イミダペプチド飲料 アンセリン効果 カルノシン効果 慢性疲労改善

健康

【イミダペプチドドリンク】(機能性表示食品)慢性疲労改善

 

疲労とはどんな症状か?

連日残業が続く、家事に忙しい、久しぶりに運動をするなどがきっかけで、疲れや倦怠感(体のだるさ)を感じることがあります。

また、思いあたる原因がないのに、気力がわかない、体がだるいといった症状が起こることもあります。

多くは、過労、休養・睡眠不足、筋肉疲労、精神的な不安などが誘発となります。

疲労や倦怠感が、暑い季節に起こるのが夏バテです。

特に、冷房の普及や気密性の高い建物などによって温度差の激しい生活を過ごすと、自律神経に変調が生じて、だるい、食欲がない、眠れないなどの不調が生じます。

また、慢性疲労症候群といって、日常生活もつらくなるほどの疲労感、集中力・記憶力の低下などが半年以上も続くようなケースがあります。

 

イミダペプチドドリンクの詳細ページはこちらです。

 

イミダペプチドドリンク

このような慢性的な疲労に効果なのが、イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)という成分です。

 

【慢性的な疲労感】

・栄養ドリンクを飲んでも疲れがとれない

・運動で鍛えたくてもスタミナなく続かない

 

このイミダゾールジペプチドを配合したドリンクが機能性表示食品のイミダペプチドドリンクです。

疲労回復効果が高いことだけではなく、安全性も高いことが確認されています。

 

 

初回限定でお得に始められます

今ならお得で、初回限定でお得に試すことができます。

通常3160円相当初回は980円(送料無料)【10本】で試すことができます。

 

イミダペプチドドリンクの詳細ページはこちらです。

 

機能性食品表示食品(イミダペプチドドリンク)

 

機能性表示食品とは?

機能性表示食品とは、事業者の責任で、さまざまな文献、研究論文、人間による臨床例による科学的根拠を基に、特定の保健目的が期待できるという食品の表示をすることができる食品です。

販売前に、その「機能性」や「安全性」に関する根拠が消費者庁に届けられたもののことを指します。

一般的な健康食品やサプリメントとは異なり、しっかりとした科学的根拠の届出に基づき、健康の維持や増進などに役立つ「機能性」を表示することができる食品です。

 

機能性関与成分

イミダペプチド(イミダゾールジペプチド):200mg

 

イミダゾールジペプチド【慢性疲労改善】

別名「アンセリン」や「カルノシン」とも呼ばれています。

アンセリンやカルノシンは、いずれもアミノ酸の一種であるアラニンとヒスチジンがペプチド結合した成分で、最近では、総称してイミダゾールジペプチドと呼ばれています。

(ペプチドは、アミノ酸が数個つながってできた成分です)

カルノシンは1900年に肉エキスから発見され、アンセリンは1929年にガチョウの筋肉組織から発見されました。

ヒトや牛、馬などの補給動物ではカルノシンが大半を占め、ウサギや羊などの動物ではカルノシンとアンセリンはほぼ同量になり、ニワトリなどの鳥類ではアンセリンの比率がカルノシンの2~3倍になり、マグロなどの大型回遊魚ではアンセリンがイミダゾールジペプチドの大半を占めています。

渡り鳥が休むことなく2週間以上も飛び続けられるメカニズムの研究の中で、とりわけガチョウの胸肉にイミダゾールジペプチドが豊富に含まれていることが明らかにされました。

 

イミダペプチドドリンクの詳細ページはこちらです。

 

疲労のメカニズムとイミダゾールジペプチドの効果

現在、「疲労」は、体内で発生した活性酸素による酸化ストレスが、ATP産生を低下(※)させ、細胞の機能が低下させることが原因であると考えられています。

一方、イミダゾールジペプチドは、骨格筋へ移行し、筋組織において強力な抗酸化作用を示します。

2009年の日本疲労学学会において、イミダゾールジペプチドを服用することで、疲労感が改善する研究結果が報告されています。

アンセリンは、抗疲労効果のほかにも、動物実験において尿酸値抑制効果、血圧降下作用、抗炎症作用などが報告されています。

カルノシンにも抗酸化作用や乳酸(疲労の原因物質)の生成を抑える働きがあり、疲労回復に効果があると考えられています。

 

※ATP産生

エネルギーを生み出すときに活性酸素が発生する

食事から得た栄養分は、消化器官で分解されて血液中へ、そして細胞へと取り込まれます。

細胞内では、取り込まれた栄養分が呼吸によって取り入れた酸素を使って燃やされ、ATPという運動エネルギーが生み出されます。

このとき、すべての酸素が使われるではなく、一部は活性酸素に変化してしまいます。

 

※ATPとは、アデノシン三リン酸という、エネルギーの元となる物質です。

ATPでのみ体は動きます。

脂質や糖質はすべて、ATPにつくりかえられます。

 

【イミダペプチドドリンク】のご購入方法

内容量:30mL×10本

 

初回限定でお得に始められます。

今ならお得で、初回限定でお得に試すことができます。

通常3160円相当が初回は980円(送料無料)で試すことができます。

 

ご購入を検討される方は

 下のページからご覧になれます。

イミダペプチドドリンクの詳細ページはこちらです。

 

 

その他にも摂っておきたい栄養素

疲労改善のために日常的に摂取しておきたい栄養素は、次のものです。

 

・ビタミンB1

・カリウム

・アスパラギン酸

・マグネシウム

 

ビタミンB1

次のような効能があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き

・糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする働き

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働き(糖質の代謝を促進)があります。

体内で糖質をエネルギーに変えるとき、酵素の働きが必要になります。

この酵素がしっかりと機能するには補酵素が不可欠で、ビタミンB1は補酵素の働きを果たしています。

糖質代謝を促す酵素はアミノ酸だけからなる純タンパク質(アポ酵素)で、この酵素の働きを助ける補酵素がなければ、糖質をエネルギーに変えることはできません。

 

乳酸を分解して筋肉の疲れをやわらげる働き

ビタミンB1が不足すると、糖質がきちんと代謝できず、体内に乳酸などの疲労物質が蓄積され、疲れやすくなったり、筋肉痛を起こしやすくなったりします。これが肩こりの原因になると言われています。

 

脳や神経を正常に保つ働き

ビタミンB1は、脳や神経にとっても大切で、中枢神経や手足の末梢神経を正常に働かせる作用があります。

ビタミンB1は脳や神経の働きを助けるので集中力が増し、記憶力が向上します。

また、手足や足先などの感覚が敏感に働くようになります。

 

カリウム

次のような働きがあります。

 

細胞機能の維持

細胞が活動するためには、その内外に水分が必要です。

細胞内の水分(細胞内液)にはカリウムが、細胞外の水分(細胞外液)にはナトリウムがそれぞれ多く含まれています。

これらの濃度やバランスは、細胞の水分の量や浸透圧に影響を及ぼすので、細胞の膜にはカリウムとナトリウムをくみ出すポンプ機能がついていて、つねに適正な濃度を保つように調節されています。

すなわち、カリウムとナトリウムのどちらが欠けてもそのバランスがくずれ、生命活動の基本単位である細胞は機能しなくなります。

カリウムはナトリウムとともに生命活動そのものを維持しているともいえます。

両者のバランスが一定に保たれることによって、細胞内外の水分調節や物質交換が行われています。

 

余分なナトリウムの排泄(むくみ解消・高血圧予防)

カリウムは、体内のナトリウムが過剰になると、その排泄を促します。

カリウムは、細胞内のナトリウム量を調整し、余分なナトリウムと水分を細胞の外に排出します。

また、ナトリウムが腎臓で再吸収されるのを防ぎ、尿への排泄を促します。

そのため、カリウムを摂取することは、体内のナトリウム(塩分)の減少と、それによる血圧の正常化(高血圧の予防)、手足のむくみ解消に効果があります。

ナトリウムが過剰となり、カリウムが不足すると、血圧が上がりやすいうえ、心臓の筋肉や血管の働きが衰え、心臓病や脳血管障害の危険性が増します。

これを防ぐには、塩分の過剰摂取を控え、カリウムを十分摂ることが大切です。

 

むくみケア

むくみとは細胞内に余分な水分がたまってしまった状態のことです。

栄養素や酸素と一緒に細胞に運ばれた水分が、静脈やリンパ液の中にスムーズに回収されなくなるために起こります。

体内の水分調節をスムーズにしてむくみを防ぐうえで大切なのは、ナトリウムとカリウムのバランスです。

細胞内の水分は、ナトリウムがポンプ役となり、水を吸いあげて調節しています。

しかし、このポンプが正常に機能しないと細胞が水ぶくれ状態となり、むくみが起こります。

カリウムには、余分な水分を排出させることでナトリウムポンプを正常に機能させる働きがあります。

足のむくみは、その日のうちに解消することが重要です。

むくみを放置しておくと、周囲の毛細血管が圧迫され、むくみがさらに進行します。

それによって、ますます血行が悪くなります。

また、皮下脂肪の脂肪球という細胞が必要以上に水分を吸収して大きくなることもあります。

むくみを解消するには、カリウムの摂取、運動や入浴、マッサージで血液やリンパ液の循環を良くして、水分の排出をスムーズにしてあげるケアが大切です。

 

筋肉の収縮・弛緩

筋肉の収縮・弛緩の働きを正常に保つために働いています。

カリウムは細胞内の酵素反応を調節する働き役割があり、筋肉でのエネルギーづくりにも関与しています。

カリウムは筋肉細胞に60%近く含まれます。

 

神経の伝達

神経伝達を正常に保つために働いています。

 

美肌

カリウムはNMF(天然保湿因子)の構成成分です。

 

カリウムが不足した場合

カリウムが不足すると、高血圧、手足のむくみ、糖尿病、神経障害、精神障害、ストレス、食欲不振、筋力低下などの症状があらわれます。

カリウムの摂取量が不足していると、余分なナトリウムの排泄が滞るため、高血圧や手足のむくみを引き起こしやすくなります。

また、筋肉の働きが低下したり、けいれんを起こしたりします。

夏場に大量の汗をかくと、カリウムが汗とともに排出されて、低カリウム血症(※)が起こり、疲れやすくなったり、無気力になったりすることがあります。

これは夏バテの原因にもつながります。

 

※低カリウム血症とは

血漿中のカリウム濃度が3.5mEq/L以下をいいます。

重度の場合、筋肉麻痺や血圧低下による呼吸不全を引き起こします。

 

イミダペプチドドリンクの詳細ページはこちらです。

アスパラギン酸

美肌効果

アスパラギン酸は、人肌コラーゲンやNMF(天然保湿因子)を構成するアミノ酸でもあり、美肌効果が期待できます。

体内で合成できるとはいえ、加齢とともにその合成能力が低下するため、美肌になるためには、積極的に摂った方がよいアミノ酸です。

 

スタミナ強化・疲労回復

新陳代謝を活発にし、体内でたんぱく質の合成を高める働きをし、エネルギーを生み出すのに関係していることから、スタミナ強化疲労回復に効果があるとされています。

 

神経系を守る効果

体内に残ると有害物質となるアンモニアは、中枢神経系で悪さをします。

アスパラギン酸にはアンモニアを尿として出す作用があるため、中枢神経系を守ることにもなります。

また、神経伝達物質の原料にもなります。

 

ミネラル運搬

カリウム、マグネシウム、カルシウムといったミネラルを体内の的確な場所に送り届け、細胞内に効率よく取り込む働きがあります。

 

イミダペプチドドリンクの詳細ページはこちらです。

マグネシウム

骨の重要な成分

カルシウムを骨に定着させるのがマグネシウムです。

マグネシウムが足りないとカルシウムは無駄になってしまいます。

骨の正常な代謝を維持します。

カルシウムとともに骨や歯の発育や強化をうながす重要な役割を担うミネラルです。

マグネシウムは、汗で流れ出てしまったり、年齢を重ねると体にため込むことができる量が減ってしまうと言われています。

筋肉をリラックスさせたり、エネルギーの変換に関わっていると言われています。

 

代謝の促進・核酸の合成・新陳代謝・血液循環の維持・体温や血圧の調整

マグネシウムの大切な働きは、ビタミンB群とともに、糖質、脂質、たんぱく質の代謝を助けることです。

これらの代謝には、酵素が必要ですが、マグネシウムは、体内にある300種類以上の酵素の働きやエネルギーの産生を助けています。

また、マグネシウムは核酸の合成(※)に関わるといった重要な働きや新陳代謝をうまく行うための酵素のサポート役としても活躍しています。

また、血液循環を維持するために働くほか、神経の興奮を抑える体温や血圧を調整する筋肉の収縮などの非常に重要な働きにも関わっています。

マグネシウムが不足すると筋肉のけいれんを引き起こす場合があります。

海外の研究では、マグネシウム不足が月経前症候群(PMS)に伴う、イライラなどの情緒不安定に関係しているのではないかと言われています。

 

※核酸とは?

核酸は、すべての細胞内にあって、遺伝をつかさどっている有機化合物です。

核酸には、「新陳代謝の促進」「抗酸化作用」「免疫力を高める」という3つの大きな働きがあり、美肌やアンチエイジングに大きく関係しています。

体には、約60兆といわれる細胞が集まっていて、体内の細胞はつねに新しいものにつくりかえられています。

この新陳代謝が円滑に行われるためには、十分な核酸が必要です。

核酸は、多く生成されるほど、新陳代謝がスムーズになり、シミやシワを防ぎ、ツヤツヤの髪を保つほか、内臓の機能低下をくい止めてくれます。

核酸は、肝臓で生成されますが、20歳を過ぎると肝臓での生成機能が低下し、40歳を過ぎると急激に減少するため、細胞の新陳代謝を停滞させ、老化の促進の原因になります。

失われた核酸を補うことで、新陳代謝が活発になり老化予防となり、潤いのある美しい肌を保つことができます。

 

美肌効果

マグネシウムはNMF(天然保湿因子)の構成成分です。

また、敏感肌な人ほど、体内のマグネシウムが不足している場合があります。

それは、マグネシウムが少ないと細胞がうまく分裂できず、皮膚のバリア機能も構築しにくくなるためです。

マグネシウムは細胞が分裂したり、また細胞が分化して角質層になるためにも必要なミネラルです。

また、敏感肌や乾燥肌の人は、皮膚がかゆくなって掻いてしまうことが多いです。

そして、掻けば掻くほどかゆみはひどくなります。

これは、ヒスタミンというかゆみを引き起こす神経伝達物質の放出が止まらなくなるからです。

このヒスタミンの放出を抑えるのにも、マグネシウムは関与しています。

 

摂取量の目安(カルシウムとマグネシウム)

カルシウムをしっかり摂っていても、マグネシウムが足りないと骨のカルシウムが溶け出してしまうことがわかっています。

カルシウムを多く摂ってもマグネシウムが少ないと、マグネシウムがますます不足するだけでなく、せっかく摂ったカルシウムも無駄になってしまいます。

また、カルシウムの摂取量が多くなると、体外へ排泄されるマグネシウムの量も増すので、両者のバランスが大事です。

カルシウム2に対して、マグネシウム1くらいが理想的な摂取バランスと言われています。

マグネシウムはカルシウムの働きを助ける役割がありますが、カルシウムだけ多く摂取するとマグネシウムの働きが悪くなり、結果的にカルシウムの働きにも影響があります。

 

マグネシウム不足

カルシウムは足りないとホルモンの作用によって骨から取り出すことができますが、マグネシウムはそういう働きが弱い性質があります。

そのため、マグネシウムはきちんと摂っていないとすぐに欠乏してしまいます。

カルシウムもマグネシウムも欠乏の自覚が出にくく、検査で不足がわかるのは相当ひどい状態になってからです。

そのため、常日ごろから不足に注意することが大切です。

ここ数十年で日本人のカルシウム摂取量はかなり伸びましたが、マグネシウム摂取量はあまり増加していないといわれています。

マグネシウムは食品の精製の過程で失われやすい性質があります。

玄米には豊富に含まれていますが、白米にすると激減してしまいます。

そのうえ、マグネシウムは調理によってもかなりの量が失われてしまいます。

食品をゆでただけで、煮汁に20~30%ものマグネシウムが溶け出してしまいます。

 

マグネシウムは不足しがちな栄養素

マグネシウムはカルシウム以上に不足しがちな栄養素です。

加工食品に含まれるリン、利尿剤や大量のアルコールは、さらなるマグネシウム不足を招く原因となります。

 

マグネシウムの1日の食事摂取基準は次の通りです。

・男性(18~29歳):340mg

・女性(18~29歳):270mg

・男性(30~49歳):370mg

・女性(30~49歳):290mg

・男性(50~69歳):350mg

・女性(50~69歳):290mg

・男性(70歳以上):320mg

・女性(70歳以上):270mg

 

食品中のマグネシウムの含有量

・干しひじき(10g):62mg

・刻み昆布(10g):72mg

・カツオ:(100g):42mg

・イワシ(40g):40mg

・アーモンド:(10粒14g):43mg

・栗(5個100g):40mg

・ゴマ(10g):37mg

・くるみ(5粒20g):30mg

・大豆(50g):110mg

・あずき(50g):60mg

・豆乳(1杯210g):53mg

・納豆(1パック50g):50mg

・きな粉(20g):48mg

・木綿豆腐(1/2丁150g):46.5mg

 

 

もしよかったら、日常生活に取り入れてみてください。

 

マグネシウムは摂取がとても重要な栄養素ですが、必要な量を摂るのがなかなか難しい栄養素です。

サプリメントなどを利用するのも手段の一つと考えられます。

次の記事で、マグネシウムの重要さについて記載していますので、もしよかったら参考にしてみてください。

 

マグネシウムの記事

マグネシウムとカルシウム不足に!健活・骨活・美活

 

読んでいただきありがとうございました。

コメント