸を摂ると糖質の代謝が促され、筋肉に溜まった乳酸の分解を助け、疲労回復につながります。

疲れやすい人や、筋肉痛がある人、肩こりがひどい人、なんとなくだるい人はクエン酸を摂ることで症状が改善されます。

運動時などに生成される疲労物質の乳酸を分解して、疲労回復を早める働きがあります。

 

キレート作用

クエン酸は身体に吸収されにくいカルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛などの脂溶性のミネラルを水溶性に変え、吸収を良くします。これをキレート作用といいます。

 

血流改善効果

クエン酸には血流を改善する働きもあります。

血液中のカルシウムとくっつくことで血小板や白血球の動きを適度に抑え、血液をサラサラにする効果が期待されています。

その他の効果

クエン酸は肩こり・腰痛の予防や、抗菌・抗ウイルスにも高い効果があります。

ビール酵母配合

天然のマルチサプリメント

現在、把握されている酵母のなかでもっとも栄養価が高く、有効な働きをするのがビール酵母です。

ビタミン類が豊富でビタミンB群、コリン、葉酸など10数種が含まれ、酵素やミネラルも豊富に含まれています。

ビールを発酵するときにできる酵母で天然のマルチサプリメントといえます。

効用は幅広く胃腸疾患、便秘、皮膚病、糖尿病、肝臓病、結核などを改善する働きがあります。

コリン

コリンは、血管を拡張させて血圧を上げるアセチルコリンの材料となるビタミン様物質で、高血圧を予防します。

コレステロールが血管壁に沈着するのを防ぐレシチンの構成要素でもあるため、高脂血症や動脈硬化も防ぐ効果があります。

また、肝臓に中性脂肪がたまらないように働きかけて、脂肪肝を予防します。

ビタミンA配合

ビタミンAは肌の修正や再生に必要な成分であることから、美肌効果が期待できると言われています。

ビタミンAの主要な成分であるレチノールには、目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強めたりする働きがあります。

ビタミンAが不足すると、夜盲症(暗いところで物が見えづらくなること)になると言われています。

これは、網膜にあるロドプシンという明暗を感じる物質(視覚色素)が、ビタミンAから作られるためです。

また、ビタミンAは体内で発生する活性酸素から、からだを守る働きがあり、若さと健康を保つことができます。

ビタミンAが十分でない場合には、ビタミンB、ビタミンE、ビタミンD、カルシウム、リン、亜鉛はその効果が発揮されません。

栄養素の潤滑油としても、ビタミンAを摂取することは重要です。

ビタミンB1配合

次のような効能があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き

・糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする働き

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働き(糖質の代謝を促進)があります。

体内で糖質をエネルギーに変えるとき、酵素の働きが必要になります。

この酵素がしっかりと機能するには補酵素が不可欠で、ビタミンB1は補酵素の働きを果たしています。

糖質代謝を促す酵素はアミノ酸だけからなる純タンパク質(アポ酵素)で、この酵素の働きを助ける補酵素がなければ、糖質をエネルギーに変えることはできません。

ビタミンB1が不足すると、糖質がきちんと代謝できず、体内に乳酸などの疲労物質が蓄積され、疲れやすくなったり、筋肉痛を起こしやすくなったりします。

ビタミンB1が不足した場合

ビタミンB1が不足すると、イライラなどの症状や集中力の低下、さらに食欲不振、全身の倦怠感、手足のむくみやしびれ、動悸、息切れ、筋肉痛、脚気などがあらわれます。

また、脳には、血管収縮作用によって脳を活性化させるセロトニンという物質がありますが、ビタミンB1が欠乏することで、セロトニン代謝が正常に行われず、脳の機能がうまく作動せず、気力減退や慢性的な眠気を引き起こします。

ビタミンB6配合

次のような効果があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける

・たんぱく質の代謝を助ける

たんぱく質の材料となるアミノ酸を合成したり、分解したりする酵素を助ける補酵素として働きます。

・神経伝達物質の生成を助け精神状態を安定させる

神経細胞間で情報を伝達するアドレナリン・ドーパミン・セロトニン・GABAなどの神経伝達物質の生成に関わっています。

不足すると、神経の働きをよくするアミノ酸の代謝が停滞して、不眠症やうつ状態になることもあります。

・赤血球を生成する(貧血予防効果)

・免疫系を正常にして、アレルギー症状を抑える(ぜんそくや花粉症、慢性鼻炎)

・体外から侵入した病原体を攻撃して無力化させる免疫物質の「免疫グロブリン」を作るのに欠かせない成分です。

・脂質の代謝をサポートして、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぐ

・月経前にイライラしたり、うつ状態になったり、頭痛に悩まされるといったPMS(月経前症候群)や「つわり」を軽減する。

ビタミンB6は、卵胞ホルモンの代謝に働きかけ、ホルモンのバランスを整えます。

このためホルモンのアンバランスから体調が崩れるPMS(月経前症候群)を改善する効果があります。

また、妊婦さんのつわりにも効果的です。

つわりの原因であるトリプトファンというアミノ酸の代謝不調を正常に整えてくれます。

ビタミンB6は赤ちゃんの脳神経系の発達にも関わるので、妊娠中はしっかりと摂ることが重要です。

・ビタミンB6が不足すると、口内炎や口角炎、肌荒れ、湿疹、手足のしびれ、こむら返りなど、さまざまな症状が起きることがわかっています。

・ビタミンB6を葉酸やビタミンB12とともに摂取することで、動脈硬化の原因物質ホモシステインの増加が抑えられます。

・ビタミンB群の中でも、ビタミンB2、B6、ナイアシンはお互いに不可欠な存在です。

ビタミンB6は、ビタミンB2がなければ働くことができず、ナイアシンはビタミンB6なしでは役割を果たすことができません。

ビタミンB6が活性型に変わると時にはビタミンB2が必要です。

また、アミノ酸のひとつ、トリプトファンからナイアシンが合成されるときには、ビタミンB6が必要です。

ビタミンB12配合

ビタミンB12は葉酸と一緒になって赤血球のヘモグロビンの合成を助けています。

不足すると造血がうまくいかず、赤血球の数が減ったり、異常に大きい赤血球ができたりと、生成がうまくいかなくなります。

そうすると全身に酸素が行きわたらなくなり、だるさや動悸・息切れなどが起こってしまいます。

これを「悪性貧血」と呼んでいます。

ビタミンD配合

ビタミンDの働きは、カルシウムの吸収をサポートし、骨の形成、維持をうながすことです。

摂取されたビタミンDは、肝臓と腎臓を経て、活性型ビタミンDに変換されます。

活性型ビタミンDは、腸でのカルシウムの吸収を高め、血中のカルシウム濃度を高めます。

これにより、カルシウムが骨や歯に沈着し、成長促進や骨密度アップの働きをします。

人間の体にあるカルシウムのうち、99%は骨にあり、残りの1%は血液や筋肉に含まれます。

血液中のカルシウムは、筋肉の収縮などに役立てられます。

ビタミンDは、この血中カルシウム濃度をコントロールする役割も担っていて、カルシウムの摂取量が少ないと骨にあるカルシウムを血液に放出し、十分にある場合には、骨に蓄えます。

ビタミンE配合

酸化ケア力が強く、体内の活性酸素をケアし、悪玉コレステロール対策に役立ちます。

体の中から若々しさを保つ大切な成分です。

抗酸化作用は美肌をキープするためには必須なもので活性酸素を減らしてくれる作用があります。

また、ビタミンEはビタミンCの吸収率を高める効果があります。

冷え性改善・美肌効果

ビタミンEは、末梢神経や毛細血管を広げて血行を促進し、自律神経を整えます。

血流が良くなるので、冷え性や肩こり、腰痛などが改善されます。

全身の血行がよくなることで新陳代謝が活発になり、肌のハリが出てきます。

さらに、ビタミンEは紫外線に対する抵抗力を上げる特性もあるので、シミやそばかすにも効果的です。

貧血予防

赤血球の細胞膜を強化することから貧血予防に効果的です。

血行を良くする効果

善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らして、血行を良くします。

血行が良くなると、血管も強化されます。

また、血管壁に沈着しやすい中性脂肪を減らす働きがあるので、動脈硬化の予防にもなり、血圧が下がります。

抗酸化作用によって、過酸化脂質の生成を抑え、生体膜を活性酸素から守り老化を防ぐ

毒性が強い過酸化脂質は、不飽和脂肪酸と酸素が結合してできる物質で、細胞内にできやすく、強い毒性があります。

そして、細胞膜を破壊して細胞の働きを衰えさせ、栄養分の補給や老廃物の排出などの機能を麻痺させます。

これが老化現象です。

抗酸化作用のあるビタミンEを摂取することで、過酸化脂質の生成を抑え、細胞が急激に老化するのを防いでくれます。

黄体ホルモンや性ホルモンのバランスを整える

ビタミンEは女性ホルモンの代謝にも関与しています。

脳下垂体に働きかけてホルモンの分泌を促進させ、月経前のイライラや生理痛、生理不順などを改善します。

ビタミンEは女性の不妊治療や更年期障害の治療に使用されることもあります。

ビタミンEは黄体ホルモンや性ホルモンなどのホルモンの生成に関与しています。

更年期障害は、黄体ホルモンの分泌状態が変化することにより、月経異常や身体的、肉体的に不安定な状態が起こるものですが、ビタミンEによって黄体ホルモンが生成されることで、その症状は軽減されます。

同様に性ホルモンのバランスが重要な生殖機能を正常に保つ働きもあります。

ナイアシン配合

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。

・ナイアシンは、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に働き、細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助します。

・血行を改善して、脳神経の働きを良くする、コレステロールや中性脂肪を分解するなどの働きがあります。

・喘息患者の喘鳴(呼吸のたびに出るゼイゼイ音)を起こりにくくする効果があります。

ナイアシンが不足すると肌細胞の生まれ変わりがうまく行われなくなり、肌荒れになることがあります。

細胞のエネルギーが不足することで、倦怠感を感じることもあります。

また、不足するとペラグラという症状が起きます。

日光を浴びやすい顔や手足を中心に炎症が起き、下痢などの胃腸障害を発症します。悪化すると、頭痛やうつなどの精神症状を生じます。

パントテン酸配合

皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。

パントテン酸は食べ物から摂った炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質、いわゆる三大栄養素の代謝に関わっています。

パントテン酸はビタミンB1と一緒に糖質を分解する働きをするほか、ビタミンB2とともに脂質の代謝を助けます。

パントテン酸は副腎皮質ホルモンの産出を促す働きがあります。

副腎皮質ホルモンはストレスに対抗するため、血糖値を上げて、エネルギーを向上させる作用があります。

また、パントテン酸は善玉コレステロールを増やす働きがあります。

葉酸配合

葉酸は丈夫な血管やきれいな血液づくりを支えます。

葉酸はビタミンB12とともに、補酵素として、赤血球をつくりだす働きがあります。

赤血球は4ヶ月で死滅しますが、新しい赤血球をつくるのに葉酸が足りないと、正常な赤血球ができず、悪性貧血になります。

悪性貧血とは鉄分不足の貧血と違い、立ちくらみやめまいなどの症状のほかに、胃腸障害や頭痛、倦怠感などを引き起こし、症状が進行すると、神経障害や知覚障害などを引き起こすことがあります。

また、葉酸はアンチエイジングをサポートします。

代謝に関与していて、たんぱく質の生合成を促進します。

たんぱく質は全ての体内組織の原料となるので、新しくて良質のたんぱく質が増えればみずみずしい肌を保てます。

くすみやしわを抑え、美肌をもたらしてくれます。

葉酸は、体内で活性酸素を生み出す物質であるホモシステインと結びつき、活性酸素の増加をストップし、血液の流れをスムーズにします。

血液の流れがスムーズになると「むくみ」や「冷え性」なども改善されます。

葉酸は赤血球をつくりだす働きがあり貧血予防に効果があるため、PMS (月経前症候群)にも効果的です。

また、子宮環境を良好に保つために欠かせない栄養素です。

受精卵の細胞分裂を助ける、子宮内膜の環境を良くし着床を促進する、流産リスクを低減する、胎児の神経管閉塞障害の発症リスクを低減する等の働きがあります。

葉酸はたんぱく質や細胞の新生に必要な核酸(DNA、RNA)をつくるのに重要な役割を果たしています。

核酸は細胞の核にあたり、遺伝情報を保有していて、遺伝情報にそってからだをつくるよう指令をだす生命の根幹です。

胎児が発育する妊娠中や、乳児を育てる授乳中には、必要不可欠です。

特に、妊娠初期に葉酸を適切に摂取することで、胎児の神経管欠損という先天異常のリスクが軽減されます。

カルシウム配合

NMF(天然保湿因子)の構成成分です。

また、カルシウムで新陳代謝が促進されます。

新しい皮膚細胞が成熟し、表皮の角質に成長するときにカルシウムが必要とされます。

カルシウムが充実していると、新しいお肌への生まれ変わりが活発になり、若々しく滑らかな表皮を保つことが出来ます。

骨や歯の材料

カルシウムは骨や歯の材料となります。

体内にあるカルシウムのうち99%は骨や歯にある「貯蔵カルシウム」で、1%は血液や筋肉、神経系に含まれる「機能カルシウム」です。

貯蔵カルシウムと機能カルシウムは相互関係があります。

機能カルシウムは血液中に溶け込んで血液凝固や精神安定の働きをしたり、筋肉の働きをサポートします。

機能カルシウムが不足すると、骨にある貯蔵カルシウムが放出されて、血中カルシウム濃度が一定に保たれます。

カルシウムの不足が続くと、骨にあるカルシウムが減少し、骨密度が低下し、骨折や骨軟化症、骨粗しょう症を起こしやすくなります。

成長期であれば、歯の質が悪くなったり、あごの発達が遅れます。

また、閉経前後の女性は骨代謝をうながすエストロゲンが減少するため、骨が弱くなります。

血中のカルシウム調節がうまくいかず、胃から多く溶け出してしまうようになり、骨に含まれるカルシウム量が減ってしまいます。

このほか、カルシウム不足はイライラの原因になったり、肩こりや腰痛を起こしやすくなります。

また、血行と血液の状態にも影響を及ぼし、高血圧や動脈硬化の原因にもなります。

この他にも、カルシウムは神経伝達物質をコントロールしたり、筋肉を収縮させたり、血液の凝固を促したり、ホルモンや唾液、胃液などの分泌に関わっています。

マグネシウム配合

NMF(天然保湿因子)の構成成分です。

敏感肌な人ほど、体内のマグネシウムが不足している場合があります。

それは、マグネシウムが少ないと細胞がうまく分裂できず、皮膚のバリア機能も構築しにくくなるためです。

マグネシウムは細胞が分裂したり、また細胞が分化して角質層になるためにも必要なミネラルです。

また、敏感肌や乾燥肌の人は、皮膚がかゆくなって掻いてしまうことが多いです。

そして、掻けば掻くほどかゆみはひどくなります。

これは、ヒスタミンというかゆみを引き起こす神経伝達物質の放出が止まらなくなるからです。

このヒスタミンの放出を抑えるのにも、マグネシウムは関与しています。

定期コース(自動お届けコース)がおすすめです

【定期コース】

1袋140g(約20日分)

通常価格7800円(税抜)が4980円(税抜、送料無料)とお得に申し込むことができます。

実際に長く続けている方ほど、商品の良さを実感していますが、初めて購入する方は自分にあうか心配だと思います。

この自動お届けコースは、継続回数の縛りはなく、1回でも休止・停止可能です。

しかも20日間の全額返金保証付きなので、初めての方でも安心して試すことができます。

【通常購入】

1回きりの単品での購入もできますが、通常価格の7800円(税抜)送料640円がかかってしまいますので、定期コースの方が価格的にお得です。

※通常購入には全額返金保証は付いていません。

ご購入を検討される方は

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

お得に申し込むことができます。

(公式ページ)

 

読んでいただきありがとうございました。

コメント