鮮度にこだわった美容サプリ【生サプリ】 生コラーゲン・生セラミド・生ヒアルロン酸・生プラセンタ

 

鮮度にこだわった【生サプリL.100 美容SP】

 

お肌にいいと言われているサプリを飲んでいるけど効果が見えない方にオススメのサプリメントをご紹介します。

 

【生サプリL.100 美容SP】というサプリメントです。

 

20181006224028

 

1度に4つの美容成分がまとめて取れるサプリメントで、生コラーゲン、生セラミド、生ヒアルロン酸、生プラセンタを配合しています。

お肌も喜ぶ贅沢な組み合わせです。

 

美容SPの新素材

(公式ページ)

 

生サプリ【生サプリL.100 美容SP】は徹底的に鮮度にこだわっています!

 

通常サプリと生サプリを比較してみました。

 

生サプリと通常のサプリの比較

 

通常サプリ:保存料等で高温処理

生サプリ:低温加熱で保存料なし

 

通常サプリ:大量生産後、貯蓄し流通

生サプリ:出来立て即チルド配送

 

通常サプリ:1粒に成分を少量ずつ配合

生サプリ:1粒1成分のみ存分に配合

 

通常サプリ:保存料等で賞味期間2年間

生サプリ:賞味期限45日間

 

 

成分によっては、製造・保管・配送時に熱が加わることにより、本来の役割を発揮できない場合があります。

 

生サプリの最大のメリットは、低温処理の製造、オーダーメイドによる保管期間の短縮、クール便による徹底した温度管理により、成分の力を損なわずにお手元に届くという点です。

 

それでは、配合されている成分について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

生コラーゲン配合【動物性ではなく、海洋性コラーゲンを使用】

 

生サプリでは、サメのフカヒレコラーゲンを贅沢に使用しています。

 

コラーゲンは、肌を内側から支えるため、肌のハリや弾力、潤いを保つ効果があります。

 

生セラミド配合【保湿成分】

 

生サプリでは、セラミドの中でも特に高く評価されている【こんにゃく芋】由来のセラミドだけをたっぷり使用しています。

 

セラミドがどれほど重要な成分であるかは、後で説明したいと思います。もしよかったら読んでくださいね。

 

 

生ヒアルロン酸配合【保水力たっぷり】

 

ヒアルロン酸は水分をたっぷり蓄える働きがあります。

 

人の体の60%は水分と言われ、ヒアルロン酸はとても大切な成分です。

 

うるおいある毎日のために、濃縮したエキスをたっぷり配合しています。

 

 

生プラセンタ配合【美容成分の宝庫】

 

良質なたくさんの種類のアミノ酸を含んでおり、近年若々しい美しさを求める女性の方に注目されている成分です。

 

生サプリでは、良質な豚プラセンタのみを使用しています。

 

ドリンクタイプの特有な風味も、生サプリなら気にせず飲むことができます。

 

プラセンタには次のような成分を含んでいて、体の機能を調節したり弱った部分を回復させたりと体の様々な部分への効果があります。

 

アミノ酸

・ペプチド

核酸

・ムコ多糖類

酵素

・ミネラル

・ビタミン

 

 

コラーゲンとプラセンタのアミノ酸は最適の組み合わせ!

 

年齢と共に、体内のコラーゲン量はどんどん減少してしまいます。

 

コラーゲンは体内にもともと存在し、体にとって大切な栄養素ですが、年齢を重ねるにつれ減り続け、40代で約半分まで減少してしまいます!

 

だからこそ、キレイを保つためには、コラーゲンを補うことが大切です。

 

しかし!ただコラーゲンを補えばいいわけではないのです!

 

コラーゲンはアミノ酸から構成されているため、摂取しているコラーゲンとして吸収されず、一度アミノ酸に分解されて必要な場所に運ばれた後、再び合成されて役立てられます。

 

こういった理由から、コラーゲンを効率的に摂るには、アミノ酸をたくさん含んだコラーゲンが良いのです。

 

【生サプリL.100 美容SP】にはプラセンタのアミノ酸が含まれているので、より効率的にコラーゲンの効果でハリ弾力が期待できます。

 

生セラミド配合がうれしい理由

 

セラミドは、元々単体での販売を予定していましたが、強い要望により応えて、【生サプリL.100 美容SP】に追加となりました。

 

つまり生セラミド単体でも十分購入する方がいるほど女性にとってニーズがある成分なのです。

 

 

セラミドを摂ることでどのような良いことがあるのでしょうか?

 

乾いた肌に与えるべきは「保湿成分」!

 

乾燥から肌を守る「保湿」は、エイジングケアに欠かせないものです。

 

肌が乾燥するとツヤや透明感がなくなるだけでなく、バリア機能が低下するため、肌荒れや老化の原因にもなります。

 

でも、「いろいろな保湿ケアを試しても乾燥肌が改善しない」という人も多いのではないでしょうか。

 

もしかしたら間違ったケアをしているかもしれません。

 

健康な肌の角層には約20%の水分が含まれていますが、これよりも水分が少ない状態になることを「乾燥肌」といいます。

 

空気中の湿度が下がってくると、角層から水分が急激に蒸発しやすくなります。

 

そこで肌から水分が減らないようにつなぎとめているのが、セラミドなどの保湿物質です。

 

本当の保湿とは、これらの働きを補うセラミドなどの「保湿成分」を与えることです。

 

それは体の外から水分を与えるのではなく、体の内側から湧き出る水分を肌の中で保つようにサポートすることです。

 

 

「水分を与えて油分でフタ」は昔の考え方?

 

保湿といえば「化粧水」を思い浮かべる人が多いと思いますが、化粧水の構成成分の大部分は「水」です。

 

水そのものを与えても蒸発してしまうので、保湿の役割を果たしているとはいえません。

 

また「油分でフタをする」といって、乳液やクリームなどで水分を守ろうとする方法もあるのですが、それは古い考え方のようです。

 

でも実は、油分は、水分保持力がさほど高くありません。

 

たっぷり塗っても、そのすき間をぬって水分が蒸発してしまうのです。

 

セラミドなどのように、水分を蓄える働きをする「保湿成分」を補うことが良いと考えられています。

 

 

セラミドがたっぷりある肌は乾燥知らず

 

セラミドは、肌のいちばん外側にある角層の細胞と細胞のすき間をぴったりと埋めている「角質細胞間脂質」の一種です。

 

セラミドを失うと、角層の水分量は80%も低下します。

 

肌の水分を維持するために、もっとも貢献している保湿成分がセラミドなのです。

 

セラミドは脂質なので水には溶けませんが、水と結合して「ラメラ構造」と呼ばれるミルフィーユ状の層をつくります。

 

このラメラ構造に取り込まれた水分は、たとえ湿度が0%になっても蒸発しません。

 

セラミドが最強の保湿物質と言われるのはこのためです。

 

つまり肌の中に十分なセラミドがあれば、真冬でもぷるぷるの肌を保てるということです。

 

 

セラミドは年齢とともに減少してしまう

 

セラミドはターンオーバーとともに表皮細胞の中でつくられているため、老化で代謝が悪くなると、セラミドの量も減ってしまいます。

 

すると、角層の水分量も同時に減ります。

 

年を重ねるとともに肌が乾燥しやすくなる理由こういうメカニズムなのです。

 

詳細をご覧になりたい方は

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

 

美容SPの新素材

(公式ページ)

 

読んでいただきありがとうございました。

コメント