痩せ体質に変われる!太りにくい体質に変われる!美魔女になりたい方必見

 

痩せ体質に!太りにくい体質に!【MCTコーヒーダイエット】

 

新世代糖質制限サプリメント

ダイエットの悩み

ダイエットには深刻な悩みがとなり合わせです。

・糖質制限ダイエット

・炭水化物抜きダイエット

なかなか続かないし、リバウンドする場合もあります。

・好きな食べ物が食べられない・・

・始めは頑張って急激な運動していたが続かなくなった・・

ストレスもたまってしまい、かえって痩せにくくなってしまいがちです。

 

あてはまる方におススメしたいサプリメントがあります。

「MCTコーヒーダイエット」というサプリメントです。

話題の「MCTオイル」を配合したサプリメントです。

痩せやすく太りにくい体質に変化できるサプリメントです。

 

MCTコーヒーダイエット 中鎖脂肪酸 MCTオイル配合


 

MCTコーヒーダイエットの配合成分

・MCTオイル

・DHAとEPA

・コーヒー豆エキス

 

それぞれの成分がどのような効果があるのか詳しくご紹介していきたいと思います。

 

MCTオイル配合

中鎖脂肪酸油

MCTオイルは別名「中鎖脂肪酸油」といいます。

中鎖脂肪酸は、脂肪を構成する脂肪酸の一種で、ココナッツやパームヤシ、牛乳、母乳などに含まれています。

例えば、ココナッツオイルには、約60%の中鎖脂肪酸が含まれています。

これに対し、天然の中鎖脂肪酸100%でできている油が、MCTオイルです。

脂肪酸は種類によって長鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸などに分類されます。

サラダ油やオリーブオイルなどの一般的な植物油は、主に長鎖脂肪酸でできています。

長鎖脂肪酸は体内で肝臓や脂肪組織などに蓄えられて必要に応じて分解され、エネルギーとして消費されます。

MCTオイルの構成成分である中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸に比べて、非常に消化・吸収されやすいのが特徴です。

長鎖脂肪酸の約4倍もの速さで分解されます。

つまり、MCTオイルは、摂取するとすぐにエネルギーとして使われるので、体脂肪として蓄積されにくい油です。

MCTはアメリカにおいても食事管理の側面から注目されていて、健康的なからだづくりを支援する効果が多くの研究により報告されています。

その働きと有用性の高さから、MCTは「ケトジェニック・ファット」(ケトン体サポート脂質)と呼ばれます。

 

ケトン体質

MCTオイルを取る大きなメリットは、痩せやすく太りにくい「ケトン体質」になれることです。

ケトン体質とは、「ケトン体」をメインのエネルギー源として利用できる体の状態をいいます。

人の体には、生きるために必要なエネルギーを生産する2種類の回路があります。

 

糖質回路

糖質を分解してできるブドウ糖を燃料にする。

 

ケトン体回路

脂肪を分解してできるケトン体を燃料にする。

 

MCTオイルを摂取していない人は、体のエネルギーとして優先的に使われるのはブドウ糖です。

そのため食事から糖質を取っていると、糖質回路がメインで働き、ケトン体回路は休んでいます。

そして、ブドウ糖が足りなくなると、やっと体内脂肪を燃料とするケトン体回路が働き始めます。

ところが、MCTオイルを継続して取り続けていると、体内にブドウ糖が十分ある状態でも、ケトン体回路が活発に働くようになります。

すると、体内に蓄積した脂肪が効率よく燃焼されるようになります。

さらに、ケトン体は脳の満腹中枢を刺激するので、空腹感や食欲を抑える働きもあります。

つまり、MCTオイルを取って、ケトン体がメインで働く「ケトン体質」になることで、痩せやすく太りにくくなります。

さらに、良質なオイルは美容や健康維持には欠かせないものです。

ダイエット時にはカロリーを気にしてオイルが不足がちになるので美容や健康のためにも、積極的に摂取した方がいい油です。

 

DHA・EPA配合

DHA・EPAとは?

厚生労働省が推奨するオメガ3系脂肪酸がDHA・EPAという健康成分です。

DHA・EPAは魚を煮たり焼いたりすることで大きく減少します。

また、体内では作ることができない成分です。

きちんと毎日補うにはサプリメントが効率的です。

 

ダイエット効果

オメガ3脂肪酸のEPA やDHAには、脂質代謝改善効果があります。

これは、血液中や肝臓の中にある中性脂肪の量を減らす効果です。

中性脂肪自体は体を動かすエネルギー源ですが、過剰になると、肝臓から血液を経由して内臓・皮下などの全身に体脂肪としてたくわえられることになります。

これがいわゆる内臓脂肪や皮下脂肪です。

EPA やDHAは、太る原因となっている中性脂肪を代謝することによって、太ることを防いでくれます。

DHAは脂肪を燃やす酵素である燃焼リパーゼの働きを高めて、脂肪燃焼を促進します。

EPAは、血液をサラサラにする効能を持っていることから、中性脂肪を減少する効果が大きいと言われています。

また、体内にはGLP-1と呼ばれる「痩せるホルモン」があります。

EPAを摂取すると、小腸を刺激してGLP-1の分泌を促進しますので、ダイエットに役立つ事が報告されています。

 

美肌効果

EPA・DHAには全身の血流を改善させる働きがあることから、肌のターンオーバーを整える働きがあります。

血流が改善すると、全身の新陳代謝が活発になり、不要な老廃物が早く排出されるようになります。

これは肌でも同様で、EPA・DHAを摂取することによって血流が改善されると、古くなった角質が排出されるようになって、肌のターンオーバーが整うようになります。

 

他の成分の効果をアップさせる効能

EPA・DHAは全身の血流を改善します。

血流が改善することで、全身のすみずみまで栄養素が行き渡るようになります。他のダイエット成分や美容成分、健康成分と一緒にEPA・DHAを摂取すると、ダイエット成分や美容成分、健康成分が体やお肌の細部まで届くようになり、効果がいっそう高まることが期待されます。

 

アレルギー症状の改善

EPAやDHAには、免疫機能を調整する作用があり、加えてぜんそくやアトピー性皮膚炎の炎症を抑える効果もあります。

DHA・EPAは花粉症といったアレルギー症状の緩和に効果があります。

魚介類はアレルギー反応を誘発する可能性が高いので、EPA、DHAをとる時は、サプリメントで代用するとよいとされています。

 

DHA(妊娠時)

DHAは、脳内にある神経伝達細胞であるシナプスの材料となるだけでなく、これらの細胞を活発化させる働きがあります。

DHAは血液の粘りの原因となる中性脂肪や血中コレステロールを低下させます。また、血液をサラサラにする効果があります。

DHAは、妊婦さんに不可欠な成分です。

妊娠中にDHAをしっかりと摂取する事で、健全な脳の発育や、胎児の出生体重の増加(低体重のリスク軽減)・早産の回避などの効果が報告されています。

DHAは、健全な脳の発育の為に必要不可欠なことから、妊娠時には胎児のためにとても重要な成分です。

胎児の脳細胞は、母体の中でどんどん増えていきますが、このときにDHAが大量に必要となります。

DHAは妊娠時にだけでなく、授乳中にも非常に重要です。

母乳からDHAを摂取する事で、赤ちゃんの脳細胞を成長させます。

 

EPA(妊娠時)

おなかの中の赤ちゃんはママの血液を介して栄養をもらっているので、血液の流れをスムーズにすることで良質な栄養を赤ちゃんに届けられるようになります。

EPAは体の中でプロスタグランジンという物質に変化し、これが血液を固まらせにくく、血液をさらさらにする効果があります。

 

コーヒー豆エキス配合

コーヒーのポリフェノールは、ポリフェノールが多いとされるお茶よりも174%も多く含まれ、さらに約2倍も吸収率が優れています。

 

クロロゲン酸

ポリフェノールの1種であるクロロゲン酸が、余分なものを分解・燃焼しやすくする助けをしてくれます。

 

クロロゲン酸のダイエット効果

コーヒークロロゲン酸は、体内にある「ミトコンドリア」にはたらきかけ、脂肪の取り込みを促進します。

「脂質」は効率よく燃焼されるとエネルギーへと変換されるため、体脂肪が低減すると言われています。

 

「MCTコーヒーダイエット」にはクロロゲン酸が高配合

クロロゲン酸は焙煎前の生コーヒー豆にもっとも多く含まれています。

MCTコーヒーダイエットに含まれる「生コーヒー豆エキス」は、クロロゲン酸及びクロロゲン酸類をコーヒー飲料の480倍も含有しているので、余分なものを分解・燃焼しやすくする効果があります。

 

お得な980円コースがおすすめです

通常価格4298円が初回は980円(税込)(送料無料)とお得に申し込むことができます。

2回目からも10%OFFの3869円とお得に購入することができます。

実際に長く続けている方ほど、商品の良さを実感しています。

継続回数については、3回の継続が必要です。(3回の合計で8718円です)

 

ご購入を検討される方は

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

お得に申し込むことができます。

 

(公式ページ)

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント