ラクトフェリンサプリ 美活ダイエット!お得に購入!詳細情報を紹介

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」美活ダイエット

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」

 

忙しい女性を応援するダイエットサポートがいろいろ販売されています。

美容と健康維持を心がける女性が増えている中で注目されているのが菌活・腸活です。

「腸活(腸内環境を整えるための活動)」はメディアにも大きく取り扱われ始めています。

食品メーカーは「腸活」をコンセプトにした商品を次々と発売しています。

石原さとみさんや、永作博美さん、小倉優子さんなど、「腸活」を実践している女優さんも多く、多くの女性が普段の生活で菌を含む食品を意識して摂取しています。

 

でも実は、体に取り込んだ菌は、数時間から数日で体外に出てしまうことから、毎日欠かさず摂ることがとても大事です。

 

しかも、忙しい中、菌の含まれた食品をスーパーなどで買ったり、食事などから毎日摂るのはなかなか大変ですし、続けるのもストレスになります。

そこでおすすめなのが、「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」というダイエットサプリです。

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」はラクトフェリンを300mgと高配合、フェカリス菌(乳酸菌)、ビフィズス菌を配合していて美活ダイエットに効果的です。

 

 

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」の配合成分

 

・ラクトフェリン(300mg

フェカリス菌

・ビフィズス菌BR-108

・オリゴ糖

 

 

耐酸性カプセルを採用

 

ラクトフェリンや乳酸菌は胃酸に弱いため、腸に届く前に死滅してしまうこともあります。

そこで、「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」では、耐酸性カプセルを採用しています。

耐酸性カプセルは、胃酸では溶けず、栄養素を吸収する腸に届いたタイミングで溶ける性質をもっています。

そのため、効率的にラクトフェリンや乳酸菌を腸から摂取することができます。

 

 

ご購入はこちらがお得です!

 

配合されている成分の効果についてご紹介していきたいと思います。

 

ラクトフェリン配合

ラクトフェリンとは

 

ラクトフェリンは母乳に多く含まれている糖タンパク質です。

母乳以外にも涙や汗、唾液などに含まれ、病原菌が体内に侵入するのを防ぐ働きをになっています。

ラクトフェリンには細菌の生存や増殖を抑制する免疫機能があります。

腸内に入ると大腸菌の増殖を抑え、善玉菌であるビフィズス菌を増やす働きをします。

ラクトフェリンの効果は、病気の予防だけではありません。

ダイエット美肌などの美容効果まであります。

 

 

腸内環境の改善

 

ラクトフェリンは鉄分と結合しやすい性質を持っていて、悪玉菌の増殖を防ぐ効果と腸内のビフィズス菌(善玉菌)を増やす効果があります。

悪玉菌は、鉄分と結合することで生育します。

その鉄分をラクトフェリンが結合してしまうことで、悪玉菌と鉄分が結合することを阻害し、悪玉菌の増殖を防ぐことができます。

さらに、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことで腸内環境を改善してくれます。

 

 

内臓脂肪の減少

 

食事により摂取した糖や脂質はエネルギーとなり消費されますが、消費されなかった分は脂肪として蓄積されます。

ラクトフェリンは脂肪を分解する酵素であるリパーゼの働きを活性化します。

脂肪の分解がスムーズになることで、脂肪細胞がため込んだ脂肪をどんどん分解します。

また、脂肪細胞の合成を抑制し脂肪が蓄積するのを防ぐ効果もあるとされています。

 

 

美肌効果

 

ラクトフェリンには、肌のターンオーバーを正常化し、老化を防いでくれる効果もあります。

これはラクトフェリンが鉄分と結合しやすい性質を持っているためです。

人の体は、血液によって運ばれる酸素や栄養をもとに新しい細胞を作っています。

新しい細胞をつくることで、古くなった細胞が剥がれ落ちるのがターンオーバーです。

鉄が不足していると酸素や栄養が細胞に運ばれず、新しい細胞が生まれません。

古い細胞が残ったままの状態になり、しみやくすみといった肌トラブルが起こります。

鉄分不足を解消し、細胞へ酸素が運ばれやすくすることで、お肌のターンオーバーを正常化することができます。

 

 

ダイエット効果

 

脂肪の代謝には血液中の酸素が必要になるため、酸素を運んでくれる鉄分はダイエットに必要不可欠です。

ラクトフェリンによって鉄分が補給されることで、基礎代謝がスムーズになり肥満を防ぐことができます。

また、継続してラクトフェリンを摂ることで、筋肉にも酸素がしっかりと運ばれるため、筋肉量が増えて脂肪燃焼力アップも期待できます。

 

 

フェカリス菌(乳酸菌)配合

 

フェカリス菌とは、もともと体内に存在する乳酸菌の一種です。

一般的な乳酸菌と比べて小さいため、狭いところまで行き届き、少しの量でも多くの菌を摂ることに適しています。

通常の乳酸菌と比べ約1/5サイズのフェカリス菌。

ナノ単位の小ささのために大量に摂取でき、より高いパワーが期待できます。

『乳酸菌のサイズは効果に関係あるのかな?』と思うかもしれませんが、実は、小さければ小さいほど腸での吸収や活性が優れています。

 

ヒト由来の乳酸菌だからやさしい

 

フェカリス菌は、もともと人間の体内に存在する乳酸菌の一種です。

そのため、体に無理なくやさしく働きかけます。

 

 

善玉菌をしっかりとサポート

通常、生きたまま摂る方が良いとされる乳酸菌ですが、フェカリス菌は加熱処理された状態で摂取することで善玉菌をしっかりとサポートしてくれます。

 

乳酸菌の効果

善玉菌を増やす効果

 

乳酸菌を摂取すると、腸にしっかりと定着して善玉菌を増やしてくれます。

善玉菌の数が減っていておなかの調子が良くないという人でも、便通改善整腸作用などを実感しやすくなります。

 

 

腸内フローラの改善

 

乳酸菌は腸内フローラを良い状態に保ってくれる働きをします。

腸内フローラが整っていないと、便秘や下痢、風邪といった症状が次々と起こります。

乳酸菌を摂取すると悪玉菌が減少して、善玉菌が優位のバランスになるので、「腸内フローラが整っている状態」になります。

その結果として、腸内が刺激されて便が出やすくなります。

 

 

美肌作用

 

腸内で悪玉菌が増えると、悪玉菌が作り出す毒素が腸から肌に運ばれてしまうことで肌荒れが起きやすくなります。

腸内フローラが改善すると肌の調子を整える効果まで期待できます。

美容液など外側からのスキンケアを頑張っていてもなかなか肌がきれいにならないという方は、乳酸菌で体の内側から美肌ケアをするのもとても効果的な方法です。

 

 

乳酸菌は毎日摂り続けることが大事です。

 

乳酸菌は腸内に留まるのがとても苦手です。

しかも腸内にある善玉菌はもともと数が少ない上に、食生活や不規則な生活習慣によって悪玉菌に負けてしまいます。

一度にたくさん乳酸菌を摂ったとしても、どんどん減少してしまうため、毎日摂り続けることが重要です。

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」なら、簡単に毎日摂ることができます。

 

ビフィズス菌BR-108配合

 

BR-108は赤ちゃんの腸管より分離したビフィドバクテリウム・ロンガム(ビ

フィズス菌)を特殊な技術で製造した殺菌ビフィズス菌素材です。

腸内フローラの改善、花粉症の症状抑制、便秘改善に効果があります。

老廃物を体に溜めこんでしまうと、太りやすく、痩せづらい体質になってしまいます。

さらに肌荒れ、免疫力の低下の原因になってしまいます。

腸内環境を整えることがキレイ痩せにはとても重要です。

 

 

ビフィズス菌

 

ビフィズス菌は大腸内の腐敗菌や病原微生物の増殖を抑制して、免疫機能を高める働きがあります。

ビフィズス菌は乳酸菌の仲間で、腸内でビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK、ナイアシン、葉酸などを生成する働きがあります。

善玉菌の一種である乳酸菌とビフィズス菌はよく同じものとして扱われますが、実は別物です。

小腸など様々な場所に存在する乳酸菌と違い、ビフィズス菌は大腸にのみに生息しています。

お腹の中の善玉菌の99.9%はこのビフィズス菌で、乳酸菌との相性はバツグンです。

乳酸菌は乳酸をつくり出しますが、ビフィズス菌は乳酸に加えて酢酸を作り出します。

乳酸には、腸の動きをよくし、便秘を防ぐ効果があります。

すると、肌荒れがやわらぐほか、免疫機能もアップし、アレルギーにもよい効果をもたらします。

また酢酸は、O-157のような病原性大腸菌に対して増殖を抑える効果があります。

便秘を防いで有害物質がつくられるのを抑制し、下痢を防いだり、腸の働きを活発にして消化・吸収を助ける働きがあるほか、免疫力を高める作用もあります。

 

 

美肌効果・免疫力向上・便秘改善

 

ビフィズス菌などの善玉菌が増えると、お通じがよくなり、栄養の吸収が高まります。

その結果、血液の質が向上し、肌や皮膚がきれいになります。

さらに、免疫力が向上するため、病気にかかりにくくなります。

大腸には「善玉菌」と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌、そしてその一方で「悪玉菌」が存在し、悪玉菌が増えると腸の老化が進んでしまいます。

乳酸菌やビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸は腸内を酸性にし、酸性環境の苦手な悪玉菌を減らしてくれます。

さらに腸のはたらきを活性化し、消化吸収やぜん動運動もうながしてくれるため、便秘の改善にもなります。

免疫力を高める働きから、花粉症などのアレルギーに対する効果やインフルエンザなどの感染症予防としても注目されています。

 

 

ビフィズス菌によって生成されるビタミンの効果

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK、ナイアシン、葉酸

 

ビタミンB1

 

次のような効能があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き

・糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする働き

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働き(糖質の代謝を促進)があります。

 

体内で糖質をエネルギーに変えるとき、酵素の働きが必要になります。

この酵素がしっかりと機能するには補酵素が不可欠で、ビタミンB1は補酵素の働きを果たしています。

糖質代謝を促す酵素はアミノ酸だけからなる純タンパク質(アポ酵素)で、この酵素の働きを助ける補酵素がなければ、糖質をエネルギーに変えることはできません。

 

・乳酸を分解して筋肉の疲れをやわらげる働き

ビタミンB1が不足すると、糖質がきちんと代謝できず、体内に乳酸などの疲労物質が蓄積され、疲れやすくなったり、筋肉痛を起こしやすくなったりします。これが肩こりの原因になると言われています。

 

 

 

ビタミンB1が不足した場合

ビタミンB1が不足すると、イライラなどの症状や集中力の低下、さらに食欲不振、全身の倦怠感、手足のむくみやしびれ、動悸、息切れ、筋肉痛、脚気などがあらわれます。

また、脳には、血管収縮作用によって脳を活性化させるセロトニンという物質がありますが、ビタミンB1が欠乏することで、セロトニン代謝が正常に行われず、脳の機能がうまく作動せず、気力減退や慢性的な眠気を引き起こします。

 

 

ビタミンB2

ビタミンB2には次のような効能があります。

皮膚や粘膜の健康維持を助ける

美容のビタミンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の発育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助ける働きをします。

 

ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き

みずみずしい肌をキープするのにも必須のビタミンです。

 

脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)

 

脂肪を燃やしてエネルギーに変えるときに、補酵素として働きます。

脂肪が多い食べ物を多くとった時には、ビタミンB2も多めに摂ると、脂肪が次々と燃焼されるので、脂肪太りのダイエットには大きな効果があります。

 

 

血液サラサラ効果

 

体内の活性酸素と結びつくことで生まれる有害物質である過酸化脂質の分解に作用して、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

ビタミンEは過酸化脂質ができるのを防ぐ働きを持っていますが、ビタミンB2はつくられた有害な過酸化脂質を分解・消去するのに役立ちます。

 

 

ビタミンB2が不足した場合

不足すると、口内炎など粘膜のトラブルや皮膚炎があらわれます。

 

ビタミンB6

 

次のような効果があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける

・たんぱく質の代謝を助ける

 

たんぱく質の材料となるアミノ酸を合成したり、分解したりする酵素を助ける補酵素として働きます。

・神経伝達物質の生成を助け精神状態を安定させる

神経細胞間で情報を伝達するアドレナリン・ドーパミン・セロトニン・GABAなどの神経伝達物質の生成に関わっています。

不足すると、神経の働きをよくするアミノ酸の代謝が停滞して、不眠症やうつ状態になることもあります。

・赤血球を生成する(貧血予防効果)

・免疫系を正常にして、アレルギー症状を抑える(ぜんそくや花粉症、慢性鼻炎)

・体外から侵入した病原体を攻撃して無力化させる免疫物質の「免疫グロブリン」を作るのに欠かせない成分です。

・脂質の代謝をサポートして、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぐ

 

・月経前にイライラしたり、うつ状態になったり、頭痛に悩まされるといったPMS(月経前症候群)や「つわり」を軽減する。

ビタミンB6は、卵胞ホルモンの代謝に働きかけ、ホルモンのバランスを整えます。

このためホルモンのアンバランスから体調が崩れるPMS(月経前症候群)を改善する効果があります。

 

また、妊婦さんのつわりにも効果的です。

つわりの原因であるトリプトファンというアミノ酸の代謝不調を正常に整えてくれます。

ビタミンB6は赤ちゃんの脳神経系の発達にも関わるので、妊娠中はしっかりと摂ることが重要です。

・ビタミンB6が不足すると、口内炎や口角炎、肌荒れ、湿疹、手足のしびれ、こむら返りなど、さまざまな症状が起きることがわかっています。

・ビタミンB6を葉酸やビタミンB12とともに摂取することで、動脈硬化の原因物質ホモシステインの増加が抑えられます。

・ビタミンB群の中でも、ビタミンB2、B6、ナイアシンはお互いに不可欠な存在です。

ビタミンB6は、ビタミンB2がなければ働くことができず、ナイアシンはビタミンB6なしでは役割を果たすことができません。

ビタミンB6が活性型に変わると時にはビタミンB2が必要です。

また、アミノ酸のひとつ、トリプトファンからナイアシンが合成されるときには、ビタミンB6が必要です。

 

ビタミンB12

 

ビタミンB12は葉酸と一緒になって赤血球のヘモグロビンの合成を助けています。

不足すると造血がうまくいかず、赤血球の数が減ったり、異常に大きい赤血球ができたりと、生成がうまくいかなくなります。

そうすると全身に酸素が行きわたらなくなり、だるさや動悸・息切れなどが起こってしまいます。

これを「悪性貧血」と呼んでいます。

また、ビタミンB12はタンパク質や脂質のエネルギー化にも関わっているほか、脳の中枢神経や末梢神経の機能を正常に働かせる重要な役割もあります。

肩こり腰痛には末梢神経が関係しているため、ビタミンB12には、痛みを軽くする働きもあります。

 

 

ビタミンK
止血作用

 

ビタミンKの主要な作用は、血液凝固に関与するものです。

出血が起こると、血液中に含まれるフィブリノーゲンという物質が変化し、血液をゼラチン状にして固めます。

このとき、フィブリノーゲンが変化するのに必要な酵素をつくるために、ビタミンKが使われています。

そのため「止血のビタミン」とも言われています。

 

 

カルシウム沈着作用

 

また、ビタミンKは丈夫な骨づくりに不可欠で、骨に存在するオステオカルシンというたんぱく質を活性化し、カルシウムを骨に沈着させて骨の形成を促す作用があります。

ビタミンKは骨からカルシウムが排出されるのを防ぎ、骨を丈夫に保つ働きがあります。

骨の再石灰化にも関与していて、不足すると骨にカルシウムが沈着せず、もろくなります。

このことから、ビタミンKは骨粗しょう症予防に有効な栄養素の一つとして、治療薬としても使用されています。

 

 

ナイアシン

 

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。

・ナイアシンは、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に働き、細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助します。

・血行を改善して、脳神経の働きを良くする、コレステロールや中性脂肪を分解するなどの働きがあります。

・喘息患者の喘鳴(呼吸のたびに出るゼイゼイ音)を起こりにくくする効果があります。

ナイアシンが不足すると肌細胞の生まれ変わりがうまく行われなくなり、肌荒れになることがあります。

細胞のエネルギーが不足することで、倦怠感を感じることもあります。

また、不足するとペラグラという症状が起きます。

日光を浴びやすい顔や手足を中心に炎症が起き、下痢などの胃腸障害を発症します。悪化すると、頭痛やうつなどの精神症状を生じます。

 

 

葉酸

 

葉酸は丈夫な血管やきれいな血液づくりを支えます。

葉酸はビタミンB12とともに、補酵素として、赤血球をつくりだす働きがあります。

赤血球は4ヶ月で死滅しますが、新しい赤血球をつくるのに葉酸が足りないと、正常な赤血球ができず、悪性貧血になります。

悪性貧血とは鉄分不足の貧血と違い、立ちくらみやめまいなどの症状のほかに、胃腸障害や頭痛、倦怠感などを引き起こし、症状が進行すると、神経障害や知覚障害などを引き起こすことがあります。

 

 

また、葉酸はアンチエイジングをサポートします。

代謝に関与していて、たんぱく質の生合成を促進します。

たんぱく質は全ての体内組織の原料となるので、新しくて良質のたんぱく質が増えればみずみずしい肌を保てます。

くすみやしわを抑え、美肌をもたらしてくれます。

葉酸は、体内で活性酸素を生み出す物質であるホモシステインと結びつき、活性酸素の増加をストップし、血液の流れをスムーズにします。

血液の流れがスムーズになると「むくみ」や「冷え性」なども改善されます。

葉酸は赤血球をつくりだす働きがあり貧血予防に効果があるため、PMS (月経前症候群)にも効果的です。

 

また、子宮環境を良好に保つために欠かせない栄養素です。

受精卵の細胞分裂を助ける、子宮内膜の環境を良くし着床を促進する、流産リスクを低減する、胎児の神経管閉塞障害の発症リスクを低減する等の働きがあります。

葉酸はたんぱく質や細胞の新生に必要な核酸(DNA、RNA)をつくるのに重要な役割を果たしています。

核酸は細胞の核にあたり、遺伝情報を保有していて、遺伝情報にそってからだをつくるよう指令をだす生命の根幹です。

胎児が発育する妊娠中や、乳児を育てる授乳中には、必要不可欠です。

特に、妊娠初期に葉酸を適切に摂取することで、胎児の神経管欠損という先天異常のリスクが軽減されます。

 

オリゴ糖配合

 

オリゴ糖は、腸内でビフィズス菌などの善玉菌の栄養源となり、腸内環境を整え、便秘を改善します。

オリゴ糖は腸内細菌によって発酵すると、酢酸や乳酸などの有機酸をつくり、腸内を酸性にして悪玉菌の増殖を抑えます。

有機酸は腸を刺激して排便を促します。

また、食物繊維と同様に、腸内の余分なコレステロールや胆汁酸を吸収して排泄する作用があります。

ミネラルの吸収を促進する働きもあります。

 

 

毎月らくらくコースがおすすめです

 

【毎月らくらく1袋コース】

 

通常価格7800円(税抜)が初回は約77%OFFの1780円(税別)+送料200円【合計1980円】とお得に申し込むことができます。

2回目以降も約42%OFFの4500円(税別)とお得に購入することができます。

継続回数の縛りはなく、いつでも解約することができます。

また、いつでも休止・再開が可能です。

 

 

ご購入を検討される方は

 

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

お得に申し込むことができます。

 

(公式ページ)

 

読んでいただきありがとうございました。

 

コメント