貧血症状の知恵袋 セルフケア可能な症状は?病院で治療が必要な症状

貧血の知恵袋【セルフケアはどこまで可能?病院での治療が必要な場合は?】

貧血とは?

血液は、赤血球、白血球、血小板、血漿(けっしょう)からなりたっています。

このうち、酸素を運ぶ働きをするのが赤血球で、血液1mL中には約500万個の赤血球があります。

この赤血球が不足した状態が貧血です。

貧血状態では、酸素を運搬する能力が低下するため、各臓器に行き渡る酸素の量が不足します。

それを補うためには、心臓や肺が余分に働かなければならないため、心拍数が増え、呼吸数が多くなります。

顔色が悪い、立ちくらみ、動悸、息切れなどの症状が現れるのも、この理由からです。

 

貧血の種類

 

病院での治療が必要なもの

食事やサプリメントで解決できませんので、病院で適切な治療を受ける必要があります。

・溶血性貧血

・再生不良性貧血

・二次性貧血

・出血性貧血

 

溶血性貧血とは

赤血球の寿命は通常120日ほどですが、それよりも赤血球が早く壊れてしまうために起こる貧血です。

 

再生不良性貧血とは

赤血球を作る骨髄の造血能力自体が低下する貧血です。

脊髄の障害によって、骨髄の赤血球生成能力の低下が原因です。

 

二次性貧血とは

腎臓病や肝臓病、内分泌疾患、膠原病(こうげんびょう)、ガンなどの症状として起こる貧血です。

 

出血性貧血とは

外傷や消化官から大量に出血した後に血が薄くなり、貧血の状態になるものです。

 

セルフケア可能な貧血

食事やサプリメントで解決できるのは、次の2つの貧血です。

ただし、もっとも安全な貧血対策は病院に受診することですので、その点に注意してください。

 

・鉄欠乏性貧血

・悪性貧血(巨赤芽球性貧血)

 

鉄欠乏性貧血と悪性貧血について

鉄欠乏性貧血と悪性貧血対策

貧血には体内の鉄分が不足することから起こる「鉄欠乏性貧血」と赤血球そのものが欠乏することによる「悪性貧血」があります。

「鉄分のサプリメントを飲んでいるけど、貧血がよくならない」といった方は、ビタミンB12葉酸が不足していることで、悪性貧血を引き起こしている可能性が高いことがわかっています。

鉄分不足による貧血とは違い、赤血球そのものが不足すると、悪性貧血を引き起こします。

赤血球は4ヶ月で死滅しますが、新しい赤血球をつくるのに必要なビタミンB12や葉酸が足りないと、正常な赤血球ができず、悪性貧血になります。

また、ビタミンB6も赤血球を生成するために必要となります。

悪性貧血とは鉄分不足の貧血と違い、立ちくらみやめまいなどの症状のほかに、胃腸障害や頭痛、倦怠感などを引き起こし、症状が進行すると、神経障害や知覚障害などを引き起こすことがあります。

 

鉄欠乏性貧血について

女性は、日々の生活の中で鉄分を失っています。

 

偏った食生活

生野菜や果物だけなど特定の食べ物だけを食べるような極端なダイエット、ファーストフードやレトルト食ばかりの生活を続けると、鉄分や鉄分の吸収を向上させる様々な栄養素が足りなくなってしまいます。

タンニンや食物繊維は、鉄の吸収を妨げるので注意が必要です。

タンニンを含むコーヒーや紅茶、緑茶などは、食事中や食後に飲むと余計に鉄分の吸収が悪くなってしまいます。

さらにダイエットのためにサプリメントなどで食物繊維を大量に摂取するのも避けた方が良いです。

 

月経による出血

女性は月経がある分、男性よりも鉄分不足になりやすいです。

特に月経過多の人は早めに対処することが必要です。

 

妊娠・出産

妊娠すると、胎児に鉄分をとられることもあって、鉄分不足を起こしやすくなります。

出産後も、赤ちゃんを母乳で育てている人は、母乳からも鉄分が出ていくため不足がちになります。

 

必要な栄養素

鉄分(ヘム鉄)、動物性たんぱく質、ビタミンC、銅、クロロフィル

 

鉄分の特徴

実は、鉄分は体内でつくられないもの

毎日の尿や汗などから、鉄分は失われています。

特に女性の場合は、月経や妊娠中の赤ちゃんの鉄分必要量により、より多くの鉄分が失われています。

 

鉄分は摂取しても吸収しにくい栄養素

そのまま鉄分を摂取しても、実際に吸収されるのは、ごく一部だけです。

鉄分を摂取しても、そのまますべてが吸収されるわけではないです。

ドラッグストアなどで鉄分サプリだけを購入して飲んでいても貧血が改善されない場合も多いといわれています。

 

鉄分の働き

赤血球の成分となって全身に酸素を運ぶ

鉄分の働きは血液に乗って全身に酸素を運ぶことです。

鉄は赤血球の血色素「ヘモグロビン」や、筋肉の「ミオグロビン」などの構成性成分となり、体内で酸素を運搬する役割を担っています。

体力の回復を早めたい方、特に鉄分が気になる女性の方に必要な栄養素です。

鉄は赤血球を作るのに必要な栄養素です。

体内の鉄分が不足すると全身への酸素供給が不足し、体がだるい、疲れやすいと感じやすくなります。

活性酸素を除去して老化を抑制する効果、体内の免疫機能の維持などの効果があり、妊娠する体をつくる重要な栄養素でもあります。

体内の鉄は、ヘモグロビンやミオグロビンのように、酸素の運搬役としての役割を果たしている「機能鉄」の他に、肝臓や脾臓、骨髄などに貯蔵されている「貯蔵鉄」があります。

機能鉄が不足すると、それを補うために貯蔵鉄が利用されます。

これが少なくなると、鉄欠乏による貧血を起こします。

血液検査で貧血と診断されなくても、この貯蔵鉄が減少している状態の人も多いと言われています。

男性や閉経後の女性には、貧血はほとんど見られないのですが、月経のある年代の女性や妊娠中の方は、欠乏しやすいので注意が必要です。

 

コラーゲンの再合成

鉄はたんぱく質の一種であるコラーゲンの合成にかかわっています。

肌や髪、爪の質の低下はたんぱく質だけでなく、鉄不足が原因の場合が多いといわれています。

コラーゲンは体内に入るときに分解されてしまうのですが、それを再合成するときに鉄が必要です。

また、ニキビや湿疹ができやすいのも、鉄欠乏が原因している場合があります。

 

鉄分は摂取しても吸収しにくい栄養素

そのまま鉄分を摂取しても、実際に吸収されるのは、ごく一部だけです。

鉄分10mgを摂取しても、そのまま10mgすべてが吸収されるわけではないです。

ドラッグストアで鉄分サプリだけを飲んでいても貧血が改善されない場合も多いです。

動物性たんぱく質やビタミンC、銅が必要です。

 

鉄の種類

鉄には、「非ヘム鉄」と「ヘム鉄」の2種類があります。

市販の非ヘム鉄の場合には、タンニンや食物繊維が鉄分の吸収を妨げるので注意が必要です。

タンニンを含むコーヒーや紅茶、緑茶などは、食事中や食後に飲むと余計に鉄分の吸収が悪くなってしまいます。

※タンニンは、鉄と結合して、鉄分の吸収を妨げてしまいます。

さらにダイエットのためにサプリメントなどで食物繊維を大量に摂取するのも避けた方が良いです。

それに対し、ヘム鉄はタンニンや食物繊維などの吸収阻害を受けずに体に吸収できるので、気にせずコーヒーや食物繊維をとってダイエットを続けられます。

 

ヘム鉄

ヘム鉄の吸収率は約15~25%です。

胃壁や腸管を荒らさず、タンニンや食物繊維などの吸収阻害を受けずに吸収されます。

さらに過剰摂取の心配がなく、身体に優しい鉄分です。

 

非ヘム鉄

非ヘム鉄は吸収率がわずか2~5%です。

腸から吸収される際にタンニンや食物繊維などの吸収阻害を受けていたり、胃腸や腸管を荒らすといった副作用があります。

 

ヘム鉄でもやはり吸収率はそれほど高くはないのが、鉄分補給の問題点です。

そこで、鉄分の吸収を高める栄養素を一緒に摂取することが大切です。

それでは、どのような栄養素が効果的なのかご紹介したいと思います。

 

鉄の吸収を高める栄養素

動物性たんぱく質、ビタミンC、銅、クロロフィル

 

動物性たんぱく質

鉄欠乏性貧血対策には、鉄の吸収を高める動物性たんぱく質を一緒に補うことが大切です。

 

ビタミンC

鉄欠乏性貧血対策には、鉄の吸収を高めるビタミンCを一緒に補うことが大切です。

 

・銅は、鉄分から赤血球中のヘモグロビンという色素がつくられるときに働きます。

・銅は、腸からの鉄分の吸収をよくします。

鉄は、腸からの吸収が悪い成分なので、銅の存在は重要です。

・銅が不足すると、鉄がヘモグロビンにスムーズに合成されなくなり、鉄欠乏性貧血を起こします。

・ヘモグロビンは主な材料である鉄が十分であっても、銅がなければ正常に作られません。

銅がなければ、せっかく摂った鉄分も体内で使われることはありません。

 

クロロフィル(葉緑素)

クロロフィルは、血液中で鉄と結合して赤血球やヘモグロビンに変わり、貧血の予防や改善効果があります。

また、クロロフィルは、体内に入ると、血管に中性脂肪がたまるのを防ぎ、血液の流れを改善する効果があります。

さらに、デトックス作用もあります。

老廃物は毒素なので、溜め込むと体に悪影響(むくみや肌荒れなど)を引き起こします。

その他にも、コレステロール値を下げ、血栓を防ぐ、細胞の強化、整腸作用、炎症鎮静などの多くの効果があります。

 

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)について

悪性貧血の場合には、貧血症状のほかに白髪化、手足のしびれ、精神的な障害が起こる場合があります。

 

必要な栄養素

ビタミンB12、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンA

 

ビタミンB12

ビタミンB12は葉酸と一緒になって赤血球のヘモグロビンの合成を助けています。

不足すると造血がうまくいかず、赤血球の数が減ったり、異常に大きい赤血球ができたりと、生成がうまくいかなくなります。

そうすると全身に酸素が行きわたらなくなり、だるさや動悸・息切れなどが起こってしまいます。

これを「悪性貧血」と呼んでいます。

また、ビタミンB12はタンパク質や脂質のエネルギー化にも関わっているほか、脳の中枢神経や末梢神経の機能を正常に働かせる重要な役割もあります。

肩こり腰痛には末梢神経が関係しているため、ビタミンB12には、痛みを軽くする働きもあります。

 

葉酸

葉酸は丈夫な血管やきれいな血液づくりを支えます。

葉酸はビタミンB12とともに、補酵素として、赤血球をつくりだす働きがあります。

赤血球は4ヶ月で死滅しますが、新しい赤血球をつくるのに葉酸が足りないと、正常な赤血球ができず、悪性貧血になります。

悪性貧血とは鉄分不足の貧血と違い、立ちくらみやめまいなどの症状のほかに、胃腸障害や頭痛、倦怠感などを引き起こし、症状が進行すると、神経障害や知覚障害などを引き起こすことがあります。

また、葉酸はアンチエイジングをサポートします。

代謝に関与していて、たんぱく質の生合成を促進します。

たんぱく質は全ての体内組織の原料となるので、新しくて良質のたんぱく質が増えればみずみずしい肌を保てます。

くすみやしわを抑え、美肌をもたらしてくれます。

葉酸は、体内で活性酸素を生み出す物質であるホモシステインと結びつき、活性酸素の増加をストップし、血液の流れをスムーズにします。

血液の流れがスムーズになると「むくみ」や「冷え性」なども改善されます。

葉酸は赤血球をつくりだす働きがあり貧血予防に効果があるため、PMS (月経前症候群)にも効果的です。

 

ビタミンB6

次のような効果があります。

・赤血球を生成する(貧血予防効果)

・月経前にイライラしたり、うつ状態になったり、頭痛に悩まされるといったPMS(月経前症候群)を軽減する。

ビタミンB6は、卵胞ホルモンの代謝に働きかけ、ホルモンのバランスを整えます。

このためホルモンのアンバランスから体調が崩れるPMS(月経前症候群)を改善する効果があります。

 

ビタミンB2

ビタミンB6が活性型に変わると時にはビタミンB2が必要です。

ビタミンB6は、ビタミンB2がなければ働くことができません。

 

ビタミンE

次のような効果があります。

・赤血球の細胞膜を強化することから貧血予防に効果的です。

・また、ビタミンCの吸収を高めることで、結果的に鉄分の吸収率向上が期待できます。

・血行改善効果もあります。

末梢神経や毛細血管を広げて血行を促進し、自律神経を整えます。

また、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らして、血行を良くします。

 

ビタミンA

ビタミンAが十分でない場合には、ビタミンB、ビタミンEはその効果が発揮されません。

栄養素の潤滑油としても、ビタミンAを摂取することは大切です。

 

鉄分摂取上の注意点

鉄は大量に摂ると中毒症状を引き起こします。

1日25mg以上を長期間摂り続けると、疼痛(とうつう)や嘔吐、下痢やショック状態などの中毒症状が現れることがあります。

 

摂取の目安

鉄の所要量は成人男子で1日10mgです。

女性は月経によって1日0.5mg~1mgを余分に消費するため、不足がちになります。

女性の所要量は男性より多い12mgとなっています。

妊婦(前期)は15mg、妊婦(後期・授乳期)は20mgとなっています。

 

ローヤルゼリー、クマザサエキスが造血、貧血を予防

漢方では、血液を浄化させるために、カルシウムを十分に摂取することも大切とされています。

キクラゲにはその作用が十分に含まれると同時に、漢方的にも白キクラゲは血液浄化の薬効が特に優れているとされています。

料理に使用する他、煎じておいてあたためて飲むと効果的です。

造血作用をうながすには、漢方的に効果があるとされている栄養補助食品なども役立ちます。

ローヤルゼリーがその1つで、造血作用のほか、特に婦人科系疾患などによる貧血には効果的とされています。

同様にクマザサエキスにも造血作用がありますが、これはローヤルゼリーとは違い、末梢血管を拡張する働きがあるため、全身のすみずみまで酸素を送り込むことで貧血を予防・解消します。

 

記事のご紹介

 

貧血関係記事

貧血に関する記事やサプリなどをまとめています。

記事その1

記事その2

記事その3

記事その4

 

ローヤルゼリー関係

ローヤルゼリーに関する記事をまとめています。

記事その1(ローヤルゼリー)

記事その2 (ローヤルゼリー)

 

読んでいただきありがとうございます。

 

コメント