確実に痩せたい方必見!科学的根拠!美痩せ効果!褐色脂肪細胞活性化

「ウエイトン 葛の花」で美痩せ・ダイエット・美活

 

忙しい女性・男性を応援するダイエットサポートがいろいろ販売されています。

その中でもおすすめなのが、「ウエイトン 葛の花」というダイエットサポートです。

体重とお腹の脂肪の減少についての科学的根拠に基づいた機能性関与成分の「葛の花イソフラボン」、有胞子性乳酸菌、ビタミンB群、コエンザイムQ10といった成分が配合されています。

 

 

 

ご購入はこちらがお得です!

「ウエイトン 葛の花」の配合成分

・葛の花イソフラボン

・有胞子性乳酸菌

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ビタミンB6

・ナイアシン

・コエンザイムQ10

 

 

配合されている成分についてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

葛の花イソフラボン配合

 

「ウエイトン 葛の花」には、お腹の脂肪を減らすのを助けることが報告された機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)」が配合されています。

イソフラボンというと「大豆由来イソフラボン」が有名ですが、「葛の花イソフラボン」は成分の構造が異なり、機能も大きく異なっています。

葛の花由来イソフラボンには、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)を減らすのを助ける機能があることが報告されています。

肥満気味な方、BMIが高めの方、お腹の脂肪が気になる方、ウエスト周囲径が気になる方に適した食品です。

 

 

12週間の試験の結果は次の通りです

・お腹の脂肪(腹部脂肪面積)が平均20cm2減少

・内臓脂肪が平均8cm2減少

・皮下脂肪が平均13 cm2減少

※BMIが25~30の97名を対象に葛の花由来イソフラボン配合品とプラセボ(非配合品)のいずれかを12週間摂取させ実施した試験の結果です。

 

葛の花由来イソフラボンの3つの効果

3つの効果により、体重や脂肪を減らすことができます。

 

その1 脂肪の合成を抑制

食事に含まれる糖や脂肪などに由来する脂肪前駆物質が肝臓内で脂質と合成するのをブロックします。

 

その2 脂肪の分解を促進

 

白色脂肪細胞での脂肪を細かく分解します。

分解することにより、燃えやすい遊離脂肪酸となります。

体脂肪として余分に蓄えられている脂肪の分解をどんどん促します。

 

 

その3 脂肪の燃焼をサポート

 

褐色脂肪細胞での遊離脂肪酸の燃焼を促進します。

効率よくエネルギー消費を促します。

 

 

機能性表示食品

「ウエイトン 葛の花」は、機能性表示食品です。

 

機能性表示食品とは?

 

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を商品パッケージに表示した食品で、販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁へ届出されたものです。

とても信頼できる商品ということです。

「ウエイトン 葛の花」は消費者庁に機能性表示食品として届出した健康食品です。

 

 

 

ご購入はこちらがお得です!

 

 

 

褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞とは?

 

褐色脂肪細胞を活性化することでダイエットにとても効果があると最近の研究でわかっています。

 

 

 

褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞

 

年齢を重ねて太りやすくなったり、30~40代に身体が変わってしまった、と感じることはありませんか?

それには、褐色脂肪細胞の減少が関係しているといわれています。

脂肪が減って太りやすくなるとは、ちょっとイメージしにくいですが、エネルギーをため込む白色脂肪細胞とは違い、褐色脂肪細胞には、エネルギーを燃やす働きがあります。

 

 

白色脂肪細胞

 

皮下脂肪や内臓脂肪にあたるのが白色脂肪細胞というものです。

お尻や太ももにつきやすい皮下脂肪や、お腹周りを大きくするのが内臓脂肪です。

白色脂肪細胞は「なければいいのに」と感じてしまうほど、嫌なものです。

 

 

褐色脂肪細胞

 

「減少していく」ことで、肥満につながる細胞があります。

それは、褐色脂肪細胞と言われるもので、加齢とともに減少していくことで、いわゆる中年太りになると考えられています。

 

 

褐色脂肪細胞の働き

 

褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞は働きが全く違います。

白色脂肪細胞はエネルギーを蓄えるのが主な仕事です。

使い切れず余った糖質や脂質を取り込み、エネルギーとして蓄えます。

その量が増えることで肥満になります。

一方の褐色脂肪細胞は、熱を作り出すのが主な働きです。

糖質や脂質を取り込んで熱を作ります。

加齢とともに褐色脂肪細胞は減少していきます。

「脂肪を燃やす脂肪」とも言える褐色脂肪細胞がなくなると、太りやすくなってしまいます。

 

褐色脂肪細胞は加齢とともに減少

 

肥満予防のためにずっと味方であってほしい褐色脂肪細胞は、加齢とともに減少してしまいます。

褐色脂肪細胞は、赤ちゃんに最も多くあります。

その理由は、体温を維持するためです。

命を守るためなのです。

私たちは、厳しい寒さの中に置かれると、ぶるぶる震えます。

そうして筋肉を動かして熱を作っているのですが、赤ちゃんは筋肉が少なく、自分で体温を調節できません。

赤ちゃんは生命維持のため褐色脂肪細胞が多くありますが、その後成長するにしたがって必要がなくなり、次第に減っていきます。

 

 

褐色脂肪細胞を活性化

 

食事制限でのダイエットが失敗しやすいのは、よく知られています。

私たちの身体は飢餓に備えて動くようにできているので、わずかな食事であっても、そこからエネルギーを蓄えようとするからです。

ダイエットはカロリー制限よりエネルギー消費が重要といわれています。

筋肉を鍛えて代謝を上げれば、健康的に体重を減らせます。

同じように褐色脂肪細胞を活性化させればエネルギー消費が高まり、肥満治療につながると、研究が進められています。

褐色脂肪細胞が減っていくのは事実ですが、活性化させるのは可能です。

中高年でも褐色脂肪細胞の活性が高い人は、スリムな体型を維持しているというデータもあります。

 

褐色脂肪細胞を活性化する方法

 

寒冷刺激を受けたり、ある種の食品を摂取すると、その刺激が脳に伝わり、交感神経系のホルモンであるアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されます。

それが褐色脂肪細胞に働きかけると、脂肪を分解して熱を生み出し、エネルギー消費をアップさせます。

 

 

【寒さによる刺激】

 

寒さによる刺激が褐色脂肪細胞を活性化させる方法として効果的です、

褐色脂肪細胞は体温低下を防ぐという生理的役割があるため、寒さによって熱を生み出す力が高まります。

室温19度の部屋で、氷のブロックに2時間足を乗せると、褐色脂肪細胞のエネルギー消費が増加するという実験データもあります。

寒さの刺激が、脳に伝わるとアドレナリンやノルアドレナリンという交感神経系のホルモンが分泌されます。

それが褐色脂肪細胞に働きかけて熱を生み出すという仕組みです。

しかし、寒さによる刺激というのは、なかなか日常的には取り入れにくいものです。

寒さによる刺激に代わる方法の研究が続けられています。

寒冷刺激と同じようにノルアドレナリンやアドレナリンを分泌できるものであれば、褐色脂肪細胞をパワーアップできると考えられていて、ある種の食品の摂取でも、寒さと同じように刺激になると考えられています。

 

 

【葛の花イソフラボン】

 

葛の花イソフラボンは、褐色脂肪細胞に働きかけ、褐色脂肪細胞の活性化を促し、脂肪を分解して熱を生み出し、エネルギー消費をアップさせます。

褐色脂肪細胞のパワーアップに役立ちます。

 

 

 

 

ご購入はこちらがお得です!

 

 

 

 

次に、葛の花イソフラボン以外に配合されている成分の効果についてご紹介したいと思います。

 

 

 

有胞子性乳酸菌配合

 

一般的な乳酸菌と異なり、胞子の硬い殻で菌体を守っているのが、有胞子性乳酸菌です。

乾燥や熱に強く、胃酸や胆汁で分解されずに腸まで届く、強い乳酸菌です。

また、腸にとどまる時間が長いのも特徴です。

※一般的な乳酸菌は数時間から数日で排出されてしまいます。

乳酸を作りだし、腸内を弱酸性にすることで、悪玉菌の繁殖を抑え、善玉菌が増えやすい環境を作ります。

また、体内にたまった老廃物の排出を積極的にサポートします。

その結果、腸内環境が整えられます。

さらに、便秘の解消により美肌になったり、コレステロールの低下、血圧の低下といった様々なうれしい効果が出てきます。

 

乳酸菌の効果

善玉菌を増やす効果

 

乳酸菌を摂取すると、腸にしっかりと定着して善玉菌を増やしてくれます。

善玉菌の数が減っていておなかの調子が良くないという人でも、便通改善や整腸作用などを実感しやすくなります。

 

 

腸内フローラの改善

 

乳酸菌は腸内フローラを良い状態に保ってくれる働きをします。

腸内フローラが整っていないと、便秘や下痢、風邪といった症状が次々と起こります。

乳酸菌を摂取すると悪玉菌が減少して、善玉菌が優位のバランスになるので、「腸内フローラが整っている状態」になります。

その結果として、腸内が刺激されて便が出やすくなります。

 

 

美肌作用

 

腸内で悪玉菌が増えると、悪玉菌が作り出す毒素が腸から肌に運ばれてしまうことで肌荒れが起きやすくなります。

腸内フローラが改善すると肌の調子を整える効果まで期待できます。

美容液など外側からのスキンケアを頑張っていてもなかなか肌がきれいにならないという方は、乳酸菌で体の内側から美肌ケアをするのもとても効果的な方法です。

 

 

乳酸菌は毎日摂り続けることが大事です。

 

乳酸菌は腸内に留まるのがとても苦手です。

しかも腸内にある善玉菌はもともと数が少ない上に、食生活や不規則な生活習慣によって悪玉菌に負けてしまいます。

一度にたくさん乳酸菌を摂ったとしても、どんどん減少してしまうため、毎日摂り続けることが重要です。

 

 

ビタミンB1配合

 

次のような効能があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き

・糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする働き

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働き(糖質の代謝を促進)があります。

体内で糖質をエネルギーに変えるとき、酵素の働きが必要になります。

この酵素がしっかりと機能するには補酵素が不可欠で、ビタミンB1は補酵素の働きを果たしています。

糖質代謝を促す酵素はアミノ酸だけからなる純タンパク質(アポ酵素)で、この酵素の働きを助ける補酵素がなければ、糖質をエネルギーに変えることはできません。

 

 

 

乳酸を分解して筋肉の疲れをやわらげる働き

ビタミンB1が不足すると、糖質がきちんと代謝できず、体内に乳酸などの疲労物質が蓄積され、疲れやすくなったり、筋肉痛を起こしやすくなったりします。これが肩こりの原因になると言われています。

 

 

 

脳や神経を正常に保つ働き

ビタミンB1は、脳や神経にとっても大切で、中枢神経や手足の末梢神経を正常に働かせる作用があります。

ビタミンB1は脳や神経の働きを助けるので集中力が増し、記憶力が向上します。

また、手足や足先などの感覚が敏感に働くようになります。

 

 

 

ビタミンB1が不足した場合

ビタミンB1が不足すると、イライラなどの症状や集中力の低下、さらに食欲不振、全身の倦怠感、手足のむくみやしびれ、動悸、息切れ、筋肉痛、脚気などがあらわれます。

また、脳には、血管収縮作用によって脳を活性化させるセロトニンという物質がありますが、ビタミンB1が欠乏することで、セロトニン代謝が正常に行われず、脳の機能がうまく作動せず、気力減退や慢性的な眠気を引き起こします。

アルコールを分解するのにもビタミンB1は必要です。

お酒を毎日大量に飲み、慢性的にビタミンB1が不足している人は、中枢神経が侵されるウェルニッケ・コルサコフ症候群という神経疾患にかかることがあります。

手足や顔面の麻痺、言語障害、記憶障害などがあらわれます。

 

 

ビタミンB2配合

次のような効能があります。

 

皮膚や粘膜の健康維持を助ける

美容のビタミンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の発育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助ける働きをします。

 

ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き

みずみずしい肌をキープするのにも必須のビタミンです。

 

脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)

 

脂肪を燃やしてエネルギーに変えるときに、補酵素として働きます。

脂肪が多い食べ物を多くとった時には、ビタミンB2も多めに摂ると、脂肪が次々と燃焼されるので、脂肪太りのダイエットには大きな効果があります。

 

 

血液サラサラ効果

 

体内の活性酸素と結びつくことで生まれる有害物質である過酸化脂質の分解に作用して、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

ビタミンEは過酸化脂質ができるのを防ぐ働きを持っていますが、ビタミンB2はつくられた有害な過酸化脂質を分解・消去するのに役立ちます。

 

 

ビタミンB2が不足した場合

不足すると、口内炎など粘膜のトラブルや皮膚炎があらわれます。

 

ビタミンB6配合

 

次のような効果があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける

・たんぱく質の代謝を助ける

たんぱく質の材料となるアミノ酸を合成したり、分解したりする酵素を助ける補酵素として働きます。

・摂取したたんぱく質が体内で有効に利用されるためには、ビタミンB6の助けを借りることが必要です。

・たんぱく質をたくさん摂取している人や、サプリメントとしてプロテインを摂っている人は、ビタミンB6も同時に摂る必要があります。

・神経伝達物質の生成を助け精神状態を安定させる

神経細胞間で情報を伝達するアドレナリン・ドーパミン・セロトニン・GABAなどの神経伝達物質の生成に関わっています。

不足すると、神経の働きをよくするアミノ酸の代謝が停滞して、不眠症やうつ状態になることもあります。

・赤血球を生成する(貧血予防効果)

・免疫系を正常にして、アレルギー症状を抑える(ぜんそくや花粉症、慢性鼻炎)

・体外から侵入した病原体を攻撃して無力化させる免疫物質の「免疫グロブリン」を作るのに欠かせない成分です。

・脂質の代謝をサポートして、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぐ

・月経前にイライラしたり、うつ状態になったり、頭痛に悩まされるといったPMS(月経前症候群)や「つわり」を軽減する。

ビタミンB6は、卵胞ホルモンの代謝に働きかけ、ホルモンのバランスを整えます。

このためホルモンのアンバランスから体調が崩れるPMS(月経前症候群)を改善する効果があります。

 

 

また、妊婦さんのつわりにも効果的です。

つわりの原因であるトリプトファンというアミノ酸の代謝不調を正常に整えてくれます。

ビタミンB6は赤ちゃんの脳神経系の発達にも関わるので、妊娠中はしっかりと摂ることが重要です。

・ビタミンB6が不足すると、口内炎や口角炎、肌荒れ、湿疹、手足のしびれ、こむら返りなど、さまざまな症状が起きることがわかっています。

・ビタミンB6を葉酸やビタミンB12とともに摂取することで、動脈硬化の原因物質ホモシステインの増加が抑えられます。

・ビタミンB群の中でも、ビタミンB2、B6、ナイアシンはお互いに不可欠な存在です。

ビタミンB6は、ビタミンB2がなければ働くことができず、ナイアシンはビタミンB6なしでは役割を果たすことができません。

ビタミンB6が活性型に変わると時にはビタミンB2が必要です。

また、アミノ酸のひとつ、トリプトファンからナイアシンが合成されるときには、ビタミンB6が必要です。

 

 

ナイアシン配合

 

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。

・ナイアシンは、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に働き、細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助します。

・血行を改善して、脳神経の働きを良くする、コレステロールや中性脂肪を分解するなどの働きがあります。

・喘息患者の喘鳴(呼吸のたびに出るゼイゼイ音)を起こりにくくする効果があります。

ナイアシンが不足すると肌細胞の生まれ変わりがうまく行われなくなり、肌荒れになることがあります。

細胞のエネルギーが不足することで、倦怠感を感じることもあります。

また、不足するとペラグラという症状が起きます。

日光を浴びやすい顔や手足を中心に炎症が起き、下痢などの胃腸障害を発症します。

悪化すると、頭痛やうつなどの精神症状を生じます。

 

 

コエンザイムQ10配合

コエンザイムQ10の効果

 

次のような効果があります。

・強い抗酸化作用があり、細胞膜が酸化するのを防ぎ、ビタミンCやビタミンEを再生させる

・老化を防ぐ

・活性酸素を除去する

・エネルギーをつくる(エネルギー代謝を促す)

・心臓や脳などの臓器を若く保つ

・基礎代謝の低下による肥満を改善する

・全身の代謝が正常に行われるように働く

・免疫力がアップする

 

 

アンチエイジング効果

 

コエンザイムQ10を摂取することによって細胞の再生を促進させる効果新陳代謝の機能向上、皮膚組織活性化効果が期待できます。

新陳代謝の機能が向上することは、老化の防止(アンチエイジング)に繋がり、肌や身体を若々しく保つことができます。

 

 

20才をピークに減少

 

コエンザイムQ10は美肌や健康のために体に欠かせないものです。

しかし、体内のコエンザイムQ10の濃度は、20才をピークに減少していきます。

その後も年を重ねる度にどんどん減少していきます。

そのため、外部から積極的に摂取する必要があります。

 

 

おすすめの購入方法

定期コース【初回限定特別価格980円】

 

通常価格【3800円(税抜)+送料+手数料】が初回限定特別価格の980円(税抜、送料無料、手数料無料)とお得に購入することができます。

2回目からも10%OFFの3420円とお得に購入できます。

継続回数は3回の継続が必要です。

葛の花由来イソフラボンの検証データは、12週間(3ヵ月)の試験期間で得られた結果となっています。

そのため、確かな実感を得るためには3ヵ月の継続がおすすめです。

 

 

単品購入【まずは試してみたいという方】

3800円(税抜)+送料216円+手数料324円となっています。

 

ご購入を検討される方は

 

 

下の公式ページからご覧になれます。

お得に申し込むことができます。

 

 

ご購入はこちらの公式ページからお願いいたします。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント