【匠の糖煎坊】健活チャレンジ!血糖値サポート!抗糖化・抗酸化効果

  1. 「匠の糖煎坊」健活チャレンジ!抵糖サポート!糖化・抗酸化を予防
    1. 「匠の糖煎坊」とは?
  2. 酸化・糖化とは?
    1. 酸化
      1. 活性酸素
    2. 糖化
      1. AGEs(終末糖化産物)
    3. 酸化・糖化で引き起こされる主な症状
    4. 酸化とは(詳細説明)
      1. 活性酸素が細胞を傷つける
        1. 活性酸素が発生する要因
          1. エネルギーを生み出すときに活性酸素が発生する
          2. ストレスによる虚血で活性酸素が増える
          3. 新陳代謝でも活性酸素が生み出される
          4. 紫外線などの環境因子で活性酸素が増える
          5. 日焼けとシワの関係
          6. 細菌・ウイルス・薬への反応で活性酸素ができる
      2. 細胞が酸化すると血管や臓器、肌が衰えます
      3. 抗酸化物質による酸化防止
        1. ビタミンC
        2. ビタミンE
        3. ビタミンB2
        4. カロテノイド(ビタミンA)
        5. ポリフェノール
    5. 糖化とは(詳細説明)
      1. 体内に余った血糖がAGEsを作り出す
        1. 皮膚への影響
        2. 骨への影響
        3. 腎臓への影響
        4. 血管への影響
        5. 目への影響
      2. 糖化を防止する方法とは?
        1. 食物繊維
        2. ビタミンB1
        3. ビタミンC
        4. ビタミンA、ビタミンE
        5. ポリフェノール
  3. 「匠の糖煎坊」の配合成分
    1. 難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)配合
      1. 機能性表示食品
        1. 機能性表示食品とは?
    2. 桑の葉配合
      1. 1-デオキシノジリマイシン(DNJ)
        1. 糖尿病について
      2. クエルセチンマロニルグルコシド
      3. ルチン
      4. イソクエルシトリン
      5. γ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】
        1. リラックス作用
        2. 血圧正常化
        3. ダイエット効果
        4. その他の効果
      6. ビタミンA
      7. ビタミンB1
      8. ビタミンB2
        1. 皮膚や粘膜の健康維持を助ける
        2. ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き
        3. 脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)
        4. 血液サラサラ効果
        5. ビタミンB2が不足した場合
      9. 葉酸
      10. ビタミンC
      11. β-カロテン
      12. カルシウム
        1. 美肌効果
        2. 骨や歯の材料
        3. 骨の老化の原因
          1. 過度のダイエット
          2. 運動不足
          3. 過度の運動トレーニング
          4. 栄養バランスの悪い食事
        4. その他の作用
        5. カルシウムとマグネシウムの関係
      13. マグネシウム
        1. 骨の重要な成分
        2. 美肌効果
        3. その他の効果
      14. カリウム
      15. 鉄分
        1. 赤血球の成分となって全身に酸素を運ぶ
        2. コラーゲンの再合成
      16. 亜鉛
      17. 食物繊維
  4. 定期コースがおすすめです
    1. 【1箱定期コース】
    2. 【2箱定期コース】
    3. ご購入を検討される方は

「匠の糖煎坊」健活チャレンジ!抵糖サポート!糖化・抗酸化を予防

 

「匠の糖煎坊」とは?

 

血糖値対策が行える難消化性デキストリンと国産桑の葉100%を配合した健康サポートです。

機能性表示食品のため、血糖値の上昇を抑える効果が確認されています。

また、体の酸化・糖化は老化やさまざまな病気を招きます。

「匠の糖煎坊」には、体の酸化・糖化防止に効果的な成分が豊富に含まれています。

 

 

 

酸化・糖化とは?

 

見た目の老化や、さまざまな病気を引き起こす原因といわれているのが、酸化と糖化です。

酸化とは、酸素によって細胞が傷つけられることです。

酸素は、私たちが生きるためのエネルギーを生み出すときに必要不可欠なものです。

絶えず呼吸によって体内に取り込んでいますが、その一部が体内で活性酸素に変わり、細胞を攻撃して傷つけます。

糖化とは、体内に余った糖質がたんぱく質と結びつき、たんぱく質を変質させることです。

こうしてできた「AGEs(終末糖化産物)」は、細胞を酸化させる働きがあります。

つまり、酸化と糖化は、同時に起こりやすいといえます。

年齢を重ねるほど、体の抗酸化力が落ちたり、食事や生活習慣の乱れからストレスが蓄積したりして、酸化・糖化の影響が見た目や体調に出やすくなります。

酸化・糖化の影響を抑えるためには、まずは活性酸素を減らす栄養素を摂取することが大切です。

 

酸化

 

活性酸素によって体の細胞が傷つけられ、その働きが衰えることです。

全身のさまざまな細胞に酸化が及ぶことで、老化や病気が起こります。

 

 

活性酸素

 

酸素の分子構造が異変を起こして毒性をもったものです。

スーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロキシラジカルなど様々な種類があります。

 

 

糖化

 

糖とたんぱく質が結びつき、たんぱく質を劣化させることです。

AGEs(終末糖化産物)という物質が生まれ、それが体の細胞を傷つけて老化や病気を招きます。

 

 

AGEs(終末糖化産物)

 

糖とたんぱく質が結びついて化学変化を起こしたものです。

AGEsは一度発生すると元に戻らず体の中にたまります。

 

 

酸化・糖化で引き起こされる主な症状

 

・動脈硬化

・がん

・心臓病(心筋梗塞、不整脈など)

・脳卒中(脳梗塞、脳出血など)

・アルツハイマー型認知症

・胃潰瘍、肝硬変、肝炎、すい炎

・腎炎

・皮膚のしみ、しわ、たるみ

・白内障

・骨粗しょう症

 

 

酸化とは(詳細説明)

 

活性酸素が細胞を傷つける

 

酸化を引き起こす活性酸素は、本来は免疫を助け、体を守る役割があるものです。

体内に細菌やウイルスが侵入すると、白血球がそれらを退治します。

このとき、白血球が細菌やウイルスと戦うために使われるのが、活性酸素です。

一方、活性酸素が体内に増えすぎると、正常な細胞を攻撃して機能を低下させる悪い働きをします。

酸素は、呼吸によって絶えず体内に取り込まれます。

体を動かすエネルギーを生み出したり、古い細胞を生まれ変わらせるために使われます。

ほとんどの酸素は有効に使われますが、一部は活性酸素になり、細胞を酸化させてしまいます。

また、ストレスも活性酸素を発生させる大きな要因です。

ストレスを感じると体が緊張し、血流が滞ります。

すると、細胞の中で悪い化学変化が起こり、活性酸素が発生します。

体内では、ほかにもさまざまな原因で活性酸素が発生します。

体はつねに酸化のリスクにさらされています。

 

 

活性酸素が発生する要因

 

エネルギーを生み出すときに活性酸素が発生する

 

食事から得た栄養分は、消化器官で分解されて血液中へ、そして細胞へと取り込まれます。

細胞内では、取り込まれた栄養分が呼吸によって取り入れた酸素を使って燃やされ、ATPという運動エネルギーが生み出されます。

このとき、すべての酸素が使われるではなく、一部は活性酸素に変化してしまいます。

 

 

 

※ATPとは、アデノシン三リン酸という、エネルギーの元となる物質です。

ATPでのみ体は動きます。

脂質や糖質はすべて、ATPにつくりかえられます。

 

 

ストレスによる虚血で活性酸素が増える

 

血流が滞り、細胞に酸素や栄養が届かない「虚血」の状態になると、細胞内の酵素の働きによって活性酸素が大量に発生します。

ストレスによって筋肉が緊張状態になると、一時的に血流が悪くなるため、酸化が促進されます。

 

 

新陳代謝でも活性酸素が生み出される

 

新陳代謝とは、古い組織を壊して新しい組織につくりかえる、体が健康を保つために備えられている仕組みです。

組織を分解したり、再び合成するために、酸化酵素と呼ばれる酵素が働きます。

この酵素が働く過程で、活性酸素が生み出されます。

 

 

紫外線などの環境因子で活性酸素が増える

 

紫外線を浴びると、皮膚の中の光に反応する色素やたんぱく質にエネルギーが溜まります。

このエネルギーによって酸素が変質し、活性酸素が生まれます。

紫外線以外にも、排気ガスやたばこなどの環境因子によっても活性酸素は増加します。

 

日焼けとシワの関係

 

シワやシミができる原因には、活性酸素が大きく関わっています。

活性酸素は、余分な資質を酸化させて細胞異常を起こさせようとします。

簡単にいうと、肌を錆びさせようとする悪い因子です。

コラーゲンを破壊することで肌の弾力を奪い、肌細胞を酸化させることでシミやクスミを作ります。

紫外線を浴びるとシワやシミができるのは、紫外線があたった肌に活性酸素が発生するからです。

 

 

細菌・ウイルス・薬への反応で活性酸素ができる

 

細菌などが体内に入ると、白血球が退治してくれます。

白血球が外敵と戦う時に、活性酸を武器として使います。

ウイルスの場合、増殖したウイルスが体内で死んだときに活性酸素を生み出します。

 

 

細胞が酸化すると血管や臓器、肌が衰えます

 

活性酸素は、細胞内で次々に化学変化を起こします。

そのときに細胞を酸化させます。

細胞は傷つけられ、機能が低下します。

細胞の酸化は、体のあちこちで起こります。

血中の悪玉コレステロールが酸化すると、血管を傷つけて動脈硬化につながり、心筋梗塞や脳梗塞などの原因となります。

また、肌の細胞が酸化すると、新陳代謝が活発に行われなくなります。

しみ・しわ・たるみのもとになり、見た目の老化をもたらします。

肌の細胞には、約28日周期で新陳代謝を促す働きがあります。

細胞が酸化すると、新陳代謝が行われなくなり、肌細胞がどんどん老化します。

 

抗酸化物質による酸化防止

 

体には活性酸素を無害化するしくみがあります。

活性酸素を無害にすることを抗酸化といいます。

細胞のミトコンドリアで発生した活性酸素は、体内で作られる抗酸化酵素、食べ物などから摂取した抗酸化物質の働きによって分解され、無害になります。

このしくみが十分に機能していれば、酸化の悪影響を抑えることができます。

体内で作られる抗酸化物質や抗酸化酵素は、年齢とともに量が減ります。

そのため、食べ物から抗酸化物質を摂る必要があります。

食べ物に含まれる抗酸化物質には、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール

などがあります。

 

ビタミンC

 

主に細胞が酸化するのを防ぎます。

ビタミンCは、活性酸素を無害な水に分解する働きがあります。

細胞内のミトコンドリアで生み出された活性酸素が、細胞を酸化させる前に、ビタミンCがそれを防いでくれます。

 

 

ビタミンE

 

主に脂質の活性酸素を取り除きます。

脂質が酸化されたものは過酸化脂質と呼ばれています。

ビタミンEは過酸化脂質に働きかけて活性酸素を除外し、無害にします。

脂質でできた細胞膜を正常な状態に保つことにつながります。

 

 

ビタミンB2

 

活性酸素を除去し、脂質の代謝を助けます。

活性酸素を除去する作用がある酵素の働きが落ちるのを防ぐ働きがあります。

間接的に、酸化を防ぐのに欠かせない栄養素です。

脂質をエネルギーに変える、細胞や粘膜を再生するなどの働きもあります。

 

 

カロテノイド(ビタミンA)

 

カロテノイドは食物の色素成分で、代表的なものにβ-カロテンやリコピンなどがあります。

体内でビタミンAとなります。

紫外線のダメージによる活性酸素を除去する働きが強い特徴があります。

 

 

ポリフェノール

 

抗酸化・免疫アップなどの働きがあります。

体内の活性酸素を取り除く働きがあります。

 

 

糖化とは(詳細説明)

 

糖質を摂り過ぎると、体内に血糖が多い状態になります。

血糖が細胞に取り込まれ、たんぱく質と結びついて化学変化を起こして変質すると、最終的にAGEsができます。

 

 

体内に余った血糖がAGEsを作り出す

 

酸化とともに、病気や老化の原因とされているのが、糖化です。

糖化とは、体内の余分な血糖とたんぱく質が結びつき、酸化などの化学変化を起こして「AGEs(終末糖化産物)」という物質になることです。

食材を加熱すると、きつね色の焦げ目ができます。

これは食材の中の糖質とたんぱく質が結びつき、加熱によって酸化するために起こります。

同じことが体の中で起こります。

AGEsは、体内のたんぱく質、つまり細胞を酸化させる働きがあります。

こうして、酸化と同じように、糖化は病気や老化の原因となります。

 

 

皮膚への影響

 

肌の弾力が失われ、しわやたるみができます。

肌にはコラーゲン繊維があります。

コラーゲン繊維は3本の繊維質でできていて、架橋というものでつながっています。

この構造が肌の弾力やハリを保っています。

AGEsがコラーゲン繊維に沈着し、不要な架橋を増やしてしまうと、肌の弾力やハリがなくなり、シワができやすくなります。

 

 

骨への影響

 

骨粗しょう症を引き起こします。

骨にもコラーゲン(たんぱく質)があります。

骨のコラーゲンにAGEsが溜まると、鉄がさびたような状態になり、もろく折れやすくなります。

また、AGEsが骨をつくる細胞の働きを妨げ、骨密度が下がります。

 

 

腎臓への影響

 

腎機能が低下します。

腎臓には糸球体という、毛細血管が集まった組織があります。

腎臓の毛細血管の働きを助ける細胞が糖化してAGEsになると、毛細血管が詰まって腎臓が機能しなくなることがあります。

 

 

血管への影響

 

動脈硬化を引き起こします。

AGEsはが血管にたまると、血管の弾力が失われて血流が悪くなります。

また、AGEsは血管の内側を傷つけ、血管壁の中に酸化したコレステロールがたまりやすくなり、動脈硬化を引き起こします。

 

 

目への影響

 

白内障になります。

目の水晶体はたんぱく質でできています。

ここに糖が結びついて糖化が起こると、水晶体がAGEsとなって白く濁ります。

濁った水晶体はレンズの役割を果たしきれず、視力が低下します。

 

 

糖化を防止する方法とは?

 

体内に血糖が多いと、たんぱく質と結びつきやすくなるため、AGEsが発生しやすくなります。

そのため、糖質が少ない食べ物、血糖値が上がりにくい食べ物を摂ることが大切です。

糖化の途中段階である酸化を防ぐ、ビタミンやポリフェノールなどの抗酸化物質を摂ることも、糖化予防につながります。

 

 

食物繊維

 

糖質の吸収スピードを下げる働きがあります。

食物繊維は糖の吸収のスピードを抑える働きがあります。

 

 

ビタミンB1

 

代謝を助け、AGEsを減らす効果があります。

ビタミンB1は糖質や脂質をエネルギーに変えるのを助ける働きがあります。

糖質をエネルギーとして消費するため、体の中にたまってAGEsになるのを防ぐ働きをします。

 

 

ビタミンC

 

酸化を防いで、AGEsが生まれるのを防ぐ

糖質とたんぱく質が結びついて酸化するとAGEsができます。

酸化を防ぐ働きのあるビタミンCを摂ると、AGEsの発生を抑えることができます。

 

 

ビタミンA、ビタミンE

 

脂質に作用し、糖化・酸化の害から守る働きがあります。

油に溶けやすい性質をもち、細胞膜の脂質が酸化するのを防ぐ働きがあります。

細胞膜で酸化・糖化が起こるのを防ぐ働きをします。

 

 

ポリフェノール

 

酸化を防ぎ、糖化が起こらないようにします。

ビタミンCと同様に抗酸化作用があり、たんぱく質と糖質が酸化してAGEsが発生するのを防ぐ働きがあります。

 

 

ご購入はこちらがお得です
匠の糖煎坊

「匠の糖煎坊」の配合成分

・難消化性デキストリン

・国産桑の葉

 

 

配合されている成分の効果についてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)配合

 

難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)には、食事に含まれる糖に働き、食後に上がる血糖値を抑える機能があります。

糖の多い食事を摂りがちな方、食後に上がる血糖値が気になる方に適した成分です。

また、お腹の調子を整えてくれます。

難消化性デキストリンとは、とうもろこしを原料とした水溶性の食物繊維です。

とうもろこしを原料とする、水に溶けやすく、体内で消化されにくい食物繊維です。

消費者庁や米国食品医薬品局(FDA)に安全であると認められた成分です。

難消化性デキストリンには、食事に含まれる脂肪と糖に働き、食後に上がる中性脂肪と血糖値を抑える機能が報告されています。

「お腹の調子を整える食品」として特定保健用食品の許可を受けている食品に活用されている食物繊維です。

 

 

 

水溶性食物繊維の効果

水溶性食物繊維は、水に溶ける食物繊維で水分を含んでゲル状になり、腸管での余分な栄養素や有害物質を排泄する作用があります。

・ブドウ糖の吸収を穏やかにする。

・コレステロールの吸収を抑制する。

・胆汁酸を吸着して体外に排泄する(胆汁酸はコレステロールからつくられるので、コレステロールの排泄につながります)

ブドウ糖の吸収が穏やかになると、血糖値の急激な上昇が避けられ、糖尿病の予防につながります。

また、食塩のナトリウムと結びついて便と一緒に排泄されるため、血圧をさげる効果もあります。

・便の水分量を増やしてやわらかさを保ち、腸を刺激することによって排便をスムーズにします。

満腹感を得やすくして食べ過ぎを防ぐといった効果もあります。

 

 

機能性表示食品

「匠の糖煎坊」は、機能性表示食品です。

 

機能性表示食品とは?

 

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を商品パッケージに表示した食品で、販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁へ届出されたものです。

とても信頼できる商品ということです。

「匠の糖煎坊」は消費者庁に機能性表示食品として届出した健康食品です。

 

 

桑の葉配合

 

特有成分が糖をコントロールしてくれるため、甘い物や炭水化物が好きな方におすすめです。

桑の葉の効能は次の通りです。

・糖質の代謝を促進

・脂肪の燃焼を促進

・新陳代謝の促進

・むくみ解消

・リラックス作用

・便秘解消

・肌荒れ予防

・血糖値上昇を抑える効果

・血流の改善効果

 

 

 

桑の葉は次の成分を豊富に含んでいます。

・1-デオキシノジリマイシン(DNJ)

・クエルセチンマロニルグルコシド

・ルチン

・イソクエルシトリン

・γ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】

・ビタミンA

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・葉酸

・ビタミンC

・β-カロテン

・カルシウム

・マグネシウム

・カリウム

・鉄分

・亜鉛

・食物繊維

 

 

1-デオキシノジリマイシン(DNJ)

 

桑の葉の特有成分です。

DNJには血糖値を抑える働きがあります。

血糖値は、ごはんやパンなどの糖質が消化酵素の働きでブドウ糖に分解され、小腸から血液中に吸収されるときに一時的に上昇します。

このときすい臓から分泌されるインスリンが働き、ブドウ糖が血液から細胞に取り込まれ、血糖値が下がる仕組みになっています。

1-デオキシノジリマイシン(DNJ)は、糖質をブドウ糖に分解するα-グルコシダーゼという酵素の働きを阻害し、ブドウ糖の体内への吸収を抑える働きをします。

この働きによって食後に起こる血糖値の上昇を抑えることができます。

 

 

糖尿病について

 

血中におけるブドウ糖の濃度(血糖値)は、インスリンというホルモンによってコントロールされています。

この数値が80~140mg/dlの範囲であれば正常なのですが、インスリンの分泌が低下したり、働きが悪くなると血糖値は上昇します。

この状態が糖尿病です。

糖尿病のタイプには1型と2型があります。

ウイルス感染や異常な免疫反応が原因でインスリンの分泌が絶対的に不足して発症するのが1型です。

喉の渇きや空腹、頻尿などある日突然、はっきりした自覚症状を伴って発症するのが特徴です。

2型は遺伝子要素にカロリーの過剰摂取や運動不足、ストレスなどの生活習慣が加わって発症すると考えられています。

こちらの症状は進行が遅く、気づきにくいのが特徴です。

40~50代を中心に増加傾向の糖尿病は圧倒的に2型です。

糖尿病の放置はやがて網膜症、腎症などの重篤な合併症をもたらします。

 

 

クエルセチンマロニルグルコシド

 

桑の葉に含まれるフラボノイドです。

優れた抗酸化作用を持ち、血流の改善や代謝の健全化などの効果があります。

 

 

ルチン

 

血管強化・血流改善に優れた効果

ルチンはコラーゲンをつくるビタミンCの働きを助けて、毛細血管を丈夫にする働きがあります。

血管の弾力性を維持し、若さを保つ上でコラーゲンは重要な役割をしています。また、血管中のコラーゲンは血管壁に生じた傷の修復にも働きます。

コラーゲンの生成がうまくいかなくなると、血管中のコラーゲンも変性し、血管の弾力が失われるほか、傷の修復もうまくいかなくなります。

また、ルチンには毛細血管の収縮作用があり、血流改善に優れた効果があります。

 

 

イソクエルシトリン

水分代謝を活発にしてくれるので、むくみに効果があります。

 

 

γ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】

 

アミノ酸の一種です。

ストレス社会で頑張る女性の健康に役立つ注目成分です。

 

 

リラックス作用

GABAは、脳内に多く存在する抑制性神経伝達物質で、脳の酸素供給量を増やして脳細胞を活性化する働きがあり、精神安定作用、不眠、イライラなどの改善に効果があるといわれ、リラックス効果が得られます。

 

血圧正常化

 

老廃物などを血液中からろ過し、尿として排泄する腎臓の働きを活性化することで、利尿作用を促し、血圧を低下させて正常にする効果があります。

この作用は、特定健康保健用食品(トクホ)の機能の1つとして承認されています。

 

 

ダイエット効果

肝臓の働きを活発にしてアルコール代謝を促進させたり、内臓機能を活性化して基礎代謝を高める一方、血液中のコレステロールや中性脂肪を抑制する働きがあることから、肥満や糖尿病の予防や改善への効果が期待されています。

 

その他の効果

その他、脳の血流量や酸素供給量を増やし、脳の代謝・機能を活性化する働きがあります。

 

ビタミンA

 

ビタミンAは肌の修正や再生に必要な成分であることから、美肌効果が期待できると言われています。

ビタミンAの主要な成分であるレチノールには、目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強めたりする働きがあります。

ビタミンAが不足すると、夜盲症(暗いところで物が見えづらくなること)になると言われています。

これは、網膜にあるロドプシンという明暗を感じる物質(視覚色素)が、ビタミンAから作られるためです。

また、ビタミンAは体内で発生する活性酸素から、からだを守る働きがあり、若さと健康を保つことができます。

ビタミンAが十分でない場合には、ビタミンB、ビタミンE、ビタミンD、カルシウム、リン、亜鉛はその効果が発揮されません。

栄養素の潤滑油としても、ビタミンAを摂取することは重要です。

 

 

ビタミンB1

 

次のような効能があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き

・糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする働き

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働き(糖質の代謝を促進)があります。

 

体内で糖質をエネルギーに変えるとき、酵素の働きが必要になります。

この酵素がしっかりと機能するには補酵素が不可欠で、ビタミンB1は補酵素の働きを果たしています。

糖質代謝を促す酵素はアミノ酸だけからなる純タンパク質(アポ酵素)で、この酵素の働きを助ける補酵素がなければ、糖質をエネルギーに変えることはできません。

 

・乳酸を分解して筋肉の疲れをやわらげる働き

ビタミンB1が不足すると、糖質がきちんと代謝できず、体内に乳酸などの疲労物質が蓄積され、疲れやすくなったり、筋肉痛を起こしやすくなったりします。これが肩こりの原因になると言われています。

 

 

 

ビタミンB1が不足した場合

ビタミンB1が不足すると、イライラなどの症状や集中力の低下、さらに食欲不振、全身の倦怠感、手足のむくみやしびれ、動悸、息切れ、筋肉痛、脚気などがあらわれます。

また、脳には、血管収縮作用によって脳を活性化させるセロトニンという物質がありますが、ビタミンB1が欠乏することで、セロトニン代謝が正常に行われず、脳の機能がうまく作動せず、気力減退や慢性的な眠気を引き起こします。

 

 

ビタミンB2

次のような効能があります。

 

皮膚や粘膜の健康維持を助ける

美容のビタミンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の発育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助ける働きをします。

 

ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き

みずみずしい肌をキープするのにも必須のビタミンです。

 

脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)

 

脂肪を燃やしてエネルギーに変えるときに、補酵素として働きます。

脂肪が多い食べ物を多くとった時には、ビタミンB2も多めに摂ると、脂肪が次々と燃焼されるので、脂肪太りのダイエットには大きな効果があります。

 

 

血液サラサラ効果

 

体内の活性酸素と結びつくことで生まれる有害物質である過酸化脂質の分解に作用して、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

ビタミンEは過酸化脂質ができるのを防ぐ働きを持っていますが、ビタミンB2はつくられた有害な過酸化脂質を分解・消去するのに役立ちます。

 

 

ビタミンB2が不足した場合

不足すると、口内炎など粘膜のトラブルや皮膚炎があらわれます。

 

葉酸

 

葉酸は丈夫な血管やきれいな血液づくりを支えます。

葉酸はビタミンB12とともに、補酵素として、赤血球をつくりだす働きがあります。

赤血球は4ヶ月で死滅しますが、新しい赤血球をつくるのに葉酸が足りないと、正常な赤血球ができず、悪性貧血になります。

悪性貧血とは鉄分不足の貧血と違い、立ちくらみやめまいなどの症状のほかに、胃腸障害や頭痛、倦怠感などを引き起こし、症状が進行すると、神経障害や知覚障害などを引き起こすことがあります。

 

 

また、葉酸はアンチエイジングをサポートします。

代謝に関与していて、たんぱく質の生合成を促進します。

たんぱく質は全ての体内組織の原料となるので、新しくて良質のたんぱく質が増えればみずみずしい肌を保てます。

くすみやしわを抑え、美肌をもたらしてくれます。

葉酸は、体内で活性酸素を生み出す物質であるホモシステインと結びつき、活性酸素の増加をストップし、血液の流れをスムーズにします。

血液の流れがスムーズになると「むくみ」や「冷え性」なども改善されます。

葉酸は赤血球をつくりだす働きがあり貧血予防に効果があるため、PMS (月経前症候群)にも効果的です。

 

また、子宮環境を良好に保つために欠かせない栄養素です。

受精卵の細胞分裂を助ける、子宮内膜の環境を良くし着床を促進する、流産リスクを低減する、胎児の神経管閉塞障害の発症リスクを低減する等の働きがあります。

葉酸はたんぱく質や細胞の新生に必要な核酸(DNA、RNA)をつくるのに重要な役割を果たしています。

核酸は細胞の核にあたり、遺伝情報を保有していて、遺伝情報にそってからだをつくるよう指令をだす生命の根幹です。

胎児が発育する妊娠中や、乳児を育てる授乳中には、必要不可欠です。

特に、妊娠初期に葉酸を適切に摂取することで、胎児の神経管欠損という先天異常のリスクが軽減されます。

 

ビタミンC

 

コラーゲンを摂るときに重要な成分がビタミンCです。

ビタミンCはコラーゲンの再合成を促進する働きがあります(コラーゲン生成補助)ので、さらに肌のハリや弾力、潤い、しなやかさを保つ効果が期待できます。

また、ビタミンCには、強い抗酸化作用があるので、メラニン色素の生成を抑えて、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ働きがあります。

さらに、鉄分の吸収を良くする働きもあります。(鉄分に作用して、吸収されやすい形へと変化させます)

さらに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きもあります。

 

 

β-カロテン

 

β-カロテンは目に必要な成分です。

目の健康だけでなく、皮膚や粘膜を正常に保つ働きもあり、β-カロテンが不足すると皮膚や爪がボロボロになってしまいます。

β-カロテンは体内でビタミンAとして働き、皮膚や粘膜を丈夫にして免疫力を高めます。

また、体内で発生する活性酸素を抑制し、お肌や若々しい体作りをサポートしてくれます。

 

 

カルシウム

美肌効果

 

カルシウムはNMF(天然保湿因子)の構成成分です。

また、カルシウムで新陳代謝が促進されます。

新しい皮膚細胞が成熟し、表皮の角質に成長するときにカルシウムが必要とされます。

カルシウムが充実していると、新しいお肌への生まれ変わりが活発になり、若々しく滑らかな表皮を保つことが出来ます。

 

 

骨や歯の材料

 

カルシウムは骨や歯の材料となります。

体内にあるカルシウムのうち99%は骨や歯にある「貯蔵カルシウム」で、1%は血液や筋肉、神経系に含まれる「機能カルシウム」です。

貯蔵カルシウムと機能カルシウムは相互関係があります。

機能カルシウムは血液中に溶け込んで血液凝固や精神安定の働きをしたり、筋肉の働きをサポートします。

機能カルシウムが不足すると、骨にある貯蔵カルシウムが放出されて、血中カルシウム濃度が一定に保たれます。

カルシウムの不足が続くと、骨にあるカルシウムが減少し、骨密度が低下し、骨折や骨軟化症、骨粗しょう症を起こしやすくなります。

成長期であれば、歯の質が悪くなったり、あごの発達が遅れます。

また、閉経前後の女性は骨代謝をうながすエストロゲンが減少するため、骨が弱くなります。

血中のカルシウム調節がうまくいかず、胃から多く溶け出してしまうようになり、骨に含まれるカルシウム量が減ってしまいます。

 

 

骨の老化の原因

骨の老化は若くても引き起こります。

 

過度のダイエット

ダイエットの頻度が多いほど骨密度は減少するというデータがあります。

 

運動不足

運動不足が続くと破骨細胞が活性化し、骨密度が低下していきます。

 

過度の運動トレーニング

激しすぎる運動は乳酸等の有機酸を増加させ、骨からカルシウムが流出してしまいます。

 

栄養バランスの悪い食事

塩分の摂りすぎはカルシウムの排出を増加させてしまいます。

 

その他の作用

 

カルシウム不足イライラの原因になったり、肩こりや腰痛を起こしやすくなります。

また、血行と血液の状態にも影響を及ぼし、高血圧や動脈硬化の原因にもなります。

この他にも、カルシウムは神経伝達物質をコントロールしたり、筋肉を収縮させたり、血液の凝固を促したり、ホルモンや唾液、胃液などの分泌に関わっています。

 

 

カルシウムとマグネシウムの関係

 

カルシウムと深い関係にあるのがマグネシウムです。

カルシウムは筋肉細胞に出入りして、筋肉を収縮させたり弛緩させたりしています。

このとき、マグネシウムが不足すると、カルシウムが筋肉細胞に入り過ぎて、けいれんや震えを起こしてしまいます。

また、イライラして怒りっぽくなると言われています。

カルシウムは過剰に摂り過ぎても、腎臓でろ過されるためて尿とともに排出されるので、それほど心配はありません。

しかし、カルシウムを摂れば摂るほど、マグネシウムも消費されるので、バランスを考えて摂る必要があります。

理想的な、カルシウムとマグネシウムのバランスは2対1くらいです。

 

 

マグネシウム

骨の重要な成分

 

カルシウムを骨に定着させるのがマグネシウムです。

マグネシウムが足りないとカルシウムは無駄になってしまいます。

骨の正常な代謝を維持します。

カルシウムとともに骨や歯の発育や強化をうながす重要な役割を担うミネラルです。

マグネシウムは、汗で流れ出てしまったり、年齢を重ねると体にため込むことができる量が減ってしまうと言われています。

筋肉をリラックスさせたり、エネルギーの変換に関わっていると言われています。

 

 

美肌効果

 

マグネシウムはNMF(天然保湿因子)の構成成分です。

また、敏感肌な人ほど、体内のマグネシウムが不足している場合があります。

それは、マグネシウムが少ないと細胞がうまく分裂できず、皮膚のバリア機能も構築しにくくなるためです。

マグネシウムは細胞が分裂したり、また細胞が分化して角質層になるためにも必要なミネラルです。

また、敏感肌や乾燥肌の人は、皮膚がかゆくなって掻いてしまうことが多いです。

そして、掻けば掻くほどかゆみはひどくなります。

これは、ヒスタミンというかゆみを引き起こす神経伝達物質の放出が止まらなくなるからです。

このヒスタミンの放出を抑えるのにも、マグネシウムは関与しています。

 

 

その他の効果

 

マグネシウムが不足すると筋肉のけいれんを引き起こす場合があります。

マグネシウムは体内にある300種類以上の酵素の働きやエネルギーの産生を助けています。

また、血液循環を維持するために働くほか、神経の興奮を抑える、体温や血圧を調整する、筋肉の収縮などの非常に重要な働きにも関わっています。

海外の研究では、マグネシウム不足が月経前症候群(PMS)に伴う、イライラなどの情緒不安定に関係しているのではないかと言われています。

 

 

カリウム

 

NMF(天然保湿因子)の構成成分です。

また、余分な水分を排出し、バランスを保ちます。

ナトリウム(塩分)の排泄を促す効能があり、高血圧の予防やむくみの解消に効果的です。

また、細胞内の酵素反応を調節する役割があり、筋肉でのエネルギーづくりにも関与していて、カリウムが不足すると筋肉の働きが低下します。

夏場に大量の汗をかくと、カリウムが汗とともに排出されて、低カリウム血症が起こり、疲れやすくなったり、無気力になったりすることがあります。

なお、摂り過ぎたカリウムは尿といっしょに排出されるので、過剰症の心配はありません。

 

 

鉄分

赤血球の成分となって全身に酸素を運ぶ

 

鉄分の働きは血液に乗って全身に酸素を運ぶことです。

鉄は赤血球の血色素「ヘモグロビン」や、筋肉の「ミオグロビン」などの構成性成分となり、体内で酸素を運搬する役割を担っています。

体力の回復を早めたい方、特に鉄分が気になる女性の方に必要な栄養素です。

鉄は赤血球を作るのに必要な栄養素です。

体内の鉄分が不足すると全身への酸素供給が不足し、体がだるい、疲れやすいと感じやすくなります。

活性酸素を除去して老化を抑制する効果、体内の免疫機能の維持などの効果があり、妊娠する体をつくる重要な栄養素でもあります。

体内の鉄は、ヘモグロビンやミオグロビンのように、酸素の運搬役としての役割を果たしている「機能鉄」の他に、肝臓や脾臓、骨髄などに貯蔵されている「貯蔵鉄」があります。

機能鉄が不足すると、それを補うために貯蔵鉄が利用されます。

これが少なくなると、鉄欠乏による貧血を起こします。

血液検査で貧血と診断されなくても、この貯蔵鉄が減少している状態の人も多いと言われています。

男性や閉経後の女性には、貧血はほとんど見られないのですが、月経のある年代の女性や妊娠中の方は、欠乏しやすいので注意が必要です。

 

 

コラーゲンの再合成

 

鉄はたんぱく質の一種であるコラーゲンの合成にかかわっています。

肌や髪、爪の質の低下はたんぱく質だけでなく、鉄不足が原因の場合が多いといわれています。

コラーゲンは体内に入るときに分解されてしまうのですが、それを再合成するときに鉄が必要です。

また、ニキビや湿疹ができやすいのも、鉄欠乏が原因している場合があります。

 

 

亜鉛

 

亜鉛は新陳代謝に関わっていて、肌のターンオーバーを促進します。

体内で新たな細胞をつくるために必要な酵素の成分であり、200種類以上の酵素に含まれる成分です。

細胞の生まれ変わりや糖質のエネルギー化、インスリンの合成、免疫力を高めるなど、役割は多岐にわたっています。

細胞の新生を活発にさせ、骨や皮膚の発育を促す働きがあります。

体に貯蔵しておく事が出来ないため、1日の中でバランス良く摂取することが大切です。

様々な酵素を作り出すサポートしたり、タンパク質の合成、疲労回復免疫力強化にも関わる万能ミネラルです。

 

 

 

亜鉛が不足した場合

不足してしまうと、新陳代謝のサイクルが遅れるため、肌がカサつく他、脱毛、フケなどが起こります。

また、脳の機能が低下し、記憶力が悪くなることもあります。

特に味覚細胞は寿命が短く、10~12日で新たな細胞に変わるため、不足すると代謝ができず、食べ物の味がわからなくなります。

また、性ホルモンの分泌にも関係しています。

不足すると、女性の場合は生理不順などの原因になります。

 

 

食物繊維

 

次のような効果があります。

・糖質の吸収を穏やかにして血糖値の上昇を抑える。

・不要な物質や有害な物質を吸着して体外に排出する。

・腸のぜん動運動を促進してスムーズな排便を促す。

・満腹感を得やすくして食べ過ぎを防ぐ。

・腸内の善玉菌を増やして腸内環境をよくする。

 

 

定期コースがおすすめです

 

【1箱定期コース】

 

通常価格5500円(税抜)が初回は64%OFFの1960円(税抜)+送料600円とお得に申し込むことができます。

継続回数のしばりはなく、いつでも解約可能ですので、初めての方でも試しやすくなっています。

気にいったら、2回目からも50%OFFの2750円とお得に購入することができます。

 

 

【2箱定期コース】

 

通常価格11000円(税抜)が初回は64%OFFの3920円(税抜、送料無料)とお得に申し込むことができます。

継続回数のしばりはなく、いつでも解約可能ですので、初めての方でも試しやすくなっています。

気にいったら、2回目からも50%OFFの5500円(税抜)とお得に購入することができます。

 

 

ご購入を検討される方は

 

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

お得に申し込むことができます。

 


匠の糖煎坊

(公式ページ)

 

読んでいただきありがとうございました。

 

コメント