【ヨガフルーツスムージー】美痩せ女子のマストアイテム 美活・健活

ヨガフルーツスムージー ダイエット
  1. 【ヨガフルーツスムージー】美痩せ女子におすすめ ビタミンB6が効果的
    1. 美痩せ女子のマストアイテム【ヨガフルーツスムージー】
      1. 配合成分
      2. ヨガフルーツスムージーの特徴
      3. ヨガフルーツ(ターミナリアベリリカ)の効果
  2. 【ヨガフルーツスムージー】のご購入方法
    1. 【定期コース】(続けてスリム便)
    2. 【通常購入】(まずはお試し1箱)
    3. ご購入を検討される方は
  3. 【ヨガフルーツスムージー】の詳細情報
    1. ヨガフルーツ(ターミナリアベリリカ)配合
      1. 糖の吸収を抑える効果
      2. 脂肪の吸収を抑える効果
    2. コレウス・フォルスコリ配合
    3. ガルシニア配合
      1. 脂肪の合成抑制
      2. 空腹感の抑制
    4. ソイプロテイン配合
      1. ソイプロテインとホエイプロテインの違い
      2. 豊富で良質なタンパク質(必須アミノ酸)含有
      3. 体をつくるアミノ酸
        1. 必須アミノ酸
        2. アミノ酸スコア
          1. リジンは特に不足!
      4. たんぱく質(アミノ酸)を摂取することのメリット・必要性
      5. アミノ酸のダイエット効果
      6. アミノ酸の美容効果
      7. イソフラボン含有
        1. 女性ホルモンの減少でコラーゲン量も低下
        2. 美容効果
        3. 更年期障害の症状の抑制・改善
        4. 骨粗しょう症の予防
        5. コレステロールの減少効果
      8. サポニン含有
        1. ダイエット効果
        2. 便秘解消・美肌効果
      9. レシチン含有
        1. 美肌効果
        2. ビタミンの吸収率を高める効果
    5. 植物発酵エキス(酵素エキス)配合
      1. 酵素について
      2. 酵素は加齢とともに減少
    6. ダイエタリーファイバー(不溶性食物繊維)配合
    7. 青パパイヤ配合
    8. ニームリーフ配合
    9. ブドウ種子ポリフェノール配合
      1. プロアントシアニジン(OPC)
      2. アントシアニン
    10. 7種類のベリー配合
      1. ポリフェノールの効果
      2. 強力な抗酸化力
    11. ビタミンB1配合
      1. 乳酸を分解して筋肉の疲れをやわらげる働き
      2. 脳や神経を正常に保つ働き
      3. ビタミンB1が不足した場合
    12. ビタミンB2配合
      1. 皮膚や粘膜の健康維持を助ける
      2. ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き
      3. 血液サラサラ効果
      4. ビタミンB2が不足した場合
    13. ビタミンB6配合
    14. ビタミンB12配合
    15. ビタミンC配合
      1. 美肌効果
        1. コラーゲンとビタミンC
      2. 健康効果
  4. まとめ

【ヨガフルーツスムージー】美痩せ女子におすすめ ビタミンB6が効果的

 

美痩せ女子のマストアイテム【ヨガフルーツスムージー】

【ヨガフルーツスムージー】は、美痩せ効果の高いダイエットスムージーです。

1食あたり14.7calで美味しいベリー味です。

ヨガフルーツやコレウス・フォルスコリ、ガルシニアの効果で糖や脂肪の吸収を抑え、ソイプロテインやビタミンB6の効果で効率よく、たんぱく質が体内で有効に利用され基礎代謝アップを目指せます。

また、プロアントシアニジンなどの美容にも良いポリフェノールの効果で美肌美白効果も期待できます。

具体的には、次のものが配合されています。

 

配合成分

・ヨガフルーツ(ターミナリアベリリカ)

・コレウス・フォルスコリ

・ガルシニア

・ソイプロテイン

・植物発酵エキス(酵素エキス)

・ダイエタリーファイバー(不溶性食物繊維)

・青パパイヤ

・ニームリーフ

・ブドウ種子ポリフェノール

・7種類のベリー

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ビタミンB6

・ビタミンB12

・ビタミンC

 

 

ヨガフルーツスムージーの詳細ページはこちらです。

 

ヨガフルーツスムージーの特徴

ヨガフルーツ(ターミナリアベリリカ)を1包に200mg高配合しています。

また、ソイプロテインビタミンなども配合されていて、ただ単純にカロリーカットするというものではなく、基礎代謝アップも期待できます。

特にビタミンB6がしっかりと配合されているという点がおすすめポイントの一つです。

ビタミンB6は、たんぱく質の代謝を助ける働きがあります。

摂取したたんぱく質が体内で有効に利用されるためには、ビタミンB6の助けを借りることが必要です。

たんぱく質をたくさん摂取している人や、サプリメントとしてプロテインを摂っている人は、ビタミンB6も同時に摂る必要があります。

ソイプロテインとビタミンB6を一緒に摂ると、高い効果が得られます。

 

ヨガフルーツ(ターミナリアベリリカ)の効果

糖分の吸収を抑制する働き脂肪の吸収を抑制する働きが特に優れています。

ダイエット成分で、有名なガルシニアやコレウス・フォルスコリ、ギムネマ以上の効果があります。

 

【ヨガフルーツスムージー】のご購入方法

 

【定期コース】(続けてスリム便)

(内容量:1箱30包入り)

 

通常価格7560円が初回は約61%OFFの2980(税込)+送料300円とお得に申し込むことができます。

継続回数の縛りはなく、何回目からでも解約が可能です。

(2回目以降にキャンセルを希望の場合は、次回発送の10日前までに連絡すると中止ができます)

また、90日間の全額返金保証がついていますので、初めての方でも安心して試すことができます。

 

【通常購入】(まずはお試し1箱)

通常価格の7560円(税込)+送料300円となっています。

こちらは、30日間の全額返金保証がついています。

 

ご購入を検討される方は

下のページからご覧になれます。

ヨガフルーツスムージーの詳細ページはこちらです。

 

【ヨガフルーツスムージー】の詳細情報

配合成分

・ヨガフルーツ(ターミナリアベリリカ)

・コレウス・フォルスコリ

・ガルシニア

・ソイプロテイン

・植物発酵エキス(酵素エキス)

・ダイエタリーファイバー(不溶性食物繊維)

・青パパイヤ

・ニームリーフ

・ブドウ種子ポリフェノール

・7種類のベリー

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ビタミンB6

・ビタミンB12

・ビタミンC

 

 

ヨガフルーツ(ターミナリアベリリカ)配合

ヨガフルーツとは、インドの伝統ハーブ「ターミナリアベリリカ果実」から抽出した有用成分です。

この果実にはポリフェノールが多く含まれています。

糖と脂肪の吸収を抑えます。

 

糖の吸収を抑える効果

ガルシニアの約4倍

コウレス・フォウスコリの約200倍

 

脂肪の吸収を抑える効果

ギムネマの約40倍

コウレス・フォウスコリの約40倍

 

コレウス・フォルスコリ配合

燃焼系ダイエットに関わりがあるとされる「アデニル酸シクラーゼ」という酵素をサポートするといわれています。

アデシル酸シクラーゼは脂肪細胞で脂肪が分解される場合に必要です。

アドレナリンのような脂肪分解促進ホルモンは、脂肪細胞でアデニル酸シクラーゼを活性化し、次にリパーゼという脂肪分解酵素を活性化して脂肪を分解します。

これらの過程をコレウス・フォルスコリによって促進することで、脂肪の代謝を活発化し、ダイエットに結びつけることができます。

肥満の男女に対する臨床試験の報告では、8~12週間で体脂肪と体重の明らかな減少が報告されています。

また、めぐりサポートにもいいとされています。

脂肪細胞を直接活性化させ、脂肪にアプローチします。

同時に糖分の吸収を抑えるので、ダイエットにもつながります。

さらに代謝アップも促すのでダイエットには必須な成分です。

コレウス・フォルスコリは、体重や体脂肪を調節する働きに関わっています。

脂肪燃焼効果があり、ダイエット効果が期待できます。

体重や脂肪が気になる方にとってはうれしい成分です。

 

 

ガルシニア配合

次のような効果があります。

・脂肪の合成抑制

・空腹感の抑制

・抗肥満効果

 

脂肪の合成抑制

ガルシニアを摂取すると、含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)によってあらゆる脂肪酸の生成が抑制されます。

食事でとった糖質や脂質は、ブドウ糖に変えられエネルギーとなり、余った分はATPクエン酸リアーゼという酵素の働きで脂肪となって蓄えられます。

食前にガルシニアを摂ると、HCAがその酵素と結合して働きを阻害し、脂肪をできにくくします。

また脂肪の生産の時に一緒にできる脂肪酸も、この結果不足します。

不足分を補うために、蓄積された体脂肪が分解されます。

HCAは肝臓リパーゼの反応を抑制し、脂肪が腸管から吸収されるのを抑える働きをすることも判明しています。

これらの働きから、食べても太らないという効果が認められています。

 

空腹感の抑制

体脂肪にならなかったブドウ糖はグリコーゲンに変えられるため、あまり空腹感を感じなくなります。

無理に食事量を減らすことがないので、リバウンドが起こりにくいのも利点の一つです。

肥満防止は美容面ばかりでなく、高脂血症や高血圧など生活習慣病を予防する上でも大切です。

 

ソイプロテイン配合

大豆由来のソイプロテインは消化がゆっくりで、腹持ちが良いことが特徴です。またイソフラボン、サポニン、レシチンなど女性にとって美容に役立つ成分が豊富で、ダイエット・美容にとても効果があります。

 

ソイプロテインとホエイプロテインの違い

ソイプロテインは満腹感や腹持ちが良い

ソイプロテインは、消化が早いホエイプロテインと違い、消化に時間がかかります。

満腹感を得やすく腹持ちが良いのでダイエットに適しています。

 

豊富で良質なタンパク質(必須アミノ酸)含有

大豆は、たんぱく質が豊富で、しかもたんぱく質を構成するアミノ酸20種類のうち18種類が含まれています。

豊富なアミノ酸は、ダイエットと美容の両方に効果があります。

 

体をつくるアミノ酸

アミノ酸には、そのひとつひとつに多様な機能があり、体の健康、美容に働きかけてくれます。

人の体のたんぱく質を構成するアミノ酸は約20種類あります。

体内で合成できない必須アミノ酸(9種類)と体内で合成できるが生体維持に極めて重要な働きをする非必須アミノ酸(11種類)に分けられます。

さらに、その他にも体に様々な効果のあるアミノ酸があります。

 

必須アミノ酸

人の体のたんぱく質を構成するアミノ酸のうち、体内で合成できない9種類を必須アミノ酸といいます。

バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン

 

アミノ酸スコア

必須アミノ酸は、FAO(国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)などによって推奨摂取量が定められています。

各食品に含まれる必須アミノ酸の量が、その基準値に対してどの程度満たされているかを数値で表したのが「アミノ酸スコア」で、効率よくアミノ酸を摂るための目安となります。

アミノ酸スコアは100が最高値となっています。

最高得点100(フルスコア)は、タンパク質をつくるために必要な9種類全ての必須アミノ酸がバランスよく十分に含まれているということです。

必須アミノ酸は、どれかひとつでも不足していると、不足しているアミノ酸のレベルまでしか利用できないため、他のアミノ酸はすべて無駄になってしまいます。

食品に含まれる必須アミノ酸の含有量が、基準値より低いアミノ酸のことを「制限アミノ酸」といいます。

例えば、米や小麦、トウモロコシはリジン、ジャガイモはロイシンというアミノ酸が少なく、リジンやロイシンが制限アミノにあたります。

米のアミノ酸スコアは58、小麦のアミノ酸スコアは36(制限アミノ酸はリジン)です。

それに対し、大豆由来のソイプロテインは必須アミノ酸が豊富です。

大豆のアミノ酸スコアは100となっています。

米に不足しているリジンというアミノ酸が補えることから、ソイプロテイン(大豆)を摂取することでアミノ酸スコアが改善し、美容やダイエット、健康に非常に良い効果があります。

ソイプロテインで、リジンを補うことでアミノ酸スコアが改善し、アミン酸バランスが整い、効率よく体のたんぱく質を合成することができます。

 

リジンは特に不足!

リジンは米や小麦、トウモロコシなどの穀物に含まれる量が少ないため、米やパンなど穀物を食べる日本人には不足しがちなアミノ酸です。

リジンを摂取し、アミノ酸バランスを改善することによって、効率的に筋肉合成が促進できます。

その結果、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効果も期待できます。

また、アミノ酸が体内で体づくりに使われやすくなり、美容効果も向上します。

 

たんぱく質(アミノ酸)を摂取することのメリット・必要性

たんぱく質は細胞の材料となり、皮膚、筋肉、血管、血液、骨、髪、爪、歯、内臓はもちろん、酵素ホルモンにいたるまで人の体をつくっている非常に大切な栄養素です。

生命を維持するために、たんぱく質は毎日、人の体から一定量消費されます。

極端なダイエットをしてカロリー制限をしている人のなかには、たんぱく質不足の方も多いといわれています。

体重が落ち、ダイエットが成功したかに見えても、実は大切な筋肉まで落ちていて、体の中は低栄養状態でボロボロであることも多いです。

さらに、たんぱく質は、体内で栄養を運ぶ役割も果たしています。

どんなにいい栄養をとっていても、たんぱく質がなければうまく運ぶことができなくなってしまいます。

全身は新陳代謝により日々入れ替わっていますので、日々のたんぱく質が不足すると、身体のコンディションに良くないことが出やすくなります。

特に、筋肉の維持や増強など運動で鍛えている人には欠かせない栄養素です。

 

アミノ酸のダイエット効果

基礎代謝量が高い人ほど、エネルギーを消費しやすく、太りにくく痩せやすい体です。

ダイエットには、基礎代謝を上げることが大切です。

そのポイントは筋肉です。

筋肉が多いほど、基礎代謝アップにつながります。

そんな脂肪が燃えやすい体づくりで注目を浴びているのがアミノ酸です。

筋肉の原料であるアミノ酸を補給することで、脂肪の燃焼工場である筋肉が増え、基礎代謝が上がり、それによって消費エネルギーが増え、太りにくい体がつくられます。

 

アミノ酸の美容効果

美肌とは、水分が保持されたうるおいのある肌のことです。

肌の表面をおおう角質層にはNMF(天然保湿因子)という天然の保湿因子があり、それが肌の水分を保っています。

このNMFが不足すると、角質層の水分が減り、乾燥した状態になってしまいます。

また、肌にハリをもたせるのは、コラーゲンです。

コラーゲンは加齢、紫外線、不規則な生活や過度のダイエットで不足してしまいます。

このNMFもコラーゲンも主要成分はアミノ酸です。

つまり、肌の乾燥やたるみの原因はアミノ酸不足と関係しています。

コラーゲンは体内にもともと存在し、体にとって大切な栄養素ですが、年齢を重ねるにつれ減り続け、40代で約半分まで減少してしまいます。

キレイを保つためには、コラーゲンを補うことが大切ですが、コラーゲンは体内での分解や吸収がされにくく、分解されたアミノ酸がコラーゲンに再合成されにくいとい

われています。

だからといって、コラーゲンの摂取が無駄というわけではありません。

栄養素として十分に役立っています。

コラーゲンは、グリシン、プロリン、アラニンなど17種類のアミノ酸から構成されています。

しかし、コラーゲンを摂取するより、直接アミノ酸を摂取した方が、美肌には効果的といわれています。

 

イソフラボン含有

すぐれた抗酸化をもつほか、体内で女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをすることが知られています。

 

女性ホルモンの減少でコラーゲン量も低下

思春期以降、女性の体内では卵巣でつくられる「エストロゲン」という女性ホルモンが増加します。

エストロゲンは出産や育児などの生殖に関わる器官で重要な役割を担う一方、骨の代謝のバランスを保ったり、脂質代謝を調節したりと、全身の健康にも大きな影響を及ぼすもので、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)にも深く関わっています。

エストロゲンが十分にある時は、細胞の供給源である幹細胞の分裂が活発になり、常に若々しい角層が補われます。

女性ホル

モンの一種として知られるエストロゲンの分泌量は20代でピークに達しますが、30代を超えた頃から少しずつ減少していきます。

さらに40代以降、更年期を迎えるとエストロゲンが急激に減少するため、新しい細胞を供給する能力が低下し、皮膚が薄くなって乾燥しやすくなります。

閉経後の5年間で、真皮のコラーゲン量は約30%も減少するといわれています。

肌の乾燥はたるみやシワの原因にもなりますので、美容の面でも対策が必要です。

 

美容効果

強い抗酸化作用が老化を防止し、若々しさを保ちます。

また、美白作用、保湿性の向上、抗炎症作用があります。

 

更年期障害の症状の抑制・改善

女性は更年期になると、急激にエストロゲンの分泌が低下するため、ホルモンのアンバランスによる体調不良に陥りがちです。

冷えやのぼせ、肩こり、イライラなど様々な不調が現れます。

これが更年期障害ですが、イソフラボンをたっぷり摂取しておくと、その抑制や改善に役立ちます。

 

骨粗しょう症の予防

エストロゲンは、女性の骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ役割もしています。

更年期になると、その働きがなくなるため、骨量(骨中のミネラル量)が減って骨がもろくなる「骨粗しょう症」の危険性が高まります。

エストロゲンは骨の代謝に深く関わっていて、不足すると骨からカルシウムが排出されやすくなります。

特に更年期やその前後の女性は、エストロゲンが不足して骨粗しょう症などになりやすいので、積極的にイソフラボンを摂取することが重要です。

イソフラボンを十分に摂取しておくと、骨粗しょう症の予防や改善効果が期待できます。

 

コレステロールの減少効果

血管を丈夫にして血液中のコレステロールを減少させる作用があります。

 

サポニン含有

強い抗酸化作用があり、体内で過酸化脂質がつくられるのを抑制する働きがあります。

過酸化脂質が体内に増えると、血液中に血栓ができやすくなり、動脈硬化を進行させてしまいます。

サポニンは動脈硬化を抑制するので、高血圧、高脂血症の予防につながります。

また、肥満の防止肝機能障害の改善にも役立ちます。

肝機能障害の大きな改善効果については、過酸化脂質の生成を抑制して肝臓の負担を軽減すると同時に、傷ついた肝細胞を再生させます。

 

サポニンは血液の循環を良くする効果を持っている成分です。

血中のコレステロールを減少させ、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

また、抗酸化作用による動脈硬化の予防や、血流を良くする効果も期待できるので、サポニンはめぐりむくみ改善をサポートします。

血流が改善することで、全身のすみずみまで栄養素が行き渡るようになります。ダイエット成分や美容成分が体やお肌の細部まで届くようになり、効果がいっそう高まることが期待されます。

 

ダイエット効果

血管に付着した脂質を除去する働きや中性脂肪を低下させる効果があり、肥満防止に効果を発揮します。

 

便秘解消・美肌効果

便通をよくして腸内環境を改善する働きがあるので、便秘解消美肌効果がとても期待できます。

 

レシチン含有

血管へのコレステロールの沈着を防ぎ、動脈硬化の抑制に役立ちます。

肝臓に中性脂肪がたまらないようにする働きもあるので、脂肪肝の予防にもよいとされています。

また、老化を防止し、肌をみずみずしく保つ働きがあります。

 

美肌効果

レシチンによってコレステロールが血液中から排泄されるため、血流が良くなり、酸素や栄養素が全身に行き渡るため、肌に必要な栄養素がいきわたり、美しい肌が維持できます。

 

ビタミンの吸収率を高める効果

ビタミンAやビタミンEなどの脂溶性物質の吸収を助ける働きがあります。

 

 

ヨガフルーツスムージーの詳細ページはこちらです。

 

 

植物発酵エキス(酵素エキス)配合

普段の食事では摂取しづらい栄養もバランス良く摂取することができます。

体に必要な栄養を補いながら、不要なものをスッキリさせて、善玉菌が働きやすい体内環境づくりをサポートします。

ただ痩せればいいという従来のダイエットではなく、健康や美容にも効果的な配合となっています。

 

酵素について

酵素には消化酵素と代謝酵素があり、この二つの機能が正常に働いていなければ、ダイエットはなかなか成功しません。

かえってリバウンドしてしまうおそれもあります。健康や美容にも悪影響を及ぼす場合も多くなります。

酵素は先に消化に使われ、残りが代謝として働きます。

代謝は、体を動かす、頭で考えるなど消化以外のすべての活動に必要です。

ですが、食べ過ぎたり飲み過ぎたりすると酵素が消化に大量に使われてしまうため、代謝分の酵素が不足することになります。

その状態が続くと代謝がスムーズに行われなくなり、ため込みやすい体になってしまいます。

 

酵素は加齢とともに減少

体内で作られる酵素には限りがあるうえ、その生産能力は加齢とともに低下してしまいます。

特に40代以降は激減してしまい、若いころと比べて太りやすく痩せにくくなってしまいます。

食事によって消化酵素が多く使われた場合には、代謝酵素が不足することになります。

代謝酵素が正常に働かなければ老廃物の排泄機能も低下し、細胞の生まれ変わりも上手に機能しないので、便秘や肌トラブルをはじめとした数々の体調不良の原因となります。

また、代謝が低下するので、ダイエット効果も期待できない状態になります。

ダイエットを成功させるためには、「酵素」を外部から摂ることがとても大事なことです。

 

ダイエタリーファイバー(不溶性食物繊維)配合

健康と美容には、腸の調子を整えることが大事です。

その一番の近道は食物繊維を摂取することです。

不溶性食物繊維のほとんどは、植物の細胞壁を構成している物質です

水に溶けないのですが、水分を吸収してかさを増す性質があります。

腸の内容物(便)のかさが増えると、大腸のぜん動運動が活発になります。

不溶性食物繊維の主要な働きは、便の移動をスムーズにして排便を促すことです。

また、腸内環境を整え、腸内の有害物質を体外に排泄する働きもあります。

 

青パパイヤ配合

青パパイヤは、β-カロテンやビタミンC、リンゴ酸、クエン酸、クリプトキサンチン、ペクチンなどの他、パパイン酵素を含んでいます。

パパイン酵素はたんぱく質分解酵素に分類されていますが、たんぱく質だけでなく、脂肪やでんぷん質(炭水化物)を分解する働きもあります。

青パパイヤは、体脂肪の分解を促進するといわれ、ダイエットや高脂血症にも有効であるといわれています。

 

 

ニームリーフ配合

ニームには様々な薬理作用があります。

コレステロール及び血糖値低下作用、抗潰瘍作用、鎮痛・解熱作用などが報告されています。

 

ブドウ種子ポリフェノール配合

ブドウの種子には、プロアントシアニジン(OPC)アントシアニンなどのポリフェノールが含まれています。

 

プロアントシアニジン(OPC)

フラボノイドの一種で、ポリフェノール化合物です。

強い抗酸化作用があることが知られています。

毛細血管を強化する働きや、血小板凝集を正常化し血液をサラサラにする効果中性脂肪を低下させ、動脈硬化を予防するなどのさまざまな効果があります。

また、たんぱく質の一種であるエラスチンの伸縮維持とコラーゲンの合成を助ける働きがあり、皮膚や血管の弾力を維持する機能があります。

さらに、プロアントシアニジンは、メラニン色素を作る酵素チロシナーゼの働き抑えるといわれていますので、肌のシミ、くすみを防止・改善し、皮膚の美白効果やアンチエイジングも期待できます。

さらに、更年期障害、生理不順、子宮内膜症、生理痛など女性特有の症状の緩和にも有効性が認められています。

 

アントシアニン

ポリフェノールの中でも、特に最近注目されている成分がアントシアニンです。

アントシアニンは末梢血管を拡張して血流を改善、めぐりを改善する効能があります。

また、抗酸化作用が強いため、活性酸素の抑制を行い細胞の損傷を避けることができますので、美肌にも効果があります。

活性酸素は老化を促進し、お肌のハリやツヤを奪っていきます。

ポリフェノールは活性酸素を除去することで、老化を防止してくれます。

また、目の健康を維持する働きが大きく、神経系の働きを支えるロドプシンという色素の再合成を促進し、目の疲労回復視力向上、かすみ・ちらつき・視野が狭くなるなどの症状の改善、夜間視力の向上に効果を発揮します。

さらに、肝機能の回復、血圧上昇の抑制にも効果的です。

 

7種類のベリー配合

ポリフェノールが豊富に含まれています。

 

ポリフェノールの効果

ポリフェノールの重要な働きが抗酸化作用です。

ポリフェノールは、抗酸化作用が強いため、活性酸素の抑制を行い細胞の損傷を避けることができますので、美肌にも効果があります。

活性酸素は老化を促進し、お肌のハリやツヤを奪っていきます。

ポリフェノールは活性酸素を除去することで、老化を防止してくれます。

また、動脈硬化などの原因は、血中のLDLコレステロール(悪玉)だといわれてきましたが、現在では、LDLコレステロールが酸化することによって、血管の内壁に付着することが問題視されています。

ポリフェノールの抗酸化力は、血液中のLDLコレステロールの酸化を防ぐことに効果があるといわれています。

 

強力な抗酸化力

β-カロテンやビタミンC、ビタミンEなども抗酸化作用が強いのですが、β-カロテンやビタミンEは細胞の脂溶性部分で、ビタミンCは水溶性部分で抗酸化作用を発揮します。

つまり、それぞれ活性酸素の除去に働き領域があります。

しかし、ポリフェノールは細胞間の水溶性部分を守りながら、一部は細胞の脂溶性部分でも働きますし、細胞膜上でも力を発揮することが判明しています。

活性酸素よって最もダメージを受けやすいのは細胞の部分だと考えられていますので、ポリフェノールのオールラウンドで強い抗酸化作用に注目が集まっています。

また、ポリフェノールには、脂肪燃焼を促進する効果、血栓を予防して血液をサラサラにする効果、血管を守る作用、血流を改善する作用など、さまざまな健康効果があることがわかっています。

 

ビタミンB1配合

次のような効能があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き

・糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする働き

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働き(糖質の代謝を促進)があります。

体内で糖質をエネルギーに変えるとき、酵素の働きが必要になります。

この酵素がしっかりと機能するには補酵素が不可欠で、ビタミンB1は補酵素の働きを果たしています。

糖質代謝を促す酵素はアミノ酸だけからなる純タンパク質(アポ酵素)で、この酵素の働きを助ける補酵素がなければ、糖質をエネルギーに変えることはできません。

 

乳酸を分解して筋肉の疲れをやわらげる働き

ビタミンB1が不足すると、糖質がきちんと代謝できず、体内に乳酸などの疲労物質が蓄積され、疲れやすくなったり、筋肉痛を起こしやすくなったりします。これが肩こりの原因になると言われています。

 

脳や神経を正常に保つ働き

ビタミンB1は、脳や神経にとっても大切で、中枢神経や手足の末梢神経を正常に働かせる作用があります。

ビタミンB1は脳や神経の働きを助けるので集中力が増し、記憶力が向上します。

また、手足や足先などの感覚が敏感に働くようになります。

 

ビタミンB1が不足した場合

ビタミンB1が不足すると、イライラなどの症状や集中力の低下、さらに食欲不振、全身の倦怠感、手足のむくみやしびれ、動悸、息切れ、筋肉痛、脚気などがあらわれます。

また、脳には、血管収縮作用によって脳を活性化させるセロトニンという物質がありますが、ビタミンB1が欠乏することで、セロトニン代謝が正常に行われず、脳の機能がうまく作動せず、気力減退や慢性的な眠気を引き起こします。

アルコールを分解するのにもビタミンB1は必要です。

お酒を毎日大量に飲み、慢性的にビタミンB1が不足している人は、中枢神経が侵されるウェルニッケ・コルサコフ症候群という神経疾患にかかることがあります。

手足や顔面の麻痺、言語障害、記憶障害などがあらわれます。

 

ビタミンB2配合

次のような効能があります。

 

皮膚や粘膜の健康維持を助ける

美容のビタミンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の発育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助ける働きをします。

 

ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き

みずみずしい肌をキープするのにも必須のビタミンです。

 

脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)

脂肪を燃やしてエネルギーに変えるときに、補酵素として働きます。

脂肪が多い食べ物を多くとった時には、ビタミンB2も多めに摂ると、脂肪が次々と燃焼されるので、脂肪太りのダイエットには大きな効果があります。

 

血液サラサラ効果

体内の活性酸素と結びつくことで生まれる有害物質である過酸化脂質の分解に作用して、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

ビタミンEは過酸化脂質ができるのを防ぐ働きを持っていますが、ビタミンB2はつくられた有害な過酸化脂質を分解・消去するのに役立ちます。

 

ビタミンB2が不足した場合

不足すると、口内炎など粘膜のトラブルや皮膚炎があらわれます。

 

ビタミンB6配合

次のような効果があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける

・たんぱく質の代謝を助ける

たんぱく質の材料となるアミノ酸を合成したり、分解したりする酵素を助ける補酵素として働きます。

・摂取したたんぱく質が体内で有効に利用されるためには、ビタミンB6の助けを借りることが必要です。

・たんぱく質をたくさん摂取している人や、サプリメントとしてプロテインを摂っている人は、ビタミンB6も同時に摂る必要があります。

・神経伝達物質の生成を助け精神状態を安定させる

神経細胞間で情報を伝達するアドレナリン・ドーパミン・セロトニン・GABAなどの神経伝達物質の生成に関わっています。

不足すると、神経の働きをよくするアミノ酸の代謝が停滞して、不眠症やうつ状態になることもあります。

・赤血球を生成する(貧血予防効果)

・免疫系を正常にして、アレルギー症状を抑える(ぜんそくや花粉症、慢性鼻炎)

・体外から侵入した病原体を攻撃して無力化させる免疫物質の「免疫グロブリン」を作るのに欠かせない成分です。

・脂質の代謝をサポートして、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぐ

・月経前にイライラしたり、うつ状態になったり、頭痛に悩まされるといったPMS(月経前症候群)や「つわり」を軽減する。

ビタミンB6は、卵胞ホルモンの代謝に働きかけ、ホルモンのバランスを整えます。

このためホルモンのアンバランスから体調が崩れるPMS(月経前症候群)を改善する効果があります。

また、妊婦さんのつわりにも効果的です。

つわりの原因であるトリプトファンというアミノ酸の代謝不調を正常に整えてくれます。

ビタミンB6は赤ちゃんの脳神経系の発達にも関わるので、妊娠中はしっかりと摂ることが重要です。

・ビタミンB6が不足すると、口内炎や口角炎、肌荒れ、湿疹、手足のしびれ、こむら返りなど、さまざまな症状が起きることがわかっています。

・ビタミンB6を葉酸やビタミンB12とともに摂取することで、動脈硬化の原因物質ホモシステインの増加が抑えられます。

・ビタミンB群の中でも、ビタミンB2、B6、ナイアシンはお互いに不可欠な存在です。

ビタミンB6は、ビタミンB2がなければ働くことができず、ナイアシンはビタミンB6なしでは役割を果たすことができません。

ビタミンB6が活性型に変わると時にはビタミンB2が必要です。

また、アミノ酸のひとつ、トリプトファンからナイアシンが合成されるときには、ビタミンB6が必要です。

 

ビタミンB12配合

ビタミンB12は葉酸と一緒になって赤血球のヘモグロビンの合成を助けています。

不足すると造血がうまくいかず、赤血球の数が減ったり、異常に大きい赤血球ができたりと、生成がうまくいかなくなります。

そうすると全身に酸素が行きわたらなくなり、だるさや動悸・息切れなどが起こってしまいます。

これを「悪性貧血」と呼んでいます。

また、ビタミンB12はタンパク質や脂質のエネルギー化にも関わっているほか、脳の中枢神経や末梢神経の機能を正常に働かせる重要な役割もあります。

肩こり腰痛には末梢神経が関係しているため、ビタミンB12には、痛みを軽くする働きもあります。

 

ビタミンC配合

美肌効果

コラーゲンを摂るときに重要な成分がビタミンCです。

ビタミンCはコラーゲンの再合成を促進する働きがあります(コラーゲン生成補助)ので、さらに肌のハリや弾力、潤い、しなやかさを保つ効果が期待できます。

また、ビタミンCには、強い抗酸化作用があるので、メラニン色素の生成を抑えて、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ働きがあります。

さらに、鉄分の吸収を良くする働きもあります。(鉄分に作用して、吸収されやすい形へと変化させます)

さらに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きもあります。

 

コラーゲンとビタミンC

コラーゲンを摂ると、体内で消化・分解され、アミノ酸の形で吸収されます。

このアミノ酸を材料に、身体の中でコラーゲンが作られますが、はじめに未熟なコラーゲンが作られ、やがて成熟したコラーゲンになっていきます。

ビタミンCは、未熟なコラーゲンから成熟したコラーゲンになっていくときに、その合成を助ける働きがあります。

そのため、コラーゲンとビタミンCを一緒に摂ると、高い効果が得られます。

 

健康効果

ビタミンCは副腎に働きかけ、ホルモンの合成に作用します。

副腎は副腎皮質ホルモンをつくり、エネルギーを増大させるために、ビタミンCを必要とします。

ストレスが生じると、副腎皮質ホルモンが分泌され、血圧を上昇させ、血中の糖分を増やしてエネルギー増産体制を整え、ストレスに対抗する力を作ります。

このことから、ビタミンCは抗ストレスビタミンと呼ばれています。

また、ビタミンCは体内で感染を除去したり、炎症の原因となるフリーラジカルを消去します。

ビタミンCは白血球に働きかけ、強化することによって、ウイルスに対抗できる免疫力を高めることができます。

 

まとめ

・ヨガフルーツスムージーは、ただ単純なカロリー制限ダイエットではなく、美容や健康に優れた成分を豊富に含んでいます。

・ソイプロテインやビタミンB6の効果で効率よく、たんぱく質が体内で有効に利用され基礎代謝アップを目指せます。

 

ヨガフルーツスムージーの詳細ページはこちらです。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

コメント