こむらくだ マグネシウム補給 カルシウム不足に!健活・骨活・美活

健康
  1. 【こむらくだ】マグネシウムとカルシウム補給 サポート成分も充実!
    1. 摂取量の目安(カルシウムとマグネシウム)
    2. マグネシウム不足
    3. マグネシウムの効能
    4. キャンペーン中の今だけ、お得に始められます。
    5. マグネシウムは不足しがちな栄養素
    6. ドロマイト配合
    7. クエン酸のキレート作用
    8. 金時ショウガ配合
    9. ヒハツエキス(Tie2活性化成分)配合
  2. こむらくだのご購入方法
    1. 【らくらく実感コース】(定期便)
    2. ご購入を検討される方は
  3. こむらくだの特徴(詳細)
    1. 特徴1 カルシウムとマグネシウムを2:1の黄金比率で配合
    2. 特徴2 クエン酸配合でカルシウムとマグネシウム、鉄の吸収率が向上
    3. 特徴3 ビタミンB群配合でクエン酸回路活性化
  4. こむらくだの効能
    1. マグネシウム配合
      1. 骨の重要な成分
      2. 代謝の促進・核酸の合成・新陳代謝・血液循環の維持・体温や血圧の調整
        1. ※核酸とは?
      3. 美肌効果
      4. 摂取量の目安(カルシウムとマグネシウム)
      5. マグネシウム不足
    2. カルシウム配合
      1. 美肌効果
      2. 骨や歯の材料
      3. 機能カルシウムが不足した場合
      4. 骨の老化の原因
        1. 過度のダイエット
        2. 運動不足
        3. 過度の運動トレーニング
        4. 栄養バランスの悪い食事
      5. その他の作用
    3. クエン酸配合
      1. 疲労回復効果
        1. 乳酸は疲労物質?
      2. クエン酸のキレート作用
      3. 血流改善効果
      4. その他の効果
    4. ビタミンB1配合
      1. 乳酸を分解して筋肉の疲れをやわらげる働き
      2. 脳や神経を正常に保つ働き
      3. ビタミンB1が不足した場合
    5. ビタミンB2配合
      1. 皮膚や粘膜の健康維持を助ける
      2. ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き
      3. 脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)
      4. 血液サラサラ効果
      5. ビタミンB2が不足した場合
    6. 金時ショウガ配合
      1. ショウガオール
      2. ジンゲロン
    7. 黒大豆ポリフェノール配合
      1. 強力な抗酸化力
    8. ヒハツエキス配合
      1. Tie2
      2. 毛細血管ケア
      3. ゴースト血管
      4. 毛細血管を元気にするためにTie2が有効

【こむらくだ】マグネシウムとカルシウム補給 サポート成分も充実!

マグネシウムは、健康や美容、ダイエットにとても深い関わりのあるミネラルです。

また、マグネシウムは不足しがちな栄養素といわれています。

 

摂取量の目安(カルシウムとマグネシウム)

カルシウムをしっかり摂っていても、マグネシウムが足りないと骨のカルシウムが溶け出してしまうことがわかっています。

カルシウムを多く摂ってもマグネシウムが少ないと、マグネシウムがますます不足するだけでなく、せっかく摂ったカルシウムも無駄になってしまいます。

また、カルシウムの摂取量が多くなると、体外へ排泄されるマグネシウムの量も増すので、両者のバランスが大事です。

カルシウム2に対して、マグネシウム1くらいが理想的な摂取バランスと言われています。

マグネシウムはカルシウムの働きを助ける役割がありますが、カルシウムだけ多く摂取するとマグネシウムの働きが悪くなり、結果的にカルシウムの働きにも影響があります。

 

マグネシウム不足

カルシウムは足りないとホルモンの作用によって骨から取り出すことができますが、マグネシウムはそういう働きが弱い性質があります。

そのため、マグネシウムはきちんと摂っていないとすぐに欠乏してしまいます。

カルシウムもマグネシウムも欠乏の自覚が出にくく、検査で不足がわかるのは相当ひどい状態になってからです。

そのため、常日ごろから不足に注意することが大切です。

ここ数十年で日本人のカルシウム摂取量はかなり伸びましたが、マグネシウム摂取量はあまり増加していないといわれています。

マグネシウムは食品の精製の過程で失われやすい性質があります。

玄米には豊富に含まれていますが、白米にすると激減してしまいます。

そのうえ、マグネシウムは調理によってもかなりの量が失われてしまいます。

食品をゆでただけで、煮汁に20~30%ものマグネシウムが溶け出してしまいます。

 

こむらくだの詳細ページはこちらです。

こむらくだ

 

マグネシウムの効能

マグネシウムは様々な健康・美容・ダイエットに関係しています。

・骨の重要な成分(カルシウムを骨に定着)

・筋肉の働きを正常化する働き

・糖質・脂質・たんぱく質の代謝を促進(ダイエット効果)

・核酸の合成に関与

・敏感肌の方に

・新陳代謝をうまく行うための酵素のサポート役

・体温や血圧の調整

・月経前症候群(PMS)に伴うイライラなどの情緒不安定に関与

 

このようなマグネシウムを効率的に摂ることができるのが、【こむらくだ】というサプリメントです。

ドロマイト(カルシウム、マグネシウム)、クエン酸、ヒハツエキス、金時ショウガ、黒大豆ポリフェノール、ビタミンB1、ビタミンB2が配合されていて、健康、美容、ダイエットにとても効果の高いものとなっています。

また、この中で、カルシウムとマグネシウムの体への吸収に効果的な栄養素クエン酸、ヒハツエキス、金時ショウガです。

 

キャンペーン中の今だけ、お得に始められます。

定期便で通常価格7000円が初回は86%OFF980円(税別、送料無料)で始めることができます。

さらに、定期便なのに、継続回数の縛りはなく、いつでも解約可能です。

継続を希望する場合は、2回目以降も、35%OFFの4550円(税別)となっています。

継続を希望しない場合個数の変更お届け日の変更は、次のお届け予定日の10日前までに連絡をすれば大丈夫です。

 

キャンペーンはいつ終了するか現在未定ですので、気になる方はお早めにチェックしてみてください。

 

こむらくだの詳細ページはこちらです。
 

こむらくだ

 

マグネシウムは不足しがちな栄養素

マグネシウムはカルシウム以上に不足しがちな栄養素です。

加工食品に含まれるリン、利尿剤や大量のアルコールは、さらなるマグネシウム不足を招く原因となります。

 

マグネシウムの1日の食事摂取基準は次の通りです。

・男性(18~29歳):340mg

・女性(18~29歳):270mg

・男性(30~49歳):370mg

・女性(30~49歳):290mg

・男性(50~69歳):350mg

・女性(50~69歳):290mg

・男性(70歳以上):320mg

・女性(70歳以上):270mg

 

食品中のマグネシウムの含有量

・干しひじき(10g):62mg

・刻み昆布(10g):72mg

・カツオ:(100g):42mg

・イワシ(40g):40mg

・アーモンド:(10粒14g):43mg

・栗(5個100g):40mg

・ゴマ(10g):37mg

・くるみ(5粒20g):30mg

・大豆(50g):110mg

・あずき(50g):60mg

・豆乳(1杯210g):53mg

・納豆(1パック50g):50mg

・きな粉(20g):48mg

・木綿豆腐(1/2丁150g):46.5mg

 

マグネシウムを毎日の食事でとるとなると手軽ではありません。

そこで、おすすめなのが、「こむらくだ」というマグネシウムとカルシウムを効率的に補給することができる大人気のサプリメントです。

カルシウム、マグネシウムをとても効率的に摂ることができます。

その他にも、クエン酸、ヒハツエキス、金時ショウガ、黒大豆ポリフェノール、ビタミンB1、ビタミンB2も配合されています。

 

ドロマイト配合

ドロマイトは、太古の生物が海底に堆積して生成したドロマイト岩石を微粉砕した食品用素材です。

カルシウムとマグネシウムを2:1の理想的なバランスで含有する唯一の天然素材です。

体内での吸収が高いのが特徴です。

 

※カルシウム2に対して、マグネシウム1と理想的な割合となっています。

 

クエン酸のキレート作用

クエン酸は身体に吸収されにくいカルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛などの脂溶性のミネラルを水溶性に変え、吸収を良くします。

これをキレート作用といいます。

ミネラルは一般的に吸収されにくい成分ですが、キレート化合物になることで吸収されやすくなるものもあります。

 

金時ショウガ配合

体が冷えていると血流が滞り、せっかくの栄養素がうまく届きません。

そこで、美めぐり習慣では、オーガニック生姜を配合していて、ショウガオールジンゲロンの働きで、血行が促進され、一緒に配合されている成分をよりいっそう体の隅々まで届ける効果が期待できます。

 

ヒハツエキス(Tie2活性化成分)配合

ヒハツエキスに含まれるピペリンという物質がTie2を活性化させることが最近の研究で発表されています。

ヒハツエキスは、Tie2を活性化させることによって、『栄養が届かない』『むくみ』『冷え』などに非常に効果的であることが研究発表されています。

むくみ・冷え対策には、毛細血管から体の隅々まで栄養がしっかりと届けられることが不可欠です。

さらに、他の配合成分もしっかりと体の細部まで届いてくれるようになります。

 

このように、「こむらくだ」は、マグネシウムやカルシウムを摂取するには、とても効率のよいサプリメントです。

 

こむらくだの詳細ページはこちらです。

 

こむらくだのご購入方法

 

【らくらく実感コース】(定期便)

内容量:1袋150粒入り(約30日分)

 

定期便で通常価格7000円が初回は86%OFF980円(税別、送料無料)で始めることができます。

さらに、定期便なのに、継続回数の縛りはなく、いつでも解約可能です。

継続を希望する場合は、2回目以降も、35%OFFの4550円(税別)となっています。

継続を希望しない場合個数の変更お届け日の変更は、次のお届け予定日の10日前までに連絡をすれば大丈夫です。

 

ご購入を検討される方は

 下のページからご覧になれます。

こむらくだの詳細ページはこちらです。

 

こむらくだ

 

こむらくだの特徴(詳細)

 

特徴1 カルシウムとマグネシウムを2:1の黄金比率で配合

カルシウムの摂取量が多くなると、体外へ排泄されるマグネシウムの量も増すので、両者のバランスが大事です。

マグネシウムはカルシウムの働きを助ける役割がありますが、カルシウムだけ多く摂取するとマグネシウムの働きが悪くなり、結果的にカルシウムの働きにも影響があります。

理想的な、カルシウムとマグネシウムのバランスは2対1くらいなので、こむらくだは最適な配合量となっています。

 

特徴2 クエン酸配合でカルシウムとマグネシウム、鉄の吸収率が向上

クエン酸のキレート作用によって、身体に吸収されにくいカルシウムやマグネシウム、鉄などの脂溶性のミネラルが水溶性に変わり吸収率が向上します。

 

特徴3 ビタミンB群配合でクエン酸回路活性化

ビタミンB群が不足するとクエン酸回路がスムーズに回らなくなります。

すると、筋肉内に乳酸が作られてしまいます。

また、筋肉が疲労すると、酸素不足になって乳酸という物質がたまってきます。

乳酸には、血液を流れにくくする作用があるので、たまるとますます酸素不足になり、さらに血流が低下する悪循環が起こります。

そこで、こむらくだには、ビタミンB1、ビタミンB2が豊富に含まれていますので、クエン酸回路の活性化に役立っています。

 

 

こむらくだの詳細ページはこちらです。

 

 

「こむらくだ」に配合されている成分とその効果について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

こむらくだの効能

 

マグネシウム配合

骨の重要な成分

カルシウムを骨に定着させるのがマグネシウムです。

マグネシウムが足りないとカルシウムは無駄になってしまいます。

骨の正常な代謝を維持します。

カルシウムとともに骨や歯の発育や強化をうながす重要な役割を担うミネラルです。

マグネシウムは、汗で流れ出てしまったり、年齢を重ねると体にため込むことができる量が減ってしまうと言われています。

筋肉をリラックスさせたり、エネルギーの変換に関わっていると言われています。

 

代謝の促進・核酸の合成・新陳代謝・血液循環の維持・体温や血圧の調整

マグネシウムの大切な働きは、ビタミンB群とともに、糖質、脂質、たんぱく質の代謝を助けることです。

これらの代謝には、酵素が必要ですが、マグネシウムは、体内にある300種類以上の酵素の働きやエネルギーの産生を助けています。

また、マグネシウムは核酸の合成(※)に関わるといった重要な働きや新陳代謝をうまく行うための酵素のサポート役としても活躍しています。

また、血液循環を維持するために働くほか、神経の興奮を抑える体温や血圧を調整する筋肉の収縮などの非常に重要な働きにも関わっています。

マグネシウムが不足すると筋肉のけいれんを引き起こす場合があります。

海外の研究では、マグネシウム不足が月経前症候群(PMS)に伴う、イライラなどの情緒不安定に関係しているのではないかと言われています。

 

※核酸とは?

核酸は、すべての細胞内にあって、遺伝をつかさどっている有機化合物です。

核酸には、「新陳代謝の促進」「抗酸化作用」「免疫力を高める」という3つの大きな働きがあり、美肌やアンチエイジングに大きく関係しています。

体には、約60兆といわれる細胞が集まっていて、体内の細胞はつねに新しいものにつくりかえられています。

この新陳代謝が円滑に行われるためには、十分な核酸が必要です。

核酸は、多く生成されるほど、新陳代謝がスムーズになり、シミやシワを防ぎ、ツヤツヤの髪を保つほか、内臓の機能低下をくい止めてくれます。

核酸は、肝臓で生成されますが、20歳を過ぎると肝臓での生成機能が低下し、40歳を過ぎると急激に減少するため、細胞の新陳代謝を停滞させ、老化の促進の原因になります。

失われた核酸を補うことで、新陳代謝が活発になり老化予防となり、潤いのある美しい肌を保つことができます。

 

美肌効果

マグネシウムはNMF(天然保湿因子)の構成成分です。

また、敏感肌な人ほど、体内のマグネシウムが不足している場合があります。

それは、マグネシウムが少ないと細胞がうまく分裂できず、皮膚のバリア機能も構築しにくくなるためです。

マグネシウムは細胞が分裂したり、また細胞が分化して角質層になるためにも必要なミネラルです。

また、敏感肌や乾燥肌の人は、皮膚がかゆくなって掻いてしまうことが多いです。

そして、掻けば掻くほどかゆみはひどくなります。

これは、ヒスタミンというかゆみを引き起こす神経伝達物質の放出が止まらなくなるからです。

このヒスタミンの放出を抑えるのにも、マグネシウムは関与しています。

 

摂取量の目安(カルシウムとマグネシウム)

カルシウムをしっかり摂っていても、マグネシウムが足りないと骨のカルシウムが溶け出してしまうことがわかっています。

カルシウムを多く摂ってもマグネシウムが少ないと、マグネシウムがますます不足するだけでなく、せっかく摂ったカルシウムも無駄になってしまいます。

また、カルシウムの摂取量が多くなると、体外へ排泄されるマグネシウムの量も増すので、両者のバランスが大事です。

カルシウム2に対して、マグネシウム1くらいが理想的な摂取バランスと言われています。

マグネシウムはカルシウムの働きを助ける役割がありますが、カルシウムだけ多く摂取するとマグネシウムの働きが悪くなり、結果的にカルシウムの働きにも影響があります。

 

マグネシウム不足

カルシウムは足りないとホルモンの作用によって骨から取り出すことができますが、マグネシウムはそういう働きが弱い性質があります。

そのため、マグネシウムはきちんと摂っていないとすぐに欠乏してしまいます。

カルシウムもマグネシウムも欠乏の自覚が出にくく、検査で不足がわかるのは相当ひどい状態になってからです。

そのため、常日ごろから不足に注意することが大切です。

ここ数十年で日本人のカルシウム摂取量はかなり伸びましたが、マグネシウム摂取量はあまり増加していないといわれています。

マグネシウムは食品の精製の過程で失われやすい性質があります。

玄米には豊富に含まれていますが、白米にすると激減してしまいます。

そのうえ、マグネシウムは調理によってもかなりの量が失われてしまいます。

食品をゆでただけで、煮汁に20~30%ものマグネシウムが溶け出してしまいます。

 

こむらくだの詳細ページはこちらです。

 

カルシウム配合

美肌効果

カルシウムはNMF(天然保湿因子)の構成成分です。

また、カルシウムで新陳代謝が促進されます。

新しい皮膚細胞が成熟し、表皮の角質に成長するときにカルシウムが必要とされます。

カルシウムが充実していると、新しいお肌への生まれ変わりが活発になり、若々しく滑らかな表皮を保つことが出来ます。

 

骨や歯の材料

カルシウムは骨や歯の材料となります。

体内にあるカルシウムのうち99%は骨や歯にある「貯蔵カルシウム」で、1%は血液や筋肉、神経系に含まれる「機能カルシウム」です。

貯蔵カルシウムと機能カルシウムは相互関係があります。

機能カルシウムは血液中に溶け込んで血液凝固や精神安定の働きをしたり、筋肉の働きをサポートします。

機能カルシウムが不足すると、骨にある貯蔵カルシウムが放出されて、血中カルシウム濃度が一定に保たれます。

カルシウムの不足が続くと、骨にあるカルシウムが減少し、骨密度が低下し、骨折や骨軟化症、骨粗しょう症を起こしやすくなります。

成長期であれば、歯の質が悪くなったり、あごの発達が遅れます。

また、閉経前後の女性は骨代謝をうながすエストロゲンが減少するため、骨が弱くなります。

血中のカルシウム調節がうまくいかず、胃から多く溶け出してしまうようになり、骨に含まれるカルシウム量が減ってしまいます。

 

機能カルシウムが不足した場合

体内のカルシウムの1%は機能性カルシウムとして、血液中や筋肉、脳にあって、神経のいらだちを抑え、筋肉を収縮させて心臓の活動を規則正しく保つ働きをしています。

この1%のカルシウムが足りなくなると、体は不足分を骨から取り出し、血液中のカルシウムを一定に保つ仕組みをしています。

このため、不足が長引くと、骨のカルシウムが減少しスカスカになってしまいます。

血液中のカルシウムも補えないため、血行が悪化し、肩こりやいらいら、さらには動脈硬化や高血圧の原因にもなります。

 

骨の老化の原因

骨の老化は若くても引き起こります。

 

過度のダイエット

ダイエットの頻度が多いほど骨密度は減少するというデータがあります。

 

運動不足

運動不足が続くと破骨細胞が活性化し、骨密度が低下していきます。

 

過度の運動トレーニング

激しすぎる運動は乳酸等の有機酸を増加させ、骨からカルシウムが流出してしまいます。

 

栄養バランスの悪い食事

塩分の摂りすぎはカルシウムの排出を増加させてしまいます。

 

その他の作用

カルシウム不足イライラの原因になったり、肩こりや腰痛を起こしやすくなります。

また、血行と血液の状態にも影響を及ぼし、高血圧や動脈硬化の原因にもなります。

この他にも、カルシウムは神経伝達物質をコントロールしたり、筋肉を収縮させたり、血液の凝固を促したり、ホルモンや唾液、胃液などの分泌に関わっています。

 

こむらくだの詳細ページはこちらです。

  

クエン酸配合

疲労回復効果

クエン酸の主な働きの一つに「クエン酸回路」と呼ばれるものがあります。

クエン酸回路とは、細胞の中でエネルギーをつくる仕組みのことです。

これは、エネルギー生成の過程に必要な経路で、最初にできるのがこのクエン酸です。

まず、体内に摂取された糖質や脂質は、ブドウ糖やアミノ酸、グリセリン、脂肪酸などに分解され、さらにブドウ糖はピルビン酸(または乳酸)に分解されていきます。

これを解糖作用といいます。

解糖作用の最終段階でできたピルビン酸が分解されてクエン酸回路に取り込まれると、クエン酸、アコニット酸、イソクエン酸などさまざまな酸に変化し続けてエネルギーを生産し、最終的には炭酸ガスと水になって体の外に排出されます。

解糖作用でできる乳酸などの酸化物をうまく燃焼させるのが、クエン酸です。

クエン酸が補給され、クエン酸回路が正常に動いてくれれば、疲労物質が体内にたまりにくくなります。

また、クエン酸もクエン酸回路に入ってエネルギー(ATP)に変えられます。

 

乳酸は疲労物質?

筋肉が疲労すると、酸素不足になって乳酸という物質がたまってきます。

乳酸には、血液を流れにくくする作用があるので、たまるとますます酸素不足になり、さらに血流が低下する悪循環が起こります。

よく「乳酸は疲労物質」といわれますが、疲労の実態は乳酸そのものではなく、酸素不足なのです。

クエン酸回路がよく回ると、乳酸もピルビン酸というものに変化して、エネルギーを産出します。

クエン酸や酢酸を摂ると疲労が回復するのは、血流が流れやすくなり、隅々の組織まで酸素が供給されて、クエン酸回路が回るようになるからです。

疲れやすい人や、筋肉痛がある人、肩こりがひどい人、腰痛のある人、なんとなくだるい人はクエン酸を摂ることで症状が改善されます。

 

クエン酸のキレート作用

クエン酸は身体に吸収されにくいカルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛などの脂溶性のミネラルを水溶性に変え、吸収を良くします。これをキレート作用といいます。

ミネラルは一般的に吸収されにくい成分ですが、キレート化合物になることで吸収されやすくなるものもあります。

 

血流改善効果

クエン酸には血流を改善する働きがあります。

血液中のカルシウムとくっつくことで血小板や白血球の動きを適度に抑え、血液をサラサラにする効果が期待されています。

 

その他の効果

クエン酸は肩こり・腰痛の予防や、抗菌・抗ウイルスにも高い効果があります。

 

 

こむらくだの詳細ページはこちらです。

 

ビタミンB1配合

次のような効能があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き

・糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする働き

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働き(糖質の代謝を促進)があります。

体内で糖質をエネルギーに変えるとき、酵素の働きが必要になります。

この酵素がしっかりと機能するには補酵素が不可欠で、ビタミンB1は補酵素の働きを果たしています。

糖質代謝を促す酵素はアミノ酸だけからなる純タンパク質(アポ酵素)で、この酵素の働きを助ける補酵素がなければ、糖質をエネルギーに変えることはできません。

 

乳酸を分解して筋肉の疲れをやわらげる働き

ビタミンB1が不足すると、糖質がきちんと代謝できず、体内に乳酸などの疲労物質が蓄積され、疲れやすくなったり、筋肉痛を起こしやすくなったりします。これが肩こりの原因になると言われています。

 

脳や神経を正常に保つ働き

ビタミンB1は、脳や神経にとっても大切で、中枢神経や手足の末梢神経を正常に働かせる作用があります。

ビタミンB1は脳や神経の働きを助けるので集中力が増し、記憶力が向上します。

また、手足や足先などの感覚が敏感に働くようになります。

 

ビタミンB1が不足した場合

ビタミンB1が不足すると、イライラなどの症状や集中力の低下、さらに食欲不振、全身の倦怠感、手足のむくみやしびれ、動悸、息切れ、筋肉痛、脚気などがあらわれます。

また、脳には、血管収縮作用によって脳を活性化させるセロトニンという物質がありますが、ビタミンB1が欠乏することで、セロトニン代謝が正常に行われず、脳の機能がうまく作動せず、気力減退や慢性的な眠気を引き起こします。

アルコールを分解するのにもビタミンB1は必要です。

お酒を毎日大量に飲み、慢性的にビタミンB1が不足している人は、中枢神経が侵されるウェルニッケ・コルサコフ症候群という神経疾患にかかることがあります。

手足や顔面の麻痺、言語障害、記憶障害などがあらわれます。

 

こむらくだの詳細ページはこちらです。
 

 

ビタミンB2配合

次のような効能があります。

 

皮膚や粘膜の健康維持を助ける

美容のビタミンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の発育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助ける働きをします。

 

ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き

みずみずしい肌をキープするのにも必須のビタミンです。

 

脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)

脂肪を燃やしてエネルギーに変えるときに、補酵素として働きます。

脂肪が多い食べ物を多くとった時には、ビタミンB2も多めに摂ると、脂肪が次々と燃焼されるので、脂肪太りのダイエットには大きな効果があります。

 

血液サラサラ効果

体内の活性酸素と結びつくことで生まれる有害物質である過酸化脂質の分解に作用して、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

ビタミンEは過酸化脂質ができるのを防ぐ働きを持っていますが、ビタミンB2はつくられた有害な過酸化脂質を分解・消去するのに役立ちます。

 

ビタミンB2が不足した場合

不足すると、口内炎など粘膜のトラブルや皮膚炎があらわれます。

 

金時ショウガ配合

体が冷えていると血流が滞り、せっかくの栄養素がうまく届きません。

そこで、美めぐり習慣では、オーガニック生姜を配合していて、ショウガオールジンゲロンの働きで、血行が促進され、「美めぐり習慣」に一緒に配合されている成分をよりいっそう体の隅々まで届ける効果が期待できます。

 

ショウガオール

血行促進の作用があり、身体を温めて、冷え性を改善します。

また、強い抗酸化作用があり、脂質の酸化を防止してコレステロール値を低下させ、動脈硬化や糖尿病の予防にも役立ちます。

さらに、二日酔いやつわりの吐き気を抑え、胃潰瘍を予防する働きもあります。

 

ジンゲロン

体を温めて血行をよくし、冷え性に効果的です。

血液循環をよくします。

内臓の働きを活発にして発汗作用を高め、体脂肪の燃焼を促進してコレステロール値を低下させる効果があります。

抗酸化作用もあります。

 

黒大豆ポリフェノール配合

ポリフェノールの重要な働きが抗酸化作用です。

ポリフェノールは、抗酸化作用が強いため、活性酸素の抑制を行い細胞の損傷を避けることができますので、美肌にも効果があります。

活性酸素は老化を促進し、お肌のハリやツヤを奪っていきます。

ポリフェノールは活性酸素を除去することで、老化を防止してくれます。

また、動脈硬化などの原因は、血中のLDLコレステロール(悪玉)だといわれてきましたが、現在では、LDLコレステロールが酸化することによって、血管の内壁に付着することが問題視されています。

ポリフェノールの抗酸化力は、血液中のLDLコレステロールの酸化を防ぐことに効果があるといわれています。

 

強力な抗酸化力

β-カロテンやビタミンC、ビタミンEなども抗酸化作用が強いのですが、β-カロテンやビタミンEは細胞の脂溶性部分で、ビタミンCは水溶性部分で抗酸化作用を発揮します。

つまり、それぞれ活性酸素の除去に働き領域があります。

しかし、ポリフェノールは細胞間の水溶性部分を守りながら、一部は細胞の脂溶性部分でも働きますし、細胞膜上でも力を発揮することが判明しています。

活性酸素よって最もダメージを受けやすいのは細胞の部分だと考えられていますので、ポリフェノールのオールラウンドで強い抗酸化作用に注目が集まっています。

また、ポリフェノールには、脂肪燃焼を促進する効果血栓を予防して血液をサラサラにする効果血管を守る作用血流を改善する作用など、さまざまな健康効果があることがわかっています。

 

こむらくだの詳細ページはこちらです。

こむらくだ

 

ヒハツエキス配合

ヒハツエキスに含まれるピペリンという物質がTie2を活性化させることが最近の研究で発表されています。

ヒハツエキスは、Tie2を活性化させることによって、『栄養が届かない』『むくみ』『冷え』などに非常に効果的であることが研究発表されています。

むくみ・冷え対策には、毛細血管から体の隅々まで栄養がしっかりと届けられることが不可欠です。

予防医療や科学の分野でさまざまな研究が進められ、最新の研究で毛細血管の大切さとその若さを保つ働きをしている【Tie2(タイツー)】の存在が明らかになってきました。

毛細血管のケア(Tie2活性)は、身体と肌が本来持っている生命力を蘇らせる根本的なアンチエイジングとして、新たな可能性をもたらしてくれるものとして最新研究結果として発表されています。(Tie2・リンパ・血管研究会)

 

Tie2・リンパ・血管研究会とは?

各分野で活躍する臨床医、基礎研究者、企業の開発担当者が「Tie2の活性化、リンパ管・血管の安定化」というコンセプトのもとに、Tie2の活性化や血管とむくみのメカニズムなどを日々研究しています。

 

Tie2

Tie2とは、血管・リンパ管の機能を制御する重要な役割を持つ受容体です。

このTie2が減少すると、血管から不要な水分や老廃物が漏れ出てしまい、血管やリンパ管に悪影響を与えてしまいます。

Tie2をしっかり活性化させることで、細胞が安定し血管のめぐりを良くしたり、リンパ管の老化を予防できると言われています。

ヒハツエキスがTie2の活性化作用を持つ素材であることが発表されています。

ヒハツエキスを補うことで、毛細血管が正常化し、むくみ改善だけではなく、肌のうるおいと透明感を整えることができます。

さらに、他の配合成分もしっかりと体の細部まで届いてくれるようになります。

 

毛細血管ケア

毛細血管の働きは次の通りです。

・栄養素を全身に届けて老廃物を回収

・熱の放出をコントロールし体温を一定に保つ

 

毛細血管は全身の血管の99%を占め、酸素と栄養を体や肌のすみずみまで送り届ける大切な働きをもっています。

毛細血管の働きが悪くなると、酸素や栄養が皮膚や細胞に十分に行き渡らなくなってしまいます。

皮膚や細胞に酸素や栄養がいかなければ、むくみや冷えなどの体の不調やシミ・しわなどのお肌のトラブルの原因になります。

また、毛細血管の働きが悪くなると、リンパ管の機能が低下し、老廃物や不要な水分の回収が上手くいかなくなり、めぐりが悪くなり、むくみや冷え、シミやくすみ、クマなどの原因になります。

めぐりを良くしなければ、どんなに優れたサプリメントを使っても体やお肌の細部まで必要な成分は届かなくなってしまいます。

 

ゴースト血管

「ゴースト血管」とは、血液が流れなくなった血管で、その状態が続くといずれ消えてしまいます。

毛細血管から細胞に酸素や栄養を届けています。

そのため、毛細血管がゴースト化してしまうと、酸素や栄養を絶たれた細胞が死に、健康や美容に重大な問題を引き起こすことが分かってきました。

以前から、ゴースト化の指標である毛細血管の長さは年齢とともに短くなることが知られていましたが、個人差が非常に大きく、20代や30代の若い世代でも毛細血管がゴースト化している人がいることが分かりました。

毛細血管は年を重ねるとともに衰え、毛細血管そのものの数が減少していくことがわかっています。

使われなくなった毛細血管は20代をピークに、60代ではさらにその数を減らし、およそ40%も減少してしまいます、

特に40代以降は、徐々に毛細血管の外側の壁細胞と内皮細胞の結びつきがもろくなり、酸素や栄養素が漏れやすく、運搬が滞るようになります。

この状態になると、血管から不要な水分や老廃物が漏れ出てしまい、血管やリンパ管に悪影響を与えてしまいます。

この状態では、2つの大きな悪いことが起きます。

1つ目は、むくみ改善や冷え改善・ダイエットのためにサプリメントなどでせっかく効果的な栄養(成分)を摂っても細胞に届くまでに漏れてしまうこと。

2つ目は、リンパ管の機能が低下し、老廃物や不要な水分の回収が上手くいかないことです。

この2つのことから、「栄養が届かない」「むくみ」「冷え」などダイエットや健康・美容に大敵な体内サイクルが作られてしまいます。

 

毛細血管を元気にするためにTie2が有効

最近の研究によって、毛細血管を元気にするためには、Tie2と呼ばれる受容体を活性化させる必要があり、Tie2を活性化するにはある特定の植物エキスが有効であるということが発表されています。

そうした植物エキスの有用成分を摂取しTie2を元気に導くことで、毛細血管のゆるみを引き締め、ダメージを予防する働きが認められ、むくみの改善・めぐり改善・冷え性改善に非常に有効な成分として注目されています。

その植物エキスがヒハツエキスです。

 

こむらくだ

こむらくだの詳細ページはこちらです。
 

読んでいただきありがとうございました。

 

コメント