イソフラボン&ファイバー 美活のマストアイテム!コラーゲン不足に

美肌
  1. 「イソフラボン&ファイバー」コラーゲン不足解消で美活美人
    1. 大豆イソフラボンとアミノ酸でコラーゲン量アップ!
      1. 大豆イソフラボンの効果
        1. 女性ホルモンの減少でコラーゲン量も低下
        2. 美容効果
        3. 更年期障害の症状の抑制・改善
        4. 骨粗しょう症の予防
        5. コレステロールの減少効果
      2. 18種類のアミノ酸配合
        1. アミノ酸の美容効果
        2. うるおいのある肌
        3. くすみ対策
        4. 肌の抗酸化とアミノ酸
  2. 「イソフラボン&ファイバー」のご購入方法
    1. ご購入を検討される方は
  3. イソフラボン&ファイバーの詳細情報
    1. イソフラボン&ファイバーの配合成分
    2. コラーゲンの役割について
      1. コラーゲン
        1. 皮膚の老化を防ぐ効果
        2. 皮膚とコラーゲン
        3. 骨粗しょう症や関節炎を防ぐ効果
        4. 血管を丈夫にし、弾力を与える効果
        5. 眼精疲労や老眼を予防する効果
        6. 免疫力向上
  4. 「イソフラボン&ファイバー」に配合されている成分の効能
    1. 大豆サポニン
      1. ダイエット効果
      2. 便秘解消・美肌効果
    2. レシチン
      1. 美肌効果
      2. ビタミンの吸収率を高める効果
    3. 食物繊維
    4. γ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】
      1. リラックス作用
      2. ダイエット効果
      3. 血圧正常化
      4. その他の効果
    5. カルシウム
      1. 美肌効果
      2. 骨や歯の材料
      3. 機能カルシウムが不足した場合
      4. 骨の老化の原因
        1. 過度のダイエット
        2. 運動不足
        3. 過度の運動トレーニング
        4. 栄養バランスの悪い食事
      5. その他の作用
    6. ビタミンD
    7. 18種類のアミノ酸
      1. 体をつくるアミノ酸
      2. 必須アミノ酸
      3. 非必須アミノ酸
      4. その他のアミノ酸
      5. アミノ酸を摂取することのメリット
    8. 含有されているアミノ酸とその効果
      1. BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)
        1. 筋力をつけてポンプ力UP
      2. バリン
        1. 美肌効果
        2. 筋肉の成長効果
      3. ロイシン
      4. イソロイシン
      5. リジン
      6. メチオニン
      7. フェニルアラニン
      8. スレオニン
      9. トリプトファン
      10. ヒスチジン
        1. 脳の疲れを改善
        2. 美肌効果
      11. アルギニン
        1. 免疫機能の向上
        2. 美肌効果
        3. 成長ホルモンの合成を促進する効果
        4. 体脂肪の代謝を促進する効果
        5. 疲労回復効果
        6. アルギニンの効果(詳細)
          1. ポリアミンの効果
      12. アラニン
        1. 美肌効果
        2. 持久力向上効果
        3. ダイエット効果
      13. グリシン
        1. 美肌効果
        2. 快眠
        3. 徐波睡眠
        4. 深部体温を下げて眠りやすい体をつくる
          1. 美肌のポイントはぐっすり質の良い睡眠
        5. 血中コレステロールを低下
      14. セリン
      15. チロシン
        1. ドーパミンの原料
        2. 美肌効果
      16. グルタミン酸
      17. プロリン
        1. 美肌効果
        2. 脂肪燃焼効果
      18. アスパラギン酸
        1. 美肌効果
        2. スタミナ強化・疲労回復
        3. 神経系を守る効果
        4. ミネラル運搬
      19. シスチン
        1. 免疫力低下を抑える働き
        2. 美肌・美白効果
        3. 髪や爪、肌を健康に保つ効果
        4. アンチエイジング効果
  5. まとめ

「イソフラボン&ファイバー」コラーゲン不足解消で美活美人

「イソフラボン&ファイバー」は、大豆イソフラボン、大豆サポニン、レシチン、食物繊維、γ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】、18種類のアミノ酸、カルシウム、ビタミンDなど女性の美容と健康にとても重要な栄養素が豊富に含まれています。

大豆イソフラボンは、体内で生成するコラーゲン量とも深く関わっているので、美肌のためにはとても重要な栄養素です。

コラーゲンは、細胞を結合させ、皮膚の新陳代謝を活性化し、肌を若々しく保ちます。

コラーゲンは加齢、紫外線、不規則な生活や過度のダイエットで不足してしまいます。

また、肌の表面をおおう角質層にはNMF(天然保湿因子)という天然の保湿因子があり、それが肌の水分を保っています。

このNMFが不足すると、角質層の水分が減り、乾燥した状態になってしまいます。

このNMFもコラーゲンも主要成分はアミノ酸です。

つまり、肌の乾燥やたるみの原因はアミノ酸不足とも関係しています。

このように、大豆イソフラボンアミノ酸も美肌には、重要な役割をしていて、「イソフラボン&ファイバー」にはこの2つが豊富に含まれています。

 

 

イソフラボン&ファイバーの詳細ページはこちらです。

 

大豆イソフラボンとアミノ酸でコラーゲン量アップ!

  

大豆イソフラボンの効果

すぐれた抗酸化をもつほか、体内で女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをすることが知られています。

エストロゲンには、肌の潤いや弾力を保つ作用などがありますので、美容面でも非常に効果的です。

 

女性ホルモンの減少でコラーゲン量も低下

思春期以降、女性の体内では卵巣でつくられる「エストロゲン」という女性ホルモンが増加します。

エストロゲンは出産や育児などの生殖に関わる器官で重要な役割を担う一方、骨の代謝のバランスを保ったり、脂質代謝を調節したりと、全身の健康にも大きな影響を及ぼすもので、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)にも深く関わっています。

エストロゲンが十分にある時は、細胞の供給源である幹細胞の分裂が活発になり、常に若々しい角層が補われます。

女性ホルモンの一種として知られるエストロゲンの分泌量は20代でピークに達しますが、30代を超えた頃から少しずつ減少していきます。

さらに40代以降、更年期を迎えるとエストロゲンが急激に減少するため、新しい細胞を供給する能力が低下し、皮膚が薄くなって乾燥しやすくなります。

閉経後の5年間で、真皮のコラーゲン量は約30%も減少するといわれています。

肌の乾燥はたるみやシワの原因にもなりますので、美容の面でも対策が必要です。

 

美容効果

強い抗酸化作用が老化を防止し、若々しさを保ちます。

また、美白作用、保湿性の向上、抗炎症作用があります。

 

更年期障害の症状の抑制・改善

女性は更年期になると、急激にエストロゲンの分泌が低下するため、ホルモンのアンバランスによる体調不良に陥りがちです。

冷えやのぼせ、肩こり、イライラなど様々な不調が現れます。

これが更年期障害ですが、イソフラボンをたっぷり摂取しておくと、その抑制や改善に役立ちます。

 

骨粗しょう症の予防

エストロゲンは、女性の骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ役割もしています。

更年期になると、その働きがなくなるため、骨量(骨中のミネラル量)が減って骨がもろくなる「骨粗しょう症」の危険性が高まります。

エストロゲンは骨の代謝に深く関わっていて、不足すると骨からカルシウムが排出されやすくなります。

特に更年期やその前後の女性は、エストロゲンが不足して骨粗しょう症などになりやすいので、積極的にイソフラボンを摂取することが重要です。

イソフラボンを十分に摂取しておくと、骨粗しょう症の予防や改善効果が期待できます。

 

コレステロールの減少効果

血管を丈夫にして血液中のコレステロールを減少させる作用があります。

 

18種類のアミノ酸配合

 

アミノ酸の美容効果

美肌とは、水分が保持されたうるおいのある肌のことです。

肌の表面をおおう角質層にはNMF(天然保湿因子)という天然の保湿因子があり、それが肌の水分を保っています。

このNMFが不足すると、角質層の水分が減り、乾燥した状態になってしまいます。

また、肌を若々しく保つ役割をしているのが、コラーゲンです。

コラーゲンは、肌のシミやシワを防いでみずみずしく維持させ、美容に効果があります。

コラーゲンは、細胞を結合させ、皮膚の新陳代謝を活性化し、肌を若々しく保ちます。

年齢とともに減少していくため、補給しておきたい成分です。

コラーゲンは、20歳前後をピークにして、生産能力が衰えはじめ、加齢とともに不足がちになってきます。

コラーゲンが不足すると、皮膚はみずみずしさをなくし、老化が進行してしまいます。

このNMFもコラーゲンも主要成分はアミノ酸です。

つまり、肌の乾燥やたるみの原因はアミノ酸不足と関係しています。

うるおいのある肌

構成成分の40%がアミノ酸であるNMF(天然保湿因子)はどのようなアミノ酸からできているかというと、セリンが構成成分の中でもっとも多くを占めています。

このセリンは、保湿作用にとても貢献しているといわれています。

また、構成比は少ないものの、セリンと同じような働きをするのがプロリンです。

プロリンは、コラーゲンの組成成分としても利用される重要な美肌アミノ酸です。

また、NMFの構成成分には、アラニン、グルタミン酸など非必須アミノ酸も含まれています。

これらは体内で合成できるとはいえ、加齢とともにその合成能力も低下していきます。

美肌を目指すなら、必須アミノ酸ばかりでなく、非必須アミノ酸を補うことも美肌には大事です。

 

くすみ対策

ただ白いばかりでなく、くすみがなく透き通った肌というのが本当の美肌です。

これに関わるのが皮膚のターンオーバー(新陳代謝)です。

皮膚細胞が生まれてからはがれ落ちるまでの周期は若い人で28日間です。

しかし、その周期も、体調不良や加齢により、どんどん延びていきます。

周期が延びるということは、古い角質がそれだけ角質層にとどまっていることになります。

これがくすみの原因となります。

ターンオーバーがスムーズに進むと、肌表面に傷や汚れがあっても、どんどん生まれ変わります。

それにはまず、皮膚細胞の新陳代謝を高めることが重要です。

そのためには、アルギニン、プロリン、バリン、ロイシン、イソロイシンといったアミノ酸が有効です。

 

肌の抗酸化とアミノ酸

肌のたるみやシミ、シワ、キメの消失といった外見上の変化は、太陽光を過度に浴びることでその進行が加速されること(光老化)が知られています。

太陽光に含まれる紫外線が、肌内部に浸透して活性酸素種(ROS)を生み出し、これがコラーゲンやエラスチンといったタンパク質やセラミドをはじめとする脂質の酸化を引き起こすためと考えられています。

このような酸化ストレスを回避あるいは軽減するための抗酸化システムが肌には備わっていて、天然保湿因子(NMF)として肌に存在しているアミノ酸は、その役割を担っています。

具体的には、活性酸素種(ROS)の一種である一重項酸素は、ニキビの原因であるアクネ菌の代謝物が光に応答して生み出されますが、ヒスチジンは一重項酸素を消失する機能を持っています。

チロシンは、ペルオキシナイトライトと呼ばれる毒性の強いROSを補足して酸化反応の進行を抑えます。

コラーゲンに多く含まれるプロリンは、紫外線による脂質の酸化を抑えることが知られています。

アルギニンは、代表的な抗酸化剤であるビタミンEよりもタンパク質に結合した脂質の酸化を抑制する機能が高いといわれています。

 

「イソフラボン&ファイバー」のご購入方法

1箱30袋入り(約1ヶ月分)

通常価格3240円(税込)が2268円(税込)(送料324円)とお得に申し込むことができます。

特別価格の対象となるのは、初めて「イソフラボン&ファイバー」をご購入する方限定となっています。

1家族3箱までとなっています。

 

ご購入を検討される方は

 下のページからご覧になれます。

イソフラボン&ファイバーの詳細ページはこちらです。

 

 

 

イソフラボン&ファイバーの詳細情報

 

イソフラボン&ファイバーの配合成分

・大豆イソフラボン

・大豆サポニン

・レシチン

・食物繊維

・γ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】

・カルシウム

・ビタミンD

・18種類のアミノ酸

 

コラーゲンの役割について

大豆イソフラボンとアミノ酸でコラーゲン量アップが期待されます。

コラーゲンは、美肌だけではなく、骨粗しょう症予防や血管の若さの維持、眼精疲労や老眼を予防する効果があります。

 

コラーゲン

コラーゲンは繊維性のたんぱく質で皮膚、骨、腱などに多く含まれていて、からだを構成するたんぱく質の30~40%を占めています。

線維芽細胞や軟骨細胞など特殊な細胞でしかつくることができない物質でもあります。

化粧品などに動物の結合組織から抽出されたコラーゲンが使われていますが、コラーゲンを多く含む食品を積極的にとることで、体内での効果も得られることがわかっています。

コラーゲンは、ビタミンCや鉄と一緒にとることで体内での生成がよりいっそう促進されます。

 

皮膚の老化を防ぐ効果

皮膚組織では水分以外の70%がコラーゲンです。

コラーゲンは細胞と細胞をつなぎ、酸素や栄養素を補給し、老廃物を除去する働きをしています。

このことが、肌のシミやシワを防いでみずみずしく維持させ、美容に効果があるといわれる理由です。

コラーゲンは、細胞を結合させ、皮膚の新陳代謝を活性化し、肌を若々しく保ちます。

年齢とともに減少していくため、補給しておきたい成分です。

コラーゲンは、20歳前後をピークにして、生産能力が衰えはじめ、加齢とともに不足がちになってきます。

コラーゲンが不足すると、皮膚はみずみずしさをなくし、老化が進行してしまいます。

 

皮膚とコラーゲン

皮膚は、表面から表皮、真皮、皮下脂肪などで成り立っています。

表皮は皮膚の一番外側にあり、外的刺激から肌を守る働きをしています。

その表皮を下から支えるのがコラーゲンを含む真皮で、コラーゲンが繊維状にゆるく絡み合って網目構造を作り、これが肌の潤いや弾力性、伸縮性の源となっています。

表皮の細胞は、およそ28日周期で新しく生まれ変わり、古くなったものはアカとなってはがれ落ちます。

この皮膚細胞の新陳代謝を「ターンオーバー」といいます。

ターンオーバーのサイクルが正常に保たれていれば、肌は健康な状態を保つことができ、そのカギを握っているのがコラーゲンです。

体内では、コラーゲンの分解と合成が絶えず繰り返されますが、年齢を重ねるにつれ、そのバランスは崩れてきます。

つまり、新しいコラーゲンができにくくなり、分解されるはずの古いコラーゲンが体内に蓄積されてしまいます。

古いコラーゲンは、新鮮なものに比べて弾力性や伸縮性に乏しく、保水能力もほとんどありません。

こうしたコラーゲンの新陳代謝の衰えが、ターンオーバーのサイクルを乱し、シミ、シワ、肌荒れといった肌の老化の原因になると考えらえています。

肌のトラブルを防ぎ、アンチエイジング効果を高めるには、コラーゲンの新陳代謝を活発にさせることが重要です。

不足したコラーゲンを摂取しても、他のたんぱく質食品と同じように摂取した分がそのまま体内のコラーゲンになるとはいえません。

体内でコラーゲン合成に必要なビタミンCや鉄と同時に摂取することで、高い効果が得られます。

コラーゲン摂取の効果については、22歳から58歳の健常な女性48人にコラーゲン5gを含む飲料を与えたところ、皮膚の柔軟性は5週目から有意に上昇、また、皮膚の弾力性は、40~59歳の群では、10週目で有意な上昇がみられ、加齢によって低下した弾力性を回復させる効果があることが示されています。

 

骨粗しょう症や関節炎を防ぐ効果

コラーゲンは骨の組織にカルシウムが定着するのを助け、骨粗しょう症の予防や改善に効果があります。

また、関節の軟骨部にはコラーゲンが多く存在し、関節の軟骨部の動きをスムーズにします。

関節の痛みがある場合はコラーゲン不足の場合もあります。

関節炎の患者にコラーゲンを投与した臨床試験では、ひざや股関節の痛みが緩和し、関節機能の改善が認められています。

 

血管を丈夫にし、弾力を与える効果

身体の老化は血管の老化からも引き起こります。

血液の流れが悪くなれば、細胞の活性に支障をきたします。

そのため、血管の老化を防げば、身体の老化を防ぐことができます。

血管はコラーゲンでできたチューブのようなもので、その表面には絶えず細かい傷が生じています。

コラーゲンの新陳代謝が低下すると、傷口の修復がうまくいかなくなり、血液中のコレステロールやカルシウムなどが傷口から侵入しやすくなります。

血管を構成するコラーゲンが柔軟性を失うと、その部分が硬くなり動脈硬化が始まります。

動脈硬化を起こすと、硬くなって広がらない血管の中を無理やり血液を流さなければならなくなるため、血圧が上昇しやすくなります。

さらに、コレステロールにカルシウムが沈着して固まった流動性の悪い血が流れると、血管の壁はもろく壊れやすくなり、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などの原因になります。

コラーゲンを上手に摂取することで、血管の柔軟性が保たれ、身体の老化を防ぐことができます。

 

眼精疲労や老眼を予防する効果

目の水晶体や角膜にもコラーゲンが含まれ、目の健康を保っています。

新鮮なコラーゲンが充足していれば、眼精疲労や老眼などの予防に役立つと考えられています。

 

免疫力向上

免疫機能を高め、がん予防、アレルギー体質の改善が期待されています。

 

 

イソフラボン&ファイバーの詳細ページはこちらです。

 

「イソフラボン&ファイバー」に配合されている成分の効能

 

大豆サポニン

強い抗酸化作用があり、体内で過酸化脂質がつくられるのを抑制する働きがあります。

過酸化脂質が体内に増えると、血液中に血栓ができやすくなり、動脈硬化を進行させてしまいます。

サポニンは動脈硬化を抑制するので、高血圧、高脂血症の予防につながります。

また、肥満の防止肝機能障害の改善にも役立ちます。

肝機能障害の大きな改善効果については、過酸化脂質の生成を抑制して肝臓の負担を軽減すると同時に、傷ついた肝細胞を再生させます。

 

サポニンは血液の循環を良くする効果を持っている成分です。

血中のコレステロールを減少させ、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

また、抗酸化作用による動脈硬化の予防や、血流を良くする効果も期待できるので、サポニンはめぐりむくみ改善をサポートします。

血流が改善することで、全身のすみずみまで栄養素が行き渡るようになります。ダイエット成分や美容成分が体やお肌の細部まで届くようになり、効果がいっそう高まることが期待されます。

 

ダイエット効果

血管に付着した脂質を除去する働きや中性脂肪を低下させる効果があり、肥満防止に効果を発揮します。

 

便秘解消・美肌効果

便通をよくして腸内環境を改善する働きがあるので、便秘解消美肌効果がとても期待できます。

 

 

レシチン

血管へのコレステロールの沈着を防ぎ、動脈硬化の抑制に役立ちます。

肝臓に中性脂肪がたまらないようにする働きもあるので、脂肪肝の予防にもよいとされています。

また、老化を防止し、肌をみずみずしく保つ働きがあります。

 

美肌効果

レシチンによってコレステロールが血液中から排泄されるため、血流が良くなり、酸素や栄養素が全身に行き渡るため、肌に必要な栄養素がいきわたり、美しい肌が維持できます。

 

ビタミンの吸収率を高める効果

ビタミンAやビタミンEなどの脂溶性物質の吸収を助ける働きがあります。

 

食物繊維

健康と美容には、腸の調子を整えることが大事です。

その一番の近道は食物繊維を摂取することです。

次のような効果があります。

・糖質の吸収を穏やかにして血糖値の上昇を抑える。

・不要な物質や有害な物質を吸着して体外に排出する。

・腸のぜん動運動を促進してスムーズな排便を促す。

・満腹感を得やすくして食べ過ぎを防ぐ。

・腸内の善玉菌を増やして腸内環境をよくする。

・腸内環境を良くすることで便秘解消や肌荒れ予防へと導きます。

 

γ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】

リラックス作用

GABAは、脳内に多く存在する抑制性神経伝達物質で、脳の酸素供給量を増やして脳細胞を活性化する働きがあり、精神安定作用、不眠、イライラなどの改善に効果があるといわれ、リラックス効果が得られます。

 

ダイエット効果

肝臓の働きを活発にしてアルコール代謝を促進させたり、内臓機能を活性化して基礎代謝を高める一方、血液中のコレステロールや中性脂肪を抑制する働きがあることから、肥満や糖尿病の予防や改善への効果が期待されています。

 

血圧正常化

老廃物などを血液中からろ過し、尿として排泄する腎臓の働きを活性化することで、利尿作用を促し、血圧を低下させて正常にする効果があります。

 

その他の効果

その他、脳の血流量や酸素供給量を増やし、脳の代謝・機能を活性化する働きがあります。

 

カルシウム

美肌効果

カルシウムはNMF(天然保湿因子)の構成成分です。

また、カルシウムで新陳代謝が促進されます。

新しい皮膚細胞が成熟し、表皮の角質に成長するときにカルシウムが必要とされます。

カルシウムが充実していると、新しいお肌への生まれ変わりが活発になり、若々しく滑らかな表皮を保つことが出来ます。

 

骨や歯の材料

カルシウムは骨や歯の材料となります。

体内にあるカルシウムのうち99%は骨や歯にある「貯蔵カルシウム」で、1%は血液や筋肉、神経系に含まれる「機能カルシウム」です。

貯蔵カルシウムと機能カルシウムは相互関係があります。

機能カルシウムは血液中に溶け込んで血液凝固や精神安定の働きをしたり、筋肉の働きをサポートします。

機能カルシウムが不足すると、骨にある貯蔵カルシウムが放出されて、血中カルシウム濃度が一定に保たれます。

カルシウムの不足が続くと、骨にあるカルシウムが減少し、骨密度が低下し、骨折や骨軟化症、骨粗しょう症を起こしやすくなります。

成長期であれば、歯の質が悪くなったり、あごの発達が遅れます。

また、閉経前後の女性は骨代謝をうながすエストロゲンが減少するため、骨が弱くなります。

血中のカルシウム調節がうまくいかず、胃から多く溶け出してしまうようになり、骨に含まれるカルシウム量が減ってしまいます。

 

機能カルシウムが不足した場合

体内のカルシウムの1%は機能性カルシウムとして、血液中や筋肉、脳にあって、神経のいらだちを抑え、筋肉を収縮させて心臓の活動を規則正しく保つ働きをしています。

この1%のカルシウムが足りなくなると、体は不足分を骨から取り出し、血液中のカルシウムを一定に保つ仕組みをしています。

このため、不足が長引くと、骨のカルシウムが減少しスカスカになってしまいます。

血液中のカルシウムも補えないため、血行が悪化し、肩こりやいらいら、さらには動脈硬化や高血圧の原因にもなります。

 

骨の老化の原因

骨の老化は若くても引き起こります。

 

過度のダイエット

ダイエットの頻度が多いほど骨密度は減少するというデータがあります。

 

運動不足

運動不足が続くと破骨細胞が活性化し、骨密度が低下していきます。

 

過度の運動トレーニング

激しすぎる運動は乳酸等の有機酸を増加させ、骨からカルシウムが流出してしまいます。

 

栄養バランスの悪い食事

塩分の摂りすぎはカルシウムの排出を増加させてしまいます。

 

その他の作用

カルシウム不足イライラの原因になったり、肩こりや腰痛を起こしやすくなります。

また、血行と血液の状態にも影響を及ぼし、高血圧や動脈硬化の原因にもなります。

この他にも、カルシウムは神経伝達物質をコントロールしたり、筋肉を収縮させたり、血液の凝固を促したり、ホルモンや唾液、胃液などの分泌に関わっています。

 

ビタミンD

ビタミンDの働きは、カルシウムの吸収をサポートし、骨の形成、維持をうながすことです。

摂取されたビタミンDは、肝臓と腎臓を経て、活性型ビタミンDに変換されます。

活性型ビタミンDは、腸でのカルシウムの吸収を高め、血中のカルシウム濃度を高めます。

これにより、カルシウムが骨や歯に沈着し、成長促進や骨密度アップの働きをします。

人間の体にあるカルシウムのうち、99%は骨にあり、残りの1%は血液や筋肉に含まれます。

血液中のカルシウムは、筋肉の収縮などに役立てられます。

ビタミンDは、この血中カルシウム濃度をコントロールする役割も担っていて、カルシウムの摂取量が少ないと骨にあるカルシウムを血液に放出し、十分にある場合には、骨に蓄えます。

ビタミンDが不足すると、成人は骨軟化症になります。

子供の場合には、骨の発達障害が起こり、背骨や脚の骨が曲がって、O脚、クル病の原因になります。

また、高齢者や閉経後の女性が欠乏すると、骨粗しょう症の原因にもなります。

骨粗しょう症になると、骨がもろくなり、ほんの少しの衝撃が加わっただけで骨折してしまいます。

高齢者の場合、それが原因で寝たきりとなるケースも少なくありません。

骨粗しょう症の予防には、早い時期からカルシウムやビタミンDを十分摂取することが大切です。

 

 

イソフラボン&ファイバーの詳細ページはこちらです。

 

 

18種類のアミノ酸

イソフラボン&ファイバーには、必須アミノ酸9種類すべてが含まれていて、その他にも美容や健康に重要な非必須アミノ酸などが含まれています。

 

体をつくるアミノ酸

アミノ酸には、そのひとつひとつに多様な機能があり、体の健康、美容に働きかけてくれます。

人の体のたんぱく質を構成するアミノ酸は約20種類あります。

体内で合成できない必須アミノ酸(9種類)と体内で合成できるが生体維持に極めて重要な働きをする非必須アミノ酸(11種類)に分けられます。

さらに、その他にも体に様々な効果のあるアミノ酸があります。

イソフラボン&ファイバーには、必須アミノ酸9種類すべてが含まれていて、その他にも美容や健康に重要な非必須アミノ酸などが含まれています。

 

必須アミノ酸

人の体のたんぱく質を構成するアミノ酸のうち、体内で合成できない9種類を必須アミノ酸といいます。

バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン

 

非必須アミノ酸

非必須アミノ酸は、生命活動に必要で、体内で合成されるもので、生体維持に極めて重要な役割を担っています。

アルギニン、アラニン、グリシン、セリン、チロシン、グルタミン酸、プロリン、アスパラギン酸

 

その他のアミノ酸

シスチン

 

アミノ酸を摂取することのメリット

たんぱく質(アミノ酸)は、筋肉はもちろん、体の様々な部分の材料となる非常に大切な栄養素です。

全身は新陳代謝により日々入れ替わっていますので、日々のたんぱく質が不足すると、身体のコンディションに良くないことが出やすくなります。

 

含有されているアミノ酸とその効果

 

BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)

バリン、ロイシン、イソロイシンという3種類の必須アミノ酸は、総称してBCAAと呼ばれていて、筋肉を作る上で重要な成分です。

循環に必要なポンプの役割をになっている筋肉を動かすことで、むくみ解消になります。

運動前後、または運動中にBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)といった筋肉作りに深い関係のあるアミノ酸を摂取することで、運動中に壊れた筋組織の修復をサポートして、筋肉をつけやすくする効果があります。

BCAAのような必須アミノ酸は体内で作られない成分のため、特に外からの補給が必要不可欠です。

あらかじめ摂取しておくことで、運動中に壊れた筋組織の再生や筋肉の増進が期待できます。

また、肉体的な疲れには、BCAAの摂取がもっとも効率的です。

あらかじめBCAAを補っておけば、筋肉の損傷を抑えるとともに、運動時のエネルギーとして利用され、スタミナアップ疲労を感じにくくなり、結果として持久力の増進につながります。

さらに、成長ホルモンが分泌される運動の直後にBCAAを摂取することで、筋肉の修復がスムーズに行われたり、筋肉痛が早くなくなります。

 

筋力をつけてポンプ力UP

血流を良くするためには、筋肉を動かすことも必要になってきます。

足の筋肉はポンプのような働きをしており、下半身に流れてきた血液を心臓に戻すという役割を担っています。

「座りっぱなし」「立ちっぱなし」で足の筋肉を動かすことがなければ、ポンプは働いていない状態になりますので、血流は滞り、むくみを引き起こしてしまいます。

とくに、女性は男性に比べて全身の筋肉量が少なく、ポンプの力も弱いため、余計にむくみで悩まされることが多くなります。

 

バリン

BCAAの一種です。

成長を促進する、窒素バランスを調整するなどの働きがあります。

バリンの血液中の窒素バランスをコントロールする効果が注目されています。

筋肉には多くの窒素が取り込まれていて、窒素バランスを保っています。

そのバランスがマイナスになると筋肉が分解して窒素を放出しようとし、逆にプラスになると窒素を筋肉に取り込んで成長しようとします。

バリンは、窒素バランスをプラスにする効果があり、筋肉の成長、さらに運動能力の維持へと結びつくといわれています。

 

美肌効果

肌で作られている美肌成分のひとつであるエラスチンは、肌にハリを与えてくれます。

バリンは美肌を作るのに欠かせないコラーゲン同士を結び付けてエラスチンを作るのを助けてくれます。

 

筋肉の成長効果

バリンは、ロイシンやイソロイシンと同じBCAAの一種で、筋肉組織において代謝されます。

 

ロイシン

筋肉を増加させたり分解を抑制する性質が注目されています。

また、インスリンの分泌を増加させる作用があるため、エネルギーとしてブドウ糖を筋肉に取り込むのを助けます。

すなわち、運動時の持久力を高めたり、運動後の筋肉の成長、修復、強化させたりする効果があるとされています。

同時に肝臓での代謝にも働きかけ、肝機能の向上、疲労回復の効果も期待できます。

 

イソロイシン

イソロイシンは甲状腺ホルモンの分泌を促進することから、筋肉や体の成長を促す効果があります。

また、肝機能の向上を促す働きがあり、スタミナ維持や疲労回復にも効果的です。

神経の働きをサポートする役割ももち、反射速度や集中力のアップにも役立ちます。

最近の研究では、血糖値の上昇を抑制し、糖尿病に効果があることもわかっています。

 

リジン

リジンは必須アミノ酸の一つです。

リジンは、からだのたんぱく質の組み立てに、なくてはならない必須アミノ酸です。

リジンはカルシウムの吸収を促進する働きがあります。

米や小麦、トウモロコシなどの穀物に含まれる量が少ないため、米やパンなど穀物を食べる日本人には不足しがちなアミノ酸です。

リジンを摂取し、アミノ酸バランスを改善することによって、アミノ酸が体内で体づくりに使われやすくなり、美容効果が向上します。

また、効率的に筋肉合成が促進できます。

その結果、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効果も期待できます。

さらに、リジンは脂肪酸をミトコンドリア内に輸送するのに欠かせないカルニチンの材料で、脂質代謝を促進する物質を活性化させる働きもあり、体脂肪を燃焼しやすくする作用があります。

燃焼系アミノ酸と呼ばれるリジンは、体内に入ると脂肪を分解するリパーゼという酵素を活性化する働きがあります。

この酵素が活発に働くと体脂肪は遊離脂肪酸となって血中に取り込まれ、エネルギーとなって燃焼します。

これにより摂取した脂肪を体に蓄積しにくくします。

また、リジンは、たんぱく質の吸収を促進させ、ブドウ糖の代謝やカルシウムの吸収にも重要な働きを担っています。

また、アルコール摂取などで弱った肝臓に活力を与え、リパーゼ(脂肪を分解する酵素)の働きを活発にして、脂肪酸の利用を促進します。

さらに、細菌やウイルスに対する抗体をつくり免疫力を上げる働きもあります。

 

リジンが不足した場合

リジンが不足すると疲労しやすくなり、めまい、吐き気、目の充血、貧血などの症状がでることがあります。さらに、肝臓の機能が低下して、血中のコレステロールが増加するとされています。

 

メチオニン

血液中のヒスタミン(かゆみや痛みを起こす物質)の濃度を下げる作用があります。

また、肝機能の維持抗うつ作用もあるといわれています。

不足すると利尿作用が衰え、むくみやすくなります。

 

フェニルアラニン

脳と神経を伝達する神経伝達物質として働きます。

フェニルアラニンは興奮性の神経伝達物質であるノルアドレナリンとドーパミンの合成に関与し、精神を高揚させる働きがあります。

不足すると記憶力が低下し、うつ病になりやすくなります。

 

スレオニン

食事から取り入れたたんぱく質を使う時に必要とされ、成長新陳代謝を促す働きをします。

また、肝臓に中性脂肪が蓄積するのを防ぎ、脂肪肝を予防するといわれています。

不足すると、食欲不振、貧血、成長不良などの症状が現れます。

 

トリプトファン

精神を安定させ、不眠症を解消

トリプトファンが血液から脳に運ばれると、ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムとともにセロトニンを生成します。

セロトニンは、精神安定、鎮静、催眠効果のある神経伝達物質です。

セロトニンは脳の松果体によって、メラトニンに変換されます。

メラトニンは睡眠サイクルを正常にします。

これら精神の鎮静作用睡眠改善効果から、生活のリズムが不規則になりがちな現代人に欠かせないアミノ酸として注目されています。

また、トリプトファンは、ドーパミンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の生成過程に、アミノ酸の一種であるチロシンと一緒に関与しています。

不眠症やうつ病の治療にも期待されています。

また、体内で発生した活性酸素を除去する作用があるとされ、老化防止への効果が期待されています。

禁煙補助に効果があるという報告もあります。

その他にもコレステロールや血圧を調整する、更年期障害の症状を緩和するなどの効果があります。

アルツハイマー型認知症やパーキンソン病などの症状改善にも期待されています。

 

ヒスチジン

脳の疲れを改善

消化管で吸収されて血液中に取り込まれたヒスチジンは脳へ移行しヒスタミンに変わります。

脳にはヒスタミン神経という神経細胞が存在し、「寝る―起きる」といった体のリズムや、集中力、判断力などに重要な役割を果たしています。

ヒスチジンを摂取することで脳内のヒスタミン量が増加し、ヒスタミン神経が関わる集中力や判断力などの機能が十分に発揮できるようになります。

日頃、疲れを感じている人がヒスチジンを摂取すると、疲労感が軽減し、集中力や注意力が増し、パソコン作業などの知的作業が改善されることが認められています。

その他にもヒスチジンは、体内では成長に関わったり、ストレス軽減の働きもあります。

 

美肌効果

活性酸素種(ROS)の一種である一重項酸素は、ニキビの原因であるアクネ菌の代謝物が光に応答して生み出されますが、ヒスチジンは一重項酸素を消失する機能を持っています。

 

アルギニン

アルギニンには次のような効果があります。

・免疫細胞の増殖を促進

・血管拡張、血流促進

・白血球の活性化

・皮膚の再生促進

・コラーゲンの合成促進

・成長ホルモンの分泌促進

・疲労回復

・たんぱく糖化抑制作用

・子宮内膜を厚くする効果

・妊娠促進効果

 

免疫機能の向上

アルギニンは免疫機能の向上にとても効果があります。

いつもより激しい運動を行ったあと、風邪をひいたような状態になったり、お腹をこわしたり、体調が悪くなった経験はありませんか?

これはよく知られていることで、普段から体を鍛えているアスリートにも起こることです。

なぜこのようになるかというと、激しい運動により、免疫力が低下するためです。

疲労と免疫力の低下が関係しているともいわれています。

アルギニンは免疫細胞を活性化させて免疫力低下を抑えることで、激しい運動にもコンディションを崩すことがなくなるので、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)とセットで摂取するといいといわれています。

 

美肌効果

アルギニンには角質層を保湿する効果があります。

肌は表面から角質層、表皮層、真皮層に分かれており、肌が荒れているという時は、ほとんどの場合は角質層のアミノ酸と水分不足が原因だといわれています。

そうなると、肌のバリア機能が低下してうるおいを失い、やがてひび割れなど皮膚のトラブルが生じる可能性があります。

 

成長ホルモンの合成を促進する効果

アルギニンは成長ホルモンを分泌する脳下垂体を刺激し、成長ホルモンの合成を促します。

成長ホルモンには、筋肉量を増やす、骨を強化する働きや食欲を抑える作用があります。

 

体脂肪の代謝を促進する効果

アルギニンには、脂肪燃焼酵素であるリパーゼの働きを活性化し、体脂肪の代謝を促す効能があります。

 

疲労回復効果

アルギニンは体の修復作用のある、成長ホルモンの分泌を促進することが知られています。

 

アルギニンの効果(詳細)

アルギニンの重要な役割の1つは、体内で多様な機能を発揮する一酸化窒素(NO)の主原料となることです。

NOは血管の内側で作られると血管を広げたり柔軟にする機能を発揮します。

この働きによって全身の血流が改善され、同時に血圧低下が期待できます。

その他、免疫細胞の一種であるマクロファージで作られたNOは、体内に侵入してきたウィルスや病原菌を攻撃する際に使われるので免疫力も強化されます。

アルギニンは成長ホルモンの分泌も刺激します。

成長ホルモンには筋肉のタンパク質合成を高め、筋肉量を増やしたり、傷ついた筋肉を修復したりする働きがあります。

また、アルギニンは肝臓で解毒する働きを持つ尿素回路の重要な構成要素でもあります。

体内に過剰なアンモニアは疲労物質の1つとも言われていて、アルギニンによって尿素回路が活性化することでアンモニアが減少し、疲労回復効果が期待できます。

さらにアルギニンは、細胞の増殖に不可欠なポリアミンという成分の原料になります。

加齢によってポリアミンの合成能力は低下します。

腸内細菌もポリアミンを合成し、重要な供給源となることがわかっています。

アルギニンは乳酸菌と一緒に摂ることで腸内、血中のポリアミンを増やすという報告があります。

 

ポリアミンの効果

・免疫細胞の若返り

・血流促進作用

・脂肪燃焼作用

免疫細胞が若返ると、血管も老化しにくくなり血流も良くなります。

血流が保てれば、全身の代謝も活発になります。

また、ポリアミンが細胞内で増えることによって、脂肪を燃焼する時に必要なカルニチンを利用しやすくなります。

 

アラニン

美肌効果

NMF(天然保湿因子)を構成するアミノ酸です。

体内で合成できるとはいえ、加齢とともにその合成能力が低下するため、美肌になるためには、積極的に摂った方がよいアミノ酸です。

 

持久力向上効果

アラニンは肝臓などで糖に変換されエネルギーとして利用されます。

長時間の運動において、たんぱく質の分解によって筋肉から生じたアラニンは血液中へ移行し、肝臓に入って糖に変換されます。

そして、変換された糖はエネルギー源として筋肉に戻って利用されます。

これは、「グルコース・アラニンサイクル」といわれる現象です。

また、アラニンはアルコールの代謝をサポートします。

 

ダイエット効果

燃焼系アミノ酸と呼ばれるリジン、アラニン、プロリン、アルギニンの4つは、体内に入ると脂肪を分解するリパーゼという酵素を活性化する働きがあります。

この酵素が活発に働くと体脂肪は遊離脂肪酸となって血中に取り込まれ、エネルギーとなって燃焼します。

 

グリシン

次のような効果があります。

・肌質改善

・スキンケア

・美肌

・保湿

・コラーゲンの増強

・快眠

 

美肌効果

コラーゲンの材料となります。

コラーゲンの3分の1を構成しているアミノ酸です。

コラーゲンの機能の増強、肌の保湿作用、抗酸化作用があり、キレート(体の中のミネラルを安定させる)効果があることから、美容業界から注目されているアミノ酸です。

 

快眠

グリシンは睡眠改善をサポートします。

グリシンは、体の深い部分の熱が手足に運ばれ深部体温に働きかけリラックスを促します。

 

徐波睡眠

睡眠には、身体の眠りであるレム睡眠と、脳の眠りであるノンレム睡眠があります。

ノンレム睡眠のなかで、寝入りばなに1、2回くる深い眠りを「徐波睡眠」とよび、これは、成長ホルモンが活発に分泌され、筋肉や皮膚の修復を促す大切な時間です。

寝る前にグリシンを摂取すると、徐波睡眠によりすみやかに到達し、それを増加させること(睡眠を安定化させること)で、睡眠の質を改善させることがわかっています。

 

深部体温を下げて眠りやすい体をつくる

小さな子どもは寝入りばな手足が温かくなりますが、それは、手足から熱を放出して深部体温を下げているからです。

質のよい睡眠を得るには、スムーズに深部体温を下げることが重要です。

就寝前にグリシンを摂ると、足の表面体温を上昇させ熱放散を高め、深部体温を下げる効果があることが研究によりわかっています。

 

美肌のポイントはぐっすり質の良い睡眠

美肌作りに重要な役割をする「成長ホルモン」は寝ている間に分泌されます。

特に夜22時から深夜2時の間がゴールデンタイムといわれ分泌が盛んです。

寝つきが悪かったり、浅い眠りだとうまく分泌されずお肌の新陳代謝も上手に出来ません。

 

血中コレステロールを低下

グリシンは血中コレステロールを低下させる作用があり、高血圧や脳卒中の予防にも効果があるといわれています。

 

セリン

NMF(天然保湿因子)を構成するアミノ酸です。

セリンはNMFを構成しているアミノ酸でもっとも高い割合を占めています。

このセリンは保湿作用に貢献しているといわれています。

体内で合成できるとはいえ、加齢とともにその合成能力が低下するため、美肌になるためには、積極的に摂った方がよいアミノ酸です。

 

チロシン

ドーパミンの原料

チロシンを原料にドーパミンは体内で生成されます。

摂取することで不足しているドーパミンの原料の供給量を増やし、ドーパミンを生成します。

脚のむずむずをケアします。

むずむず脚症候群の方は、チロシン、葉酸、鉄分などが不足することによるドーパミンの伝達機能の低下だと言われています。

 

美肌効果

太陽光に含まれる紫外線が、肌内部に浸透して活性酸素種(ROS)を生み出し、これがコラーゲンやエラスチンといったタンパク質やセラミドをはじめとする脂質の酸化を引き起こすためと考えられています。

チロシンは、ペルオキシナイトライトと呼ばれる毒性の強いROSを補足して酸化反応の進行を抑えます。

 

グルタミン酸

NMF(天然保湿因子)を構成するアミノ酸です。

主に脳神経細胞のエネルギー源となるアミノ酸の一種です。

脳機能を活性化して、ストレスへの抵抗力を強くする作用があるといわれています。

各臓器から産出されるアンモニアは毒性があり、脳機能を低下させます。

グルタミン酸はアンモニアをとらえて、グルタミンを合成し、解毒する作用があります。

さらに、グルタミンは細胞の柔軟性を維持する働きがあり、知能を高め、認知症を防ぎ、潰瘍(かいよう)の傷の回復を早めます。

また、グルタミン酸からはγ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】が生成されます。

 

プロリン

NMF(天然保湿因子)を構成するアミノ酸、人肌コラーゲンに多く含まれるアミノ酸です。

体内で合成できるとはいえ、加齢とともにその合成能力が低下するため、美肌になるためには、積極的に摂った方がよいアミノ酸です。

 

美肌効果

皮膚細胞が生まれてからはがれ落ちるまでの周期は若い人で28日間です。

しかし、その周期も、体調不良や加齢により、どんどん延びていきます。

周期が延びるということは、古い角質がそれだけ角質層にとどまっていることになります。

これがくすみの原因となります。

ターンオーバーがスムーズに進むと、肌表面に傷や汚れがあっても、どんどん生まれ変わります。

それにはまず、皮膚細胞の新陳代謝を高めることが重要です。

そのためには、アルギニン、プロリン、グルタミン、BCAAといったアミノ酸が有効です。

プロリンはビタミンCと一緒になることで摂取したタンパク質やアミノ酸からコラーゲンを生成する働きがあります。

紫外線などでダメージを受けた肌を再生させてくれるほか、肌のハリや弾力を維持するのに効果的です。

 

脂肪燃焼効果

プロリンには脂肪を燃焼させる効果があります。

プロリンには胃やすい臓の消化酵素であるリパーゼを活性化させる働きがあります。

リパーゼが活性化されると体内の脂肪が分解され、エネルギー源として消費されやすくなります。

 

アスパラギン酸

美肌効果

アスパラギン酸は、人肌コラーゲンやNMF(天然保湿因子)を構成するアミノ酸でもあり、美肌効果が期待できます。

体内で合成できるとはいえ、加齢とともにその合成能力が低下するため、美肌になるためには、積極的に摂った方がよいアミノ酸です。

 

スタミナ強化・疲労回復

新陳代謝を活発にし、体内でたんぱく質の合成を高める働きをし、エネルギーを生み出すのに関係していることから、スタミナ強化疲労回復に効果があるとされています。

 

神経系を守る効果

体内に残ると有害物質となるアンモニアは、中枢神経系で悪さをします。

アスパラギン酸にはアンモニアを尿として出す作用があるため、中枢神経系を守ることにもなります。

また、神経伝達物質の原料にもなります。

 

ミネラル運搬

カリウム、マグネシウム、カルシウムといったミネラルを体内の的確な場所に送り届け、細胞内に効率よく取り込む働きがあります。

 

シスチン

システインがふたつ結合したアミノ酸です。

体内では、髪の毛や爪、肌の角質層に多く含まれています。

 

免疫力低下を抑える働き

シスチンは、免疫細胞に働きかけ免疫力低下を抑えます。

 

美肌・美白効果

シスチンは、メラニンの生成によって皮膚にできるシミやソバカスを防ぐのに効果的なアミノ酸です。

シミの原因となるメラニンをつくる酵素であるチロシナーゼの活性を抑制する作用があるためです。

また、ターンオーバーを促進させる効果もあり、つくられたメラニンの排泄を促してくれます。

 

髪や爪、肌を健康に保つ効果

シスチンは、皮膚、髪、爪をつくるたんぱく質の成分となります。

皮膚を強くし、髪にコシを与えてくれるほか、爪を強くする効果があります。

 

アンチエイジング効果

シスチンには、活性酸素から体を守る働きがあります。

体内で代謝されるとイオウを出し、有害な物質と反応して解毒作用が働き、体外へ排出させる効果があります。

 

 

まとめ

・イソフラボン&ファイバーは女性の美容と健康を維持するために必要な成分が豊富に含まれています。

・コラーゲン量のアップも期待できます。

・美容面だけではなく、体の調子も一緒に整えてくれます。

 

 

イソフラボン&ファイバーの詳細ページはこちらです。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

コメント