美めぐり習慣 貧血女子のマストアイテム!鉄・葉酸・ビタミンB12

貧血改善
  1. 「美めぐり習慣」鉄欠乏性貧血と悪性貧血を改善!安心な自然の恵みを使用!
    1. 貧血の種類(鉄欠乏性貧血と悪性貧血)
      1. 【鉄欠乏性貧血に必要な栄養素】
      2. 【悪性貧血に必要な栄養素】
  2. 「美めぐり習慣」の特徴
    1. 特徴1 鉄欠乏貧血に効果的な栄養素が豊富
    2. 特徴2 悪性貧血に効果的な栄養素が豊富
    3. 特徴3 血流を巡らせることで貧血改善効果がさらにアップ
      1. アントシアニン(ポリフェノール)
      2. オーガニック生姜
    4. 特徴4 嬉しい3つのゼロ(自然の恵みを最大限に使用)
    5. 特徴5 飲みやすい小さな粒に鉄分10mg配合
  3. 「美めぐり習慣」のご購入方法
    1. 【定期コース】【内容量:1袋(150粒入)約1ヶ月分】
    2. 【通常購入】(まずはお試ししたい方)【内容量:1袋(150粒入)約1ヶ月分】
    3. ご購入を検討される方は
  4. 美めぐり習慣について(詳細情報)
    1. 鉄分不足
      1. 偏った食生活
      2. 月経による出血
      3. 妊娠・出産
    2. 鉄分の効能
      1. コラーゲンの再合成
      2. 赤血球の成分となって全身に酸素を運ぶ
    3. 鉄の種類
      1. ヘム鉄と非ヘム鉄
    4. 機能鉄と貯蔵鉄
    5. 鉄の吸収促進と阻害
      1. 鉄分は摂取しても吸収しにくい栄養素
      2. 鉄の吸収を促進するもの
        1. ビタミンC
        2. クエン酸
        3. 動物性たんぱく質
      3. 鉄の吸収を阻害するもの
        1. タンニン、フィチン酸
        2. 食物繊維
    6. 鉄の過剰症
  5. 「美めぐり習慣で貧血対策」
    1. 鉄欠乏性貧血対策(美めぐり習慣)
      1. ビタミンC
      2. 動物性たんぱく質
      3. クロロフィル
    2. 悪性貧血対策(美めぐり習慣)
      1. ビタミンB12
      2. 葉酸
      3. ビタミンB6
      4. ビタミンB2
      5. ビタミンE
      6. ビタミンA
    3. 血流アップ成分(美めぐり習慣)
      1. アントシアニン(ポリフェノール)
      2. オーガニック生姜
        1. ショウガオール
        2. ジンゲロン
    4. 「美めぐり習慣」は安心な自然の恵みを使用
      1. 豚肝臓分解エキス配合
      2. アセロラ配合
      3. モロヘイヤ配合
      4. スピルリナ配合
        1. 必須アミノ酸9種を含む アミノ酸18種
        2. 体の調子を整える ビタミン13種
        3. カラダをつくる ミネラル15種
        4. 体を動かすエネルギー源 脂肪酸9種
        5. スピルリナ特有成分など 15種
        6. 世界のトップモデルやセレブも美容のために愛用するスーパーフードの「スピルリナ」
        7. 国連機関「IIMSAM」や「NASA」も注目
  6. まとめ

「美めぐり習慣」鉄欠乏性貧血と悪性貧血を改善!安心な自然の恵みを使用!

貧血には体内の鉄分が不足することから起こる「鉄欠乏性貧血」と赤血球そのものが欠乏することによる「悪性貧血」があります。

「美めぐり習慣」には、「鉄欠乏性貧血」に必要な鉄分(ヘム鉄)、ビタミンC、動物性たんぱく質、銅、クロロフィル、「悪性貧血」に必要なビタミンB12、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンAを豊富に含んでいます。

 

貧血の種類(鉄欠乏性貧血と悪性貧血)

貧血には体内の鉄分が不足することから起こる「鉄欠乏性貧血」と赤血球そのものが欠乏することによる「悪性貧血」があります。

「鉄分のサプリメントを飲んでいるけど、貧血がよくならない」といった方は、ビタミンB12葉酸が不足していることで、悪性貧血を引き起こしている可能性が高いことがわかっています。

鉄分不足による貧血とは違い、赤血球そのものが不足すると、悪性貧血を引き起こします。

赤血球は4ヶ月で死滅しますが、新しい赤血球をつくるのに必要なビタミンB12や葉酸が足りないと、正常な赤血球ができず、悪性貧血になります。

また、ビタミンB6も赤血球を生成するために必要となります。

悪性貧血とは鉄分不足の貧血と違い、立ちくらみやめまいなどの症状のほかに、胃腸障害や頭痛、倦怠感などを引き起こし、症状が進行すると、神経障害や知覚障害などを引き起こすことがあります。

【鉄欠乏性貧血に必要な栄養素】

・鉄分(ヘム鉄)

・ビタミンC

・動物性たんぱく質

・銅

・クロロフィル

 

【悪性貧血に必要な栄養素】

・ビタミンB12

・葉酸

・ビタミンB6

・ビタミンB2

・ビタミンE

・ビタミンA

 

美めぐり習慣の詳細ページはこちらです。

 

「美めぐり習慣」の特徴

 

特徴1 鉄欠乏貧血に効果的な栄養素が豊富

鉄分(ヘム鉄)、ビタミンC、動物性たんぱく質、銅、クロロフィルが豊富に配合されています。

 

特徴2 悪性貧血に効果的な栄養素が豊富

ビタミンB12、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンAが豊富に配合されています。

 

特徴3 血流を巡らせることで貧血改善効果がさらにアップ

アントシアニン(ポリフェノール)とオーガニック生姜が配合されています。

 

アントシアニン(ポリフェノール)

ポリフェノールの中でも、特に最近注目されている成分がアントシアニンです。

アントシアニンは末梢血管を拡張して血流を改善、めぐりを改善する効果があります。

 

オーガニック生姜

体が冷えていると血流が滞り、せっかくの栄養素がうまく届きません。

そこで、美めぐり習慣では、オーガニック生姜を配合していて、ショウガオールジンゲロンの働きで、血行が促進され、「美めぐり習慣」に一緒に配合されている成分をよりいっそう体の隅々まで届ける効果が期待できます。

 

特徴4 嬉しい3つのゼロ(自然の恵みを最大限に使用)

体に有害なものは配合していません。

・保存料ゼロ

・着色料ゼロ

・香料ゼロ

 

豚肝臓分解エキス、アセロラ、モロヘイヤ、スピルリナといった自然の恵み最大限に使用しています。

鉄欠乏性貧血対策に必要な鉄分と鉄分の吸収率向上成分、悪性貧血改善をサポートする栄養素が「美めぐり習慣」だけで摂れます。

 

特徴5 飲みやすい小さな粒に鉄分10mg配合

美めぐり習慣 は小さな粒から1日に必要な鉄分を摂取できます。

1日5粒で10mgの鉄分を摂取できます。

粒が小さくて飲みやすいと評判です。

 

「美めぐり習慣」のご購入方法

 

【定期コース】【内容量:1袋(150粒入)約1ヶ月分】

通常価格4298円(税込)が初回は66%OFFの1480円(税込、送料無料)とお得に申し込むことができます。

この定期コースは継続回数の縛りはなく、次回お届けの10日前までに連絡することで休止・解約が可能です。

 

15日間返金保証付き

お届けから15日以内であれば初めての方に限り返品を受け付けてもらえます。

 

【2回目以降も継続して続ける方は?】

自分にあっていると感じて継続する方は、2回目からも25%OFFの6437円(税込、送料無料)【2袋で約2ヶ月分】とお得に購入することができます。

※2回目からは2ヵ月毎の2袋お届けとなっています。1袋あたりの価格は3219円です。

※定期コースでは、2回目以降の個数については、1袋だけの申し込みも可能です。その場合は別途送料(+216円)がかかります。

 

【通常購入】(まずはお試ししたい方)【内容量:1袋(150粒入)約1ヶ月分】

4515円(税込、送料込)【送料:216円】となっています。

 

ご購入を検討される方は

 

下のページからご覧になれます。

 

美めぐり習慣の詳細ページはこちらです。

 

 

美めぐり習慣について(詳細情報)

 

鉄分不足

実は、鉄分は体内でつくられないもの

毎日の尿や汗などから、鉄分は失われています。

特に女性の場合は、月経による出血、妊娠・母乳育児によって赤ちゃんに鉄分をとられることによって、より多くの鉄分が失われています。

 

女性は、日々の生活の中で鉄分を失っています。

 

偏った食生活

生野菜や果物だけなど、特定の食べ物だけを食べるような極端なダイエットや、ファストフードやレトルト食ばかりの生活を続けると、鉄分や、鉄分の吸収をアップさせる様々な栄養素が足りなくなってしまいます。

タンニンや食物繊維は、鉄の吸収を妨げるので注意が必要です。

タンニンを含むコーヒーや紅茶、緑茶などは、食事中や食後に飲むと余計に鉄分の吸収が悪くなってしまいます。

さらにダイエットのためにサプリメントなどで食物繊維を大量に摂取するのも避けた方が良いです。

 

月経による出血

女性は月経がある分、男性よりも鉄分不足になりやすいです。

特に月経過多の方は早めに対処することが必要です。

 

妊娠・出産

妊娠すると、胎児に鉄分をとられることもあって、鉄分不足を起こしやすくなります。

出産後も、赤ちゃんを母乳で育てている人は、母乳からも鉄分が出ていくため不足がちになります。

 

鉄分の効能

コラーゲンの再合成

鉄はたんぱく質の一種であるコラーゲンの合成にかかわっています。

肌や髪、爪の質の低下はたんぱく質だけでなく、鉄不足が原因の場合が多いといわれています。

コラーゲンは体内に入るときに分解されてしまうのですが、それを再合成するときに鉄が必要です。

また、ニキビや湿疹ができやすいのも、鉄欠乏が原因している場合があります。

 

赤血球の成分となって全身に酸素を運ぶ

鉄分の働きは血液に乗って全身に酸素を運ぶことです。

鉄は赤血球の血色素「ヘモグロビン」や、筋肉の「ミオグロビン」などの構成性成分となり、体内で酸素を運搬する役割を担っています。

体力の回復を早めたい方、特に鉄分が気になる女性の方に必要な栄養素です。

鉄は赤血球を作るのに必要な栄養素です。

体内の鉄分が不足すると全身への酸素供給が不足し、体がだるい、疲れやすいと感じやすくなります。

活性酸素を除去して老化を抑制する効果体内の免疫機能の維持などの効果もあります。

 

鉄の種類

 

ヘム鉄と非ヘム鉄

食物中の鉄には「ヘム鉄」と呼ばれる二価鉄と「非ヘム鉄」と呼ばれる三価鉄があります。

吸収率はヘム鉄が約15~25%、非ヘム鉄では吸収率がわずか2~5%です。

「ヘム鉄」の方が吸収率は5~6倍高くなっています。

ヘム鉄(二価鉄)はそのまま腸管で吸収することができます。

非ヘム鉄の三価鉄は結合している有機物が胃酸によって溶解し、ビタミンCなどの作用で二価鉄に還元されたのち腸管から吸収されます。

腸管で吸収された鉄は、小腸粘膜細胞で三価鉄になりアポフェリチンというたんぱく質と結合し、フェリチンとなります。

 

ヘム鉄

ヘム鉄の吸収率は約15~25%です。

胃壁や腸管を荒らさず、タンニンや食物繊維などの吸収阻害を受けずに吸収されます。

さらに過剰摂取の心配がなく、身体に優しい鉄分です。

 

非ヘム鉄

非ヘム鉄は吸収率がわずか2~5%です。

腸から吸収される際にタンニンや食物繊維などの吸収阻害を受けていたり、胃腸や腸管を荒らすといった副作用があります。

 

美めぐり習慣では「ヘム鉄」を100%配合しています。

鉄分にも種類があります。

鉄分は、体内に吸収されづらいものです。

そこで、吸収率が高い動物性の「ヘム鉄」を積極的に摂る必要があります。

しかし、一般的に安価な鉄分サプリメントは、「ピロリン酸鉄」や「クエン酸鉄」といった「非ヘム鉄」を使っている場合が多いのが現状です。

市販の非ヘム鉄の場合には、タンニンや食物繊維が鉄分の吸収を妨げるので注意が必要です。

タンニンを含むコーヒーや紅茶、緑茶などは、食事中や食後に飲むと余計に鉄分の吸収が悪くなってしまいます。

さらにダイエットのためにサプリメントなどで食物繊維を大量に摂取するのも避けた方が良いです。

でも、美めぐり習慣では、そのような心配はありません。

美めぐり習慣に配合されているヘム鉄はタンニンや食物繊維などの吸収阻害を受けずに体に吸収できるので、気にせずコーヒーや食物繊維をとってダイエットを続けられます。

 

機能鉄と貯蔵鉄

体内の鉄は、ヘモグロビンやミオグロビンのように、酸素の運搬役としての役割を果たしている「機能鉄」の他に、肝臓や脾臓、骨髄などに貯蔵されている「貯蔵鉄」があります。

鉄が骨髄に運ばれると赤血球合成に利用されます。

肝臓や脾臓に運ばれると、フェリチンとして三価鉄の状態で貯蔵されます。

さらにフェリチンの凝集体であるヘモジデリンとしても蓄えられます。

機能鉄が不足すると、それを補うために貯蔵鉄が利用されます。

これが少なくなると、鉄欠乏による貧血を起こします。

血液検査で貧血と診断されなくても、この貯蔵鉄が減少している状態の人も多いと言われています。

男性や閉経後の女性には、貧血はほとんど見られないのですが、月経のある年代の女性や妊娠中の方は、欠乏しやすいので注意が必要です。

 

体内の鉄分布

成人のからだには約4g(4000mg)の鉄が存在します。

 

赤血球

ヘモグロビンに含まれて、酸素を運搬します。

分量:3000mg

割合:60~70%

 

肝臓・脾臓

フェリチンやヘモジデリンとして貯蔵される。

分量:1000mg

割合:20~25%

 

筋肉

ミオグロビンに含まれて、酸素を運搬・貯蔵。

分量:130mg

割合:3~5%

 

骨髄

フェリチンとして貯蔵される。

分量:130mg

割合:4%

 

血漿

トランスフェリンとして結合して運ばれる。

分量:4mg

割合:0.1%

※血液中(赤血球を除く)の鉄が減少すると、フェリチン中の鉄が輸送たんぱく質のトランスフェリンと結合し、血液中を運ばれていきます。

 

鉄の吸収促進と阻害

食品中の鉄の多くは、吸収されにくい三価鉄の非ヘム鉄であるため、鉄吸収に影響を及ぼす要因に注意する必要があります。

 

鉄分は摂取しても吸収しにくい栄養素

そのまま鉄分を摂取しても、実際に吸収されるのは、ごく一部だけです。

鉄分10mgを摂取しても、そのまま10mgすべてが吸収されるわけではないです。

ドラッグストアなどで鉄分サプリだけを購入して飲んでいても貧血が改善されない場合も多いといわれています。

 

鉄の吸収を促進するもの

 

ビタミンC

三価鉄を二価鉄に還元し、吸収を高めます。

 

クエン酸

鉄を溶けやすくします。(キレート作用

 

※キレート作用とは?

クエン酸は身体に吸収されにくいカルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛などの脂溶性のミネラルを水溶性に変え、吸収を良くします。これをキレート作用といいます。

 

動物性たんぱく質

ミートファクター

 

ミートファクターとは?

動物性たんぱく質は、ヘム鉄が利用されるのを助け、非ヘム鉄の溶解を助ける働きがあります。

この働きをミートファクターと呼びます。

 

鉄の吸収を阻害するもの

 

タンニン、フィチン酸

三価鉄が二価鉄に還元される前に結合して不溶性となり、鉄の吸収を阻害します。

タンニンを含むコーヒーや紅茶、緑茶などは、食事中や食後に飲むと余計に鉄分の吸収が悪くなってしまいます。

 

食物繊維

多量の食物繊維は、消化管内で、鉄をはじめとする陽(金属)イオンと結合して便中に排泄してしまいます。

ダイエットのためにサプリメントなどで食物繊維を大量に摂取する際には注意が必要です。

 

鉄の過剰症

鉄の吸収率は極めて低く、また腸粘膜にあるフェリチンという貯蔵鉄が鉄の吸収を調節(余った鉄は貯蔵されます)しているため、必要以上に吸収されることはほとんどありません。

それでも余った鉄は排泄されるので一般的な食事では過剰症の心配はありません。

しかし、サプリメント(鉄剤)などで必要以上に摂取すると、鉄が沈着するヘモクロマトーシスになる可能性があります。

 

※ヘモクロマトーシス

肝臓などの臓器の細胞に鉄が異常沈着し、肝機能障害を起こします。

 

「美めぐり習慣で貧血対策」

 

鉄欠乏性貧血対策(美めぐり習慣)

美めぐり習慣には、鉄分(ヘム鉄)、ビタミンC、動物性たんぱく質、銅、クロロフィルが配合されています。

 

ビタミンC

鉄欠乏性貧血対策には、鉄の吸収を高めるビタミンCを一緒に補うことが大切です。

 

動物性たんぱく質

鉄欠乏性貧血対策には、鉄の吸収を高める動物性たんぱく質を一緒に補うことが大切です。

 

・銅は、鉄分から赤血球中のヘモグロビンという色素がつくられるときに働きます。(骨髄でヘモグロビンが生成される際に鉄の吸収を促進)

・銅は、腸からの鉄分の吸収をよくします。(腸管でも鉄の吸収を助けます)

鉄は、腸からの吸収が悪い成分なので、銅の存在は重要です。

・銅が不足すると、鉄がヘモグロビンにスムーズに合成されなくなり、鉄欠乏性貧血を起こします。

・ヘモグロビンは主な材料である鉄が十分であっても、銅がなければ正常に作られません。

銅がなければ、せっかく摂った鉄分も体内で使われることはありません。

貧血ぎみで鉄分を多く摂っている人には、必須のミネラルです。

貯蔵鉄のフェリチンが血清鉄として利用されるには、銅が必要となるため、銅が不足すると鉄欠乏性貧血になりやすくなります。

 

クロロフィル

クロロフィルは、血液中で鉄と結合して赤血球やヘモグロビンに変わり、貧血の予防や改善効果があります。

また、クロロフィルは、体内に入ると、血管に中性脂肪がたまるのを防ぎ、血液の流れを改善する効果があります。

さらに、デトックス作用もあります。

老廃物は毒素なので、溜め込むと体に悪影響(むくみや肌荒れなど)を引き起こします。

その他にも、コレステロール値を下げ、血栓を防ぐ、血圧を低下させる、細胞の強化、解毒、整腸作用、炎症鎮静などの多くの効果があります。

 

悪性貧血対策(美めぐり習慣)

貧血には体内の鉄分が不足することから起こる「鉄欠乏性貧血」と赤血球そのものが欠乏することによる「悪性貧血」があります。

「鉄分のサプリメントを飲んでいるけど、貧血がよくならない」といった方は、ビタミンB12葉酸が不足していることで、悪性貧血を引き起こしている可能性が高いことがわかっています。

鉄分不足による貧血とは違い、赤血球そのものが不足すると、悪性貧血を引き起こします。

赤血球は4ヶ月で死滅しますが、新しい赤血球をつくるのに必要なビタミンB12や葉酸が足りないと、正常な赤血球ができず、悪性貧血になります。

また、ビタミンB6も赤血球を生成するために必要となります。

悪性貧血とは鉄分不足の貧血と違い、立ちくらみやめまいなどの症状のほかに、胃腸障害や頭痛、倦怠感などを引き起こし、症状が進行すると、神経障害や知覚障害などを引き起こすことがあります。

美めぐり習慣のサプリには、このビタミンB12葉酸ビタミンB6などを含んでいます。

ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンAも含まれていて、これらの栄養素にも、それぞれ重要な役割があります。

 

ビタミンB12

ビタミンB12は葉酸と一緒になって赤血球のヘモグロビンの合成を助けています。

不足すると造血がうまくいかず、赤血球の数が減ったり、異常に大きい赤血球ができたりと、生成がうまくいかなくなります。

そうすると全身に酸素が行きわたらなくなり、だるさや動悸・息切れなどが起こってしまいます。

これを「悪性貧血」と呼んでいます。

また、ビタミンB12はタンパク質や脂質のエネルギー化にも関わっているほか、脳の中枢神経や末梢神経の機能を正常に働かせる重要な役割もあります。

肩こり腰痛には末梢神経が関係しているため、ビタミンB12には、痛みを軽くする働きもあります。

 

葉酸

葉酸は丈夫な血管やきれいな血液づくりを支えます。

葉酸はビタミンB12とともに、補酵素として、赤血球をつくりだす働きがあります。

赤血球は4ヶ月で死滅しますが、新しい赤血球をつくるのに葉酸が足りないと、正常な赤血球ができず、悪性貧血になります。

悪性貧血とは鉄分不足の貧血と違い、立ちくらみやめまいなどの症状のほかに、胃腸障害や頭痛、倦怠感などを引き起こし、症状が進行すると、神経障害や知覚障害などを引き起こすことがあります。

また、葉酸はアンチエイジングをサポートします。

代謝に関与していて、たんぱく質の生合成を促進します。

たんぱく質は全ての体内組織の原料となるので、新しくて良質のたんぱく質が増えればみずみずしい肌を保てます。

くすみやしわを抑え、美肌をもたらしてくれます。

葉酸は、体内で活性酸素を生み出す物質であるホモシステインと結びつき、活性酸素の増加をストップし、血液の流れをスムーズにします。

血液の流れがスムーズになると「むくみ」や「冷え性」なども改善されます。

葉酸は赤血球をつくりだす働きがあり貧血予防に効果があるため、PMS (月経前症候群)にも効果的です。

 

ビタミンB6

次のような効果があります。

・赤血球を生成する(貧血予防効果)

・月経前にイライラしたり、うつ状態になったり、頭痛に悩まされるといったPMS(月経前症候群)を軽減する。

ビタミンB6は、卵胞ホルモンの代謝に働きかけ、ホルモンのバランスを整えます。

このためホルモンのアンバランスから体調が崩れるPMS(月経前症候群)を改善する効果があります。

 

ビタミンB2

ビタミンB6が活性型に変わると時にはビタミンB2が必要です。

ビタミンB6は、ビタミンB2がなければ働くことができません。

 

ビタミンE

次のような効果があります。

・赤血球の細胞膜を強化することから貧血予防に効果的です。

・また、ビタミンCの吸収を高めることで、結果的に鉄分の吸収率向上が期待できます。

血行改善効果もあります。

末梢神経や毛細血管を広げて血行を促進し、自律神経を整えます。

また、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らして、血行を良くします。

 

ビタミンA

ビタミンAが十分でない場合には、ビタミンB、ビタミンEはその効果が発揮されません。

栄養素の潤滑油としても、ビタミンAを摂取することは大切です。

 

血流アップ成分(美めぐり習慣)

アセロラ由来のアントシアニン(ポリフェノール)とオーガニック生姜が配合されています。

 

アントシアニン(ポリフェノール)

ポリフェノールの中でも、特に最近注目されている成分がアントシアニンです。

アントシアニンは末梢血管を拡張して血流を改善、めぐりを改善する効能があります。

 

オーガニック生姜

体が冷えていると血流が滞り、せっかくの栄養素がうまく届きません。

そこで、美めぐり習慣では、オーガニック生姜を配合していて、ショウガオールジンゲロンの働きで、血行が促進され、「美めぐり習慣」に一緒に配合されている成分をよりいっそう体の隅々まで届ける効果が期待できます。

 

ショウガオール

血行促進の作用があり、身体を温めて、冷え性を改善します。

また、強い抗酸化作用があり、脂質の酸化を防止してコレステロール値を低下させ、動脈硬化や糖尿病の予防にも役立ちます。

さらに、二日酔いやつわりの吐き気を抑え、胃潰瘍を予防する働きもあります。

 

ジンゲロン

体を温めて血行をよくし、冷え性に効果的です。

血液循環をよくします。

内臓の働きを活発にして発汗作用を高め、体脂肪の燃焼を促進してコレステロール値を低下させる効果があります。

抗酸化作用もあります。

 

有機JAS認定の生姜を使用

有機JASとは?

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないオーガニックな素材の加工・製造が認められた、農林水産大臣の登録を受けた工場が取得できるものです。

 

「美めぐり習慣」は安心な自然の恵みを使用

体に有害なものは配合していません。

・保存料ゼロ

・着色料ゼロ

・香料ゼロ

 

豚肝臓分解エキス、アセロラ、モロヘイヤ、スピルリナといった自然の恵み最大限に使用しています。

 

豚肝臓分解エキス配合

鉄分が圧倒的に高い食品といえばレバーです。

また、鉄分と一緒に積極的に摂りたい、良質な動物性たんぱく質葉酸ビタミンB12も豊富に含まれていて、貧血改善には理想的な食材です。

しかし、臭いや歯ごたえが苦手な女性が多く、また調理に手間がかかるため、毎日食べるのは現実的ではありません。

そこで、サプリメントである「美めぐり習慣」を使うと上手に必要な成分を補給することができます。

 

アセロラ配合

レモンの約10~30倍といわれるほどビタミンCが豊富です。

また、ビタミンA葉酸アントシアニン(ポリフェノール)も豊富に含まれています。

 

モロヘイヤ配合

野菜の王様といわれるほど、その豊富な栄養成分が注目されています。

赤血球の形成を助ける栄養素である葉酸が、多く含まれています。

その他にも、鉄分・ビタミンB群・カルシウムなどが、他の野菜を圧倒するほど多く含まれています。

 

(含まれている成分)

ビタミンB1、ビタミンB2ビタミンB6、β-カロテン、ビタミンCビタミンE、ビタミンK、カルシウム、カリウム、鉄分、ポリフェノールの一種であるケルセチンが豊富に含まれています。

 

スピルリナ配合

スピルリナは70種類以上の豊富な栄養を含んでいます。

 

必須アミノ酸9種を含む アミノ酸18種

イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、シスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン、アルギニン、アスパラギン酸、グルタミン、プロリン、セリン

 

体の調子を整える ビタミン13種

β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2ビタミンB6ビタミンB12ビタミンE、ビタミンK1、ビタミンK2、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸、イノシトール

 

カラダをつくる ミネラル15種

、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、リン、、マンガン、亜鉛、コバルト、イオウ、セレン、クロム、フッ素、塩素

 

体を動かすエネルギー源 脂肪酸9種

リノール酸、γ-リノレン酸、パルチミン酸、パルミトレイン酸、ヘキサデカジエン酸、マルガリン酸、ヘプタデセン酸、ステアリン酸、オレイン酸

 

スピルリナ特有成分など 15種

ガラクトース、グルコース、ラムノース、リボース、繊維質、フィコシアニン、ゼアキサンチン、クロロフィルa、クリプトキサンチン、γ-アミノ酸(GABA)、核酸(DNA)、核酸(RNA)、グルタチオン、ポリアミン(スペルミン、スペルミジン)、プトレッシン

 

世界のトップモデルやセレブも美容のために愛用するスーパーフードの「スピルリナ」

マドンナや、スーパーモデルのミランダ・カー、ヴィクトリア・ベッカムも愛用しています。

 

国連機関「IIMSAM」や「NASA」も注目

「スピルリナ」はその高い栄養価から世界各国で健康補助食品として高く評価され、国連機関「IIMSAM」も活用を推奨しています。

宇宙食として「NASA」「JAXA」「ESA」なども研究開発が進められています。

 

 

まとめ

・美めぐり習慣は、鉄欠乏性貧血や悪性貧血予防にとても効果的なサプリメントです。

・安心な自然の恵みから作られているので、体への安全性も高いサプリメントです。

 

「美めぐり習慣」の詳細ページはこちらです。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

コメント