我慢なし!甘くて美味しいダイエット!甘い物が好きだけど痩せられる!ダイエットに効果的な贅沢配合

 

ダイエットする方にとってもおすすめしたいダイエットサポートがあります。

TOKYOスイーツダイエットというダイエットフードです。

 

ダイエットに興味があって、甘い物が好きだけど痩せたい方に是非おすすめです。

ダイエットフードを感じさせない本格的な美味しさが魅力の一つです。

・味の種類は「ストロベリーパンナコッタ味」「ショコラムース味」「カスタードプティング味」の3種類です。

・1回分が小分けになっているので手間なく作ることができます

 

甘くて美味しいスイーツでダイエットはできないのか、そんな思いからこのTOKYOスイーツダイエットは誕生しました。

もちろん、スイーツと商品名で謳っているので味の試作にはしっかりと時間をかけ、ダイエットフードを感じさせない、甘くて美味しいと自信を持って言える味に仕上がっています。

そしてダイエットフードですので、ダイエットにとても役立つ成分が配合されています。

ダイエット経験のある女性をターゲットとした市場調査によるとダイエット中に恋しくなる物のNo.1が、「甘いもの」という結果も出ていますので、まさにこのTOKYOスイーツダイエットがぴったりではないかと思います。

 

TOKYOスイーツダイエットの8つのポイント

 

ポイント1 パティシエ監修

本格派スイーツダイエット

 

ポイント2 ダイエットなのに栄養満点!美容成分も

 

ポイント3 砂糖不使用

 

ポイント4 1杯あたり150kcalの低カロリー(牛乳込み)

 

ポイント5 ビタミン、アミノ酸酵素など栄養満点

 

ポイント6 食物繊維1000mgと75億個の乳酸菌でスッキリ

 

ポイント7 1食あたりわずか33円ではじめやすい。

 

ポイント8 30日間返金保証があるから安心

 

 

キレイ痩せを叶える7要素

ビタミン11種類

ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンA、葉酸ビタミンD

 

アミノ酸9種類

L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-リジン塩酸塩、L-メチオニン、L-フェニルアラニン、L-トレオニン、L-トリプトファン、L-ヒスチジン塩酸塩

 

酵素200種類

植物発酵抽出物、野草発酵エキス、植物発酵エキス、植物醗酵食品、穀物

 

美容成分8種類

コラーゲン、エラスチン、セラミドヒアルロン酸、カムカム、ザクロ、アムラエキス、花粉エキス

 

乳酸菌75億個と食物繊維1000mg

乳酸菌(殺菌乳酸菌体)、有胞子性乳酸菌、乾燥生菌粉末(乳酸菌末)、EC-12、食物繊維1000mg

 

ミネラル9種類

亜鉛マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、ドロマイト、カルシウム、マグネシウム

 

MCTオイル

 

 

それでは、配合されている成分についてその効果を詳しくご紹介していきたいと思います。

 

魅力1 ビタミン11種類配合

 

ビタミンC

・抗酸化作用

・コラーゲン生成補助

メラニン生成抑制

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける

・鉄分の吸収を良くする(鉄分に作用して、吸収されやすい形へと変化させます)

 

ビタミンCは肌の美白に良い成分として知られています。

 

日焼けするとメラニン色素が増えてしまいシミの原因となりますが、ビタミンCはメラニン色素が増えるのを抑制してくれるのです。

 

また、ビタミンCはコラーゲン生成を助けるので肌のハリが保たれます。

 

ナイアシン

ナイアシンは、糖質、脂質、たんぱく質から、細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助する不可欠な働きをします。

皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。

 

ビタミンE

酸化ケア力が強く、体内の活性酸素をケアし、悪玉コレステロール対策に役立ちます。

体の中から若々しさを保つ大切な成分です。

抗酸化作用は美肌をキープするためには必須なもので活性酸素を減らしてくれる作用があります。

 

パントテン酸カルシウム

パントテン酸は食べ物から摂った炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質、いわゆる三大栄養素代謝に関わっています。

 

パントテン酸ビタミンB1と一緒に糖質を分解する働きをするほか、ビタミンB2とともに脂質の代謝を助けます。

 

ビタミンB1

酵素のチカラを発揮させる補酵素ビタミンB1

酵素が働くためには、その動きを助ける補酵素が必要です。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働き(糖質の代謝を促進)があるといわれています。

さらに小腸で吸収されたあと、リン酸と結合し補酵素であるチアミンピロリン酸(TPP)となります。

また、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きもあります。

 

ビタミンB2

・脂肪の代謝を助ける(脂肪の燃焼を促進)

酵素の働きを助ける

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける

ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働き

 

ビタミンB6

たんぱく質代謝を助ける

神経伝達物質の合成に役立つ

・皮膚や粘膜の健康維持を助ける

 

ビタミンB12

赤血球の形成を助ける栄養素です。

ビタミンB12が不足すると「悪性貧血」を起こします。

 

ビタミンA

ビタミンAは肌の修正や再生に必要な成分であることから、美肌効果が期待できると言われています。

ビタミンAの主要な成分であるレチノールには、目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強めたりする働きがあります。

 

 

葉酸

アンチエイジングをサポートします。

たんぱく質は全ての体内組織の原料となるので、新しくて良質のたんぱく質が増えればみずみずしい肌を保てます。

くすみやしわを抑え、美肌をもたらしてくれます。

葉酸は丈夫な血管やきれいな血液づくりを支えます。(赤血球の形成を助ける栄養素です)

血液の流れがスムーズになると「むくみ」冷え性なども改善されます。

葉酸は身体に鉄が吸収されるのを助けるため、PMS月経前症候群にも効果的です。

 

ビタミンD

カルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。

ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進し妊娠しやすい体をつくる栄養素です。

ビタミンD不妊症の原因だという研究結果が注目されています。

 

これらのビタミン11種類は、ダイエット・美容・健康に直結していてとても重要な素材と言えます。

 

 

魅力2 アミノ酸9種類配合

アミノ酸のダイエット効果

基礎代謝のカギを握るのがアミノ酸です。

アミノ酸とは?

アミノ酸とは三大栄養素の1つであるタンパク質を生成する20種類の有機化合物です。

タンパク質を作り出す上で欠かすことのできない非常に重要な存在です。

20種類あるアミノ酸のうち、体内で生成することができない9種類を必須アミノ酸と呼び、外部から摂取する必要があります。

TOKYOスイーツダイエットには必須アミノ酸9種類すべてが配合されています。

 

ダイエットに効果的な理由は?

アミノ酸を摂取すると基礎代謝の活性化につながります。

すると、ダイエットサポートをより効率的に行えるようになります。

 

バリン、ロイシン、イソロイシン

体内で合成することができない必須アミノ酸です。

主に肉体作りなどに関わる主成分です。

バリン、ロイシン、イソロイシンという3種類の必須アミノ酸は、総称してBCAAと呼ばれています。

 

バリン

肌で作られている美肌成分のひとつであるエラスチンは、肌にハリを与えてくれます。

バリンは美肌を作るのに欠かせないコラーゲン同士を結び付けてエラスチンを作るのを助けてくれます。

 

ロイシン

筋肉を作り出したり、傷ついた筋肉を修復する作用があります。

 

イソロイシン

疲労回復

・成長を促進

・神経機能を正常に保つ

・髪や肌の健康を保つ

 

魅力3 酵素200種類配合

酵素について

潜在酵素(体内に存在するもの)

酵素には消化酵素代謝酵素があり、この二つの機能が正常に働いていなければ、ダイエットはなかなか成功しません。かえってリバウンドしてしまうおそれもあります。健康や美容にも悪影響を及ぼす場合も多くなります。

潜在酵素は先に消化に使われ、残りが代謝として働きます。

代謝は、体を動かす、頭で考えるなど消化以外のすべての活動に必要です。

 

ですが、食べ過ぎたり飲み過ぎたりすると酵素が消化に大量に使われてしまうため、代謝分の酵素が不足することになります。

その状態が続くと代謝がスムーズに行われなくなり、ため込みやすい体になってしまいます。

潜在酵素を効果的に働かせるには消化分の酵素を節約することが必要です。

 

酵素は加齢とともに減少

体内で作られる酵素には限りがあるうえ、その生産能力は加齢とともに低下してしまいます。

特に40代以降は激減してしまい、若いころと比べて太りやすく痩せにくくなってしまいます。

代謝酵素よりも消化酵素を優先するといった状態になると食事によって消化酵素を多く使われた場合には、その結果、代謝酵素が不足することになります。

代謝酵素は吸収した栄養素をエネルギーに変換し、細胞を修復し、身体のバランスを整える重要な役割を持った酵素です。

代謝酵素が正常に働かなければ老廃物の排泄機能も低下し、細胞の生まれ変わりも上手に機能しないので、便秘や肌トラブルをはじめとした数々の体調不良の原因となります。

また、代謝が低下するので、ダイエット効果も期待できない状態になります。

ダイエットを成功させるためには、「酵素」を外部から摂ることがとても大事なことです。

 

魅力4 美容成分8種類配合

コラーゲン

コラーゲンは、肌を内側から支えるため、肌のハリや弾力、潤いを保つ効果があります。

 

エラスチン

お肌のハリに欠かせない弾力成分で、コラーゲン同士を結び付ける役割があります。女性らしい部位に多く含まれている成分です。

肌で作られている美肌成分のひとつであるエラスチンは、肌にハリを与えてくれます。

タンパク質の一種で繊維状になって、コラーゲンを結びつける役割を持っています。

エラスチンは美容に良いだけではなく、女性らしい綺麗な体型と理想のプロポーションを助ける効果があります。

簡単にいうと美ボディづくりのための成分です。(もちもちぷるぷるボディを目指す方には必須です

身体の中にたくさんある結同繊維成分で血管や靭帯に多く含まれ、女性らしい部位に多く含まれている成分です。バストのクーパー靭帯やヒップの筋肉と脂肪の間にある結合組織です。

ダイエットは、うまくいっても「お尻」や「胸」から痩せる場合があります。

それでは、せっかく痩せても美ボディになれなかったらあまり意味がありませんからね。

 

セラミド

乾燥から肌を守る「保湿」は、エイジングケアに欠かせないものです。

肌が乾燥するとツヤや透明感がなくなるだけでなく、バリア機能が低下するため、肌荒れや老化の原因にもなります。

でも、「いろいろな保湿ケアを試しても乾燥肌が改善しない」という人も多いのではないでしょうか。

もしかしたら間違ったケアをしているかもしれません。

健康な肌の角層には約20%の水分が含まれていますが、これよりも水分が少ない状態になることを「乾燥肌」といいます。

空気中の湿度が下がってくると、角層から水分が急激に蒸発しやすくなります。

そこで肌から水分が減らないようにつなぎとめているのが、セラミドなどの保湿物質です。

本当の保湿とは、これらの働きを補うセラミドなどの「保湿成分」を与えることです。

 

セラミドがたっぷりある肌は乾燥知らず

セラミドは、肌のいちばん外側にある角層の細胞と細胞のすき間をぴったりと埋めている「角質細胞間脂質」の一種です。

セラミドを失うと、角層の水分量は80%も低下します。

肌の水分を維持するために、もっとも貢献している保湿成分がセラミドなのです。

セラミドは脂質なので水には溶けませんが、水と結合して「ラメラ構造」と呼ばれるミルフィーユ状の層をつくります。

このラメラ構造に取り込まれた水分は、たとえ湿度が0%になっても蒸発しません。

セラミドが最強の保湿物質と言われるのはこのためです。

つまり肌の中に十分なセラミドがあれば、真冬でもぷるぷるの肌を保てるということです。

 

セラミドは年齢とともに減少してしまう

セラミドはターンオーバーとともに表皮細胞の中でつくられているため、老化で代謝が悪くなると、セラミドの量も減ってしまいます。

すると、角層の水分量も同時に減ります。

年を重ねるとともに肌が乾燥しやすくなる理由こういうメカニズムなのです。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は水分をたっぷり蓄える働きがあります。

人の体の60%は水分と言われ、ヒアルロン酸はとても大切な成分です。

うるおいある毎日のために、濃縮したエキスをたっぷり配合しています。

※TOKYOスイーツダイエットには配合成分に相乗効果があります!

ビタミンB2の効果にはヒアルロン酸の持つ保水力を高める働きがありますので、より実感しやすくなっています。

 

カムカム

美肌効果(ビタミンC)

ビタミンCは肌の美白に良い成分として知られています。

日焼けするとメラニン色素が増えてしまいシミの原因となりますが、ビタミンCはメラニン色素が増えるのを抑制してくれます。

さらにカムカムに含まれているビタミンCには、肌の保湿成分であるコラーゲンの生成を助ける効能もあるため、シミやシワ、ソバカス、皮膚のたるみを防ぎ、美白や美肌の維持に効果があります。

 

糖質や脂質の代謝促進効果

カムカムの効果や効能には、代謝をアップさせる作用もあります。

カムカムにはビタミンB1ビタミンB2ナイアシンなども多く含まれています。

これらのビタミンB群の効能には、糖質や脂質をエネルギーに変える働きがあります。

 

アムラ

ビタミンCが豊富

アムラの果実には100g当たり約800㎎以上含まれていて、これはレモンの約10倍と言われています。

そして一般的にビタミンCは熱に弱いとされていますが、アムラのビタミンCは熱に強いのが特徴です。

 

β-グルコガリン(ポリフェノールの一種)

ポリフェノールがアムラ果実100gあたり3000mg以上含まれます。

これは赤ワインの約30倍相当に値するほどの量です。

β-グルコガリンはタンニンの一種で、ビタミンCよりも強い抗酸化作用があります。

 

ペクチン

アムラのペクチンは水溶性食物繊維です。

アムラに含まれているペクチンには次の効果があります。

コレステロール値を下げる

・血糖値の上昇を抑える

・便秘や下痢を解消する

 

花粉エキス

ハチが集めた花の蜜と花粉を自らの酵素で固めたものです。

元気とキレイをサポートします。

疲労回復や滋養強壮のほか、花粉症などのアレルギー性疾患の解消効果が期待できます。

また、アンチエイジングにも最適なビタミン類が豊富に含まれています。

タンパク質、食物繊維、ビタミンB1ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸が豊富です。

 

魅力5 乳酸菌75億個と食物繊維1000mg配合

有胞子性乳酸菌配合

有胞子性乳酸菌とは?

一般的な乳酸菌と異なり、胞子の硬い殻で菌体を守っているのが、有胞子性乳酸菌です。

熱や胃酸、乾燥に強い乳酸菌のため、腸にとどまる時間が長いのも特徴です。

※一般的な乳酸菌は数時間から数日で排出されてしまいます。

乳酸を作りだし、腸内を弱酸性にすることで、悪玉菌の繁殖を抑え、善玉菌が増えやすい環境を作ります。

善玉菌が元気になりやすい環境を作ります。

 

ヒト由来の乳酸菌(EC-12)配合

乳酸菌EC-12は乳酸菌の中でもとにかくサイズが小さいことで有名です。

その大きさは約500ナノメートルと言われています。

想像できないくらい極小サイズです。

『乳酸菌のサイズは効果に関係あるのかな?』と思うかもしれませんが、実は、小さければ小さいほど腸での吸収や活性が優れています。

 

善玉菌を増やす効果

乳酸菌EC-12を摂取すると、その時の腸の状態に関係なく腸にしっかりと定着して善玉菌を増やしてくれます。

善玉菌の数が減っていておなかの調子が良くないという人でも、便通改善や整腸作用などを実感しやすくなります。

 

腸内フローラの改善

乳酸菌EC-12は腸内フローラを良い状態に保ってくれる働きをします。

腸内フローラが整っていないと、便秘や下痢、風邪といった症状が次々と起こります。

乳酸菌EC-12を摂取すると悪玉菌が減少して、善玉菌が優位のバランスになるので、「腸内フローラが整っている状態」になります。

その結果として、腸内が刺激されて便が出やすくなります。

 

美肌作用

腸内で悪玉菌が増えると、悪玉菌が作り出す毒素が腸から肌に運ばれてしまうことで肌荒れが起きやすくなります。

腸内フローラが改善すると肌の調子を整える効果まで期待できます。

美容液など外側からのスキンケアを頑張っていてもなかなか肌がきれいにならないという方は、乳酸菌EC-12で体の内側から美肌ケアもするのもとても効果的な方法です。

 

食物繊維1000mg配合

腸内から体を支えるのに不可欠なのが善玉菌です。

この善玉菌となる「乳酸菌」が活躍するためには、善玉菌をサポートする栄養素である「食物繊維」がたくさん必要です。

腸内環境を良くすることで便秘解消や肌荒れ予防へと導きます。

 

魅力6 ミネラル9種類配合

亜鉛

様々な酵素を作り出すサポートしたり、成長に欠かせないタンパク質の合成、疲労回復や免疫力強化にも関わる万能ミネラルです。      

体に貯蔵しておく事が出来ないため、1日の中でバランス良く摂取することが大切です。

 

マンガン

マンガンは、肝臓の中にあるミトコンドリアに多く含まれ、特に酵素の活性化を助けながら、体内の代謝に深く関わっている栄養素です。

マンガンを摂取することで、代謝や抗酸化作用を促進する効果があります。

また、抗酸化作用は活性酸素を除去することから、老化の防止、免疫力の向上などの効能も期待できます。

マンガンが不足すると、骨・糖脂質・皮膚の代謝異常、血液の凝固障害、生殖機能の低下などの原因となります。

 

鉄分からヘモグロビンを作るサポートをします。

鉄分をいくら摂取しても、銅が不足しているとヘモグロビンを作り出すことが出来ません。

 

ヨウ素

3大栄養素(タンパク質・糖質・脂質)の代謝を助ける甲状腺ホルモンの構成成分になり、基礎代謝をアップさせ1日の消費エネルギーを増やしてくれます。

 

セレン

体内の過酸化脂質を分解します。

活性酸素を除去する酵素の構成成分となります。

活性酸素とは?

健康や美容の天敵として注目されているのが活性酸素です。

生活習慣による寝不足やストレス、タバコ、お酒、紫外線等によって体内により多く発生すると言われています。

こうした影響によって多く発生した活性酸素は、体の細胞を傷つけ、減少させてしまい肌を老化させます。これがシミやシワ、様々な疾患の原因になるといわれています。

 

クロム

インスリンの働きをサポートし、糖質の代謝を活発にします。

運動時の消費エネルギーをアップさせてくれる上に、脂質の代謝にも関係しているミネラルなので、筋肉増加+脂肪燃焼どちらにも効果が期待できます。

 

ドロマイト

カルシウムとマグネシウムが豊富で、激しい運動に負けない体づくりをサポートしてくれます。

 

カルシウム

カルシウムは生命誕生に非常に重要な栄養素で、卵子細胞分裂を促したり、鉄分の代謝をサポートしたりと、妊活中の女性にとっては必要不可欠な栄養素です。

カルシウムの摂取量が不足すると、骨や歯がもろくなってしまうし、イライラも。

カルシウムで新陳代謝の促進

新しい皮膚細胞が成熟し、表皮の角質に成長するときにカルシウムが必要とされます。

カルシウムが充実していると、新しいお肌への生まれ変わりが活発になり、若々しく滑らかな表皮を保つことが出来ます。

 

マグネシウム

筋肉をリラックスさせたり、エネルギーの変換に関わっていると言われています。

汗で流れ出てしまったり、年齢を重ねると体にため込むことができる量が減ってしまうと言われています。不足すると筋肉のけいれんを引き起こす場合があります。

マグネシウムは体内にある300種類以上の酵素の働きやエネルギーの産生を助けています。

また、血液循環を維持するために働くほか、神経の興奮を抑える、血圧を調整する、筋肉の収縮などの非常に重要な働きにも関わっています。

さらにはカルシウムと密接に関わり、骨や歯の形成に大切な役割をしています。

 

これらのミネラルは、ダイエット・美容・健康に直結していてとても重要な素材と言えます。

 

魅力7 MCTオイル配合

MCTオイルは別名「中鎖脂肪酸油」といいます。

中鎖脂肪酸は、脂肪を構成する脂肪酸の一種で、ココナッツやパームヤシ、牛乳、母乳などに含まれています。

例えば、ココナッツオイルには、約60%の中鎖脂肪酸が含まれています。

これに対し、天然の中鎖脂肪酸100%でできている油が、MCTオイルなのです。

脂肪酸は種類によって長鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸などに分類されます。

サラダ油やオリーブオイルなどの一般的な植物油は、主に長鎖脂肪酸でできています。

長鎖脂肪酸は体内で肝臓や脂肪組織などに蓄えられて必要に応じて分解され、エネルギーとして消費されます。

MCTオイルの構成成分である中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸に比べて、非常に消化・吸収されやすいのが特徴です。

長鎖脂肪酸の約4倍もの速さで分解されます。

つまり、MCTオイルは、摂取するとすぐにエネルギーとして使われるので、体脂肪として蓄積されにくい油なのです。

 

ケトン体質

MCTオイルを取る大きなメリットは、痩せやすく太りにくい「ケトン体質」になれることです。

ケトン体質とは、「ケトン体」をメインのエネルギー源として利用できる体の状態をいいます。

私たちの体には、生きるために必要なエネルギーを生産する2種類の回路があります。

・「糖質回路」→糖質やタンパク質を分解してできるブドウ糖を燃料にする。

・「ケトン体回路」→脂肪を分解してできるケトン体を燃料にする。

体のエネルギーとして優先的に使われるのは、通常はブドウ糖です。

そのため食事から糖質を取っていると、糖質回路がメインで働き、ケトン体回路は休んでいます。

そして、ブドウ糖が枯渇すると、体内脂肪を燃料とするケトン体回路が働き始めるのです。

ところが、MCTオイルを取ると、体内にブドウ糖が十分ある状態でも、ケトン体回路が活発に働くようになります。

すると、体内に蓄積した脂肪が効率よく燃焼されるようになるのです。

しかも、ケトン体は脳の満腹中枢を刺激するので、空腹感や食欲を抑える働きもあります。

つまり、MCTオイルを取って、ケトン体質に転換することが、ダイエット成功のキーポイントといえます。

溜め込まないオイル、それがMCTオイルです。

良質のオイルは健康維持には欠かせないものです。

ダイエット時にはカロリーを気にして特に不足がちな栄養素ですので、積極的に摂取した方がいいオイルなのです。

 

MCTアメリカにおいても食事管理の側面から注目されており、健康的なからだづくりを支援する効果が多くの研究により報告されています。その働きと有用性の高さから、ときにMCTは「ケトジェニック・ファット」(ケトン体サポート脂質)と呼ばれます。

 

TOKYOスイーツダイエットの配合のすごさが伝わりましたでしょうか?

しかも本格的な美味しさを楽しめながら痩せることができるのです。

 

詳細をご覧になりたい方は

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

 

(公式ページ)

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント