【ハイドロキノン集中美白クリーム】シミ消し 美白のマストアイテム

コスメ

美白女性のマストアイテム【ハイドロキノン集中美白クリーム】

 

【ハイドロキノン集中美白クリーム】

年齢を重ねるほどに、肌に現れてくるシミやくすみ。

「さんざん美白を試したけど、効果がなかった」とあきらめる必要はありません。

今までの美白ケアでは満足できなかった女性におすすめなのが、【ハイドロキノン集中美白クリーム】です。

シミを薄くする成分「ハイドロキノン」を3%まで配合した実感力の高い製品です。

 

今ならお得に始めることができます。

【集中ケアコース】で通常価格4900円が初回は80%OFF999円(税込)+送料等350円で始めることができます。

 

このお得な価格や内容は、いつ終了するか現在未定ですので、気になる方はお早めにチェックしてみてください。

 

ハイドロキノン集中美白クリームの詳細ページは下のリンクです。

ハイドロキノン集中美白クリーム

 

シミの原因

肌に紫外線が当ると、表皮細胞からエンドセリンという情報伝達物質が分泌されます。

すると、それに刺激されて、基底層にあるメラノサイトでメラニン色素がつくられます。

メラニン色素のもとはチロシンというアミノ酸ですが、これにチロシナーゼという酵素が働くと、すぐにメラニン色素ができます。

メラニン色素は表皮細胞中に放出され、ターンオーバーによって角質層へと押し上げられていき、最後には垢となって排出されます。

しかし、紫外線を大量に浴びるとメラニン色素の生成に排出が追いつかなくなって表皮に残り、それがやがてシミになってあらわれます。

また、加齢やストレスが原因でターンオーバーのサイクルが遅くなると、メラニンが排出されにくくなり、シミができます。

 

ハイドロキノン

シミを薄くしたい、消したい。。。

こんな悩みに応えられる美白成分が、ハイドロキノンです。

ハイドロキノンは各段に高い美白効果を持つ成分です。

日本では、従来は医師が使う成分でしたが、2001年の化粧品の規制緩和以降はコスメに配合されるようになりました。

ハイドロキノンは、メラニンを作る酵素の働きを強力に妨げる成分です。

市販の美白成分の中では、最もシミに早く効く成分の一つです。

 

ハイドロキノンはメラニンをダブルで抑える

ハイドロキノンは、メラニン合成のもとになるチロシンに似ているため、チロシンの代わりにメラノサイトに取り込まれ、メラニン合成を邪魔します。

また、還元力を持つため、既にできたメラニン色素を、還元作用で白くします。

 

メラニンの生成を抑制

メラニンができにくい状態にする、あるいはメラニンが出来上がる状態を邪魔するという成分です。

チロシナーゼの働きが不完全だと黒色のメラニンができないことに着目した成分です。

 

黒色のメラニンができるメカニズム

紫外線を浴びると、表皮細胞のケラチノサイトからメラノサイトへ「メラニンを作れ」という指令がでます。

いくつかの情報伝達物質(エンドセリンなど)が働いてメラノサイトを活性化し、その結果メラニンが作られます。

情報伝達物質により、メラノサイトに「メラニンを作れ!」という指令が届いたときに、最初にできるのがチロシンです。

このチロシンは、もともとは黒くないのですが、メラノサイトに存在するチロシナーゼという酵素の働きで、ドーパ、ドーパキノンと次々化学変化を起こして、最終的には黒色のメラニンになります。

 

メラニンを還元

できてしまったメラニンを分解して、メラニンではないモノに変えてしまう成分です。

これによって、メラニンは色のない、まったく別モノになり、シミやソバカスを防ぎます。

紫外線を浴びた後のケアに最適といえます。

 

ハイドロキノン集中美白クリームの詳細ページは下のリンクです。

 

ハイドロキノン集中美白クリーム

 

6種類の有効成分配合

ハイドロキノン集中美白クリームには、ハイドロキノン以外にも有効成分が6種類配合されています。

 

炎症対策成分も美白に有効

シミの一種の肝斑では、わずかな刺激でメラニン色素が増えてしまいます。

肝斑の部分に起こっている弱い炎症がメラニンを増やす一因であることがわかっています。

また、炎症性色素沈着といって、炎症を起こすと、その刺激でメラニンが増産されてシミになります。

 

(有効成分)

・パンテノール

・トコフェノール(ビタミンE)

・グリチルリチン酸2K

・ツボクサエキス

・ローズマリー葉エキス

・カンゾウ根エキス

 

パンテノール

・細胞賦活作用

・抗炎症作用

水溶性ビタミンの一種です。

細胞を活性化する力や、抗炎症作用があるとされていて、肌荒れ、小ジワの予防や日焼け防止などの目的で使われます。

 

トコフェノール(ビタミンE)

抗酸化作用と血液循環作用に優れ、肌の血色を良くします。

 

ツボクサエキス

抗炎症作用や抗酸化作用、コラーゲン合成促進作用があります。

メラニン生成の原因となる肌の炎症を抑制、さらに抗酸化作用により色素沈着を抑制することで、美白に効果があります。

 

ローズマリー葉エキス

抗酸化・抗炎症・血行促進作用があります。

肌荒れ防止やニキビ予防の効果もあります。

 

カンゾウ根エキス

マメ科の植物、甘草(かんぞう)から抽出した成分です。

消炎作用もあるので、かぶれにくく、肌の弱い人でも比較的使いやすい成分です。

グラブリジンという美白成分を含みます。

グラブリジンは、チロシナーゼ酵素の阻害効果(メラニン生成抑制)が高いという特徴があります。

シミの一種である肝斑への高い効果が確認されています。

 

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸の水溶性の誘導体がグリチルリチン酸2Kまたはグリチルリチン酸ジカリウムです。

消炎作用が強く、医薬部外品でも医薬品でも使われています。

強い抗炎症作用をもっていますが刺激性が低い特徴があります。

水に溶けやすい性質をもっていて、化粧水などにもよく配合されている成分です。

 

ハイドロキノン集中美白クリームの詳細ページは下のリンクです。

 

ハイドロキノン集中美白クリームのご購入方法

 

【集中ケアコース】

内容量:30g

 

通常価格4900円が初回は80%OFF999円(税込)+送料等350円で始めることができます。

2回目以降は2900円(税込)+送料等350円となっています。

継続回数の縛りはなく、いつでも解約が可能です。

ですが、1点注意点があります。

2回目のお届けまでは、特別価格となりますので、2回目までで解約した場合には、正規価格4900円の差額分を支払う必要があります。

1回目で解約:3900円

2回目で解約:5900円

 

3回目以降の解約については、キャンセル料はかかりませんので、ご安心ください。(次回お届け予定日の15日前までに連絡すれば大丈夫です)

 

このお得な価格や内容は、いつ終了するか現在未定ですので、気になる方はお早めにチェックしてみてください。

 

ご購入を検討される方は

ハイドロキノン集中美白クリームの詳細ページは下のリンク(バナー)です。

ハイドロキノン集中美白クリーム

 

ハイドロキノン集中美白クリームの使い方

 

①パッチテスト

敏感肌の方や初めて使用する方はヒジの内側などでパッチテストを行います。

ハイドロキノンは、美白効果が非常に高い成分です。

数%の人にかぶれの症状がでると言われています。

 

②スキンケアの最後に使用します

朝晩、普段お使いの化粧水やクリームで整えた後に使用します。

 

③気になる部分にピンポイントで塗る

目などの近くは避け、気になる部分に薄くクリームを乗せてください。

 

※おすすめの使用ポイント

シミの部分は周りの地肌よりメラニンが多いです。

その色の差をなくすためにシミの上だけ2度づけをします。

 

④サンスクリーンをきちんと塗ります

ハイドロキノンは、治療薬並みの効果が家庭でも得られるという利点があります。

ただし、サンスクリーンをきちんと塗ることが前提です。

ハイドロキノンに関わらず、美白化粧品を使う際には、サンスクリーン剤を必ず塗ってください。

 

⑤肌の地肌が白くなり過ぎる前に休む

つけた部分の肌色が極端に薄くなったら、しばらく使用を止めてください。

 

 

ハイドロキノン集中美白クリームの詳細ページは下のリンクです。

ハイドロキノン集中美白クリーム

 

読んでいただきありがとうございました。

 

コメント