今までなかった美腸活 モリンガと乳酸菌 青汁が苦手な方必見 ダイエット・美容・健康効果抜群  

モリンガと乳酸菌配合で最高の美腸活 【Beauty Moringa】(ビューティーモリンガ)

近年、美容と健康維持を心がける女性が増えている中で注目されているのが菌活・腸活です。

「腸活(腸内環境を整えるための活動)」はメディアにも大きく取り扱われ始めています。

食品メーカーは「腸活」をコンセプトにした商品を次々と発売しています。

石原さとみさんや、永作博美さん、小倉優子さんなど、「腸活」を実践している女優さんも多く、多くの女性が普段の生活で菌を含む食品を意識して摂取しています。

でも実は、体に取り込んだ菌は、数時間から数日で体外に出てしまうことから、毎日欠かさず摂ることがとても大事です。

しかも、忙しい中、菌の含まれた食品をスーパーなどで買ったり、食事などから毎日摂るのはなかなか大変ですし、続けるのもストレスになります。

そこでおすすめしたいのが、気軽に摂取できる【Beauty Moringa】(ビューティーモリンガ)というダイエット美容サポートです。

ダイエット美容で重要な乳酸菌と多くのメディアで話題のモリンガを配合しています。

腸活をさらに効果的にする成分としてオリゴ糖と難消化性デキストリンも配合、

美容強化にN-アセチルグルコサミンを配合しています。

次のような方におすすめです。

・便秘を改善したい方

・肌荒れを改善したい方

・青汁が苦手な方

・ぽっこりが気になる方

・内側からキレイになりたい方

・美肌になりたい方

・貧血を改善したい方

・ダイエットしたい方

モリンガの効果

モリンガには、次のような効果があるといわれています。

実に300種以上の薬効があるとされており、次の効果はほんの一部にすぎません。

・美肌効果

・アンチエイジング

・ダイエット

・貧血を改善

・免疫アップ

・便秘解消

・不眠を改善する

・元気をつける

・精神面への作用

・抗菌作用

・抗がん作用

・関節痛、リウマチ

【Beauty Moringa】について詳しくご紹介していきたいと思います。

Beauty Moringa

植物の中で一番栄養価が高い!

モリンガは植物の中で一番栄養価が高く、栄養素が90種類以上含まれていることで、「奇跡の木」と呼ばれています。

多くの栄養素を一度に摂取できるので、食生活の乱れがちな毎日を忙しく頑張る全ての女性におすすめのスーパーフードです。

強力な浄化作用で内側からきれいに!

モリンガには不純物を吸収して除去、また90~99%のバクテリアを除去するという実験結果が報告されています。

コレラ、大腸菌、悪玉菌へも強い抗菌作用が働くことが分かっています。

モリンガのこの抗菌作用が体の中からきれいにするのを助けてくれます。

国連の世界食糧計画(WFP)にも採択!

世界保健機関(WHO)は、モリンガを「緑のミルク」として、慢性的な栄養不足に悩む発展途上国でのモリンガの植樹を推奨しています。

欧米諸国ではいち早くモリンガに着目した科学者や専門家の研究結果から、サプリメント、化粧品類などの主力原料として定番化していて、多くの特許が出願されています。

約90種類以上の栄養素を高バランスで含有!

葉は栄養価が高く、栄養素が90種類以上と非常に豊富で含有量も多いのが特徴です。

モリンガには美容効果や健康維持を期待できる栄養素が偏りなく豊富に含まれています。

ビタミンA

ビタミンB1

ビタミンB2

ビタミンB6

ビタミンC

ビタミンD

ビタミンE

ビタミンK

ナイアシン

パントテン酸

葉酸

ビオチン

β-カロテン

カルシウム

カリウム

マグネシウム

鉄分

亜鉛

マンガン

食物繊維

GABA

ポリフェノール

18種類のアミノ酸

ビタミンA

ビタミンAは肌の修正や再生に必要な成分であることから、美肌効果が期待できると言われています。

ビタミンAの主要な成分であるレチノールには、目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強めたりする働きがあります。

ビタミンAが不足すると、夜盲症(暗いところで物が見えづらくなること)になると言われています。

これは、網膜にあるロドプシンという明暗を感じる物質(視覚色素)が、ビタミンAから作られるためです。

また、ビタミンAは体内で発生する活性酸素から、からだを守る働きがあり、若さと健康を保つことができます。

ビタミンAが十分でない場合には、ビタミンB、ビタミンE、ビタミンD、カルシウム、リン、亜鉛はその効果が発揮されません。

栄養素の潤滑油としても、ビタミンAを摂取することは重要です。

ビタミンB1

次のような効能があります。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き

・糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする働き

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働き(糖質の代謝を促進)があります。

体内で糖質をエネルギーに変えるとき、酵素の働きが必要になります。

この酵素がしっかりと機能するには補酵素が不可欠で、ビタミンB1は補酵素の働きを果たしています。

糖質代謝を促す酵素はアミノ酸だけからなる純タンパク質(アポ酵素)で、この酵素の働きを助ける補酵素がなければ、糖質をエネルギーに変えることはできません。

ビタミンB1が不足すると、糖質がきちんと代謝できず、体内に乳酸などの疲労物質が蓄積され、疲れやすくなったり、筋肉痛を起こしやすくなったりします。

脳や神経を正常に保つ働き

ビタミンB1は、脳や神経にとっても大切で、中枢神経や手足の末梢神経を正常に働かせる作用があります。

ビタミンB1は脳や神経の働きを助けるので集中力が増し、記憶力が向上します。

また、手足や足先などの感覚が敏感に働くようになります。

ビタミンB1が不足した場合

ビタミンB1が不足すると、イライラなどの症状や集中力の低下、さらに食欲不振、全身の倦怠感、手足のむくみやしびれ、動悸、息切れ、筋肉痛、脚気などがあらわれます。

また、脳には、血管収縮作用によって脳を活性化させるセロトニンという物質がありますが、ビタミンB1が欠乏することで、セロトニン代謝が正常に行われず、脳の機能がうまく作動せず、気力減退や慢性的な眠気を引き起こします。

アルコールを分解するのにもビタミンB1は必要です。

お酒を毎日大量に飲み、慢性的にビタミンB1が不足している人は、中枢神経が侵されるウェルニッケ・コルサコフ症候群という神経疾患にかかることがあります。

手足や顔面の麻痺、言語障害、記憶障害などがあらわれます。

 

ビタミンB2

ホルモンの材料となり、また脂質からエネルギーを作り出すときに必要な栄養素です。

次のような効能があります。

・脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)

脂肪を燃やしてエネルギーに変えるときに、補酵素として働きます。

脂肪が多い食べ物を多くとった時には、ビタミンB2も多めに摂ると、脂肪が次々と燃焼されるので、脂肪太りのダイエットには大きな効果があります。

・血液サラサラ効果

体内の活性酸素と結びつくことで生まれる有害物質である過酸化脂質の分解に作用して、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

ビタミンEは過酸化脂質ができるのを防ぐ働きを持っていますが、ビタミンB2はつくられた有害な過酸化脂質を分解・消去するのに役立ちます。

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける

美容のビタミンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の発育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助ける働きをします。

・ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き

みずみずしい肌をキープするのにも必須のビタミンです。

・発育のビタミン

子どもの成長に欠かせない栄養素です。

不足すると、成長障害が起こることがあります。

・ビタミンB2が不足した場合

不足すると、口内炎など粘膜のトラブルや皮膚炎があらわれます。

 

ビタミンB6

次のような効果があります。

・たんぱく質の代謝を助ける

たんぱく質の材料となるアミノ酸を合成したり、分解したりする酵素を助ける補酵素として働きます。

・神経伝達物質の生成を助け精神状態を安定させる

神経細胞間で情報を伝達するアドレナリン・ドーパミン・セロトニン・GABAなどの神経伝達物質の生成に関わっています。

不足すると、神経の働きをよくするアミノ酸の代謝が停滞して、不眠症やうつ状態になることもあります。

・赤血球を生成する(貧血予防効果)

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける

・免疫系を正常にして、アレルギー症状を抑える(ぜんそくや花粉症、慢性鼻炎)

・体外から侵入した病原体を攻撃して無力化させる免疫物質の「免疫グロブリン」を作るのに欠かせない成分です。

・脂質の代謝をサポートして、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぐ

・月経前にイライラしたり、うつ状態になったり、頭痛に悩まされるといったPMS(月経前症候群)を軽減する。

ビタミンB6は、卵胞ホルモンの代謝に働きかけ、ホルモンのバランスを整えます。

このためホルモンのアンバランスから体調が崩れるPMS(月経前症候群)を改善する効果があります。

・ビタミンB6が不足すると、口内炎や口角炎、肌荒れ、湿疹、手足のしびれ、こむら返りなど、さまざまな症状が起きることがわかっています。

・ビタミンB6を葉酸やビタミンB12とともに摂取することで、動脈硬化の原因物質ホモシステインの増加が抑えられます。

・ビタミンB群の中でも、ビタミンB2、B6、ナイアシンはお互いに不可欠な存在です。

ビタミンB6は、ビタミンB2がなければ働くことができず、ナイアシンはビタミンB6なしでは役割を果たすことができません。

ビタミンB6が活性型に変わると時にはビタミンB2が必要です。

また、アミノ酸のひとつ、トリプトファンからナイアシンが合成されるときには、ビタミンB6が必要です。

 

ビタミンC

次のような効能があります。

・抗酸化作用

・コラーゲン生成補助

・メラニン生成抑制

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける

・鉄分の吸収を良くする(鉄分に作用して、吸収されやすい形へと変化させます)

・抗ストレスホルモンを生成する材料になる

ビタミンCは肌の美白に良い成分として知られています。

日焼けするとメラニン色素が増えてしまいシミの原因となりますが、ビタミンCはメラニン色素が増えるのを抑制してくれます。

また、ビタミンCはコラーゲン生成を助けるので肌のハリが保たれます。

ビタミンD

ビタミンDの働きは、カルシウムの吸収をサポートし、骨の形成、維持をうながすことです。

摂取されたビタミンDは、肝臓と腎臓を経て、活性型ビタミンDに変換されます。

活性型ビタミンDは、腸でのカルシウムの吸収を高め、血中のカルシウム濃度を高めます。

これにより、カルシウムが骨や歯に沈着し、成長促進や骨密度アップの働きをします。

人間の体にあるカルシウムのうち、99%は骨にあり、残りの1%は血液や筋肉に含まれます。

血液中のカルシウムは、筋肉の収縮などに役立てられます。

ビタミンDは、この血中カルシウム濃度をコントロールする役割も担っていて、カルシウムの摂取量が少ないと骨にあるカルシウムを血液に放出し、十分にある場合には、骨に蓄えます。

ビタミンDが不足すると、成人は骨軟化症になります。

子供の場合には、骨の発達障害が起こり、背骨や脚の骨が曲がって、O脚、クル病の原因になります。

また、高齢者や閉経後の女性が欠乏すると、骨粗しょう症の原因にもなります。

骨粗しょう症になると、骨がもろくなり、ほんの少しの衝撃が加わっただけで骨折してしまいます。

高齢者の場合、それが原因で寝たきりとなるケースも少なくありません。

骨粗しょう症の予防には、早い時期からカルシウムやビタミンDを十分摂取することが大切です。

ビタミンE

酸化ケア力が強く、体内の活性酸素をケアし、悪玉コレステロール対策に役立ちます。

体の中から若々しさを保つ大切な成分です。

抗酸化作用は美肌をキープするためには必須なもので活性酸素を減らしてくれる作用があります。

冷え性改善・美肌効果

ビタミンEは、末梢神経や毛細血管を広げて血行を促進し、自律神経を整えます。

血流が良くなるので、冷え性や肩こり、腰痛などが改善されます。

全身の血行がよくなることで新陳代謝が活発になり、肌のハリが出てきます。

さらに、ビタミンEは紫外線に対する抵抗力を上げる特性もあるので、シミやそばかすにも効果的です。

血行を良くする効果

善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らして、血行を良くします。

血行が良くなると、血管も強化されます。

また、血管壁に沈着しやすい中性脂肪を減らす働きがあるので、動脈硬化の予防にもなり、血圧が下がります。

抗酸化作用によって、過酸化脂質の生成を抑え、生体膜を活性酸素から守り老化を防ぐ

毒性が強い過酸化脂質は、不飽和脂肪酸と酸素が結合してできる物質で、細胞内にできやすく、強い毒性があります。

そして、細胞膜を破壊して細胞の働きを衰えさせ、栄養分の補給や老廃物の排出などの機能を麻痺させます。

これが老化現象です。

抗酸化作用のあるビタミンEを摂取することで、過酸化脂質の生成を抑え、細胞が急激に老化するのを防いでくれます。

黄体ホルモンや性ホルモンのバランスを整える

ビタミンEは女性ホルモンの代謝にも関与しています。

脳下垂体に働きかけてホルモンの分泌を促進させ、月経前のイライラや生理痛、生理不順などを改善します。

女性の不妊治療や更年期障害の治療に使用されることもあります。

ビタミンEは黄体ホルモンや性ホルモンなどのホルモンの生成に関与しています。

更年期障害は、黄体ホルモンの分泌状態が変化することにより、月経異常や身体的、肉体的に不安定な状態が起こるものですが、ビタミンEによって黄体ホルモンが生成されることで、その症状は軽減されます。

同様に性ホルモンのバランスが重要な生殖機能を正常に保つ働きもあります。

貧血予防

赤血球の細胞膜を強化することから貧血予防に効果的です。

ビタミンK

ビタミンKの主要な作用は、血液凝固に関与するものです。

出血が起こると、血液中に含まれるフィブリノーゲンという物質が変化し、血液をゼラチン状にして固めます。

このとき、フィブリノーゲンが変化するのに必要な酵素をつくるために、ビタミンKが使われています。

そのため「止血のビタミン」とも言われています。

また、ビタミンKは丈夫な骨づくりに不可欠で、骨に存在するオステオカルシンというたんぱく質を活性化し、カルシウムを骨に沈着させて骨の形成を促す作用があります。

ビタミンKは骨からカルシウムが排出されるのを防ぎ、骨を丈夫に保つ働きがあります。

骨の再石灰化にも関与していて、不足すると骨にカルシウムが沈着せず、もろくなります。

このことから、ビタミンKは骨粗しょう症に有効な栄養素の一つとして、治療薬にも使用されています。

ナイアシン

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。

・ナイアシンは、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に働き、細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助します。

・血行を改善して、脳神経の働きを良くする、コレステロールや中性脂肪を分解するなどの働きがあります。

・喘息患者の喘鳴(呼吸のたびに出るゼイゼイ音)を起こりにくくする効果があります。

ナイアシンが不足すると肌細胞の生まれ変わりがうまく行われなくなり、肌荒れになることがあります。

細胞のエネルギーが不足することで、倦怠感を感じることもあります。

また、不足するとペラグラという症状が起きます。

日光を浴びやすい顔や手足を中心に炎症が起き、下痢などの胃腸障害を発症します。悪化すると、頭痛やうつなどの精神症状を生じます。

葉酸

アンチエイジングをサポートします。

代謝に関与していて、たんぱく質の生合成を促進します。

たんぱく質は全ての体内組織の原料となるので、新しくて良質のたんぱく質が増えればみずみずしい肌を保てます。

くすみやしわを抑え、美肌をもたらしてくれます。

葉酸は丈夫な血管やきれいな血液づくりを支えます。

葉酸はビタミンB12とともに、補酵素として、赤血球をつくりだす働きがあります。

赤血球は4ヶ月で死滅しますが、新しい赤血球をつくるのに葉酸が足りないと、正常な赤血球ができず、悪性貧血になります。

悪性貧血とは鉄分不足の貧血と違い、立ちくらみやめまいなどの症状のほかに、胃腸障害や頭痛、倦怠感などを引き起こし、症状が進行すると、神経障害や知覚障害などを引き起こすことがあります。

葉酸は、体内で活性酸素を生み出す物質であるホモシステインと結びつき、活性酸素の増加をストップし、血液の流れをスムーズにします。

血液の流れがスムーズになると「むくみ」「冷え性」なども改善されます。

葉酸は赤血球をつくりだす働きがあり貧血予防に効果があるため、PMS (月経前症候群)にも効果的です。

ビオチン

糖質、脂質、たんぱく質がエネルギーに変わるのをサポートします。

ビオチンは髪の材料となるアミノ酸の生成に関わる栄養素なので、髪と頭皮の健康に効果が期待できます。

コラーゲン生成も促進して髪そのものが健康に美しくなる効能もあります。

ほかにも、ビオチンには肌のターンオーバーを促す働きがあります。

ニキビ肌の再生や肌の老廃物を排出する働きのあるビオチンは、肌の機能を正常にして健康な状態を保ってくれます。

このほか、細胞内でDNAをつくるときにも必要です。

 

パントテン酸

パントテン酸は食べ物から摂った炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質、いわゆる三大栄養素の代謝に関わっています。

パントテン酸はビタミンB1と一緒に糖質を分解する働きをするほか、ビタミンB2とともに脂質の代謝を助けます。

パントテン酸は副腎皮質ホルモンの産出を促す働きがあります。

副腎皮質ホルモンはストレスに対抗するため、血糖値を上げて、エネルギーを向上させる作用があります。

また、パントテン酸は善玉コレステロールを増やす働きがあります。

β-カロテン

体内でビタミンAに変わります。

目の健康だけでなく、粘膜や皮膚を正常に保つ働きもあり、β-カロテンが不足すると皮膚や爪がボロボロになってしまいます。

カルシウム

体内にあるカルシウムのうち99%は骨や歯にある「貯蔵カルシウム」で、1%は血液や筋肉、神経系に含まれる「機能カルシウム」です。

貯蔵カルシウムと機能カルシウムは相互関係があります。

機能カルシウムは血液中に溶け込んで血液凝固や精神安定の働きをしたり、筋肉の働きをサポートします。

機能カルシウムが不足すると、骨にある貯蔵カルシウムが放出されて、血中カルシウム濃度が一定に保たれます。

カルシウムの不足が続くと、骨にあるカルシウムが減少し、骨密度が低下し、骨折や骨軟化症、骨粗しょう症を起こしやすくなります。

成長期であれば、歯の質が悪くなったり、あごの発達が遅れます。

また、閉経前後の女性は骨代謝をうながすエストロゲンが減少するため、骨が弱くなります。

血中のカルシウム調節がうまくいかず、胃から多く溶け出してしまうようになり、骨に含まれるカルシウム量が減ってしまいます。

このほか、カルシウム不足はイライラの原因になったり、肩こりや腰痛を起こしやすくなります。

また、血行と血液の状態にも影響を及ぼし、高血圧や動脈硬化の原因にもなります。

この他にも、カルシウムは神経伝達物質をコントロールしたり、筋肉を収縮させたり、血液の凝固を促したり、ホルモンや唾液、胃液などの分泌に関わっています。

 

カルシウムとマグネシウムの関係

カルシウムと深い関係にあるのがマグネシウムです。

カルシウムは筋肉細胞に出入りして、筋肉を収縮させたり弛緩させたりしています。

このとき、マグネシウムが不足すると、カルシウムが筋肉細胞に入り過ぎて、けいれんや震えを起こしてしまいます。

また、イライラして怒りっぽくなると言われています。

カルシウムは過剰に摂り過ぎても、腎臓でろ過されるためて尿とともに排出されるので、それほど心配はありません。

しかし、カルシウムを摂れば摂るほど、マグネシウムも消費されるので、バランスを考えて摂る必要があります。

理想的な、カルシウムとマグネシウムのバランスは2対1くらいです。

カルシウムで新陳代謝の促進

新しい皮膚細胞が成熟し、表皮の角質に成長するときにカルシウムが必要とされます。

カルシウムが充実していると、新しいお肌への生まれ変わりが活発になり、若々しく滑らかな表皮を保つことが出来ます。

カリウム

余分な水分を排出し、バランスを保ちます。

ナトリウム(塩分)の排泄を促す効能があり、高血圧の予防やむくみの解消に効果的です。

また、細胞内の酵素反応を調節する役割があり、筋肉でのエネルギーづくりにも関与していて、カリウムが不足すると筋肉の働きが低下します。

夏場に大量の汗をかくと、カリウムが汗とともに排出されて、低カリウム血症が起こり、疲れやすくなったり、無気力になったりすることがあります。

なお、摂り過ぎたカリウムは尿といっしょに排出されるので、過剰症の心配はありません。

マグネシウム

骨の正常な代謝を維持します。

カルシウムとともに骨や歯の発育や強化をうながす重要な役割を担うミネラルです。

マグネシウムは、汗で流れ出てしまったり、年齢を重ねると体にため込むことができる量が減ってしまうと言われています。

筋肉をリラックスさせたり、エネルギーの変換に関わっていると言われています。

不足すると筋肉のけいれんを引き起こす場合があります。

マグネシウムは体内にある300種類以上の酵素の働きやエネルギーの産生を助けています。

また、血液循環を維持するために働くほか、神経の興奮を抑える、体温や血圧を調整する、筋肉の収縮などの非常に重要な働きにも関わっています。

海外の研究では、マグネシウム不足が月経前症候群(PMS)に伴う、イライラなどの情緒不安定に関係しているのではないかと言われています。

マグネシウムは肌にも影響

敏感肌な人ほど、体内のマグネシウムが不足している場合があります。

それは、マグネシウムが少ないと細胞がうまく分裂できず、皮膚のバリア機能も構築しにくくなるためです。

マグネシウムは細胞が分裂したり、また細胞が分化して角質層になるためにも必要なミネラルです。

また、敏感肌や乾燥肌の人は、皮膚がかゆくなって掻いてしまうことが多いです。

そして、掻けば掻くほどかゆみはひどくなります。

これは、ヒスタミンというかゆみを引き起こす神経伝達物質の放出が止まらなくなるからです。

このヒスタミンの放出を抑えるのにも、マグネシウムは関与しています。

 

摂取量の目安

カルシウムの摂取量が多くなると、体外へ排泄されるマグネシウムの量も増すので、両者のバランスが大事です。

カルシウム2に対して、マグネシウム1くらいが理想的な摂取バランスと言われています。

マグネシウムはカルシウムの働きを助ける役割がありますが、カルシウムだけ多く摂取するとマグネシウムの働きが悪くなり、結果的にカルシウムの働きにも影響があります。

 

鉄分

鉄分の働きは血液に乗って全身に酸素を運ぶことです。

鉄は赤血球の血色素「ヘモグロビン」や、筋肉の「ミオグロビン」などの構成性成分となり、体内で酸素を運搬する役割を担っています。

体力の回復を早めたい方、特に鉄分が気になる女性の方に必要な栄養素です。

鉄は赤血球を作るのに必要な栄養素です。

体内の鉄分が不足すると全身への酸素供給が不足し、体がだるい、疲れやすいと感じやすくなります。

活性酸素を除去して老化を抑制する効果、体内の免疫機能の維持などの効果があり、妊娠する体をつくる重要な栄養素でもあります。

体内の鉄は、ヘモグロビンやミオグロビンのように、酸素の運搬役としての役割を果たしている「機能鉄」の他に、肝臓や脾臓、骨髄などに貯蔵されている「貯蔵鉄」があります。

機能鉄が不足すると、それを補うために貯蔵鉄が利用されます。

これが少なくなると、鉄欠乏による貧血を起こします。

血液検査で貧血と診断されなくても、この貯蔵鉄が減少している状態の人も多いと言われています。

男性や閉経後の女性には、貧血はほとんど見られないのですが、月経のある年代の女性や妊娠中の方は、欠乏しやすいので注意が必要です。

亜鉛

様々な酵素を作り出すサポートしたり、タンパク質の合成、疲労回復免疫力強化にも関わる万能ミネラルです。

新陳代謝にも大きく関係しています。

体内で新たな細胞をつくるために必要な酵素の成分であり、200種類以上の酵素に含まれる成分です。

細胞の生まれ変わりや糖質のエネルギー化、インスリンの合成、免疫力を高めるなど、役割は多岐にわたっています。

細胞の新生を活発にさせ、骨や皮膚の発育を促す働きがあります。

体に貯蔵しておく事が出来ないため、1日の中でバランス良く摂取することが大切です。

不足してしまうと、新陳代謝のサイクルが遅れるため、肌がカサつく他、脱毛、フケなどが起こります。

また、脳の機能が低下し、記憶力が悪くなることもあります。

特に味覚細胞は寿命が短く、10~12日で新たな細胞に変わるため、不足すると代謝ができず、食べ物の味がわからなくなります。

また、性ホルモンの分泌にも関係しています。

女性の場合は生理不順などの原因になります。

 

鉄から赤血球中のヘモグロビンという色素がつくられるときに働きます。

ヘモグロビンは主な材料である鉄が十分であっても、銅がなければ、正常に作られません。

また、銅は多くの酵素の成分となって、骨や血管壁を強化するコラーゲンやエラスチンの生成に働き、動脈硬化や骨粗しょう症を防ぎます。

このほか、活性酸素を防ぐスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)や、皮膚を守るメラニン色素などの生成にも必要です。

銅が不足すると、ヘモグロビンの合成が不十分となり、貧血を起こします。

貧血ぎみで鉄分を多く摂っている人には、必須のミネラルです。

銅がなければ、せっかく摂った鉄も体内で使われることはありません。

また、銅が不足することで、毛髪異常、白血球の減少、骨の異常、子どもの発育障害を起こすこともあります。

マンガン

骨の形成を働きかけ、骨や関節を丈夫にする結合組織の合成に補酵素として関わっています。

マンガンは糖質、脂質、たんぱく質の代謝に働く酵素の構成成分でもあり、エネルギーの産出に関与しています。

さらに、活性酸素を分解するスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)の構成成分であり、細胞膜の酸化を防ぐ作用があります。

マンガンを摂取することで、代謝や抗酸化作用を促進する効果があります。

また、抗酸化作用は活性酸素を除去することから、老化の防止免疫力の向上などの効能も期待できます。

マンガンが不足すると、骨・糖脂質・皮膚の代謝異常、血液の凝固障害、生殖機能の低下などの原因となります。

食物繊維

腸内から体を支えるのに不可欠なのが善玉菌です。

この善玉菌が活躍するためには、善玉菌をサポートする栄養素である「食物繊維」がたくさん必要です。

食物繊維により腸内環境を良くすることで便秘解消や肌荒れ予防へと導きます。

 

GABA

アミノ酸の一種です。

ストレス社会で頑張る女性の健康に役立つ注目成分です。

精神安定作用、不眠、イライラなどの改善に効果があるといわれ、リラックス作用が得られます。

血圧を正常にし、中性脂肪を抑制する働きもあります。

 

ポリフェノール

ポリフェノールは、抗酸化作用が強いため、活性酸素の抑制を行い細胞の損傷を避けることができますので、美肌に効果があります。

活性酸素は老化を促進し、お肌のハリやツヤを奪っていきます。

ポリフェノールは活性酸素を除去することで、アンチエイジング効果があります。

18種類のアミノ酸

必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸を含んでいます。

モリンガはアミノ酸スコアが高い素材です。

 

必須アミノ酸

バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン

アミノ酸スコアとは?

人間の体に必要なアミノ酸を基準にしたスコアのことです。

最高得点100(フルスコア)は、タンパク質をつくるために必要な9種類全ての必須アミノ酸が充分含まれているということです。

モリンガは、9種類全ての必須アミノ酸を含んでいます。

アミノ酸含有量が一つでも少ないとそれだけのタンパク質しか生成できないことになります。

このように9種類の必須アミノ酸のすべてがバランスよく含まれていることで、アミノ酸スコアは高くなり、体内で十分なタンパク質が生成されます。

【アミノ酸のダイエット効果】

基礎代謝のカギを握るのがアミノ酸です。

アミノ酸とは?

アミノ酸とは三大栄養素の1つであるタンパク質を生成する20種類の有機化合物です。

タンパク質を作り出す上で欠かすことのできない非常に重要な存在です。

20種類あるアミノ酸のうち、体内で生成することができない9種類を必須アミノ酸と呼び、外部から摂取する必要があります。

ダイエットに効果的な理由は?

アミノ酸を摂取すると基礎代謝の活性化につながります。

すると、ダイエットサポートをより効率的に行えるようになります。

 

【アミノ酸の美容効果】

こんなお悩みありませんか?

・実年齢よりも上にみられる・・・

・ハリやツヤが感じられない・・・

・家事や育児にヘトヘトで根気が続かない・・・

・最近メイクのノリがよくない・・・

・朝がつらくてぐったりする・・・

・どんよりとくすみを感じる・・・

あてはまる方はコラーゲンが不足しているかもしれません!

年齢と共に、体内のコラーゲン量はどんどん減少してしまいます。

コラーゲンは体内にもともと存在し、体にとって大切な栄養素ですが、年齢を重ねるにつれ減り続け、40代で約半分まで減少してしまいます。

だからこそ、キレイを保つためには、コラーゲンを補うことが大切です。

※ただコラーゲンを摂るだけよりも効率的な方法があります。

コラーゲンをそのまま摂っていても直接補えるわけではありません。

重要なのはアミノ酸です。

コラーゲンはそのままでは体内に取り込まれません。

コラーゲンはアミノ酸から構成されているため、摂取しているコラーゲンとして吸収されず、一度アミノ酸に分解されて必要な場所に運ばれた後、再び合成されて役立てられます。

すっぽんやプラセンタなどが美容に良いとされている理由も「アミノ酸」が豊富だからです。

こういった理由から、コラーゲンを効率的に摂るには、アミノ酸摂取が欠かせません。

【Beauty Moringa】は「乳酸菌」「オリゴ糖」「食物繊維」も配合!

乳酸菌配合

植物性ナノ型乳酸菌SNK

植物性ナノ型乳酸菌SNKは長野県木曽地方の伝統食「すんき漬け」由来の乳酸菌を独自技術により1ミクロン未満に加工することで、体内への取込量を高めた乳酸菌(殺菌)末です。

特に免疫バランスを整える作用に優れています。

ナノ型乳酸菌は、粒子の直径が1ミクロン未満の微粒子であるとともに、水に溶かした時に一つ一つがバラバラの状態になる加工した殺菌乳酸菌です。

乳酸菌は「生きて腸に届く」と強調したものが多いものの、長年の研究結果から、現在では生死に関わらず、乳酸菌の「粒子」が腸の免疫組織にある種々の免疫細胞に働きかけることで、整腸だけではなく免疫調整や老化予防などの様々な働きが期待できることが明らかになってきました。

特に、粒子の小さい乳酸菌は体内へ取りこまれやすいため、免疫細胞を活性化させ細胞間への伝達物質を作り出すことで、免疫力を高めます。

そのため、病気の治癒や体質改善の働きを期待する場合には、腸内にしっかり取り込まれやすいナノ型乳酸菌のような粒子サイズの小さい乳酸菌を大量にとることが重要だということがわかっています。

生きてお腹まで届くスポルス(有胞子性乳酸菌)

胃酸にも熱にも紫外線にも強い有胞子性乳酸菌です。

一般的な乳酸菌と異なり、胞子の硬い殻で菌体を守っているのが、有胞子性乳酸菌です。

乾燥や熱に強く、胃酸や胆汁で分解されずに腸まで届く、強い乳酸菌です。

乳酸を作りだし、腸内を弱酸性にすることで、悪玉菌の繁殖を抑え、善玉菌が増えやすい環境を作ります。

また、体内にたまった老廃物の排出を積極的にサポートします。

その結果、腸内環境が整えられます。

さらに、便秘の解消により美肌になったり、コレステロールの低下、血圧の低下といった様々なうれしい効果が出てきます。

 

乳酸菌の効果

善玉菌を増やす効果

乳酸菌を摂取すると、腸にしっかりと定着して善玉菌を増やしてくれます。

善玉菌の数が減っていておなかの調子が良くないという人でも、便通改善や整腸作用などを実感しやすくなります。

腸内フローラの改善

乳酸菌は腸内フローラを良い状態に保ってくれる働きをします。

腸内フローラが整っていないと、便秘や下痢、風邪といった症状が次々と起こります。

乳酸菌を摂取すると悪玉菌が減少して、善玉菌が優位のバランスになるので、「腸内フローラが整っている状態」になります。

その結果として、腸内が刺激されて便が出やすくなります。

美肌作用

腸内で悪玉菌が増えると、悪玉菌が作り出す毒素が腸から肌に運ばれてしまうことで肌荒れが起きやすくなります。

腸内フローラが改善すると肌の調子を整える効果まで期待できます。

美容液など外側からのスキンケアを頑張っていてもなかなか肌がきれいにならないという方は、乳酸菌で体の内側から美肌ケアをするのもとても効果的な方法です。

 

乳酸菌は毎日摂り続けることが大事です。

乳酸菌は腸内に留まるのがとても苦手です。

しかも腸内にある善玉菌はもともと数が少ない上に、食生活や不規則な生活習慣によって悪玉菌に負けてしまいます。

一度にたくさん乳酸菌を摂ったとしても、どんどん減少してしまうため、毎日摂り続けることが重要です。

サプリメントなら、簡単に毎日摂ることができます。

 

1種類の乳酸菌だけを摂らないことが重要!

乳酸菌を1種類だけよりも数種類の方が良い理由は3つあります。

理由その1

体の中で活動している菌は千種類以上いて、それぞれ絶妙なバランスで共生しています。

1種類の乳酸菌だけを大量に摂取すると、そのバランスを崩してしまう場合もあります。

理由その2

乳酸菌を摂る上で大事なことがあります。

実は、大切なのは、「自分の中にはいない乳酸菌」を入れることです。

自分にぴったり合う乳酸菌ではなかったとしても、まったく違う乳酸菌が入ってくることで、もともと自分の中にある乳酸菌がイキイキするからです。

理由その3

ヨーグルトなどで腸内環境が向上しても体はすぐに慣れてしまうことがあります。

それは、1つの乳酸菌に慣れてしまうことで実感が薄れるからです。

難消化性デキストリン配合

難消化性デキストリン(食物繊維)には、食事に含まれる脂肪と糖に働き、食後に上がる中性脂肪と血糖値を抑える機能があります。

脂肪や糖の多い食事を摂りがちな方、食後に上がる中性脂肪や血糖値が気になる方に適した成分です。

また、お腹の調子を整えてくれます。

難消化性デキストリンとは、とうもろこしを原料とした水溶性の食物繊維です。

とうもろこしを原料とする、水に溶けやすく、体内で消化されにくい食物繊維です。

消費者庁や米国食品医薬品局(FDA)に安全であると認められた成分です。

難消化性デキストリンには、食事に含まれる脂肪と糖に働き、食後に上がる中性脂肪と血糖値を抑える機能が報告されています。

「お腹の調子を整える食品」として特定保健用食品の許可を受けている食品に活用されている食物繊維です。

イソマルトオリゴ糖配合

イソマルトオリゴは熱や酸に強い性質があります。

オリゴ糖は、腸内で善玉菌の栄養源となり、腸内環境を整え、便秘を改善します。

オリゴ糖は腸内細菌によって発酵すると、酢酸や乳酸などの有機酸をつくり、腸内を酸性にして悪玉菌の増殖を抑えます。

有機酸は腸を刺激して排便を促します。

また、腸内の余分なコレステロールや胆汁酸を吸収して排泄する作用があります。

N-アセチルグルコサミン配合

N-アセチルグルコサミンは、関節やお肌にあるヒアルロン酸の「もと」となる成分です。

ヒアルロン酸はお肌のうるおいを保ち、関節ではクッションのように働き各部を保護する役割を担っています。

一般のサプリメントなどに使われている通常のグルコサミンは、N-アセチルグルコサミンとは異なります。

通常のグルコサミンはグルコサミン塩酸塩またはグルコサミン硫酸塩といい、酸分解して抽出した成分なので、天然にはほとんど存在しないカタチをしていて、食べると特有の「苦渋味」がします。

N-アセチルグルコサミンは、天然のカタチを壊さないようじっくりと丁寧に時間をかけて酵素分解して抽出した「天然型グルコサミン」で、自然な甘さがあります。

ヒアルロン酸は、年齢とともに減少してしまいます。

カラダのうるおいやクッションの役割を担うヒアルロン酸は、年齢が若いうちは体内に十分存在していますが、年齢とともに減少してしまい、60歳になると20歳のころの半分、80歳では4分の1に減ってしまいます。

しかし、補給目的でヒアルロン酸を摂取しても分子が大きいため、そのままでは吸収されにくいことが知られています。

ヒアルロン酸の主成分のN-アセチルグルコサミンは、ヒアルロン酸の400~3000分の1の大きさで体内へ吸収されやすく、ヒアルロン酸の生成をサポートします。

定期ラクトクコースがお得です!

通常価格3890円が初回は1945円(税込)とお得に申し込むことができます。

2回目からも1945円(税込)とお得に購入することができます。

実際に長く続けている方ほど、商品の良さを実感しています。

継続回数については、3回の継続が必要です。(3回の合計で5835円です)

単品での購入もできますが、通常価格の3890円がかかってしまいますので、定期ラクトクコースがおすすめです。

ご購入を検討される方は

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

お得に申し込むことができます。

(公式ページ)

 

読んでいただきありがとうございました。

コメント