健活!γ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】 血圧が有意に低下する

「ファインコーヒー」高血圧に効果のある機能性表示食品のご紹介

 

高血圧対策に効果のある機能性表示食品をご紹介したいと思います。

「ファインコーヒー」という通販限定商品です。

ファインコーヒーには、γ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】が配合されています。

GABAには血圧が高めの方に適した機能があることが報告されています。

ファインコーヒーには、機能性関与成分としてGABAが20mg配合されている他、高血圧の主な原因である肥満を改善する成分(難消化性デキストリン、クロロゲン酸類、ガルシニア、ビタミンB群)が配合されています。

GABAの作用は、血圧正常化が直接的な効果ですが、高血圧の原因のストレスや肥満を改善する効果もあるため、GABAは高血圧対策にとても有効な成分です。

 

 

ご購入はこちらがお得です!

 

高血圧症とは?

 

加齢とともに気になってくるのが血圧値です。

人間の体は、全身に血液を送るために心臓に血液をためますが、このとき心臓は拡張していて、血管に強い圧力がかかっていない状態にあります。

この状態での血圧が一般に「下」といわれる血圧値で、拡張期血圧、または最低血圧といいます。

一方、心臓にためられた血液が一定量になると、それをいっきに送り出そうとします。

このとき心臓は収縮して血液を押し出そうとしますが、これが一般にいう「上」で、収縮期血圧、または最高血圧といいます。

高血圧症は、上、下ともに血圧値が高い状態にあるものいいます。

その基準は上が140mmHg以上、下が90mHg以上です。

血圧が上がってくると、頭痛や肩こり、めまい、耳鳴り、のぼせや動悸、また疲れやすいなどの自覚症状が現れます。

また、高血圧は動脈硬化や脳卒中、心疾患や腎疾患をまねいてしまうこともあります。

 

高血圧の原因

 

高血圧がみられるのは、腎疾患や糖尿病、心疾患、内分泌疾患による二次性の場合もありますが、高血圧のほとんどは、そのような基礎疾患のみられない本態性の高血圧です。

そのリスクファクターとしては、遺伝的因子と、ストレス、喫煙、飲酒、寒さなどの環境因子があります。

その中でも、もっとも大きく影響しているのが肥満と塩分の摂り過ぎです。

 

高血圧の予防法

 

まずは肥満にならないように注意することが大事です。

また喫煙や飲酒は交感神経を刺激して血管を収縮させ、血圧を上げます。

食事面では減塩を心がけ、体内の余分な塩分を排出するカリウムを補給することが重要です。

マグネシウム、カルシウムなどのミネラル不足は高血圧を招くという研究結果もあるので、サプリメントなどの利用もおすすめです。

カルシウムは血管の収縮を避け、血流をスムーズにする働きがあるので血圧が高めの方には必須のミネラルです。

さらに、適度な運動をすると、血圧は下がります。

サプリメントを併せて摂るのも有効です。

 

 

高血圧対策に有効な「ファインコーヒー」

ファインコーヒーには、γ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】が機能性関与成分として配合されています。

 

γ-アミノ酪酸【ギャバ(GABA)】の効果

 

アミノ酸の一種です。

血圧正常化が直接的な効果ですが、高血圧の原因のストレスや肥満を改善する効果もあるため、GABAは高血圧対策にはとても有効な成分です。

 

 

血圧正常化

 

老廃物などを血液中からろ過し、尿として排泄する腎臓の働きを活性化することで、利尿作用を促し、血圧を低下させて正常にする効果があります。

 

 

リラックス作用

GABAは、脳内に多く存在する抑制性神経伝達物質で、脳の酸素供給量を増やして脳細胞を活性化する働きがあり、精神安定作用、不眠、イライラなどの改善に効果があるといわれ、リラックス効果が得られます。

 

ダイエット効果

肝臓の働きを活発にしてアルコール代謝を促進させたり、内臓機能を活性化して基礎代謝を高める一方、血液中のコレステロールや中性脂肪を抑制する働きがあることから、肥満や糖尿病の予防や改善への効果が期待されています。

 

その他の効果

その他、脳の血流量や酸素供給量を増やし、脳の代謝・機能を活性化する働きがあります。

 

機能性表示食品「ファインコーヒー」

「ファインコーヒー」は、機能性表示食品です。

 

機能性表示食品とは?

 

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を商品パッケージに表示した食品で、販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁へ届出されたものです。

とても信頼できる商品ということです。

「ファインコーヒー」は消費者庁に機能性表示食品として届出した健康食品です。

 

 

臨床試験結果

 

GABAは臨床試験により血圧を正常な値へと近づけることがわかっています。

臨床試験では、GABAを1日に12.3mg摂取したところ、最高血圧が2週間で下がる傾向があり、4週間で有意に低下、また、摂取をやめると最高血圧が戻る(再び高くなる)という結果がでています。

つまり、GABAを摂取している間は、「血圧を有意に低下させる」という結果が出ています。

ファインコーヒーには、12.3mgの約1.6倍の20mgを配合しています。

 

ファインコーヒー効果 血圧正常化

 

ご購入はこちらがお得です!

 

GABA以外の配合成分

・難消化性デキストリン

・クロロゲン酸類

・ガルシニア

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ビタミンB6

・ナイアシン

 

難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)配合

 

難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)には、食事に含まれる脂肪と糖に働き、食後に上がる中性脂肪と血糖値を抑える機能があります。

脂肪や糖の多い食事を摂りがちな方、食後に上がる中性脂肪や血糖値が気になる方に適した成分です。

また、お腹の調子を整えてくれます。

難消化性デキストリンとは、とうもろこしを原料とした水溶性の食物繊維です。

とうもろこしを原料とする、水に溶けやすく、体内で消化されにくい食物繊維です。

消費者庁や米国食品医薬品局(FDA)に安全であると認められた成分です。

難消化性デキストリンには、食事に含まれる脂肪と糖に働き、食後に上がる中性脂肪と血糖値を抑える機能が報告されています。

「お腹の調子を整える食品」として特定保健用食品の許可を受けている食品に活用されている食物繊維です。

また、水溶性食物繊維は、ナトリウムを包んで体外へ排出する働きがあるとされ、血圧の上昇を防いでくれます。

 

 

 

水溶性食物繊維の効果

水溶性食物繊維は、水に溶ける食物繊維で水分を含んでゲル状になり、腸管での余分な栄養素や有害物質を排泄する作用があります。

・ブドウ糖の吸収を穏やかにする。

・コレステロールの吸収を抑制する。

・胆汁酸を吸着して体外に排泄する(胆汁酸はコレステロールからつくられるので、コレステロールの排泄につながります)

ブドウ糖の吸収が穏やかになると、血糖値の急激な上昇が避けられ、糖尿病の予防につながります。

また、食塩のナトリウムと結びついて便と一緒に排泄されるため、血圧をさげる効果もあります。

・便の水分量を増やしてやわらかさを保ち、腸を刺激することによって排便をスムーズにします。

満腹感を得やすくして食べ過ぎを防ぐといった効果もあります。

 

 

クロロゲン酸類配合

ダイエット効果

 

ポリフェノールの1種であるクロロゲン酸が、脂質などの余分なものを分解・燃焼しやすくする助けをしてくれます。

クロロゲン酸は、体内にある「ミトコンドリア」に働きかけ、脂肪の取り込みを促進します。

脂質はミトコンドリアで効率よく燃焼されるとエネルギーへと変換されるため、体脂肪を減らす効果が期待できます。

 

 

活性酸素除去作用

老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあり、若々しく元気な体を保つサポートをします。

 

ガルシニア配合

 

次のような効果があります。

・脂肪の合成抑制

・空腹感の抑制

・抗肥満効果

 

 

脂肪の合成抑制

 

ガルシニアを摂取すると、含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)によってあらゆる脂肪酸の生成が抑制されます。

食事でとった糖質や脂質は、ブドウ糖に変えられエネルギーとなり、余った分はATPクエン酸リアーゼという酵素の働きで脂肪となって蓄えられます。

食前にガルシニアを摂ると、HCAがその酵素と結合して働きを阻害し、脂肪をできにくくします。

また脂肪の生産の時に一緒にできる脂肪酸も、この結果不足します。

不足分を補うために、蓄積された体脂肪が分解されます。

HCAは肝臓リパーゼの反応を抑制し、脂肪が腸管から吸収されるのを抑える働きをすることも判明しています。

これらの働きから、食べても太らないという効果が認められています。

 

 

空腹感の抑制

 

体脂肪にならなかったブドウ糖はグリコーゲンに変えられるため、あまり空腹感を感じなくなります。

無理に食事量を減らすことがないので、リバウンドが起こりにくいのも利点の一つです。

肥満防止は美容面ばかりでなく、高脂血症や高血圧など生活習慣病を予防する上でも大切です。

 

 

ビタミンB1配合

 

次のような効能があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き

・糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする働き

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働き(糖質の代謝を促進)があります。

体内で糖質をエネルギーに変えるとき、酵素の働きが必要になります。

この酵素がしっかりと機能するには補酵素が不可欠で、ビタミンB1は補酵素の働きを果たしています。

糖質代謝を促す酵素はアミノ酸だけからなる純タンパク質(アポ酵素)で、この酵素の働きを助ける補酵素がなければ、糖質をエネルギーに変えることはできません。

 

 

 

乳酸を分解して筋肉の疲れをやわらげる働き

ビタミンB1が不足すると、糖質がきちんと代謝できず、体内に乳酸などの疲労物質が蓄積され、疲れやすくなったり、筋肉痛を起こしやすくなったりします。これが肩こりの原因になると言われています。

 

 

 

脳や神経を正常に保つ働き

ビタミンB1は、脳や神経にとっても大切で、中枢神経や手足の末梢神経を正常に働かせる作用があります。

ビタミンB1は脳や神経の働きを助けるので集中力が増し、記憶力が向上します。

また、手足や足先などの感覚が敏感に働くようになります。

 

 

 

ビタミンB1が不足した場合

ビタミンB1が不足すると、イライラなどの症状や集中力の低下、さらに食欲不振、全身の倦怠感、手足のむくみやしびれ、動悸、息切れ、筋肉痛、脚気などがあらわれます。

また、脳には、血管収縮作用によって脳を活性化させるセロトニンという物質がありますが、ビタミンB1が欠乏することで、セロトニン代謝が正常に行われず、脳の機能がうまく作動せず、気力減退や慢性的な眠気を引き起こします。

アルコールを分解するのにもビタミンB1は必要です。

お酒を毎日大量に飲み、慢性的にビタミンB1が不足している人は、中枢神経が侵されるウェルニッケ・コルサコフ症候群という神経疾患にかかることがあります。

手足や顔面の麻痺、言語障害、記憶障害などがあらわれます。

 

 

ビタミンB2配合

次のような効能があります。

 

皮膚や粘膜の健康維持を助ける

美容のビタミンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の発育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助ける働きをします。

 

ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き

みずみずしい肌をキープするのにも必須のビタミンです。

 

脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)

 

脂肪を燃やしてエネルギーに変えるときに、補酵素として働きます。

脂肪が多い食べ物を多くとった時には、ビタミンB2も多めに摂ると、脂肪が次々と燃焼されるので、脂肪太りのダイエットには大きな効果があります。

 

 

血液サラサラ効果

 

体内の活性酸素と結びつくことで生まれる有害物質である過酸化脂質の分解に作用して、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

ビタミンEは過酸化脂質ができるのを防ぐ働きを持っていますが、ビタミンB2はつくられた有害な過酸化脂質を分解・消去するのに役立ちます。

 

 

ビタミンB2が不足した場合

不足すると、口内炎など粘膜のトラブルや皮膚炎があらわれます。

 

ビタミンB6配合

 

次のような効果があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける

・たんぱく質の代謝を助ける

たんぱく質の材料となるアミノ酸を合成したり、分解したりする酵素を助ける補酵素として働きます。

・摂取したたんぱく質が体内で有効に利用されるためには、ビタミンB6の助けを借りることが必要です。

・たんぱく質をたくさん摂取している人や、サプリメントとしてプロテインを摂っている人は、ビタミンB6も同時に摂る必要があります。

・神経伝達物質の生成を助け精神状態を安定させる

神経細胞間で情報を伝達するアドレナリン・ドーパミン・セロトニン・GABAなどの神経伝達物質の生成に関わっています。

不足すると、神経の働きをよくするアミノ酸の代謝が停滞して、不眠症やうつ状態になることもあります。

・赤血球を生成する(貧血予防効果)

・免疫系を正常にして、アレルギー症状を抑える(ぜんそくや花粉症、慢性鼻炎)

・体外から侵入した病原体を攻撃して無力化させる免疫物質の「免疫グロブリン」を作るのに欠かせない成分です。

・脂質の代謝をサポートして、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぐ

・月経前にイライラしたり、うつ状態になったり、頭痛に悩まされるといったPMS(月経前症候群)や「つわり」を軽減する。

ビタミンB6は、卵胞ホルモンの代謝に働きかけ、ホルモンのバランスを整えます。

このためホルモンのアンバランスから体調が崩れるPMS(月経前症候群)を改善する効果があります。

 

 

・ビタミンB6が不足すると、口内炎や口角炎、肌荒れ、湿疹、手足のしびれ、こむら返りなど、さまざまな症状が起きることがわかっています。

・ビタミンB6を葉酸やビタミンB12とともに摂取することで、動脈硬化の原因物質ホモシステインの増加が抑えられます。

・ビタミンB群の中でも、ビタミンB2、B6、ナイアシンはお互いに不可欠な存在です。

ビタミンB6は、ビタミンB2がなければ働くことができず、ナイアシンはビタミンB6なしでは役割を果たすことができません。

ビタミンB6が活性型に変わると時にはビタミンB2が必要です。

また、アミノ酸のひとつ、トリプトファンからナイアシンが合成されるときには、ビタミンB6が必要です。

 

 

ナイアシン配合

 

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。

・ナイアシンは、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に働き、細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助します。

・血行を改善して、脳神経の働きを良くする、コレステロールや中性脂肪を分解するなどの働きがあります。

・喘息患者の喘鳴(呼吸のたびに出るゼイゼイ音)を起こりにくくする効果があります。

ナイアシンが不足すると肌細胞の生まれ変わりがうまく行われなくなり、肌荒れになることがあります。

細胞のエネルギーが不足することで、倦怠感を感じることもあります。

また、不足するとペラグラという症状が起きます。

日光を浴びやすい顔や手足を中心に炎症が起き、下痢などの胃腸障害を発症します。

悪化すると、頭痛やうつなどの精神症状を生じます。

 

 

ファインコーヒーのおすすめの購入方法

2ヶ月定期コース(5箱60杯分)

通常価格6480円(税込)が初回限定で50%OFFの3240円(税込、送料無料)とお得に購入することができます。(1杯あたり54円です)

 

2ヶ月定期コースをおすすめする理由

 

臨床試験では、GABAを1日に12.3mg摂取したところ、最高血圧が2週間で下がる傾向があり、4週間(およそ1か月)で有意に低下、また、摂取をやめると最高血圧が戻る(再び高くなる)という結果がでています。

つまり、GABAを摂取している間は、「血圧を有意に低下させる」という結果が出ています。

1ヶ月継続すると有意な結果が出始め、やめると元の血圧に戻ってしまうため、1ヶ月で中止してしまうのは、非常にもったいないかなと思います。

また、今なら2ヶ月定期コースで申し込むと、初回限定価格で購入できるため、このチャンスを活かしてほしいためです。

 

 

ご購入を検討される方は

下の公式ページからご覧になれます。

お得に申し込むことができます。

 

公式ページはこちらです

【機能性表示食品】血圧が高めの方に「ファインコーヒー」

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント