美活チャレンジ!DHA・EPA高吸収 褐色脂肪細胞活性化でスリム

「オメガ3クリルS」(高吸収DHA・EPA)褐色脂肪細胞を活性化してスリム体型

 

健康や美容・ダイエットに重要なDHA・EPA

 

DHAやEPAを次のような悩みを改善するために積極的に摂るようにしている方が多くなっています。

・ダイエット対策に

・関節痛・関節リウマチの症状緩和に

・高脂血症、中性脂肪やコレステロールの数値改善に

・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞予防に

・認知症予防に

・集中力・受験・脳機能向上に

・PMS(月経前症候群)改善に

 

 

 

今回は、次の内容をご紹介します。

・クリルオイルという特殊なDHA・EPAのご紹介

・DHA・EPAが褐色脂肪細胞を活性化してダイエット効果を発揮するメカニズムのご紹介

 

 

 

はじめにDHA・EPAの弱点を説明したいと思います。

 

 

 

DHAやEPAを摂っても効果がなかった3つの理由(DHA・EPAの弱点)

 

厚生労働省が摂取を推奨するオメガ3系脂肪酸(n-3系列の多価不飽和脂肪酸)がDHA・EPAという健康・美容成分です。

青魚に含まれるサラサラ成分として有名なDHAとEPAは、体内では作られないため毎日の食事などで摂る必要があります。

しかし、体に吸収するには次のような弱点があります。

 

 

弱点その1  DHA・EPAは魚を焼いたりして加熱することで大きく減少します

 

フライにするとDHAは約50%減少、焼き魚にするとEPAは約20%減少してしまいます。

効率よく摂るには、脂肪を多く含む魚介類を鮮度のいいうちに食べることが大切です。

でも、体に必要な量の魚介類を毎日たくさん食べるのは大変です。

きちんと毎日補うにはサプリメントが効率的です。

 

 

弱点その2 DHA・EPAは体への吸収率が高くありません

 

いくら摂取しても、体にしっかり吸収されなければ効果が低減してしまいます。

DHA・EPAは油ですのでこれだけでは水に溶けません。

通常の油が体内に入ると、胆汁(脂肪分解酵素)の働きでようやく水に溶ける形になり、吸収される準備が整います。

従来の魚油由来のDHA・EPAは、中性脂肪型というものなので、水に溶けることはなく、体質によって消化吸収力が弱い方は効率的な摂取が難しい場合があります。

 

弱点その3 DHAやEPAは酸化しやすい

 

DHAやEPAはもともと酸化しやすい性質があります。

そのため、体のすみずみまで行き届くまでの間に劣化して、せっかくの効能が失われてしまう場合があります。

 

 

 

こうした3つの弱点を改善できる優れたサプリメントがあります。

「オメガ3クリルS」というクリルオイルを使用したサプリメントです。

 

 

 

 

 

 

オメガ3クリルS

オメガ3クリルSの概要

 

創業100年の老舗製薬会社の白鳥製薬が開発したDHA・EPAサプリメントです。

「オメガ3クリルS」は幅広い年齢の方に人気があるサプリメントです。

実は、「オメガ3クリルS」のDHA・EPAは特殊です。

クリルオイル由来のDHA・EPAを配合しています。

クリルオイルの最大の特長は、主成分に、水に溶ける性質をもつDHA・EPAとそれを酸化から守るアスタキサンチンが天然に含まれていることです。

吸収と働き、抗酸化作用の結果にたくさんの研究報告がされています。

国内外の研究機関で様々な科学的検証・実証実験が報告されています。

 

 

クリルオイルとは?

 

クリルオイルはその効率の良さから、「次世代型オメガ3」と呼ばれています。

クリルオイルとは、南極オキアミというエビのようなプランクトンの一種から抽出される素材です。

最大の特徴は、水に溶ける性質を持つDHA・EPAと美容成分として重宝されている「アスタキサンチン」が天然に含まれていることです。

 

 

リン脂質結合型DHA・EPA

 

クリルオイルのDHA・EPAは特殊です。

魚油にもDHA・EPAは含まれますが、水と反発し体への吸収力が高くありません。

それに対し、クリルオイルのDHA・EPAは体への吸収率が高い性質をもっています。

それは「リン脂質結合型DHA・EPA」といって、他のオイルでは見られない性質をもっています。

DHA・EPAは油ですのでこれだけでは水に溶けません。

ところがクリルオイルのDHA・EPAには「リン脂質」というものが結合しています。

「リン脂質」は水に溶ける性質があり、このためクリルオイルのDHA・EPAは水に溶ける特徴があります。

 

 

リン脂質とは細胞膜の組織です。

私たちの体は60兆個の細胞でできているといわれますが、そのすべての細胞の膜は「リン脂質」です。

通常の油が体内に入ると、胆汁(脂肪分解酵素)の働きでようやく水に溶ける形になり、吸収される準備が整うのに対して、クリルオイルのリン脂質結合型DHA・EPAは直ちに小腸から吸収されます。

クリルオイルを摂取すると、血中の「オメガ3指数」が1~2時間で跳ね上がるという報告があります。

従来のDHA・EPAでは体質によって消化吸収力が弱い方は、効率的な摂取が難しい場合がありましたが、クリルオイル由来の「リン脂質結合型DHA・EPA」はその心配はほとんどありません。

 

 

アスタキサンチンの効果

 

アスタキサンチンは、非常に強い抗酸化力を持ち、ビタミンEの約550倍~1000倍にも相当する物質です。

アスタキサンチンが含まれていることで、強い抗酸化力によって配合されているDHAやEPAの酸化を防いでくれる効果が注目されています。

DHAやEPAはもともと酸化しやすいのですが、アスタキサンチンがその弱点をカバーし、DHA・EPAの酸化を防いでくれます。

クリルオイルに含まれるアスタキサンチンは、素材の力を守り抜く力を兼ね備えています。

さらに、アスタキサンチンは美容や健康に効果があり、美肌や美白作用があります

老化を促進する活性酸素の発生も抑制できるため、肌を若々しく保つ効果が期待できます。

また、免疫機能を改善したり、血液中のコレステロールが酸化されるのを防ぎ、血液をサラサラにして、動脈硬化を予防します。

 

 

クリルオイルは安全性が高い

 

クリルオイルの原料の南極オキアミはきれいな南極だけに生息するプランクトンです。

人間界の汚染から最も離れたきれいな海に生息し、食物連鎖の底辺なので、生物濃縮による汚染物質の蓄積とも無縁です。

不純物が蓄積されにくく、安全性がとても高いのが特徴です。

 

 

DHA・EPAが褐色脂肪細胞を活性化してダイエット効果を発揮するメカニズム

 

オメガ3クリルSは、クリルオイルを100%配合しています。

DHA・EPAのダイエット効果についてご紹介します。

 

 

DHA・EPAと褐色脂肪細胞

 

褐色脂肪細胞を活性化することでダイエットにとても効果があると最近の研究でわかっています。

DHAEPAは、褐色脂肪細胞の活性化にとても効果のある成分です。

褐色脂肪細胞について、ご紹介します

 

 

褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞

 

年齢を重ねて太りやすくなったり、30~40代に身体が変わってしまった、と感じることはありませんか?

それには、褐色脂肪細胞の減少が関係しているといわれています。

脂肪が減って太りやすくなるとは、ちょっとイメージしにくいですが、エネルギーをため込む白色脂肪細胞とは違い、褐色脂肪細胞には、エネルギーを燃やす働きがあります。

 

 

白色脂肪細胞

 

皮下脂肪や内臓脂肪にあたるのが白色脂肪細胞というものです。

お尻や太ももにつきやすい皮下脂肪や、お腹周りを大きくするのが内臓脂肪です。

白色脂肪細胞は「なければいいのに」と感じてしまうほど、嫌なものです。

 

 

褐色脂肪細胞

 

「減少していく」ことで、肥満につながる細胞があります。

それは、褐色脂肪細胞と言われるもので、加齢とともに減少していくことで、いわゆる中年太りになると考えられています。

 

 

褐色脂肪細胞の働き

 

褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞は働きが全く違います。

白色脂肪細胞はエネルギーを蓄えるのが主な仕事です。

使い切れず余った糖質や脂質を取り込み、エネルギーとして蓄えます。

その量が増えることで肥満になります。

一方の褐色脂肪細胞は、熱を作り出すのが主な働きです。

糖質や脂質を取り込んで熱を作ります。

加齢とともに褐色脂肪細胞は減少していきます。

「脂肪を燃やす脂肪」とも言える褐色脂肪細胞がなくなると、太りやすくなってしまいます。

 

褐色脂肪細胞は加齢とともに減少

 

肥満予防のためにずっと味方であってほしい褐色脂肪細胞は、加齢とともに減少してしまいます。

褐色脂肪細胞は、赤ちゃんに最も多くあります。

その理由は、体温を維持するためです。

命を守るためなのです。

私たちは、厳しい寒さの中に置かれると、ぶるぶる震えます。

そうして筋肉を動かして熱を作っているのですが、赤ちゃんは筋肉が少なく、自分で体温を調節できません。

赤ちゃんは生命維持のため褐色脂肪細胞が多くありますが、その後成長するにしたがって必要がなくなり、次第に減っていきます。

 

 

褐色脂肪細胞を活性化

 

食事制限でのダイエットが失敗しやすいのは、よく知られています。

私たちの身体は飢餓に備えて動くようにできているので、わずかな食事であっても、そこからエネルギーを蓄えようとするからです。

ダイエットはカロリー制限よりエネルギー消費が重要といわれています。

筋肉を鍛えて代謝を上げれば、健康的に体重を減らせます。

同じように褐色脂肪細胞を活性化させればエネルギー消費が高まり、肥満治療につながると、研究が進められています。

褐色脂肪細胞が減っていくのは事実ですが、活性化させるのは可能です。

中高年でも褐色脂肪細胞の活性が高い人は、スリムな体型を維持しているというデータもあります。

 

褐色脂肪細胞を活性化する方法

 

寒冷刺激を受けたり、ある種の食品を摂取すると、その刺激が脳に伝わり、交感神経系のホルモンであるアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されます。

それが褐色脂肪細胞に働きかけると、脂肪を分解して熱を生み出し、エネルギー消費をアップさせます。

 

 

【寒さによる刺激】

 

寒さによる刺激が褐色脂肪細胞を活性化させる方法として効果的です、

褐色脂肪細胞は体温低下を防ぐという生理的役割があるため、寒さによって熱を生み出す力が高まります。

室温19度の部屋で、氷のブロックに2時間足を乗せると、褐色脂肪細胞のエネルギー消費が増加するという実験データもあります。

寒さの刺激が、脳に伝わるとアドレナリンやノルアドレナリンという交感神経系のホルモンが分泌されます。

それが褐色脂肪細胞に働きかけて熱を生み出すという仕組みです。

しかし、寒さによる刺激というのは、なかなか日常的には取り入れにくいものです。

寒さによる刺激に代わる方法の研究が続けられています。

寒冷刺激と同じようにノルアドレナリンやアドレナリンを分泌できるものであれば、褐色脂肪細胞をパワーアップできると考えられていて、ある種の食品の摂取でも、寒さと同じように刺激になると考えられています。

 

 

【オイル】

 

DHA・EPAは温度受容体を刺激します。

そこから交感神経を介して褐色脂肪細胞に働きかけ、褐色脂肪細胞の活性化を促し、脂肪を分解して熱を生み出し、エネルギー消費をアップさせます。

褐色脂肪細胞のパワーアップに役立ちます。

美と健康に欠かせないDHA・EPAですが、太りにくい身体作りを目指すためにも、DHA・EPAは積極的に摂りたい成分です。

また、オリーブオイルに含まれるオレウロペインも温度受容体を刺激しますので、オリーブオイルも褐色脂肪細胞の活性化に期待できます。

オレウロペインは、特にエキストラバージンに多く含まれています。

 

 

【コーヒー・緑茶】

 

コーヒーなどに含まれるカフェインや、緑茶に含まれるポリフェノールの一種である茶カテキン温度受容体を刺激します。

そこから交感神経を介して褐色脂肪細胞に働きかけ、褐色脂肪細胞の活性化を促し、脂肪を分解して熱を生み出し、エネルギー消費をアップさせます。

 

 

【辛いもの】

 

唐辛子のカプサイシン、生姜のパラドール、辛子やワサビのアリルイソチオシアネートなどの辛味成分は、褐色脂肪細胞をパワーアップさせることがわかっています。

私たちの身体は辛味成分を温度と共通のタクパク質で認識しています。

カプサイシンなどが温度受容体を刺激します。

そこから交感神経を介して褐色脂肪細胞に働きかけ、脂肪を分解して熱を生み出し、エネルギー消費をアップさせます。

内臓脂肪を減少させる効果もあります。

 

 

 

 

 

 

 

DHA・EPAのその他の効果

DHA・EPAのダイエット効果

 

DHA・EPAは褐色脂肪細胞を活性化する以外にもダイエットに効果的な働きがあります。

EPA やDHAには、脂質代謝改善効果があります。

これは、血液中や肝臓の中にある中性脂肪の量を減らす効果です。

中性脂肪自体は体を動かすエネルギー源ですが、過剰になると、肝臓から血液を経由して内臓・皮下などの全身に体脂肪としてたくわえられることになります。

これがいわゆる内臓脂肪や皮下脂肪です。

EPA やDHAは、太る原因となっている中性脂肪を代謝することによって、太ることを防いでくれます。

また、血中のコレステロールを減らす作用があります。

DHAは脂肪を燃やす酵素である燃焼リパーゼの働きを高めて、脂肪燃焼を促進します。

EPAは、血液をサラサラにする効能を持っていることから、中性脂肪を減少する効果が大きいと言われています。

また、体内にはGLP-1と呼ばれる「痩せるホルモン」があります。

EPAを摂取すると、小腸を刺激してGLP-1の分泌を促進しますので、ダイエットに役立つ事が報告されています。

 

 

美肌効果

 

EPA・DHAには全身の血流を改善させる働きがあることから、肌のターンオーバーを整える働きがあります。

血流が改善すると、全身の新陳代謝が活発になり、不要な老廃物が早く排出されるようになります。

これは肌でも同様で、EPA・DHAを摂取することによって血流が改善されると、古くなった角質が排出されるようになって、肌のターンオーバーが整うようになります。

 

 

他の成分の効果をアップさせる効能

 

EPA・DHAは全身の血流を改善します。

血流が改善することで、全身のすみずみまで栄養素が行き渡るようになります。他の美容成分やダイエット成分、健康成分と一緒にEPA・DHAを摂取すると、その成分が体やお肌の細部まで届くようになり、効果がいっそう高まることが期待されます。

 

 

定期コースがおすすめです

 

通常価格4536円(税込)が初回は1980円(税込)とお得に申し込むことができます。

継続回数の縛りはなく、いつでも変更・お休み・中止が可能ですので、初めての方でも試しやすくなっています。

 

 

ご購入を検討される方は

 

 

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント