美活青汁の効果!周りと差がつく美容法!肌細胞を活性化でマイナス肌

  1. 「オーガニックモリンガの恵み 青汁」とは?美活効果!美肌に効果的なのはなぜ?
    1. 次のような方に人気があります。
    2. 配合成分
  2. モリンガとは?
    1. 植物の中で一番栄養価が高い!
    2. 約35%がたんぱく質で代謝アップと美肌力アップ
    3. 強力な浄化作用で内側からきれいに!
    4. 国連の世界食糧計画(WFP)にも採択!
    5. 約90種類以上の栄養素を高バランスで含有!
    6. 含まれている栄養素とその効果
      1. ビタミンA
      2. ビタミンB1
      3. ビタミンB2
        1. 皮膚や粘膜の健康維持を助ける
        2. ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き
        3. 脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)
        4. 血液サラサラ効果
        5. ビタミンB2が不足した場合
      4. ビタミンC
      5. β-カロテン
      6. カルシウム
        1. 美肌効果
        2. 骨や歯の材料
        3. 骨の老化の原因
          1. 過度のダイエット
          2. 運動不足
          3. 過度の運動トレーニング
          4. 栄養バランスの悪い食事
        4. カルシウムのその他の作用
        5. カルシウムとマグネシウムの関係
      7. マグネシウム
        1. 骨の重要な成分
        2. 美肌効果
        3. その他の効果
      8. カリウム
      9. 鉄分
        1. 赤血球の成分となって全身に酸素を運ぶ
        2. コラーゲンの再合成
      10. 亜鉛
      11. 葉酸
      12. 食物繊維
      13. γ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】
        1. リラックス作用
        2. 血圧正常化
        3. ダイエット効果
        4. その他の効果
      14. ポリフェノール
    7. アミノ酸
      1. 体をつくるアミノ酸
        1. 必須アミノ酸
        2. 非必須アミノ酸
      2. アミノ酸スコア
        1. リジンは特に不足!
      3. アミノ酸を摂取することのメリット
      4. アミノ酸のダイエット効果
      5. アミノ酸の美容効果
      6. うるおいのある肌
      7. くすみ対策
      8. 肌の抗酸化とアミノ酸
    8. 含有されているアミノ酸とその効果
      1. BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)
        1. 筋力をつけてポンプ力UP
      2. バリン
        1. 美肌効果
        2. 筋肉の成長効果
      3. ロイシン
      4. イソロイシン
      5. リジン
      6. メチオニン
      7. フェニルアラニン
      8. スレオニン
      9. トリプトファン
      10. ヒスチジン
        1. 脳の疲れを改善
        2. 美肌効果
      11. アルギニン
        1. 免疫機能の向上
        2. 美肌効果
        3. 成長ホルモンの合成を促進する効果
        4. 体脂肪の代謝を促進する効果
        5. 疲労回復効果
        6. アルギニンの効果(詳細)
          1. ポリアミンの効果
      12. アラニン
        1. 美肌効果
        2. 持久力向上効果
        3. ダイエット効果
      13. グリシン
        1. 美肌効果
        2. 快眠
        3. 徐波睡眠
        4. 深部体温を下げて眠りやすい体をつくる
          1. 美肌のポイントはぐっすり質の良い睡眠
        5. 血中コレステロールを低下
      14. セリン
      15. チロシン
        1. ドーパミンの原料
        2. 美肌効果
      16. グルタミン酸
      17. プロリン
        1. 美肌効果
        2. 脂肪燃焼効果
      18. アスパラギン酸
  3. 大麦若葉配合
    1. SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)酵素
      1. 抗酸化酵素とは
      1. 貧血予防
      2. その他の効果
    2. クロロフィル(葉緑素)
  4. ケール配合
    1. ルテイン
      1. ルテインの効能で注目されているのが目の保護です。
      2. ぼやけやかすみの解消・コントラスト感度の改善
      3. 光がつらい人は積極的に摂りたい「ルテイン」
      4. ルテインは年齢とともに減少
      5. ルテインは体内で生成できない
    2. メラトニン
    3. ビタミンK
      1. カルシウム沈着作用
      2. 止血作用
    4. ビタミンB6
    5. ビタミンE
      1. 冷え性改善・肩こり改善・美肌効果
      2. 貧血予防
      3. 血行を良くする効果
      4. 抗酸化作用によって、過酸化脂質の生成を抑え、生体膜を活性酸素から守り老化を防ぐ
    6. ナイアシン
    7. パントテン酸
  5. 植物性乳酸菌配合
    1. 乳酸菌の効果
      1. 善玉菌を増やす効果
      2. 腸内フローラの改善
      3. 美肌作用
    2. 乳酸菌は毎日摂り続けることが大事です
  6. 酸化・糖化とは?
    1. 酸化
      1. 活性酸素
    2. 糖化
      1. AGEs(終末糖化産物)
    3. 酸化・糖化で引き起こされる主な症状
    4. 酸化とは(詳細説明)
      1. 活性酸素が細胞を傷つける
      2. 活性酸素が発生する要因
        1. エネルギーを生み出すときに活性酸素が発生する
        2. ストレスによる虚血で活性酸素が増える
        3. 新陳代謝でも活性酸素が生み出される
        4. 紫外線などの環境因子で活性酸素が増える
          1. 日焼けとシワの関係
        5. 細菌・ウイルス・薬への反応で活性酸素ができる
      3. 細胞が酸化すると血管や臓器、肌が衰えます
      4. 抗酸化物質による酸化防止
        1. ビタミンC
        2. ビタミンE
        3. ビタミンB2
        4. カロテノイド(ビタミンA)
        5. ポリフェノール
    5. 糖化とは(詳細説明)
      1. 体内に余った血糖がAGEsを作り出す
      2. 皮膚への影響
      3. 骨への影響
      4. 腎臓への影響
      5. 血管への影響
      6. 目への影響
    6. 糖化を防止する方法とは?
      1. 食物繊維
      2. ビタミンB1
      3. ビタミンC
      4. ビタミンA、ビタミンE
      5. ポリフェノール
  7. 毎月お届けコースがおすすめです
    1. ご購入を検討される方は

「オーガニックモリンガの恵み 青汁」とは?美活効果!美肌に効果的なのはなぜ?

 

 

女性に大人気の美活サポート青汁をご紹介したいと思います。

「オーガニックモリンガの恵み 青汁」という青汁で、年齢を問わず美肌意識の高い女性に人気の青汁です。

モリンガには、女性の美容に有用な成分が豊富で、健康効果も高いのが特徴です。

約35%がたんぱく質で必須アミノ酸と非必須アミノ酸を種類豊富に含み、代謝機能アップや美肌力アップなど、ダイエット美容をしている女性には嬉しい効果があります。

また、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノールも豊富に含み、美活・健活に効果的で、さらに酸化や糖化を防止する栄養素を豊富に含んでいます。

モリンガは葉・枝・茎・種、捨てるところはありませんが、たくさんの栄養素を含んでいる葉の部分だけを使用しています。

また、モリンガ以外にも大麦若葉、ケール、植物性乳酸菌(120億個)を配合していますので、さらに栄養価が高くなっている他、腸活にも効果があります。

 

 

ご購入はこちらがお得です!
オーガニックモリンガの恵 青汁

 

次のような方に人気があります。

 

・美肌になりたい方

・内側からキレイになりたい方

・肌荒れを改善したい方

・便秘を改善したい方

・ぽっこりが気になる方

・貧血を改善したい方

・ダイエットしたい方

 

 

配合成分

 

モリンガ

大麦若葉

ケール

植物性乳酸菌(120億個)

 

 

モリンガとは?

 

モリンガには、次のような効果があるといわれています。

300種以上の薬効があるとされていて、次の効果はほんの一部にすぎません。

 

 

 

・美肌効果

・アンチエイジング

・ダイエット

・貧血を改善

・免疫アップ

・便秘解消

・不眠を改善する

・元気をつける

・精神面への作用

・抗菌作用

・抗がん作用

・関節痛、リウマチ

 

 

植物の中で一番栄養価が高い!

 

モリンガは植物の中で一番栄養価が高く、栄養素が90種類以上含まれていることで、「奇跡の木」と呼ばれています。

多くの栄養素を一度に摂取できるので、食生活の乱れがちな毎日を忙しく頑張る全ての女性におすすめのスーパーフードです。

 

約35%がたんぱく質で代謝アップと美肌力アップ

必須アミノ酸と非必須アミノ酸を種類豊富に含み、代謝機能アップや美肌力アップなど、ダイエット美容をしている女性には嬉しい効果があります。

 

強力な浄化作用で内側からきれいに!

 

モリンガには不純物を吸収して除去、また90~99%のバクテリアを除去するという実験結果が報告されています。

コレラ、大腸菌、悪玉菌へも強い抗菌作用が働くことが分かっています。

モリンガのこの抗菌作用が体の中からきれいにするのを助けてくれます。

 

 

国連の世界食糧計画(WFP)にも採択!

 

世界保健機関(WHO)は、モリンガを「緑のミルク」として、慢性的な栄養不足に悩む発展途上国でのモリンガの植樹を推奨しています。

欧米諸国ではいち早くモリンガに着目した科学者や専門家の研究結果から、サプリメント、化粧品類などの主力原料として定番化していて、多くの特許が出願されています。

 

 

約90種類以上の栄養素を高バランスで含有!

 

葉は栄養価が高く、栄養素が90種類以上と非常に豊富で含有量も多いのが特徴です。

モリンガには美容効果や健康維持を期待できる栄養素が偏りなく豊富に含まれています。

 

 

含まれている栄養素とその効果

 

主に次の栄養素が豊富に含まれています。

ビタミンA

ビタミンB1

ビタミンB2

ビタミンC

β-カロテン

カルシウム

マグネシウム

カリウム

鉄分

亜鉛

葉酸

食物繊維

γ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】

ポリフェノール

アミノ酸(必須アミノ酸と非必須アミノ酸)

 

 

ビタミンA

 

ビタミンAは肌の修正や再生に必要な成分であることから、美肌効果が期待できると言われています。

ビタミンAの主要な成分であるレチノールには、目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強めたりする働きがあります。

ビタミンAが不足すると、夜盲症(暗いところで物が見えづらくなること)になると言われています。

これは、網膜にあるロドプシンという明暗を感じる物質(視覚色素)が、ビタミンAから作られるためです。

また、ビタミンAは体内で発生する活性酸素から、からだを守る働きがあり、若さと健康を保つことができます。

ビタミンAが十分でない場合には、ビタミンB、ビタミンE、ビタミンD、カルシウム、リン、亜鉛はその効果が発揮されません。

栄養素の潤滑油としても、ビタミンAを摂取することは重要です。

 

 

ビタミンB1

 

次のような効能があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き

・糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする働き

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働き(糖質の代謝を促進)があります。

体内で糖質をエネルギーに変えるとき、酵素の働きが必要になります。

この酵素がしっかりと機能するには補酵素が不可欠で、ビタミンB1は補酵素の働きを果たしています。

糖質代謝を促す酵素はアミノ酸だけからなる純タンパク質(アポ酵素)で、この酵素の働きを助ける補酵素がなければ、糖質をエネルギーに変えることはできません。

 

 

 

乳酸を分解して筋肉の疲れをやわらげる働き

ビタミンB1が不足すると、糖質がきちんと代謝できず、体内に乳酸などの疲労物質が蓄積され、疲れやすくなったり、筋肉痛を起こしやすくなったりします。これが肩こりの原因になると言われています。

 

 

 

脳や神経を正常に保つ働き

ビタミンB1は、脳や神経にとっても大切で、中枢神経や手足の末梢神経を正常に働かせる作用があります。

ビタミンB1は脳や神経の働きを助けるので集中力が増し、記憶力が向上します。

また、手足や足先などの感覚が敏感に働くようになります。

 

 

 

ビタミンB1が不足した場合

ビタミンB1が不足すると、イライラなどの症状や集中力の低下、さらに食欲不振、全身の倦怠感、手足のむくみやしびれ、動悸、息切れ、筋肉痛、脚気などがあらわれます。

また、脳には、血管収縮作用によって脳を活性化させるセロトニンという物質がありますが、ビタミンB1が欠乏することで、セロトニン代謝が正常に行われず、脳の機能がうまく作動せず、気力減退や慢性的な眠気を引き起こします。

アルコールを分解するのにもビタミンB1は必要です。

お酒を毎日大量に飲み、慢性的にビタミンB1が不足している人は、中枢神経が侵されるウェルニッケ・コルサコフ症候群という神経疾患にかかることがあります。

手足や顔面の麻痺、言語障害、記憶障害などがあらわれます。

 

 

ビタミンB2

次のような効能があります。

 

皮膚や粘膜の健康維持を助ける

美容のビタミンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の発育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助ける働きをします。

 

ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き

みずみずしい肌をキープするのにも必須のビタミンです。

 

脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)

 

脂肪を燃やしてエネルギーに変えるときに、補酵素として働きます。

脂肪が多い食べ物を多くとった時には、ビタミンB2も多めに摂ると、脂肪が次々と燃焼されるので、脂肪太りのダイエットには大きな効果があります。

 

 

血液サラサラ効果

 

体内の活性酸素と結びつくことで生まれる有害物質である過酸化脂質の分解に作用して、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

ビタミンEは過酸化脂質ができるのを防ぐ働きを持っていますが、ビタミンB2はつくられた有害な過酸化脂質を分解・消去するのに役立ちます。

 

 

ビタミンB2が不足した場合

不足すると、口内炎など粘膜のトラブルや皮膚炎があらわれます。

 

ビタミンC

 

コラーゲンを摂るときに重要な成分がビタミンCです。

ビタミンCはコラーゲンの再合成を促進する働きがあります(コラーゲン生成補助)ので、さらに肌のハリや弾力、潤い、しなやかさを保つ効果が期待できます。

また、ビタミンCには、強い抗酸化作用があるので、メラニン色素の生成を抑えて、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ働きがあります。

さらに、鉄分の吸収を良くする働きもあります。(鉄分に作用して、吸収されやすい形へと変化させます)

さらに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きもあります。

 

 

β-カロテン

 

β-カロテンは目に必要な成分です。

目の健康だけでなく、皮膚や粘膜を正常に保つ働きもあり、β-カロテンが不足すると皮膚や爪がボロボロになってしまいます。

β-カロテンは体内でビタミンAとして働き、皮膚や粘膜を丈夫にして免疫力を高めます。

また、体内で発生する活性酸素を抑制し、お肌や若々しい体作りをサポートしてくれます。

 

 

カルシウム

美肌効果

 

カルシウムはNMF(天然保湿因子)の構成成分です。

また、カルシウムで新陳代謝が促進されます。

新しい皮膚細胞が成熟し、表皮の角質に成長するときにカルシウムが必要とされます。

カルシウムが充実していると、新しいお肌への生まれ変わりが活発になり、若々しく滑らかな表皮を保つことが出来ます。

 

 

骨や歯の材料