「乳酸菌サプリ」「ヒト由来の乳酸菌(クリスパタス菌)配合」「乳製品アレルギーでも大丈夫」「アレルギー物質不使用」「アンチエイジング第一人者監修」

ベビー乳酸菌というサプリをご存知でしょうか?

 

ヒト由来の乳酸菌(クリスパタス菌)を配合したものです。

このサプリについてご紹介します。

(公式ページ)

 

 

 

 

 

腸内フローラ

ヒトの腸には400〜500種類以上、約100兆個にもおよぶ多種多様な腸内細菌がいますが、種類ごとにまとまって生息しています。その様子が、まるでお花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。その腸内環境をバランスよく保てるかどうか、私たちが健康的に生きていくためのカギがそこにあります。

 

 

みんなが抱える悩み

乳児の腸内は善玉菌でいっぱいですが、成人から老年期になるにつれて減少し、一気に老化や生活習慣病をもたらす要因になってしまいます。

 

食生活の欧米化が進み、脂肪分の多い肉食が増えたことで、腸の老化は若年化しているともいわれています。

 

便が腸内に長時間とどまると、悪玉菌によって腐敗してしまい、腐敗が進むと発がん物質をつくりだすこともあります。

 

またストレスも自律神経のはたらきを乱し、悪玉菌を撃退できなくなり、免疫機能の低下につながります。

 

とくに女性が気がかりな肌の調子、美肌の秘訣にも腸が大きく関わっています。

 

悪玉菌が増加するとアンモニア硫化水素をつくり、それらの処理に肝臓が疲弊し肌あれを引き起こす原因にもなるのです。

 

 

腸が元気になると体も元気に

食べ物が消化され、体内に吸収するかを最終判断する場所が腸です。

 

その機能が正常かどうか、それがヒトの健康を守るうえで大事となってきます。

 

ヒトの腸には、全身の約60%の免疫細胞が集中しています。

 

プロバイオティクスは、整腸や腸の善玉菌を増やすはたらきがあり、便秘や下痢、食中毒の予防効果があります。

 

 

プロバイオティクスとは

 

プロバイオティクスとは、腸内フローラのバランスを改善し、カラダによい作用をもたらす生きた微生物のことです。その代表的なものに乳酸菌やビフィズス菌があります。最近ではさまざまなプロバイオティクス商品が開発され、店頭でもよく目にするようになりました。

 

プロバイオティクスは、人間に利益をもたらす善玉菌を指しています。生きたまま腸までたどりつき、そこで産生する乳酸などの代謝産物が、ヒトにとって有益な健康効果をもたらしてくれます。

 

乳酸によって、腸内が酸性になることで悪玉菌の増殖は抑えられ、有害物質が減少します。

 

腸の機能が活性化され、消化吸収が促進されれば、便秘や下痢の解消・予防にもつながります。

 

ただし、プロバイオティクスは種類によって、胃酸や胆汁酸に弱いものもあるため、その効果をより高く発揮させたいなら、生きたまま腸まで届くものを選びたいところです。

 

  

ヒト由来の乳酸菌

ヒト由来の乳酸菌は、「人のお腹の中にいた菌を培養したもの」です。

 

ヒト由来とされる乳酸菌の多くは、「人間の糞便」から分離精製されたものとなりますが、分離が完了した段階で「ただの菌」となるため、抽出元が糞便であっても不衛生というわけではありません。

 

ヒト由来の乳酸菌のメリット

ヒト由来の乳酸菌の最大のメリットは、「胃酸に強く定着性が高い」ということです。

 

ヒト由来の乳酸菌は「もともと人間のお腹に存在していたもの」となりますので、他の乳酸菌と比べて胃酸に負けずに腸まで届くことができるのです。

 

また「他の乳酸菌と比べて人間との相性が良い存在」となりますので、他の乳酸菌の作用がなかなか実感できない人は、ヒト由来の商品にシフトしてみると良い結果が得られることがあります。

 

人間の体に存在していたヒト由来の乳酸菌は、安全性の高さでも定評のある存在です。

 

 

 ベビー乳酸菌

 

ヒト由来の乳酸菌(クリスパタス菌)

 

女性の膣内に多いといわれるクリスパタス菌は、健康維持に深い関わりがあると言われています。

 

 

体を守る力が圧倒的に優れている

ヒト由来のクリスパタス菌は、植物性や動物性、ヨーグルトなどから摂れる乳酸菌と比べて、体を守る力が圧倒的に優れています。

20180704134724

 

 

熱に強いから、キチンと働く

一般的な乳酸菌は体温に弱く、大量に摂取しても。腸内での働きが悪くなる場合があります。

 

しかし、クリスパタス菌は非常に熱に強く、180℃で15分加熱しても

その活性効果を維持できることが確認されています。

 

そのため、クリスパタス菌は体内でも活性効果が高く、様々な効果が期待できるのです。

 

 

 

ベビー乳酸菌に含まれる成分

ビフィズス菌

オリゴ糖と食物繊維

 

ベビー乳酸菌には、これらが含まれています。これらがどのような効果があるのか説明しますね。

 

 

ビフィズス菌

善玉菌の一種である乳酸菌とビフィズス菌はよく同じものとして扱われますが、実は別物です。

 

小腸など様々な場所に存在する乳酸菌と違い、ビフィズス菌は大腸にのみに生息しています。

 

なんとお腹の中の善玉菌の99.9%はこのビフィズス菌で、乳酸菌との相性はバツグンなのです。

 

ビフィズス菌には特有の健康作用があり、乳酸以外にも酢酸を作ります。

 

この酢酸が大腸内で病原菌大腸菌O-157の毒素の吸収を抑制することでも話題になりました。

 

 

大腸には「善玉菌」と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌、そしてその一方で「悪玉菌」が存在し、悪玉菌が増えると腸の老化が進んでしまいます。

 

乳酸菌やビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸は腸内を酸性にし、酸性環境の苦手な悪玉菌を減らしてくれます。

 

さらに腸のはたらきを活性化し、消化吸収やぜん動運動もうながしてくれるため、便秘の改善にもなります。免疫力を高める働きから、花粉症などのアレルギーに対する効果やインフルエンザなどの感染症予防としても注目されています。

 

 

理想的な腸内環境は、できるだけ善玉菌が多い状態といわれています。

 

このような腸内環境を保つことが健康促進や老化防止につながります。

 

こうした背景から現在、生きて腸に届く乳酸菌やビフィズス菌などの研究が進んでいます。

 

 

 

オリゴ糖と食物繊維

 

腸内から体を支えるのに不可欠なのが善玉菌です。

 

この善玉菌となる「乳酸菌」と「ビフィズス菌」が活躍するためにはこの善玉菌をサポートする栄養素、「オリゴ糖」と「食物繊維」がたくさん必要なのです。

 

 

ベビー乳酸菌はアレルギーの心配が少ない

 

乳酸菌を摂りたいけどアレルギーがあって・・・

という方もいると思います。

そんな方はアレルギー物質不使用の安心安全な乳酸菌を選びましょう。

 

クリスパタス菌は母親から授かるヒト由来の乳酸菌です。

 

さらに、小麦、乳、大豆といったアレルギー物質を含まない素材で培養されているので、ヨーグルトなどの乳製品アレルギーで一般の乳酸菌がとれない方も安心して摂取できる乳酸菌です。

 

乳糖不耐症のため乳糖の入ったヨーグルトが苦手な人や、ダイエット中でヨーグルトの脂肪分が気になる方にもおすすめです。

 

 

 

GMPを取得した医薬品製造レベルの工場で製造

 

 

GMPとは「各製造工程における人為的な誤りの防止」「製品そのものの汚染及び品質低下の防止」そして「全製造工程を通じた一定の品質の確保」といった、製造所における製造管理、品質管理基準のことです。

 

こうした基準をクリアした工場での製造によって「製品の安全性」や「一定の品質」が保たれているだけでなく、品質についての徹底した管理・検査の実施によって安全安心が確保されているといえます。

 

健康や美容のために習慣として取り入れるものだからこそ、配合されている成分や配合量だけでなく安全安心にこだわり抜かれているのは魅力的です。

 

 

監修者は、アンチエイジングの第一人者、ドクター日比野佐和子先生

 

監修者

アンチエイジングの第一人者、ドクター「日比野佐和子」先生。

・TV番組「ぴったんこカン・カン」や「バイキング」など、多彩なメディアで活躍されてます。

20180704135005

 

 

 

 

詳細をご覧になりたい方は

 

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

 

(公式ページ)

 

 

 

乳酸菌は毎日摂り続けることが大事です。

 

乳酸菌は腸内に留まるのがとても苦手です。

しかも腸内にある善玉菌はもともと数が少ない上に、食生活や不規則な生活習慣によって悪玉菌に負けてしまいます。

 

一度にたくさん乳酸菌を摂ったとしても、どんどん減少してしまうため、毎日摂り続けることが重要です。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント