クリルオイル 次世代型オメガ3 リン脂質結合型DHA・EPAサプリ 体内への高い吸収率

 

「A・E・Dクリルオイル」吸収率が高いDHA・EPAサプリメント

(公式ページ)

DHAやEPAを次のような悩みを改善するために積極的に摂るようにしている方が多くなっています。

 

関節痛・関節リウマチの症状緩和に

高脂血症、中性脂肪やコレステロールの数値改善に

動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞予防に

認知症予防に

ダイエット・メタボ対策に

集中力・受験・脳機能向上に

PMS(月経前症候群)に

 

青魚に含まれるサラサラ成分として有名なDHAとEPAは、オメガ3と呼ばれる健康維持に不可欠な必須脂肪酸ですが、体内では作られないため毎日の食事で摂る必要があります。

DHAやEPAを含む食材はたくさんあります。

よく思いつくのが青魚だと思います。

でも、青魚を毎日たくさん食べるのは大変です。

そこで、無添加天然クリルオイル100%のDHA・EPAサプリメント「A・E・Dクリルオイル」がおすすめです。

「A・E・Dクリルオイル」は幅広い年齢の方に人気があるサプリメントです。

お子様からご年配の方まで安心してご利用いただける優秀なサプリメントです。

実は、「A・E・Dクリルオイル」のDHA・EPAは特殊です。

胃に優しく体内への吸収効率が高い性質をもっています。

さらにとても安全性が高い成分を使用しています。

人間界の汚染から最も離れたところで取れた素材を使用しています。

 

「A・E・Dクリルオイル」の特徴

クリルオイル由来のDHA・EPAを使用していることです。

 

クリルオイルとは?

クリルオイルはその効率の良さから、「次世代型オメガ3」と呼ばれています。

クリルオイルは地球上で最もきれいな、汚染のない南氷洋に群生している南極オキアミから抽出したエキスです。

南極オキアミは、クジラの主食として良く知られている、体長6cm程度の小さな生き物です。

最大の特徴は、水に溶ける性質を持つオメガ3(DHA・EPA)と美容成分として重宝されている「アスタキサンチン」が天然に含まれていることです。

従来の魚油由来のオメガ3(EPA・DHA)は、中性脂肪型であるため水に溶けることはなく、消化吸収力が弱い方などは効果的な摂取が難しい性質があります。

それに対しクリルオイルのDHA・EPAは特殊です。

胃に優しく体内への吸収効率が高い性質をもっています。

それは「リン脂質結合型DHA・EPA」といって、他のオイルでは見られない性質をもっているからです。

DHA・EPAは油ですのでこれだけでは水に溶けません。

ところが結合している「リン脂質」は水に溶ける性質があり、このためクリルオイルのDHA・EPAは水に溶けます。

リン脂質とは細胞膜の組織です。

私たちの体は60兆個の細胞でできているといわれますが、そのすべての細胞の膜は「リン脂質」です。

通常の油が体内に入ると、胆汁(脂肪分解酵素)の働きでようやく水に溶ける形になり、吸収される準備が整うのに対して、クリルオイルのリン脂質結合型DHA・EPAは直ちに小腸から吸収されます。

 

アスタキサンチンの効果

アスタキサンチンは、非常に強い抗酸化力を持ち、ビタミンEの数百倍もの高い酸化ケアパワーをもつ物質で、美容・健康に最適な素材です。

DHAやEPAは酸化しやすいのですが、アスタキサンチンがその弱点をカバーし、DHA・EPAの酸化を防いでくれます。

クリルオイルに含まれるアスタキサンチンは、素材の力を守り抜く力を兼ね備えています。

 

安全性が高い

南極オキアミはきれいな南極だけに生息するプランクトンです。

人間界の汚染から最も離れたきれいな海に生息し、食物連鎖の底辺なので、生物濃縮による汚染物質の蓄積とも無縁です。

不純物が蓄積されにくく、安全性がとても高いのが特徴です。

国内外の研究機関で様々な科学的検証・実証実験が報告されています。

日本でも古来より食習慣のある“オキアミ”ですので、安全性に関しては折り紙つきです。

アレルギー指定成分からも除外されています。

 

DHA・EPAを摂ると良いことは?効果は?

ダイエット効果

オメガ3脂肪酸のEPA やDHAには、脂質代謝改善効果があります。

これは、血液中や肝臓の中にある中性脂肪の量を減らす効果です。

中性脂肪自体は体を動かすエネルギー源ですが、過剰になると、肝臓から血液を経由して内臓・皮下などの全身に体脂肪としてたくわえられることになります。

これがいわゆる内臓脂肪や皮下脂肪です。

EPA やDHAは、太る原因となっている中性脂肪を代謝することによって、太ることを防いでくれます。

また、血中の中性脂肪が減れば、体脂肪をエネルギー源として使用することになり、つまり痩せることにもつながります。

特にEPAには、中性脂肪の減少効果が大きく期待できます。

EPAは、血液をサラサラにする効能を持っていることから、中性脂肪を減少する効果が大きいと言われています。

また、体内にはGLP-1と呼ばれる「痩せるホルモン」があります。

EPAを摂取すると、小腸を刺激してGLP-1の分泌を促進しますので、ダイエットに役立つ事が報告されています。

 

美肌効果

EPA・DHAには全身の血流を改善させる働きがあることから、肌のターンオーバーを整える働きがあります。

血流が改善すると、全身の新陳代謝が活発になり、不要な老廃物が早く排出されるようになります。

これは肌でも同様で、EPA・DHAを摂取することによって血流が改善されると、古くなった角質が排出されるようになって、肌のターンオーバーが整うようになります。

 

他の成分の効果をアップさせる効能

EPA・DHAは全身の血流を改善します。

血流が改善することで、全身のすみずみまで栄養素が行き渡るようになります。他の健康成分やダイエット成分、美容成分と一緒にEPA・DHAを摂取すると、健康成分やダイエット成分、美容成分が体やお肌の細部まで届くようになり、成分の効果がいっそう高まることが期待されます。

 

妊娠時(DHA)

DHAは、健全な脳の発育のために必要不可欠なことから、妊娠時には胎児のためにとても重要な成分です。

胎児の脳細胞は、母体の中でどんどん増えていきますが、このときにDHAが大量に必要となります。

DHAは、脳内にある神経伝達細胞であるシナプスの材料となるだけでなく、これらの細胞を活発化させる働きがあります。

妊娠中にDHAをしっかりと摂取する事で、健全な脳の発育や、胎児の出生体重の増加(低体重のリスク軽減)・早産の回避などの効果が報告されています。

DHAは妊娠時にだけでなく、授乳中にも非常に重要です。

母乳からDHAを摂取する事で、赤ちゃんの脳細胞を成長させます。

 

妊娠時(EPA)

おなかの中の赤ちゃんはママの血液を介して栄養をもらっているので、血液の流れをスムーズにすることで良質な栄養を赤ちゃんに届けられるようになります。

EPAは体の中でプロスタグランジンという物質に変化し、これが血液を固まらせにくく、血液をさらさらにする効果があります。

 

記憶力

EPAとDHAには、中高年の方の加齢に伴い低下する認知機能の一部である記憶力、注意力、判断力、空間認識力を維持することが報告されています。

 

脳内抗酸化作用による神経細胞保護作用

脳内の神経は、膨大な数の細い管でつながっていて、情報伝達の大きな役割を果たしています。

EPA・DHAには、脳神経の酸化障害から保護する働きがあると言われています。

 

神経細胞のシグナル伝達亢進作用

脳神経と脳神経の接合部では、大量の情報伝達が行われていて、認知機能維持のカギを握ると言われています。

EPA・DHAは、潤滑油のような働きで、脳神経間の情報伝達を滑らかにします。

 

脳細胞活性化作用

脳内に酸素を運ぶ重要な役割を担うのが赤血球中のヘモグロビンです。

EPA・DHA濃度が上昇することで、ヘモグロビンの量が上昇し、脳細胞が活性化することが報告されています。

 

安心・安全

「A・E・Dクリルオイル」に使われている南極オキアミは、海洋管理協議会(MSC)認証を取得した世界唯一のオキアミ漁業会社である、アーカー・バイオマリン社(ノルウェー)です。

WWF(世界自然保護基金)ノルウェーと連携し、業界のリーダーとして、持続可能なオキアミ漁を推進する、環境への配慮を最大に考えている会社です。

製造はメイド・イン・ジャパンGMP・HACCP・有機JAS 認証の医薬品製造業許可取得工場で製造しています。

徹底した衛生・品質管理の下、一粒ごとの目視検査を経て製品が出来上がります。

 

GMPとは?

GMPとは「各製造工程における人為的な誤りの防止」「製品そのものの汚染及び品質低下の防止」そして「全製造工程を通じた一定の品質の確保」といった、製造所における製造管理、品質管理基準のことです。

こうした基準をクリアした工場での製造によって「製品の安全性」や「一定の品質」が保たれているだけでなく、品質についての徹底した管理・検査の実施によって安全安心が確保されているといえます。

 

HACCPとは?

食品製造の工程上の危害を起こす要因を分析管理し、安全を確保する食品の衛生管理法です。

 

有機JASとは?

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないオーガニックな素材の加工・製造が認められた、農林水産大臣の登録を受けた工場が取得できるものです。

 

詳細をご覧になりたい方は

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

 

(公式ページ)

 

読んでいただきありがとうございました。

 

コメント