美活チャレンジ!周りと差がつく美容法!マイナス肌に 美魔女キープ

「レッドオレンジコラーゲン」美活効果!マイナス素肌実感 美肌

「レッドオレンジコラーゲン」とは?美活効果!マイナス素肌実感

 

女性の美容に効果的なサポート食品をご紹介したいと思います。

「レッドオレンジコラーゲン」というサポート食品で、美容効果の高いレッドオレンジコンプレックスとコラーゲンペプチドを配合しています。

コラーゲンは低分子状態のペプチド状態の方がより吸収率が高く、その分美肌効果も高まります。

また、キレイを保つためには、コラーゲンを補うことが大切ですが、コラーゲンは体内での分解や吸収がされにくく、分解されたアミノ酸がコラーゲンに再合成されにくいといわれています。

そこで、役に立つ成分がビタミンCで、コラーゲンの再合成を促進する働きがあります。

レッドオレンジコンプレックスには、豊富にビタミンCが含まれています。

 

 

 

配合成分

 

・レンジコンプレックス

・コラーゲンペプチド

 

 

配合されている成分の効果についてご紹介していきたいと思います。

 

レンジコンプレックス配合

 

強力な抗酸化作用と優れた紫外線保護作用があります。

アントシアニン、フラバノン、ヒドロキシケイ皮酸、アスコルビン酸が含まれ強力な抗酸化作用を持っています。

細胞のDNA損傷を抑制、皮膚を紫外線から保護します。

 

 

アントシアニン

 

ポリフェノールの中でも、特に最近注目されている成分がアントシアニンです。

アントシアニンは末梢血管を拡張して血流を改善、めぐりを改善する効能があります。

また、抗酸化作用が強いため、活性酸素の抑制を行い細胞の損傷を避けることができますので、美肌にも効果があります。

活性酸素は老化を促進し、お肌のハリやツヤを奪っていきます。

ポリフェノールは活性酸素を除去することで、老化を防止してくれます。

 

 

フラバノン

 

熱に弱いビタミンCを保護し、その働きを助けます。

そのため、ビタミンCの効能であるコラーゲン生成を助ける働きを促進させる効果があります。

 

 

ヒドロキシケイ皮酸

 

紫外線でダメージを受けた肌の美白効果作用があります。

細胞の再生を助けます。

 

 

アスコルビン酸

 

ビタミンCのことです。

コラーゲンを摂るときに重要な成分がビタミンCです。

ビタミンCはコラーゲンの再合成を促進する働きがあります(コラーゲン生成補助)ので、さらに肌のハリや弾力、潤い、しなやかさを保つ効果が期待できます。

また、ビタミンCには、強い抗酸化作用があるので、メラニン色素の生成を抑えて、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ働きがあります。

さらに、鉄分の吸収を良くする働きもあります。(鉄分に作用して、吸収されやすい形へと変化させます)

さらに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きもあります。

 

 

コラーゲンペプチド配合

 

からだの中の軟骨細胞がコラーゲンを活発につくり出すために環境を整えたり、肌に潤いを与えるヒアルロン酸の働きを促したり、細胞の分裂を促したりするための命令を発信する役割をになっているとされるのがコラーゲンペプチドです。

コラーゲンペプチドには細胞を活性化させる働きがあると言われています。

通常、コラーゲンの分子量は30万で、体に吸収しにくい特徴があります。

一方で、コラーゲンを分解して低分子化した平均分子量が数千のコラーゲンペプチドはとくに良質で、腸管吸収に優れ、体内へ速やかに運ばれる特徴があります。

つまり、通常の分子量の大きなコラーゲンよりも吸収率が高く、その分美肌効果も高まります。

コラーゲンは、肌を内側から支えるため、肌のハリや弾力、潤い、しなやかさを保つ効果があります。

年齢とともに減少していくため、補給しておきたい成分です。

 

 

 

美肌に関係の深い抗酸化・抗糖化についてもご紹介したいと思います。

ご興味のある方は是非読んでみてください。

 

 

酸化・糖化とは?

 

見た目の老化や、さまざまな病気を引き起こす原因といわれているのが、酸化と糖化です。

酸化とは、酸素によって細胞が傷つけられることです。

酸素は、私たちが生きるためのエネルギーを生み出すときに必要不可欠なものです。

絶えず呼吸によって体内に取り込んでいますが、その一部が体内で活性酸素に変わり、細胞を攻撃して傷つけます。

糖化とは、体内に余った糖質がたんぱく質と結びつき、たんぱく質を変質させることです。

こうしてできた「AGEs(終末糖化産物)」は、細胞を酸化させる働きがあります。

つまり、酸化と糖化は、同時に起こりやすいといえます。

年齢を重ねるほど、体の抗酸化力が落ちたり、食事や生活習慣の乱れからストレスが蓄積したりして、酸化・糖化の影響が見た目や体調に出やすくなります。

酸化・糖化の影響を抑えるためには、まずは活性酸素を減らす栄養素を摂取することが大切です。

 

 

酸化

 

活性酸素によって体の細胞が傷つけられ、その働きが衰えることです。

全身のさまざまな細胞に酸化が及ぶことで、老化や病気が起こります。

 

 

活性酸素

 

酸素の分子構造が異変を起こして毒性をもったものです。

スーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロキシラジカルなど様々な種類があります。

 

 

糖化

 

糖とたんぱく質が結びつき、たんぱく質を劣化させることです。

AGEs(終末糖化産物)という物質が生まれ、それが体の細胞を傷つけて老化や病気を招きます。

 

 

AGEs(終末糖化産物)

 

糖とたんぱく質が結びついて化学変化を起こしたものです。

AGEsは一度発生すると元に戻らず体の中にたまります。

 

 

酸化・糖化で引き起こされる主な症状

 

・動脈硬化

・がん

・心臓病(心筋梗塞、不整脈など)

・脳卒中(脳梗塞、脳出血など)

・アルツハイマー型認知症

・胃潰瘍、肝硬変、肝炎、すい炎

・腎炎

・皮膚のしみ、しわ、たるみ

・白内障

・骨粗しょう症

 

 

酸化とは(詳細説明)

 

活性酸素が細胞を傷つける

 

酸化を引き起こす活性酸素は、本来は免疫を助け、体を守る役割があるものです。

体内に細菌やウイルスが侵入すると、白血球がそれらを退治します。

このとき、白血球が細菌やウイルスと戦うために使われるのが、活性酸素です。

一方、活性酸素が体内に増えすぎると、正常な細胞を攻撃して機能を低下させる悪い働きをします。

酸素は、呼吸によって絶えず体内に取り込まれます。

体を動かすエネルギーを生み出したり、古い細胞を生まれ変わらせるために使われます。

ほとんどの酸素は有効に使われますが、一部は活性酸素になり、細胞を酸化させてしまいます。

また、ストレスも活性酸素を発生させる大きな要因です。

ストレスを感じると体が緊張し、血流が滞ります。

すると、細胞の中で悪い化学変化が起こり、活性酸素が発生します。

体内では、ほかにもさまざまな原因で活性酸素が発生します。

体はつねに酸化のリスクにさらされています。

 

 

活性酸素が発生する要因

エネルギーを生み出すときに活性酸素が発生する

 

食事から得た栄養分は、消化器官で分解されて血液中へ、そして細胞へと取り込まれます。

細胞内では、取り込まれた栄養分が呼吸によって取り入れた酸素を使って燃やされ、ATPという運動エネルギーが生み出されます。

このとき、すべての酸素が使われるではなく、一部は活性酸素に変化してしまいます。

 

 

 

※ATPとは、アデノシン三リン酸という、エネルギーの元となる物質です。

ATPでのみ体は動きます。

脂質や糖質はすべて、ATPにつくりかえられます。

 

 

ストレスによる虚血で活性酸素が増える

 

血流が滞り、細胞に酸素や栄養が届かない「虚血」の状態になると、細胞内の酵素の働きによって活性酸素が大量に発生します。

ストレスによって筋肉が緊張状態になると、一時的に血流が悪くなるため、酸化が促進されます。

 

 

新陳代謝でも活性酸素が生み出される

 

新陳代謝とは、古い組織を壊して新しい組織につくりかえる、体が健康を保つために備えられている仕組みです。

組織を分解したり、再び合成するために、酸化酵素と呼ばれる酵素が働きます。

この酵素が働く過程で、活性酸素が生み出されます。

 

 

紫外線などの環境因子で活性酸素が増える

 

紫外線を浴びると、皮膚の中の光に反応する色素やたんぱく質にエネルギーが溜まります。

このエネルギーによって酸素が変質し、活性酸素が生まれます。

紫外線以外にも、排気ガスやたばこなどの環境因子によっても活性酸素は増加します。

 

 

日焼けとシワの関係

 

シワやシミができる原因には、活性酸素が大きく関わっています。

活性酸素は、余分な資質を酸化させて細胞異常を起こさせようとします。

簡単にいうと、肌を錆びさせようとする悪い因子です。

コラーゲンを破壊することで肌の弾力を奪い、肌細胞を酸化させることでシミやクスミを作ります。

紫外線を浴びるとシワやシミができるのは、紫外線があたった肌に活性酸素が発生するからです。

 

細菌・ウイルス・薬への反応で活性酸素ができる

 

細菌などが体内に入ると、白血球が退治してくれます。

白血球が外敵と戦う時に、活性酸を武器として使います。

ウイルスの場合、増殖したウイルスが体内で死んだときに活性酸素を生み出します。

 

 

細胞が酸化すると血管や臓器、肌が衰えます

 

活性酸素は、細胞内で次々に化学変化を起こします。

そのときに細胞を酸化させます。

細胞は傷つけられ、機能が低下します。

細胞の酸化は、体のあちこちで起こります。

血中の悪玉コレステロールが酸化すると、血管を傷つけて動脈硬化につながり、心筋梗塞や脳梗塞などの原因となります。

また、肌の細胞が酸化すると、新陳代謝が活発に行われなくなります。

しみ・しわ・たるみのもとになり、見た目の老化をもたらします。

肌の細胞には、約28日周期で新陳代謝を促す働きがあります。

細胞が酸化すると、新陳代謝が行われなくなり、肌細胞がどんどん老化します。

 

 

抗酸化物質による酸化防止

 

体には活性酸素を無害化するしくみがあります。

活性酸素を無害にすることを抗酸化といいます。

細胞のミトコンドリアで発生した活性酸素は、体内で作られる抗酸化酵素、食べ物などから摂取した抗酸化物質の働きによって分解され、無害になります。

このしくみが十分に機能していれば、酸化の悪影響を抑えることができます。

体内で作られる抗酸化物質や抗酸化酵素は、年齢とともに量が減ります。

そのため、食べ物から抗酸化物質を摂る必要があります。

食べ物に含まれる抗酸化物質には、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール

などがあります。

 

 

ビタミンC

 

主に細胞が酸化するのを防ぎます。

ビタミンCは、活性酸素を無害な水に分解する働きがあります。

細胞内のミトコンドリアで生み出された活性酸素が、細胞を酸化させる前に、ビタミンCがそれを防いでくれます。

 

 

ポリフェノール

 

抗酸化・免疫アップなどの働きがあります。

体内の活性酸素を取り除く働きがあります。

 

 

糖化とは(詳細説明)

 

糖質を摂り過ぎると、体内に血糖が多い状態になります。

血糖が細胞に取り込まれ、たんぱく質と結びついて化学変化を起こして変質すると、最終的にAGEsができます。

 

 

体内に余った血糖がAGEsを作り出す

 

酸化とともに、病気や老化の原因とされているのが、糖化です。

糖化とは、体内の余分な血糖とたんぱく質が結びつき、酸化などの化学変化を起こして「AGEs(終末糖化産物)」という物質になることです。

食材を加熱すると、きつね色の焦げ目ができます。

これは食材の中の糖質とたんぱく質が結びつき、加熱によって酸化するために起こります。

同じことが体の中で起こります。

AGEsは、体内のたんぱく質、つまり細胞を酸化させる働きがあります。

こうして、酸化と同じように、糖化は病気や老化の原因となります。

 

 

皮膚への影響

 

肌の弾力が失われ、しわやたるみができます。

肌にはコラーゲン繊維があります。

コラーゲン繊維は3本の繊維質でできていて、架橋というものでつながっています。

この構造が肌の弾力やハリを保っています。

AGEsがコラーゲン繊維に沈着し、不要な架橋を増やしてしまうと、肌の弾力やハリがなくなり、シワができやすくなります。

 

 

骨への影響

 

骨粗しょう症を引き起こします。

骨にもコラーゲン(たんぱく質)があります。

骨のコラーゲンにAGEsが溜まると、鉄がさびたような状態になり、もろく折れやすくなります。

また、AGEsが骨をつくる細胞の働きを妨げ、骨密度が下がります。

 

 

腎臓への影響

 

腎機能が低下します。

腎臓には糸球体という、毛細血管が集まった組織があります。

腎臓の毛細血管の働きを助ける細胞が糖化してAGEsになると、毛細血管が詰まって腎臓が機能しなくなることがあります。

 

 

血管への影響

 

動脈硬化を引き起こします。

AGEsはが血管にたまると、血管の弾力が失われて血流が悪くなります。

また、AGEsは血管の内側を傷つけ、血管壁の中に酸化したコレステロールがたまりやすくなり、動脈硬化を引き起こします。

 

 

目への影響

 

白内障になります。

目の水晶体はたんぱく質でできています。

ここに糖が結びついて糖化が起こると、水晶体がAGEsとなって白く濁ります。

濁った水晶体はレンズの役割を果たしきれず、視力が低下します。

 

 

糖化を防止する方法とは?

 

体内に血糖が多いと、たんぱく質と結びつきやすくなるため、AGEsが発生しやすくなります。

そのため、糖質が少ない食べ物、血糖値が上がりにくい食べ物を摂ることが大切です。

糖化の途中段階である酸化を防ぐ、ビタミンやポリフェノールなどの抗酸化物質を摂ることも、糖化予防につながります。

 

 

ビタミンC

 

酸化を防いで、AGEsが生まれるのを防ぐ

糖質とたんぱく質が結びついて酸化するとAGEsができます。

酸化を防ぐ働きのあるビタミンCを摂ると、AGEsの発生を抑えることができます。

 

 

ポリフェノール

 

酸化を防ぎ、糖化が起こらないようにします。

ビタミンCと同様に抗酸化作用があり、たんぱく質と糖質が酸化してAGEsが発生するのを防ぐ働きがあります。

 

 

初回限定でお得に購入

通常価格3500円(税込)が初回限定で43%OFFの1980円(税込)+送料200円とお得に購入することができます。

 

ご購入を検討される方は

 

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

お得に申し込むことができます。

 



紫色のコラーゲンが40代を救う!【レッドオレンジコラーゲン】

(公式ページ)

 

読んでいただきありがとうございました。

 

コメント