ナマコ 美活女子に人気 コラーゲンとカルシウムが豊富 低カロリー

コラーゲン

【ナマコ】豊富なコラーゲンとカルシウムで美活と健活!

ナマコは、ウニと同じ棘皮動物というものに分類されています。

コリコリとした独特の歯ごたえは豊富なコラーゲンと多糖類によるものです。

皮には目に見えない小さな骨が含まれているので、カルシウムも摂ることができます。

低カロリー(100g当たり23kcal)コレステロールが少ないのも特徴です。

ほかにも、コンドロイチン硫酸マグネシウム、亜鉛、ベタインを含んでいます。

 

ナマコに含まれる栄養素

・コラーゲン

・コンドロイチン硫酸

・カルシウム

・マグネシウム

・亜鉛

・ベタイン

 

 

美味しい「ナマコ」をお探しの方はこちらをご覧ください。


【お試し商品】乾燥なまこ 北海道産乾燥海参【特A品】Mサイズ15個前後入り(100g)中華高級食材 干し海鼠 北海キンコ 海参 安心 品質保証 北海道産 天然 乾燥なまこ 乾燥ナマコ 干しなまこ 干しナマコ 高級珍味 贈答品 ギフト ナマコ 乾燥 金ん子 ギフト

 

ナマコの効能

 

コラーゲン

コラーゲンは繊維性のたんぱく質で皮膚、骨、腱などに多く含まれていて、からだを構成するたんぱく質の30~40%を占めています。

線維芽細胞や軟骨細胞など特殊な細胞でしかつくることができない物質でもあります。

化粧品などに動物の結合組織から抽出されたコラーゲンが使われていますが、コラーゲンを多く含む食品を積極的にとることで、体内での効果も得られることがわかっています。

コラーゲンは、ビタミンCや鉄と一緒にとることで体内での生成がよりいっそう促進されます。

 

皮膚の老化を防ぐ効果

皮膚組織では水分以外の70%がコラーゲンです。

コラーゲンは細胞と細胞をつなぎ、酸素や栄養素を補給し、老廃物を除去する働きをしています。

このことが、肌のシミやシワを防いでみずみずしく維持させ、美容に効果があるといわれる理由です。

コラーゲンは、細胞を結合させ、皮膚の新陳代謝を活性化し、肌を若々しく保ちます。

年齢とともに減少していくため、補給しておきたい成分です。

コラーゲンは、20歳前後をピークにして、生産能力が衰えはじめ、加齢とともに不足がちになってきます。

コラーゲンが不足すると、皮膚はみずみずしさをなくし、老化が進行してしまいます。

 

皮膚とコラーゲン

皮膚は、表面から表皮、真皮、皮下脂肪などで成り立っています。

表皮は皮膚の一番外側にあり、外的刺激から肌を守る働きをしています。

その表皮を下から支えるのがコラーゲンを含む真皮で、コラーゲンが繊維状にゆるく絡み合って網目構造を作り、これが肌の潤いや弾力性、伸縮性の源となっています。

表皮の細胞は、およそ28日周期で新しく生まれ変わり、古くなったものはアカとなってはがれ落ちます。

この皮膚細胞の新陳代謝を「ターンオーバー」といいます。

ターンオーバーのサイクルが正常に保たれていれば、肌は健康な状態を保つことができ、そのカギを握っているのがコラーゲンです。

体内では、コラーゲンの分解と合成が絶えず繰り返されますが、年齢を重ねるにつれ、そのバランスは崩れてきます。

つまり、新しいコラーゲンができにくくなり、分解されるはずの古いコラーゲンが体内に蓄積されてしまいます。

古いコラーゲンは、新鮮なものに比べて弾力性や伸縮性に乏しく、保水能力もほとんどありません。

こうしたコラーゲンの新陳代謝の衰えが、ターンオーバーのサイクルを乱し、シミ、シワ、肌荒れといった肌の老化の原因になると考えらえています。

肌のトラブルを防ぎ、アンチエイジング効果を高めるには、コラーゲンの新陳代謝を活発にさせることが重要です。

不足したコラーゲンを摂取しても、他のたんぱく質食品と同じように摂取した分がそのまま体内のコラーゲンになるとはいえません。

体内でコラーゲン合成に必要なビタミンCや鉄と同時に摂取することで、高い効果が得られます。

コラーゲン摂取の効果については、22歳から58歳の健常な女性48人にコラーゲン5gを含む飲料を与えたところ、皮膚の柔軟性は5週目から有意に上昇、また、皮膚の弾力性は、40~59歳の群では、10週目で有意な上昇がみられ、加齢によって低下した弾力性を回復させる効果があることが示されています。

 

骨粗しょう症や関節炎を防ぐ効果

コラーゲンは骨の組織にカルシウムが定着するのを助け、骨粗しょう症の予防や改善に効果があります。

また、関節の軟骨部にはコラーゲンが多く存在し、関節の軟骨部の動きをスムーズにします。

関節の痛みがある場合はコラーゲン不足の場合もあります。

関節炎の患者にコラーゲンを投与した臨床試験では、ひざや股関節の痛みが緩和し、関節機能の改善が認められています。

 

血管を丈夫にし、弾力を与える効果

身体の老化は血管の老化からも引き起こります。

血液の流れが悪くなれば、細胞の活性に支障をきたします。

そのため、血管の老化を防げば、身体の老化を防ぐことができます。

血管はコラーゲンでできたチューブのようなもので、その表面には絶えず細かい傷が生じています。

コラーゲンの新陳代謝が低下すると、傷口の修復がうまくいかなくなり、血液中のコレステロールやカルシウムなどが傷口から侵入しやすくなります。

血管を構成するコラーゲンが柔軟性を失うと、その部分が硬くなり動脈硬化が始まります。

動脈硬化を起こすと、硬くなって広がらない血管の中を無理やり血液を流さなければならなくなるため、血圧が上昇しやすくなります。

さらに、コレステロールにカルシウムが沈着して固まった流動性の悪い血が流れると、血管の壁はもろく壊れやすくなり、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などの原因になります。

コラーゲンを上手に摂取することで、血管の柔軟性が保たれ、身体の老化を防ぐことができます。

 

眼精疲労や老眼を予防する効果

目の水晶体や角膜にもコラーゲンが含まれ、目の健康を保っています。

新鮮なコラーゲンが充足していれば、眼精疲労や老眼などの予防に役立つと考えられています。

 

免疫力向上効果

免疫機能を高め、がん予防、アレルギー体質の改善が期待されています。

 

コラーゲンとビタミンC・鉄

 

ビタミンC

コラーゲンを摂ると、体内で消化・分解され、アミノ酸の形で吸収されます。

このアミノ酸を材料に、身体の中でコラーゲンが作られますが、はじめに未熟なコラーゲンが作られ、やがて成熟したコラーゲンになっていきます。

ビタミンCは、未熟なコラーゲンから成熟したコラーゲンになっていくときに、その合成を助ける働きがあります。

そのため、コラーゲンとビタミンCを一緒に摂ると、高い効果が得られます。

 

鉄はたんぱく質の一種であるコラーゲンの合成にかかわっています。

肌や髪、爪の質の低下はたんぱく質だけでなく、鉄不足が原因の場合が多いといわれています。

コラーゲンは体内に入るときに分解されてしまうのですが、それを再合成するときに鉄が必要です。

また、ニキビや湿疹ができやすいのも、鉄欠乏が原因している場合があります。

 

 

コンドロイチン硫酸

粘液物質のムコ多糖類の一種で、食物繊維でもあります。

人間の体内でたんぱく質と結びつき、コンドロムコタンパクとして皮膚や血管、軟骨、じん帯、関節、眼球、角膜、粘液、各臓器に分布しています。

コラーゲンとともに結合組織を形成して、体細胞が正常に生存できる基盤をつくったり、組織にうるおい(保水性)や弾力性を与え、栄養分の消化・吸収・代謝に関与したり、新陳代謝を促進するなどの働きがあります。

カルシウムの代謝にも深く関係し、骨粗しょう症を予防します。

目の角膜や水晶体の透明性や弾力性を保持させたり、肌のみずみずしさをアップさせる働きもあり、体の内側から若々しさを保つうえで重要な栄養素です。

 

コンドロイチン硫酸の体内での作用

・体内の結合組織を構成し、健康な体の基盤をつくる。

・組織に保水性、弾力性を与え、栄養分の消化・吸収・代謝を促進する。

・カルシウムの代謝に関与し、骨粗しょう症を予防する。

・血液中のコレステロールや過酸化脂質を除き、動脈硬化や高血圧を予防する。

・関節、じん帯などの弾力・円滑性を保つ。

・皮膚の保水性を向上させ、肌を若返らせる。

・目の角膜や水晶体に作用し、透明感や弾力性を保つ。

 

コンドロイチン硫酸は加齢により体内での生産量が減少

成長期には体内で生産されますが、加齢とともに生産量が減り、シワや乾燥肌の原因となることもありますので、外部から補給する必要があります。

コンドロイチンは、医薬品の多くにも用いられているくらい、効果効能には確かな期待ができるとされています。

 

カルシウム

美肌効果

カルシウムはNMF(天然保湿因子)の構成成分です。

また、カルシウムで新陳代謝が促進されます。

新しい皮膚細胞が成熟し、表皮の角質に成長するときにカルシウムが必要とされます。

カルシウムが充実していると、新しいお肌への生まれ変わりが活発になり、若々しく滑らかな表皮を保つことが出来ます。

 

骨や歯の材料

カルシウムは骨や歯の材料となります。

体内にあるカルシウムのうち99%は骨や歯にある「貯蔵カルシウム」で、1%は血液や筋肉、神経系に含まれる「機能カルシウム」です。

貯蔵カルシウムと機能カルシウムは相互関係があります。

機能カルシウムは血液中に溶け込んで血液凝固や精神安定の働きをしたり、筋肉の働きをサポートします。

機能カルシウムが不足すると、骨にある貯蔵カルシウムが放出されて、血中カルシウム濃度が一定に保たれます。

カルシウムの不足が続くと、骨にあるカルシウムが減少し、骨密度が低下し、骨折や骨軟化症、骨粗しょう症を起こしやすくなります。

成長期であれば、歯の質が悪くなったり、あごの発達が遅れます。

また、閉経前後の女性は骨代謝をうながすエストロゲンが減少するため、骨が弱くなります。

血中のカルシウム調節がうまくいかず、胃から多く溶け出してしまうようになり、骨に含まれるカルシウム量が減ってしまいます。

 

機能カルシウムが不足した場合

体内のカルシウムの1%は機能性カルシウムとして、血液中や筋肉、脳にあって、神経のいらだちを抑え、筋肉を収縮させて心臓の活動を規則正しく保つ働きをしています。

この1%のカルシウムが足りなくなると、体は不足分を骨から取り出し、血液中のカルシウムを一定に保つ仕組みをしています。

このため、不足が長引くと、骨のカルシウムが減少しスカスカになってしまいます。

血液中のカルシウムも補えないため、血行が悪化し、肩こりやいらいら、さらには動脈硬化や高血圧の原因にもなります。

 

骨の老化の原因

骨の老化は若くても引き起こります。

 

過度のダイエット

ダイエットの頻度が多いほど骨密度は減少するというデータがあります。

 

運動不足

運動不足が続くと破骨細胞が活性化し、骨密度が低下していきます。

 

過度の運動トレーニング

激しすぎる運動は乳酸等の有機酸を増加させ、骨からカルシウムが流出してしまいます。

 

栄養バランスの悪い食事

塩分の摂りすぎはカルシウムの排出を増加させてしまいます。

 

その他の作用

カルシウム不足イライラの原因になったり、肩こりや腰痛を起こしやすくなります。

また、血行と血液の状態にも影響を及ぼし、高血圧や動脈硬化の原因にもなります。

この他にも、カルシウムは神経伝達物質をコントロールしたり、筋肉を収縮させたり、血液の凝固を促したり、ホルモンや唾液、胃液などの分泌に関わっています。

 

マグネシウム

骨の重要な成分

カルシウムを骨に定着させるのがマグネシウムです。

マグネシウムが足りないとカルシウムは無駄になってしまいます。

骨の正常な代謝を維持します。

カルシウムとともに骨や歯の発育や強化をうながす重要な役割を担うミネラルです。

マグネシウムは、汗で流れ出てしまったり、年齢を重ねると体にため込むことができる量が減ってしまうと言われています。

筋肉をリラックスさせたり、エネルギーの変換に関わっていると言われています。

 

代謝の促進・核酸の合成・新陳代謝・血液循環の維持・体温や血圧の調整

マグネシウムの大切な働きは、ビタミンB群とともに、糖質、脂質、たんぱく質の代謝を助けることです。

これらの代謝には、酵素が必要ですが、マグネシウムは、体内にある300種類以上の酵素の働きやエネルギーの産生を助けています。

また、マグネシウムは核酸の合成(※)に関わるといった重要な働きや新陳代謝をうまく行うための酵素のサポート役としても活躍しています。

また、血液循環を維持するために働くほか、神経の興奮を抑える体温や血圧を調整する筋肉の収縮などの非常に重要な働きにも関わっています。

マグネシウムが不足すると筋肉のけいれんを引き起こす場合があります。

海外の研究では、マグネシウム不足が月経前症候群(PMS)に伴う、イライラなどの情緒不安定に関係しているのではないかと言われています。

 

※核酸とは?

核酸は、すべての細胞内にあって、遺伝をつかさどっている有機化合物です。

核酸には、「新陳代謝の促進」「抗酸化作用」「免疫力を高める」という3つの大きな働きがあり、美肌やアンチエイジングに大きく関係しています。

体には、約60兆といわれる細胞が集まっていて、体内の細胞はつねに新しいものにつくりかえられています。

この新陳代謝が円滑に行われるためには、十分な核酸が必要です。

核酸は、多く生成されるほど、新陳代謝がスムーズになり、シミやシワを防ぎ、ツヤツヤの髪を保つほか、内臓の機能低下をくい止めてくれます。

核酸は、肝臓で生成されますが、20歳を過ぎると肝臓での生成機能が低下し、40歳を過ぎると急激に減少するため、細胞の新陳代謝を停滞させ、老化の促進の原因になります。

失われた核酸を補うことで、新陳代謝が活発になり老化予防となり、潤いのある美しい肌を保つことができます。

 

美肌効果

マグネシウムはNMF(天然保湿因子)の構成成分です。

また、敏感肌な人ほど、体内のマグネシウムが不足している場合があります。

それは、マグネシウムが少ないと細胞がうまく分裂できず、皮膚のバリア機能も構築しにくくなるためです。

マグネシウムは細胞が分裂したり、また細胞が分化して角質層になるためにも必要なミネラルです。

また、敏感肌や乾燥肌の人は、皮膚がかゆくなって掻いてしまうことが多いです。

そして、掻けば掻くほどかゆみはひどくなります。

これは、ヒスタミンというかゆみを引き起こす神経伝達物質の放出が止まらなくなるからです。

このヒスタミンの放出を抑えるのにも、マグネシウムは関与しています。

 

摂取量の目安

カルシウムの摂取量が多くなると、体外へ排泄されるマグネシウムの量も増すので、両者のバランスが大事です。

カルシウム2に対して、マグネシウム1くらいが理想的な摂取バランスと言われています。

マグネシウムはカルシウムの働きを助ける役割がありますが、カルシウムだけ多く摂取するとマグネシウムの働きが悪くなり、結果的にカルシウムの働きにも影響があります。

 

亜鉛

亜鉛は新陳代謝に関わっていて、肌のターンオーバーを促進します。

体内で新たな細胞をつくるために必要な酵素の必須成分であり、200種類以上の酵素に含まれる成分です。

酵素はさまざまな代謝をスムーズに行うために欠かせない物質です。

細胞の生まれ変わり糖質のエネルギー化血糖調節ホルモンであるインスリンの構成成分(インスリンの分泌を盛んにして血糖値を下げる)免疫力を高めるなど、役割は多岐にわたっています。

細胞の新生を活発にさせ、骨や皮膚の発育を促す働きがあります。

体に貯蔵しておく事が出来ないため、1日の中でバランス良く摂取することが大切です。

様々な酵素を作り出すのをサポートタンパク質の合成疲労回復免疫力強化に関わる万能ミネラルです。

また、抗酸化酵素スーパーオキシドジスムターゼ(Zn-SOD)の成分としても重要です。

スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)は活性酸素を還元する酵素で、亜鉛や銅が構成成分となっています。

 

亜鉛が不足した場合

不足してしまうと、新陳代謝のサイクルが遅れるため、肌がカサつく他、脱毛、フケなどが起こります。

また、脳の機能が低下し、記憶力が悪くなることもあります。

特に味覚細胞は寿命が短く、10~12日で新たな細胞に変わるため、不足すると代謝ができず、食べ物の味がわからなくなります。

また、性ホルモンの分泌にも関係しています。

不足すると、女性の場合は生理不順などの原因になります。

さらに、亜鉛不足で貧血の原因にもなります。

 

ベタイン

甘味・旨味成分で、アミノ酸系窒素化合物です。

肝機能を強化する働きがあります。

胆汁の産生を促進し、脂質のエネルギー代謝を活性化、コレステロール値を低下させます。

 

美味しい「ナマコ」をお探しの方は

 

下のページからご覧になれます。


【お試し商品】乾燥なまこ 北海道産乾燥海参【特A品】Mサイズ15個前後入り(100g)中華高級食材 干し海鼠 北海キンコ 海参 安心 品質保証 北海道産 天然 乾燥なまこ 乾燥ナマコ 干しなまこ 干しナマコ 高級珍味 贈答品 ギフト ナマコ 乾燥 金ん子 ギフト

 

読んでいただきありがとうございました。

 

コメント